日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

第7代KOK Jr.王座決定戦 出場チーム発表!

今日から3月に入りました。いや、入ってしまったというべきでしょうか・・・
最終回の公式リーグの日程も発表され、いよいよ終焉の日が近づいてきたキンプロ。
その4年間の歴史に幕を引く日は、刻一刻と近づいてきております。

さて、第6代KOK Jr.王者の坂本さんの返上により、空位になったKOK Jr.王座。
その7代目王座を決める戦いがいよいよ始まろうとしております。
今回も決定戦ですので、2リーグ制で開催。
それぞれのブロックの優勝チームが、翌週行われる王者決定戦に進むことができます。
それでは各ブロック7チーム、全14チームの発表です!
(ブロック分けは第46回公式の順位を参照に、上位からABBAA・・・と分けています。)



■第7代KOK Jr.王座決定戦
【出場全14チーム(敬称略)】

※ここでの公式最高位はヤングキンプロ杯、第34、45回(RC杯)、統一戦を除いた順位となっております。
不明な場合はそのまま載せています。

▼Aブロック
sowchanseleven
B×B SOU

(2大会連続4度目の出場)
【第46回公式リーグ150位 公式最高97位】

3times RPWchampion
AJ blacks

(2大会ぶり4度目の出場)
【第46回公式リーグ190位 公式最高同左】

浪速の鉄骨処女(dmp)
ケビン☆マスク

(2大会ぶり6度目の出場)
【第46回公式リーグ195位 公式最高114位】

闇鍋会@踏み台&NBM&KTP
るい

(5大会連続7度目の出場)
【第46回公式リーグ239位 公式最高114位】

恋人のイカガール♪( ´▽`)
パルコ=タカ

(2大会連続6度目の出場)
【第46回公式リーグ270位 公式最高223位】

FINAL GYM
ジンロウ

(7大会ぶり2度目の出場)
【第46回公式リーグ341位 公式最高同左】

ファイアウォール
ネオニート

(初出場)
【第46回公式リーグ355位 公式最高228位】

こちらの★リーグ主催アカウントは、
「レモン牛乳の会」3番さんちのメイドラゴンが務めます。
※当該チームとの対戦成績は結果に影響しません。


▼Bブロック
SPIRIT MONSTER
KAWASHIMA

(2大会ぶり4度目の出場)
【第46回公式リーグ161位 公式最高同左】

空をみて笑ってみる
☆ラグナ☆&キャプテン☆にこ☆

(2大会連続7度目の出場 第4代KOK Jr.王者)
【第46回公式リーグ184位 公式最高51位】

The Final Countdown
キラーケイオス

(3大会連続4度目の出場)
【第46回公式リーグ199位 公式最高110位】

日本エロキテる談合
モルヒネ

(2大会連続2度目の出場)
【第46回公式リーグ225位 公式最高128位】

PRIDE OF GLORY ★リーグ主催者
3番DH

(3大会連続5度目の出場)
【第46回公式リーグ299位 公式最高52位】

チームKUSHIDA
Aki1974

(初出場)
【第46回公式リーグ320位 公式最高同左】

ディスタンス
拓くん

(初出場)
【第46回公式リーグ457位 公式最高398位】




◎所感
最終回間近のKOK。
にもかかわらず、新たに3チームがKOK参戦へ!
まずはその心意気と野心に感謝と期待をしたいところですね。

さて、先の公式を基にABとブロック分けをしたわけですが。
パッと見、Bブロックの方に実績のあるメンバーが揃った風には見えます。
王者経験のあるラグナさん、前々回ファイナリストのキラーケイオスさん。
成長著しいカワシマさんに、前回に続き参加のPRISONからの刺客・モルヒネさん。
そして勿論、前回ブロック2位の私もいるわけです。
ある程度戦いなれたメンバーも多く、一方で図抜けた存在は不在という印象も。
此方のブロックはそういったベテランが多く、一戦一戦、熟練し戦いが見られそうですね。
ちなみに私自身、今回はリアルガチで優勝を狙いに行きますのでそのつもりで。

一方でAブロックは歴代チャンプ&ファイナリストは不在も、期待の新鋭が多いという印象です。
特にドラゲーを出してくるであろう2チーム、B×B SOUさん、パルコ=タカさんは有力候補でしょうか。
そこにベテランのるいさん、素より試合巧者でリース解禁で期待のかかるケビン軍曹らが割って入るか。
誰が優勝してもファイナルへは初参戦なだけに、非常に混沌としたブロックになりそうです。

また、明日のメンテナンスで19弾&20弾のゴールドリースが解放されることが決定。
直前の大型補強が行われる可能性は十二分に考えられます。
前回の公式前に17&18弾のリースが解禁され、チームの平均レベルがぐっと上がったことを考えると、今回のKOK Jr.は直前補強によって誰しもに可能性が生まれるといって相違ないでしょう。
そういう意味では、今日まで積み重ねたボルテージポイントの残量も結果を左右しそうです。
なんにせよ、両グループ激戦は必至で、本命不在の大会になるかと思われます。
果たして王者決定戦へ進出するのはどのチームになるのか?

第7代KOK Jr.王座決定戦
3月4日(土)、06:00開幕!!


お願い:同一グループにブロックユーザーがいる場合、リーグ参加ができなくなってしまいます。
万が一、ブロックユーザーがいる場合でも、大会中だけは解除してくださるようお願いいたします。
2017-03-01 : KoPW KOK : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

KOK Jr. 10th 挑戦者決定戦募集要項

<この記事は先頭に持ってきております>
kok6
公式の回数も残り2回。
このカテゴリーの記事を書くのも、残り数回になってしまいました。
さて、明日から第46回公式リーグが始まります。
今回もKOK参照大会ですので、KOK Jr.も次期挑戦者を募集いたします。




▼KOK Jr. 10th 挑戦者決定戦 募集要項
◎挑戦資格
・過去公式リーグでの最高順位(ヤングキンプロ杯、RC杯、統一王者戦除く)が51位以下チーム
縛りの無い全チーム参加の公式リーグで、「みんなの公式リーグランキング」5ページまでに入ったチームは、KOK Jr.参加資格を失効します。
王者の場合カップは返上となります。

・第46回公式リーグの順位が150位~500位

以上の条件を満たし、且つKOK参加要項に賛同できるチームが挑戦資格を有します。


◎レギュレーション
開催日:3月3日(金)~4日(土) 土曜の24時に終わるように開催します。
リーグ名 : KOK Jr.10th 挑戦者決定戦
フレンド制限 : 参加自由
道場レベル制限 : 無制限
コスト制限 : 45 
試合形式 : スタンダード

試合時間間隔 : 3時間
総当たり回数 : 1回戦
参加チーム数 : エントリー数
同一レスラー : なし
掲示板書き込み制限 : なし
参加申請自動承認 : OFF
ブースト2枚設定 : あり 
チーム特大コンボ設定 : なし 
その他 : なし
リーグ中のデッキ組み換え、遠征自由


ルールは現王者の坂本さんに委ねられております。
今回は王道ルールという事ですので、前回同様に行います。
直、坂本さんが50位を切って返上した場合は、2リーグ開催になりますのでご了承ください。
(ルールは変わりません。)
下記の返上ルール(初回のみ防衛戦は行う)はもう残り期間が限られており、回せるなら出来る限り多くの王者を巡ってほしいとの意から今回以降行いません。


応募先は、
私のキンプロアカウント掲示板
160214
チーム名:PRIDE OF GLORY
プレイヤー名:3番DH

まで。
ツチヤさんが目印の私のtwitterアカウントでも可。

コミュ単位での応募(○○と××が参加します。)というのもOKです。
私まで参加チームの情報が伝わるようにお願いします。

以上が挑戦資格となります。
解らないことがありましたら、お気軽に当方かTwitterアカウント(@Kopw_KOK)までお尋ねください。
募集期間は、45回公式終了後~2月26日(日)24:00までです。

多くのチームからのエントリーをお待ちしております!!




★KOK Jr.王座(カップ)返上ルール
KOKはニコ生の放送や、実際の配送が絡むため約1か月にわたっての日程が組まれています。
なので、公式リーグをまたぐ場合(参照リーグの次の公式がスタートしてしまう)ことも考えられます。
そして、Jr.王座は公式リーグで50位以内の場合王座返上、資格失効というルールがあります。
その場合のタイトルマッチ、王座の扱いは以下のようになります。

1:挑戦者が参照公式リーグでは上記条件を満たすも、その後の公式リーグで資格を失効した場合。
例:過去最高位は51位以下、参照公式リーグでは55位で条件を満たし参加。
その後、挑戦者決定戦を勝ち抜きKOK Jr.王座挑戦へ。
しかしタイトル戦前に行われた公式リーグで42位に入り、資格を失効。
この場合はどうなりますか?

参照リーグの段階では資格を有していたと判断し、そのまま挑戦者決定戦、タイトル戦を行います。
そこで勝利した場合は勿論王者として認められます。
ただし、その後の公式で資格が失効している。
=次回以降のKOK Jr.王座戦には出られないということで、次のKOK防衛戦までの暫定王座となります。
防衛戦は初回に限り、通常通り行います。

即返上でお願いします。

2:過去に防衛戦経験済みの現王者が、参照公式リーグではじめて資格を失った場合。
ルールを一部変更し、2リーグ制の王座決定戦になります。
即ち、初代王座決定戦と同じ方式になります。
そこでの勝者が次期KOK Jr.王者となります。

3:現王者が参照公式リーグの次の公式で資格を失った場合。
若しくは防衛戦未経験の王者が、次期参照リーグまでに資格を失った場合

挑戦者が勝利した場合は、当然王座移動します。
現王者が防衛した場合はカップ返上、KOK委員会預かりとなります。
2017-02-26 : KoPW KOK : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

2.11 第6代KOK Jr.王座決定戦

サービス終了に悲しむ全世界20億人のキンプラーの皆さま。
昨晩のニコ生放送はご覧いただけたでしょうか?
残りの公式回数も発表され、こちらもファイナルへと近づいてきたキンプロKOK。
その二大タイトル戦の激闘が放送されました。
それでは、今回行われた第6代KOK Jr.王座決定戦の模様を振り返っていきましょう。




▼第6代KOK Jr.王座決定戦 スタンダード一本勝負
赤コーナー(左側)
(Aブロック優勝) 坂本軍@DRIFTERS 坂本

VS
青コーナー(右側)
(Bブロック優勝) ネオフロンティア 神宮寺皇雅



■試合開始前
田口隆祐のレスラースキル【命を懸けてやるだけです】が発動!
ウルティモ・ドラゴンのレスラースキル【究極龍】が発動!

ウルティモ・ドラゴンのレスラースキル【究極龍】が発動!
カズ・ハヤシのレスラースキル【ジュニアの象徴】が発動!
吉野正人のレスラースキル【SPEED STAR】が発動!
獣神サンダー・ライガーのレスラースキル【ジュニアの象徴】が発動!
ハヤブサのレスラースキル【不死鳥】が発動!



■第1試合
170212
試合前
SPEED STAR
命を懸けてやるだけです
究極龍
ジュニアの象徴
ジュニアの象徴
不死鳥


レスラースキル
ウルティモ・ドラゴンのレスラースキル【究極龍】が発動!
ザ・グレート・サスケのレスラースキル【東北の英雄】が発動!
外道のレスラースキル【邪外】が発動!
邪道のレスラースキル【邪外】が発動!


ブーストスキル
田口隆祐のブーストスキル【ミラノ作・どどんスズスロウン】が炸裂!!(任意発動)
プリンス・デヴィットのブーストスキル【ダイビングフットスタンプ】が炸裂!!(本人発動)

フォール→1、2、2.99!

ザ・グレート・サスケのブーストスキル【サスケスペシャル】が炸裂!!(任意発動)
外道のブーストスキル【スーパーパワーボム】が炸裂!!(本人発動)
邪道のブーストスキル【スーパーパワーボム】が炸裂!!(本人発動)

フォール→1、2、3!

1702122
赤コーナー 坂本軍@DRIFTERS 坂本の勝利!


■第2試合
1702123
試合前
究極龍
命を懸けてやるだけです
究極龍
ジュニアの象徴
ジュニアの象徴
不死鳥


レスラースキル
ウルティモ・ドラゴンのレスラースキル【究極龍】が発動!
ドラゴン・キッドのレスラースキル【神の子】が発動!

ミラノコレクションA.T.のレスラースキル【イタリア革命】が発動!

ブーストスキル
ミラノコレクションA.T.のブーストスキル【ヴィクトリアミラネーゼ】が炸裂!!(本人発動)
フォール→1、2、2.99!

ウルティモ・ドラゴンのブーストスキル【アサイDDT】が炸裂!!(任意発動)
ドラゴン・キッドのブーストスキル【ドラゴン・ラナ】が炸裂!!(本人発動)

フォール→1、2、3!

1702124
赤コーナー 坂本軍@DRIFTERS 坂本の勝利!


■第3試合
1702125
試合前
究極龍
SPEED STAR

命を懸けてやるだけです
究極龍
ジュニアの象徴
ジュニアの象徴
不死鳥


レスラースキル
田口隆祐のレスラースキル【キング オブ プロレスリング】が発動!
ドラゴン・キッドのレスラースキル【神の子】が発動!

ブーストスキル
田口隆祐のブーストスキル【どどん・ジ・エンド】が炸裂!!(任意発動)
フォール→1、2、2.99!

ドラゴン・キッドのブーストスキル【ドラゴン・ラナ】が炸裂!!(本人発動)
フォール→1、2、3!


1702126
青コーナー ネオフロンティア 神宮寺皇雅の勝利!


■セミファイナル
1702127
試合前
究極龍
SPEED STAR

命を懸けてやるだけです
究極龍
ジュニアの象徴
ジュニアの象徴
不死鳥


レスラースキル
吉野正人のレスラースキル【SPEED STAR】が発動!
獣神サンダー・ライガーのレスラースキル【ジュニアの象徴】が発動!

マット・サイダルのレスラースキル【REBORN】が発動!

ブーストスキル
吉野正人のブーストスキル【ソル・ナシエンテ】が炸裂!!(任意発動)
獣神サンダー・ライガーのブーストスキル【ライガーボム】が炸裂!!(本人発動)

フォール→1、2、2.99!

獣神サンダー・ライガーのブーストスキル【垂直落下式ブレーンバスター】が炸裂!!(本人発動)
マット・サイダルのブーストスキル【エアーサイダル】が炸裂!!(本人発動)

フォール→1、2、3!

1702128
青コーナー ネオフロンティア 神宮寺皇雅の勝利!


■メインイベント
1702129
試合前
究極龍
SPEED STAR

命を懸けてやるだけです
究極龍
ジュニアの象徴
ジュニアの象徴
シットダウン式ラストライド
不死鳥


レスラースキル
KUSHIDAのレスラースキル【タイムスプリッター】が発動!
ハヤブサのレスラースキル【不死鳥】が発動!

ブーストスキル
ハヤブサのブーストスキル【フェニックススプラッシュ】が炸裂!!(本人発動)
KUSHIDAのブーストスキル【ミスティカ式ホバーボードロック】が炸裂!!(本人発動)
ハヤブサのブーストスキル【フェニックススプラッシュ】が炸裂!!(本人発動)
フォール→1、2、2.99!

KUSHIDAのブーストスキル【ホバーボードロック】が炸裂!!(本人発動)
ギブアップ??→ギブアップ!!

17021210
赤コーナー 坂本軍@DRIFTERS 坂本の勝利!

以上の結果、
3勝2敗で「坂本軍@DRIFTERS」坂本さんの勝利!
よって、坂本さんを第6代KOK Jr.王座に認定いたします!
おめでとうございます!




◎総括
2大会連続での3勝2敗の大熱戦となった王者決定戦。
今回も見ていて非常に白熱した戦いが繰り広げられました。
そんなKOK開設当初から参加して頂いた2チームによる戦いは、
「キンプロ界の大谷翔平」「キンプロ界のオランダ代表」「キンプロ界の稀勢の里」「キンプロ界の小比類巻」「キンプロ界の秋元康」・・・etc.
と、数多の異名を持つ二刀流プレイヤーが、2回目の挑戦となった高貴なお人を退けました。

デッキは両チームともにジュニア。
共に抑えるところは抑え、それでいて独自色を打ち出すデッキでいきなり魅せてくれました。
ありがちなテンプレにはならず、1試合をもミラーマッチがなかったというのは中々面白い所ですね。
そんな中で試合前からそれぞれ、ライガー、デヴィがすかり。
特にライガーがすかったのは坂本さんには痛手だったか。
それでも第1、2試合に支援カードで固めてきた神宮寺さんに順当勝ち。
この第2試合で神宮寺さんのシットダウン~が不発に終わったことが後々影響してくることに。

後がない神宮寺さんではあったが、そこは2度目の挑戦者。
第3試合に田口に快勝すると、セミではライガーのスキルがすかりながらも紙一重で勝利。
ここで坂本さんの試合前ライガーだ出ていたら、決まっていたことだろう。

こうして2-2でメインへ。
両チームとも、スキル、ブーストが万遍なく発動した中で制したのはKUSHIDA!
ゲージ差は僅かであり、第2試合のシットダウン~がもう1回発動していれば逆転していたかもしれない。
ブーストの差、特に3弾フェニックスの火力の低さが差になってしまったか。

改めて振り返り、今回も紙一重な戦いだったと思います。
あのスキルが~、このブーストが~というのは時に幸運もあり不運もあり。
その差は本当にわずかではありましたが、今回は坂本さんに分があったという事でしょう。
このち密な計算からのギリギリの戦い・・・正しくキンプロの醍醐味を感じられた一戦でした。

この後行われたKOK王座戦では、
元祖キンプロブロガーのギジェロヨラさんを下し、スペシャルマンさんが初防衛に成功!
こちらも2-2からのメイン決戦!KOK史に残る大熱戦となりました。
スペシャルマンさんは次回防衛に成功すると、KOK史上初の2回目の王座防衛となります。
こちらの記録更新にも期待が懸かるところですね。

さて、残りはいよいよ1か月と2週間ほどになってしまったキンプロ・・・
とはいえ、これまでも何度も書いた通り、KOKは最後まで走り続けます。
公式回数も残り2回と発表されましたので、おそらくはそれに準拠することになるでしょう。
第46回公式が参照なのは確定していますので、次回KOKについてはもう暫くしたら発表いたします!
kok6
まだまだKOKから目は離せない!
次の挑戦者は君だっ!
2017-02-12 : KoPW KOK : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

第6代KOK Jr.王座決定戦 結果発表

昨日行われた第6代KOK Jr.王座決定戦。
結果はこのようになりました。

Aブロック
170205
Aブロックの優勝は、
「坂本軍@DRIFTERS」 坂本さん!
おめでとうございます!!
Aブロックは序盤から混戦の中で、常に上位をキープ。
最終節での5タテ勝利で、首位にいた、たたさんを勝ち点8差でかわし見事初優勝を飾りました。
坂本軍、坂道軍の二刀流でKOK Jr.を盛り上げていたキンプラーが、6度目にして念願のタイトルマッチへ。
これは「キンプロ界のオランダ代表」から、「キンプロ界の稀勢の里」に格上げですね。

Bブロック
1702052
一方のBブロックの優勝は、
「ネオフロンティア」 神宮寺皇雅さんが!
こちらもおめでとうございます!!
混戦必至かと思われたBブロックでしたが、圧倒的強さで最終節前に勝利を確定。
無敗で優勝という文句なしの成績を残してくれました。
これで神宮寺さんは2度目のタイトルマッチへ。、
前回はラグナさんに敗れてしまいましたが、果たして今回念願の初戴冠はなるのでしょうか?

以上の結果を持ちまして、以下の対戦カードが決定!

▼第6代KOK Jr.王座決定戦 スタンダード一本勝負
(Aブロック優勝) 坂本軍@DRIFTERS 坂本
VS
(Bブロック優勝) ネオフロンティア 神宮寺皇雅


両チームともジュニアデッキを軸に組むことが予想されますが、坂本さんは本隊、神宮寺さんは鈴木軍というオプションもあり。
どのようなデッキで臨んでくるか、その段階から非常に注目が集まります。
共にカードのレベルや重ねは十分ですので、激戦になることは間違いないでしょう。
とても楽しみな一戦です。

また、同日行われたKOK王座の挑戦者決定戦では、
「屋根裏に住んでるゴミ@ヘソキン」 ギジェロヨラさんが優勝!
キンプロブロガーの祖、そして本隊デッキの大家が念願の初優勝を飾りました!
この結果を受け、以下の対戦カードも決定!

▼KOK王座選手権試合 スタンダード一本勝負
(第7代KOK王者) ビッグ・ボンバーズ スペシャルマン
VS
(挑戦者) 屋根裏に住んでるゴミ@ヘソキン ギジェロヨラ


こちらも熱戦必至!面白くなりそうです。
そんな王座決定戦&KOKタイトルマッチの模様は、
150425
2月11日(土) 24:00より全世界生放送!
お楽しみに!
2017-02-05 : KoPW KOK : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

第6代KOK Jr.王座決定戦 出場チーム発表!

1月も終わり残り2か月を切ったキンプロラストイヤー。
残りの公式回数も2回と、公式より発表があり、いよいよ終焉の日が近づいてまいりました。
そして同じようにKOKも最終回が刻一刻と近づいてきております。

さて、今回はヒマっちさんの王座返上により、空位になったJr.新王者を決める戦いです。
なので今大会は2ブロック制で開催。
それぞれの優勝チームが翌週行われるタイトルマッチに進むことができます。
それでは早速、各ブロック8チーム×2、出場全16チームの発表です!


■第6代KOK Jr.王座決定戦
【出場全16チーム(敬称略)】

※ここでの公式最高位はヤングキンプロ杯、第34、45回(RC杯)、統一戦を除いた順位となっております。

▼Aブロック
空をみて笑ってみる
☆ラグナ☆&キャプテン☆にこ☆

(3大会ぶり6度目の出場 第4代KOK Jr.王者)
【公式最高51位】

明日はどっちだ!?
毒クラゲ

(初出場)
【公式最高67位】

坂本軍@DRIFTERS ★リーグ主催者
坂本

(2大会ぶり6度目の出場)
【公式最高69位】

#大家帝国
たた
(2大会連続7度目の出場)
【公式最高84位】

気持ちいいよね一等賞!
ハスゥ

(2大会連続7度目の出場)
【公式最高85位】

闇鍋会@踏み台&NBM&KTP
るい

(4大会連続6度目の出場)
【公式最高114位】

CUW
もめ吉

(3大会ぶり4度目の出場)
【公式最高120位】

ボンプル高校
心人

(1大会ぶり3度目の出場)
【公式最高314位】


▼Bブロック
PRIDE OF GLORY ★リーグ主催者
3番DH

(2大会連続4度目の出場)
【公式最高52位】

ネオフロンティア
神宮寺皇雅

(2大会連続6度目の出場)
【公式最高55位】

μ'sic forever@あいまいみー
CTU

(2大会連続3度目の出場)
【公式最高73位】

バディファイター
オカダGO'87

(2大会ぶり3度目の出場 第3代KOK Jr.王者)
【公式最高80位】

sowchanseleven
B×B SOU

(3大会ぶり3度目の出場)
【公式最高97位】

Finalcountdown
キラーケイオス

(2大会連続3度目の出場 前回大会ファイナリスト)
【公式最高110位】

日本エロキテる談合
モルヒネ

(初出場)
【公式最高128位】

splatoon
ハルッチ・タカ

(1大会ぶり5度目の出場)
【公式最高223位】



◎所感
流石に残り2か月とあって、当初はチーム集めに苦労したものの、最後は16チームも集結!
まだまだキンプロ熱は冷めていないことを実感させてくれますね。

さて、今回は2ブロック制で7試合の短期決戦。
先日の45回大会はKOK参照公式リーグではないので、過去最高位(全チーム参加・縛りなしの大会)をもとに、上位からABBAA・・・とブロック分けをしました。
メンバーを見ても、歴代のKOK Jr.を盛り上げてくれた面々が揃い、激戦になることは必至でしょう。
そんな中、AB両ブロックに新たな刺客が参戦。
まずはいよいよ満を持しての参戦!運営からの刺客、というか運営そのもの毒クラゲさん!
これまでニコ生プロデューサーとして幾多の戦場を制してきた氏がついに参戦!
最近はもっぱら某カードゲームに集中しているようだが気にしない。

またBブロックには若井PRISONよりモルヒネさんが初参戦!
前々から参戦を願っていたものの、これまではワイルドカード参戦などと重なり断念。
しかし今回ついに初参戦!あのアイアンマン戦線でも活躍したプリズナーがKOK Jr.をも喰うのか?

勿論歴戦の勇士も黙ってはいない。
Aブロックには「世界一敵の多いKOK王者」ことラグナさんが再度戴冠へ蜂蜜十分。
また「キンプロ界の大谷翔平」改め、「キンプロ界のオランダ代表」こと、永遠の優勝候補・坂本さんも円陣(ニコ生放送陣からもお墨付き)を組み準備はバッチシ。
盟友のたたさんと共に、KOBATON CLUBから必ず決勝進出者を出すと息巻く。
パワプロで率いる乃木坂チームが絶好調なだけに、今回こそはと期待が懸かります。
過去王者まであと一歩と迫ったハスゥさんを含め、何かとアイドルに所縁のあるメンツが揃いました。

Bブロックには前回、あと惜しくもヒマっちさんに敗れたキラーケイオスさんが雪辱へ。
ニコ生陣を唸らせたそのデッキ構成には今回も注目が集まるところ。
王座復帰を狙うオカダさん、過去のファイナリストである神宮寺さんら、こちらも上位は混沌としている。
勿論、私も王者に射程を合わせ、既に決定戦のコメント考えている次第であります。
正攻法で行くか、それとも・・・どちらにせよ狙いは王者の座、頂点のみです。

以上、軽めの予想など。
皆様、存分に戦ってくださいませ。

第6代KOK Jr.王座決定戦
2月4日(土)、06:00開幕!!


お願い:同一グループにブロックユーザーがいる場合、リーグ参加ができなくなってしまいます。
万が一、ブロックユーザーがいる場合でも、大会中だけは解除してくださるようお願いいたします。
2017-02-01 : KoPW KOK : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

第6代KOK Jr.王座決定戦 募集要項

<この記事は先頭に持ってきております>
kok6
RC杯が終わり、次の公式があるのかないのかもわからない今日この頃。
残り2か月と1週間とになってしまったキンプロですが、KOKは変わらず開催です。
さて、今回のKOK Jr.ですが、先日第5代KOK Jr.王者のヒマっちさんより、
「残りの時間、本気でKOKヘビーのベルトを目指したい!」
KOK Jr.王座を返上したいとの申し出がありました。
残り少ないキンプロライフ、KOKも何回開催できるかは分かりません。
限りある機会に集中し、上を目指していくという事で今回の返上を了承いたしました。
なので、ヒマっちさんの王座は返上となり、今回第6代KOK Jr.王座を決める大会を開催します。




▼第6代KOK Jr.王座決定戦 募集要項
◎挑戦資格
・過去公式リーグでの最高順位(ヤングキンプロ杯、RC杯、統一王者戦除く)が51位以下チーム
縛りの無い全チーム参加の公式リーグで、「みんなの公式リーグランキング」5ページまでに入ったチームは、KOK Jr.参加資格を失効します。
王者の場合カップは返上となります。
現時点での有資格者ならだれでも参加可能です。
第45回公式リーグ(RC杯)は資格参照の対象外ですので、順位は一切関係ありません。


以上の条件を満たし、且つKOK参加要項に賛同できるチームが挑戦資格を有します。


◎レギュレーション
開催日:2月3日(金)~4日(土) 土曜の24時に終わるように開催します。
リーグ名 : 第6代KOK Jr.王座決定戦 AorBブロック
フレンド制限 : 参加自由
道場レベル制限 : 無制限
コスト制限 : 45 
試合形式 : スタンダード

試合時間間隔 : 3時間
総当たり回数 : 1回戦
参加チーム数 : エントリー数(最大16×2まで。先着順)
同一レスラー : なし
掲示板書き込み制限 : なし
参加申請自動承認 : OFF
ブースト2枚設定 : あり 
チーム特大コンボ設定 : なし 
その他 : なし
リーグ中のデッキ組み換え、遠征自由


今大会は王者決定戦ですので、2リーグ開催で行います。
ABブロックの優勝者が、2月11日(土)に開催の王座決定戦へ進むことができます。
その試合での勝者を第6代KOK Jr.王者として認定します。


ルールはヒマっちさんの返上により王座が空位ですので、王道ルールで開催します。


応募先は、
私のキンプロアカウント掲示板
160122
チーム名:PRIDE OF GLORY
プレイヤー名:3番DH

まで。
ツチヤさんが目印の私のtwitterアカウントでも可。

コミュ単位での応募(○○と××が参加します。)というのもOKです。
私まで参加チームの情報が伝わるようにお願いします。

以上が挑戦資格となります。
解らないことがありましたら、お気軽に当方かTwitterアカウント(@Kopw_KOK)までお尋ねください。
募集期間は、45回公式終了後~1月29日(日)24:00までです。

多くのチームからのエントリーをお待ちしております!!




★KOK Jr.王座(カップ)返上ルール
KOKはニコ生の放送や、実際の配送が絡むため約1か月にわたっての日程が組まれています。
なので、公式リーグをまたぐ場合(参照リーグの次の公式がスタートしてしまう)ことも考えられます。
そして、Jr.王座は公式リーグで50位以内の場合王座返上、資格失効というルールがあります。
その場合のタイトルマッチ、王座の扱いは以下のようになります。

1:挑戦者が参照公式リーグでは上記条件を満たすも、その後の公式リーグで資格を失効した場合。
例:過去最高位は51位以下、参照公式リーグでは55位で条件を満たし参加。
その後、挑戦者決定戦を勝ち抜きKOK Jr.王座挑戦へ。
しかしタイトル戦前に行われた公式リーグで42位に入り、資格を失効。
この場合はどうなりますか?

参照リーグの段階では資格を有していたと判断し、そのまま挑戦者決定戦、タイトル戦を行います。
そこで勝利した場合は勿論王者として認められます。
ただし、その後の公式で資格が失効している。
=次回以降のKOK Jr.王座戦には出られないということで、次のKOK防衛戦までの暫定王座となります。
防衛戦は初回に限り、通常通り行います。

2:過去に防衛戦経験済みの現王者が、参照公式リーグではじめて資格を失った場合。
ルールを一部変更し、2リーグ制の王座決定戦になります。
即ち、初代王座決定戦と同じ方式になります。
そこでの勝者が次期KOK Jr.王者となります。

3:現王者が参照公式リーグの次の公式で資格を失った場合。
若しくは防衛戦未経験の王者が、次期参照リーグまでに資格を失った場合

挑戦者が勝利した場合は、当然王座移動します。
現王者が防衛した場合はカップ返上、KOK委員会預かりとなります。
2017-01-29 : KoPW KOK : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

1.15 KOK Jr.王座選手権試合

昨晩のニコ生放送はご覧いただけたでしょうか?
2017年キンプロラストイヤーの緒戦を飾るKOK二大タイトルマッチ!
どちらも1勝差、史上まれに見る大接戦のタイトルマッチとなりました。
それでは、今回も私の方ではKOK Jr.王座戦の模様を振り返っていきましょう。



▼KOK Jr.王座選手権試合 スタンダード一本勝負
赤コーナー(左側)
(挑戦者) キンプロ界のスピードスター キラーケイオス

VS
青コーナー(右側)
(第5代KOK Jr.王者) GW ヒマっち


■試合開始前
TAKAみちのくのレスラースキル【ウワハハハハハハ!】が発動!
カズ・ハヤシのレスラースキル【ジュニアの象徴】が発動!
獣神サンダー・ライガーのレスラースキル【ジュニアの象徴】が発動!

鈴木みのるのレスラースキル【人のこと殴ると気持ちいいんだよ】が発動!
ハヤブサのレスラースキル【不死鳥】が発動!

■第1試合
160115
試合前
ウワハハハハハハ!
人のこと殴ると気持ちいいんだよ

ジュニアの象徴
ジュニアの象徴
不死鳥


レスラースキル
藤波辰爾のレスラースキル【名勝負製造機】が発動!
エル・サムライのレスラースキル【ジュニアの巨人】が発動!
ザ・グレート・サスケのレスラースキル【東北の英雄】が発動!
KUSHIDAのレスラースキル【KUSHIDAに任せてください】が発動!


ブーストスキル
エル・サムライのブーストスキル【アサイDDT】が炸裂!!(本人発動)
ザ・グレート・サスケのブーストスキル【サスケスペシャル】が炸裂!!(任意発動)
KUSHIDAのブーストスキル【ミスティカ式ホバーボードロック】が炸裂!!(本人発動)

ギブアップ?→ロープブレイク!

TAKAみちのくのブーストスキル【フロントネックロック】が炸裂!!(任意発動)
飯塚高史のブーストスキル【アイアンフィンガーフロムヘル】が炸裂!!(本人発動)

反則負け

飯塚高史のレスラースキル【狂乱のアイアンフィンガー】が発動!
ザ・グレート・サスケのレスラースキル【東北の英雄】が発動!

1601152
青コーナー GW ヒマっちの勝利!


■第2試合
1601153
試合前
ウワハハハハハハ!
人のこと殴ると気持ちいいんだよ
フロントネックロック
狂乱のアイアンフィンガー

ジュニアの象徴
ジュニアの象徴
不死鳥


レスラースキル
マット・ジャクソンのレスラースキル【俺たちがナンバーワン】が発動!
ニック・ジャクソンのレスラースキル【俺たちに勝るタッグがいるのか?】が発動!

中澤マイケルのレスラースキル【世界一のセコンド】が発動!

ブーストスキル
カズ・ハヤシのブーストスキル【キャプチュード】が炸裂!!(任意発動)
フォール→1、2、2.99!

マット・ジャクソンのブーストスキル【メルツァードライバー】が炸裂!!(本人発動)
ニック・ジャクソンのブーストスキル【メルツァードライバー】が炸裂!!(本人発動)

フォール→1、2、3!

1601156
赤コーナー キンプロ界のスピードスター キラーケイオスの勝利!


■第3試合
1601154
試合前
ウワハハハハハハ!
人のこと殴ると気持ちいいんだよ
フロントネックロック
狂乱のアイアンフィンガー

ジュニアの象徴
ジュニアの象徴
不死鳥
世界一のセコンド
キャプチュード


レスラースキル
飯伏幸太のレスラースキル【JOKER】が発動!
ケニー・オメガのレスラースキル【なぜなら神なんだからな】が発動!

ブーストスキル
ケニー・オメガのブーストスキル【Vトリガー】が炸裂!!(本人発動)
フォール→1、2、2.99!

飯伏幸太の【スワンダイブ式ジャーマン】が炸裂!(本人発動)
フォール→1、2、3!

1601157
青コーナー GW ヒマっちの勝利!


■セミファイナル
1601155
試合前
ウワハハハハハハ!
人のこと殴ると気持ちいいんだよ
フロントネックロック
狂乱のアイアンフィンガー

ジュニアの象徴
ジュニアの象徴
不死鳥
キャプチュード


レスラースキル
蝶野正洋のレスラースキル【Mr.G1】が発動!
獣神サンダー・ライガーのレスラースキル【ジュニアの象徴】が発動!
マット・サイダルのレスラースキル【REBORN】が発動!


ブーストスキル
鈴木みのるのブーストスキル【ランドスライド】が炸裂!!(任意発動)
蝶野正洋のブーストスキル【キャプチュード】が炸裂!!(任意発動)

フォール→1、2、2.99!

獣神サンダー・ライガーのブーストスキル【垂直落下式ブレーンバスター】が炸裂!!(任意発動)
マット・サイダルのブーストスキル【エアーサイダル】が炸裂!!(任意発動)

フォール→1、2、3!

1601158
青コーナー GW ヒマっちの勝利!


■メインイベント
1601159
試合前
ウワハハハハハハ!
人のこと殴ると気持ちいいんだよ
フロントネックロック
狂乱のアイアンフィンガー
Mr.G1
キャプチュード
ランドスライド

東北の英雄
ジュニアの象徴
ジュニアの象徴
不死鳥


レスラースキル
オカダ・カズチカのレスラースキル【KING OF PRO-WRESTLING 】が発動!!
ハヤブサのレスラースキル【不死鳥】が発動!

ブーストスキル
オカダ・カズチカのブーストスキル【ドロップキック】が炸裂!!(本人発動)
ハヤブサのブーストスキル【フェニックススプラッシュ】が炸裂!!(本人発動)
ハヤブサのブーストスキル【フェニックススプラッシュ】が炸裂!!(本人発動)

フォール→1、2、2.99!

オカダ・カズチカのブーストスキル【ゴッチ式ツームストンパイルドライバー】が炸裂!!(本人発動)
フォール→1、2、3!

16011510
赤コーナー キンプロ界のスピードスター キラーケイオスの勝利!

以上の結果、3勝2敗で第5代KOK Jr.王者のヒマっちさんが初防衛に成功!
おめでとうございます!




◎総括
3勝2敗、勝ち点8差の接戦を制したのは現王者でした。
しかしあと1歩まで追い詰めた挑戦者の健闘を称えずにはいられません。
2017年、キンプロラストイヤーは素晴らしい戦いによって幕を開けました。

王者のヒマっちさんは今回もジュニアデッキで登場。
ただ、前回のタイトルマッチと同じなのは第1試合のみで、それ以降の試合は全て選手を入れ替えています。
この辺りは流石のジュニア使いのなせる業と言えるでしょうか。
一方のキラーケイオスさんは、挑戦者決定リーグから使っていた混成ヒール。
しかし、こちらもタイトルマッチ仕様で2試合に支援を置くという奇策を仕掛けてきました。
この三戦必勝態勢がどう影響するのか、注目が集まります。

第1試合、第2試合はともに波乱もなく、支援の相手を倒し1勝を分け合う。
そして今回のキーポイントとなった第3試合。
スピード+の相手に強力な力を有するケニーと、ジョーカー飯伏の戦いが繰り広げられました。
結果はともにすべてのスキルが発動し、飯伏が勝利。
ただ、ゲージ差は僅かであり、支援(特に+★4のマイケル)が大きく勝敗を分けたでしょうか。

ここで落としてしまったため、三戦必勝の挑戦者は崖っぷち。
波乱もなくセミも落としてしまいましたが、メインはきっちり矜持を見せ勝利。
最小勝ち点差で戦いを締めてくれました。

好勝負と言って間違いない一戦。試合を分けたのはやはり支援の効力でしょうか。
両チームともに、試合前効果が多数出る中での戦い。
ただ、支援しつつ勝つことに関してはやはりジュニアデッキが勝っております。
その差を埋めるため、二戦を捨てた挑戦者の思い切りとデッキ構成は本当に素晴らしかった。
その狙いは殆どが成功しましたが、あと1勝、わずかなゲージ差が届きませんでした。
しかし王者をあと一歩まで追い詰めた事実は変わりはありません。
両チームの素晴らしい戦いに心より拍手を送りたいと思います。
そして、次の挑戦者になる方も、今回の戦いを見てジュニアデッキ攻略のヒントになればと・・・

そして、この後行われたKOK王座選手権試合では、
二度目の防衛を狙う千葉すずスロウンさんに、スペシャルマンさんが3-2で勝利!
見事、第7代KOK王座を戴冠いたしました!おめでとうございます!!
こちらも歴代ベストバウトといっても差し支えない大接戦!
2-2からのメインの戦いは、間違いなくKOK史上に残る死闘でした。
また、KOKにおいて2度目の防衛をするチームは今回も現れず。
過去、1回でも防衛した人すら数チームしかいないのがKOK。
残り2か月半となったキンプロ、果たしてこれから歴史を塗り替える王者は現れるのでしょうか?

さあ、いよいよカウントダウンが迫ってくるキンプロ。
次回は未定ですが、公式終了後には発表できるかと。
kok6
KOKでは「オレが歴史を作ってやる」と息巻く挑戦者を求めております!
まだまだKOKから目を離すなよ!
2017-01-15 : KoPW KOK : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。