日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

東欧遠征の道 最終回-完結!プラハの秋!-

9月14日(雨のちくもり)
いつもどおりに列車内では朝まで熟睡。
やっぱりというかこちらもいつもどおりにプラハへは1時間遅れで到着。
プラハ中央駅
到着したのはこちらのプラハ中央駅。
で、こちらは実はネオ・ヴェネツィアに続いて聖地なのです。
メタル・ギア・ソリッド4のACT3のOPでスネークが東欧に行って初めて降り立った駅のモデルがこのプラハ中央駅、らしい。
とはいってもどうも雰囲気が違うような。
ウィキではプラハ中央駅になってたけど、プラハには他にも国際駅はあるしそちらのような気も。
まあACT3の東欧のモデルがプラハ全体なのでこれからに期待しましょう。
あとプラハといえば『MONSTER』でも中盤の重要なポイントとして登場。
プラハではスークが色々と活躍したり、ニナが自分の出生をしることになったり、赤いバラの屋敷の秘密が暴かれたりと終幕へ向けて多くのことが明らかになる重要な場所です。

と、こちらの中央駅はまさかの改修中でコインロッカーが使えず・・・
とりあえず隣の国際駅まで移動し荷物を預ける。
そこでパンを買って朝飯にしたがこれが20円~50円くらいで安い!味も良し!

では本日最初の観光地へ。
もうプラハといったら1にも2にもここでしょう!
カレル橋
カレル橋です。
MGS4ではACT3のエンディングでリキッド一味と海兵隊がドンパチしたところ。
MONSTERでは人形師のおっちゃんが出てきた所ですな。
この橋の両サイドには歴史的な聖人や英雄の像が建てられていてその中には日本にも馴染みの深いフランシスコ・ザビエルの像があります。
が、まさかの工事中で向って左側がシートが掛けられていた為に見れず・・・

聖ネポムツキー像
そんな中でチェックしておくのはこちらの像。
この聖ネポムツキー像は触れると幸運が訪れるといわれています。
ちょうど下の部分が人が触りすぎたので剥げてしまったのがわかります。
勿論、我々も今後のためにベタベタこれでもかと触っておきます。
ちなみにこのカレル橋の像の前でギニュー特選隊のポーズを決めていた人がいますが、それは「恥ずかしい行為禁止!」なので見なかったことにしましょう。
※写真はMIXIアルバムで見れます。但し後で検証したところ一部左右逆です(汗)

と、この辺りからポツリポツリと雨が降ってきました。
ここまで旅行では過去一度も雨には見まわれてたことのない雨晴れメーター+7のオレなのにそれを上回りかき消す奴がいるようです。(ドラえもん参照)
まあそれ程ではないので予定通りマラーストラーナへ。
こちらはまあ普通の公園です。ケーブルカーで登っていくので頂上の展望台では非常に素晴らしい景色を眺めることができます。
プラハ一望
これが晴れてれば直よかったのになぁ、と。

この後、軍団橋を渡って再び向こう側へ。
ユダヤ人地区までトラムで行ってそのまま旧市街を通り広場へと向います。
ちょうどこの辺はMGS4でレジスタンスを追跡していく街並みにそっくりです。
あとはMONSTERの”3匹の蛙の家”とかがありそうな感じ。
悔やむべきはあれだ、『ARIA』と『ガンスリ』は持ってきたのに、すっかり『MONSTER』は持ってくるのを忘れたということだ・・・
後で思いだしたんよ・・・『MONSTER』はプラハもあったなと。

旧市街広場
こちらが旧市街広場。
で、この辺の建物は色々あってどれがどれだかいまいち把握できていない。
(たぶん)左のピンクの建物がゴルツ・キンスキー宮殿、右の2本の尖塔がある建物がティーン教会、でその真ん中の小さいのが石の鐘の家、なはず。
他にもヤン・フス像、旧市庁舎、聖ミクラーシュ教会など、この広場はまさに360度を歴史的価値のある建造物に囲まれています。
内部に入って全て見学してたらおそらくここだけで一日経過しちゃうんじゃないか、と。

さあ続いてプラハ城です。
カレル橋を再度渡りトラムに乗っていきます。
ちょうどマラーストラーナから北の丘の上に城はあります。
聖ヴィート大聖堂
まず城壁をくぐると目に入るのが↑の聖ヴィート大聖堂!
んーでっかいです。ギリギリ後ろ壁まで下がっても写真に収まりきりません。

展望台より
マラーストラーナの展望台から見るとこんな感じ。
青い屋根が城壁で真ん中の尖塔が↑の聖ヴィート大聖堂です。
中は毎度御馴染みの教会です。
ここもステンドガラスはとても綺麗で天井が高く荘厳な雰囲気です。

続いて旧王宮を見学。
旧王宮
王宮というには他に比べて地味です。
外見は地味で中も特別華やかさはありません。
まあ逆にそれが新鮮ではありますが。

次はこちら。
黄金小路
黄金小路です。
かつては城の中で錬金術師の居住区だったことからこの名前がつけられました。
見ての通り建物の扉が非常に低いのが特徴です。
現在、中は土産物屋だったり本屋だったりになってます。
この後、タリボルカ(牢獄)を見学して城の外へ。
城門
城門ではこのように直立不動の衛兵さんが守っております。
毎正時になると交代の様子を見ることができます。
ちなみに↑のようなのは「恥ずかしい行為禁止!」です(2回目)。痛いなぁ・・・

時刻は17時ごろ、ここで一度ホテルへ行きます。1日目と同じホテルです。
荷物だけ置いて夜のプラハを存分に楽しむことにします。
1時間ほど休んで再び市街地へ。
今日の夕食は最後の金を全部使い切って豪華に行きます。
ヴァーツラフ広場で地下鉄を降りてプラハの街を歩きながらレストランへ。
チェコの画家であるムハの絵が周りに飾られているレストラン・ムハで夕食をとります。
うーむ、今までにないグレードの高さそうなおしゃれな店だぜ。
ここだけは唯一日本を出る前に場所を決めておりました。
ムハ・プレート
そしてこのレストランの名物である「ムハ・プレート」を頼みます。
スモークポークにウィンナー、チェコの蒸しパンであるクネドリーキとこれを食べればチェコ料理の美味しい所を全て頂けるという優れものです。
うむ!最後を飾るにふさわしい美味也!
肉は柔らかくてソースいらずの簡単な味付けだけで美味い。
なんというか肉そのものの味を一番美味しく出している感じだね。
クネドリーキはやや癖があるので嫌いな人がいるかもしれんけどオレはかなり好き。
日本の蒸しパンよりもぬめっとしていて水気が多い。これが肉には合うんだなー。
アップルパイ
そして今回は夕食時に初デザートも!
見ての通りアップルパイです。これがとんでもないくらい美味い。
アップルパイのふわんふわんした暖かい感触に冷たいバニラアイスとのコンボ、そこに生クリームが加われば無敵だな。
言うなればツンデレ+釣り目+ツインテールか。俺は好かんけど(爆)。
とにかく生地のふんわり感、これがホントに絶妙で素晴らしいね。
正に最後を飾るにふさわしいメニューだった!最高よ!

レストランで最後にチェコ語で「美味しかったです」をいうべくガイド本をチェック。
これを「ビロト ヴェルミ ドブレー」をいうのだが、これが覚えられずに座席でひたすら連呼していた(滝汗)。
それでいて最後にサービス料を自分で入力方式(初めてよw)だったのでとりあえず10コルナを入れておいた。
と、よく考えて見れば10コルナって50円くらいやーん。
普通に考えれば0が1個少なかったぞ・・・まあ店員さんもなんとなく解ってくれていたようなのでいっか・・・これこそ「恥ずかしい行為禁止!」(3回目)だな・・・(滝汗)。
ちなみにこれだけ食っても2人で900コルナで4500円くらい。
雰囲気こそ高級だけど実は日本ではさくら水産と同じくらいの値段です。

夕食後、旧市街広場の方へ向いお土産を購入。
9時ぴったしには旧市庁舎の天文時計の仕掛けを見ました。
これが死神が鐘を鳴らして12使徒がくるくると回ってくる、というものなのだがどうにも呆気なくて見に来ていた多くの人も「え?もう終わり?」みたいな感じだった(汗)。
そしてホントの最後にカレル橋を見学。
カレル橋
うーむ、ここから見る景色は昼夜問わずに「美しさ」ならヴェネツィアのサン・マルコ広場と同じくらいのものがある。工事中なのが本当に悔やまれます。

こうして全ての観光日程は終了。
ホテルへ戻ってフラテッロと締めの痛い動画を撮影しました。
この模様は後ほど公開される模様です。(現在編集中)

9月15日~16日(晴れ)
いよいよ日本へ帰るときが来ました。
朝は余裕があったのでたっぷり朝食をとってから出ます。
その後、空港へ直行し約15時間ほどのフライトで日本へ戻りました。
帰りも出発は15分~1時間遅れながらモスクワにも成田にも定刻ピッタシに到着!(驚)
機内食も相変らず美味しく、帰路も文句なしのアエロフロートでした。

今回の旅行記は同志のフラテッロ氏との個人旅行ということで非常に痛い内容だったと思います。でもそれがいんだよね、ツアーじゃこうはいかんのよ。
点数をつければ95点、文句なしでしょう。
それでは字数がギリギリなので締めます。
でっかい楽しい2週間でした!

-完-

2009-10-03 : 旅行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。