日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

全日本プロレス-プロレスLOVE in 両国-

選挙についての感想とかは明日で。
今日は両国国技館に全日本プロレスの試合を見に行ってきました。

初戦は・・・まあいいや。
荒谷が引退して菊タロー、渕も今日は出ていないので真田×ヘイトという対戦カードとなったが、真田があっさりと沈め特に盛り上がることもなく前座の役割も果たせずに終了。
第2試合ではジュニアの実力者同士のタッグマッチ。
去年までは新日に所属し、今年は何故かVM入りした稔がその実力をいかんなく発揮。
カズとのタイトル戦で敗れ、先日のジュニアリーグ戦でも優勝を逃す結果に終ってしまったが、シーズンを通じての調子は悪くない。
その稔を中心に、試合巧者の論外&MAZADAも相変らずのスピードと巧さを出しきって、見ているこちらとしては非常に面白い試合だった。
土方は・・・まあいいや。

vm
第3試合では浜、曙の超重量コンビが実現。河野も加わりVMと激突!
試合開始時にTARUがマイクパフォーマンスで相撲を「脂肪の塊のぶつかりあい」と挑発。客席に来ていた横綱・白鵬に対してもちょっかいを出します。
試合はF4入りも噂されるゾディアックとジョー・ドーリングのにらみ合いもあり、呼吸を乱したVM勢が終始押される展開。
vm2
1試合目に消化不良で終ったヘイトのお馴染みの消火器攻撃も「焼け石に水」というやつで特に意味無し。
vm3
渦中のゾディアックが浜&曙の前に沈み勝負有り。
試合後にはそのゾディアックとTARU、ジョー・ドーリングが言い合う場面も。
これはいよいよ脱退→F4加入という流れか?

nishi
第4試合では西村&征矢組が長州&越中と対決。
試合開始直後から闘志むき出しで向っていく西村。
因縁の長州との対決だけに気合が入るも、結果としてはタッグを志願してきた征矢が足を引っ張る形に。
試合後にはその征矢に打撃を加えて一人早々とリングを去っていきました。
一方の征矢は長州を追いかけていって「弟子にしてください!」と直訴。
このときは軽くあしらわれていましたが、まあここでまた新たな因念関係ができるのかな?

第5試合。おそらく今日一番面白い試合だったと思う。
カズ・ハヤシと近藤修司の世界ジュニア・ヘビー級選手権試合。
試合は序盤から両者が持ち味をいかんなく発揮。kazu
カズは持ち味のスピードを活かした華麗なテクニックの連続技を次々と繰り出さば、対する近藤はパワーを活かした一発一発が非常に重い一撃で反撃。
まさに一進一退という攻防戦の中で徐々にペースを掴んできたのは近藤。
次々と大技を繰り出してくるカズ相手にも一歩も引くことなく反撃。
なかなか決めきれずにペースを乱してきたカズに対して猛攻に出ます。
kondou
持ち味のパワー溢れる豪快な技は見ていてもとても面白い!
ただ、爆発的なパワーでカズを何度もおいつめるもこちらも決定打にならなかったのは痛い。
キングコングラリアットも不発に終ると、カズのロープ際からの不意をついたような一撃で惜しくも撃沈。
ただ、負けたとはいえ、勝ちに等しいくらいの非常に面白い試合を見せてくれた近藤も素晴らしかった。
両者共に文句の付け所のない試合内容で非常に満足。流石ともいうべき実力者どおりの激戦は今年もベストバウト候補に挙がるのでは?と。

第6戦。小島率いるF4×鉄人・小橋率いるノア勢との団体対抗戦。
前々から小橋に挑戦を直訴していた小島の要望がかなった形となった。
しかしまあ、試合前から小橋への声援が凄まじい。ここまで大きくなるのはホントにファイナルの武藤クラスじゃないか。流石に観客の期待も大きいね。
kobashi
試合では予想通り、小島と小橋のチョップ合戦が展開。
また、KAI&大和、菊地&伊藤と両チームのジュニアコンビも大健闘。
連携技も含め、この試合も見るべき点は非常に多く面白かった。
試合は両チームのアキレス腱(大和、伊藤)のどっちかがやられるだろうと思っていたら、案の定伊藤が小島のラリアットに沈んで敗北となった。
ただ、伊藤も非常にいい動きはしていたし、F4のKAI&大和も予想よりかはやれるな、という印象。試合前のマイク要員で終るか次へ進めるかは今後次第か。

第5試合。三冠ヘビー級選手権試合、高山×諏訪魔。
えー・・・残念ながら先ほどの試合とこの後のファイナルにはさまれた為にタイトル戦ながらとても印象が薄い試合に。
内容もあまり細かく覚えていないんですが、とりあえず高山が防衛しました。
なんだろうなー先の試合を見た後だから両者とも動きが鈍いというか・・・いまいち迫力に欠けるんだよな。結果として時間かけるよりも最初から全力全開の方がまだ盛り上がるのでは?
kozima
試合後に先ほど戦った小島がリングに上がり次の挑戦者として名乗り。
高山に「小橋の首はとってきたのか?」と聞かれ苦笑い。挙句、「空気の読めない奴」と言われ、またびみょーな三冠戦の予感となってしまいました。

そしてファイナル!
武藤&船木×蝶野&鈴木みのるという豪華絢爛な組み合わせ。
まさしく武藤の25周年にふさわしいカードといえるのでは?
mutou
試合は序盤は武藤と蝶野が両者探りあいのような展開。
ここで武藤が船木にタッチすると会場からは「鈴木とかわれー」のコール。
いよいよプロレス復帰戦となった船木と因縁の鈴木との対決。
hunaki
船木はプロレスこそ離れたものの、総合格闘技をやっているだけあって打撃系の技が流石に切れ味がある。
ブランクを感じさせないとは言えないが、それでもみのるとこれだけ戦えるのだからやっぱり実力はあるのだなと。ただ今の技のバリエーションだったりを考えるとこのまま長丁場を戦うにはチトきついか。
試合後のインタビューでも言っていたが、この後のことについては明日発表があるらしいので期待して待ちましょう。
試合は武藤がムーンサルトプレスでみのるを沈めて自らの記念興行に花を添えました。
試合内容は船木の復帰戦の意味合いも強く、まあそれなり程度ではあったが、周りのボルテージも凄まじく盛り上がった試合にはなったと思う。

今回は全体的に面白い試合が多くて非常に楽しめました!

2009-08-30 : プロレス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR