日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

ハッスル・エイド2009 さよなら高田総統

行ってきました!
haxtu
ハッスル・エイド2009in両国国技館!
いやーついにハッスルの初観戦となりました。
多くの芸能人をゲスト出演させ話題を提供したりと、他のプロレス団体とは一風変わったエンターテイメントというものを一度見てみたかったのです。
しかも今日の試合はここまでハッスル界を牽引してきた高田総統の最後の日ということで果たして結末はどうなるのか?と非常に楽しみにしていました。

試合開始前にアナウンサーとサポーターのグラドルが出てきてコールの練習。
ただ、周りを見る限り人の入りはいまいち。今までの新日や全日の試合と比べると見劣りすることは否めないです。

taka
第1試合の始まる前に高田総統のご挨拶が。
下々のものに向って(笑)今までありがとうのような事を言っていました。
そしていよいよ試合が始まる!・・・はずがここから長いVTRが・・・
越中士郎のしょーもないネタで意外と引っ張ること・・・(爆)

ようやく始まった第1試合。
個人的には今夏のG1にも出場するTAJIRIに注目して見ていきたいところ。
開始早々、先発メンバーを巡っていちゃもんをつけて尺を伸ばす(汗)。
それでも予想していたよりも試合は本格的というか見ていられるものに。
越中はベテランらしい安定した動き。ケツおやじのキャッチフレーズどおり、ヒップアタックを中心にモンスター軍を蹴散らしていきました。
紅一点のKGもなかなか。力強さというものではさすがに男性陣には負けるけれども、動きは中々俊敏で流石に運動神経はいいものを持っているなと感じました。
そして試合を決めたのはやはりTAJIRI。
動きの良さは流石、というか他のメンバーとはわけが違う。
この分なら真夏の祭典G1も楽しくなりそう。棚橋との因縁はどうなるのかな?
haxtu2
試合後、ハッスル軍によるマイクパフォーマンス。この辺はハッスルの見所の1つかと。
夏はケツだ!と盛り上がる越中の後ろでTAJIRIの表情(笑)。
なんとなく、冷静で少し弱きなキャラだったのも少し意外でした。

第2試合は・・・まあ一番びみょーな試合。
小池の旦那こと坂田と小路がモンスター軍の川田&安生とやるわけだけど・・・
なんというか、こういう中途半端に真面目な試合を入れるとイマイチ。
特別豪快な技が出るわけでもなく、華麗な技術やスピードで魅了するわけでもなく、気がついたら終っていた、ような試合でした。
正直、殆ど頭に残ってません。

第3試合ではこれまでの高田モンスター軍団が終結。
monster
モンスター℃&パンチ℃から始まり、

monster2
ニセHGや、

kida
キダ・タ・ロー2009(一瞬で退場した・・・)に、

itako
なんとあのマイケル・ジャ○ソンも舞い降りてきたスリラーも披露したイタコ、

kumo
そして最後にバトルロイヤルを制したのは赤鬼蜘蛛でした。
うんうん、こういうコメディータッチな試合はハッスルって感じだね。
幅広い年齢層に受けるし、モンスターのコスチュームやパフォーマンスも見ているのも楽しい。
まあ長州カ(りきではない)という空気もいたけど(爆)

そして個人的に一番楽しみにしていた第4試合!
HG&RGのレイザーラモンタッグが、あのアブドーラ・ザ・ブッチャー&タイガー・ジェット・シンという史上最悪最凶の外国人タッグに挑む!
レジェンドクラスの外国人相手に果たして本職は芸人(なはず)の2人かどう挑むのか?
先にレイザーラモンの2人が登場。
続けてブッチャーが杖をつきながら登場。ん?シンの姿は?
と、思った矢先。客席を掻き分けいきなり乱入しサーベル片手に暴走!
rg
流血必至のこの試合!シンが会場で暴れまわる姿にHGが気を取られている隙にブッチャーがRGを捕獲。噛み付きや額をフォークでえぐる攻撃でいきなり流血。
HGもシンにマスクを剥ぎ取られ素顔があらわに。一部ではウド鈴木に似ていたという声も(笑)
こうなるともう完全にペースを握られてリング上は無法状態に。
レイザーラモンは二人とも流血し殆ど攻撃も加えられないまま完敗か・・・
ところがここでシンの攻撃がまさかの誤爆。
続けざまにブッチャーの攻撃が今度はシンに誤爆。
これをRGが唯一ともいえるチャンスで押さえ込みまさかの勝利に。
hgrg
試合後は勝ったけどこの有様。
さらにシンとブッチャーで場外戦が勃発!
次回のカードで両雄がぶつかることとなりました。
いやーそれにしてもこの試合は予想通り中々面白かった。
流石にお二方とも大分高齢なために動きという面では全盛期には到底及ばず。
それでも会場をこれだけ沸かせて恐怖に陥らせるオーラというのは凄いのを感じました。
シンが会場に乱入したときの雰囲気やブッチャーのえげつない攻撃は本当に迫力がありました。
野球なんかでも「顔で抑えられるようになったら一流」というけど、この2人は正にその通りでホントに「顔で盛り上げられる」選手なんだと思いました。
一方のレイザーラモンもこれだけ受けて魅せれる技術があるのは中々素晴らしいと思う。
芸人よりもこっちがメインという感じにはなっているけど、今日の試合を見て「流石に場数は踏んでいるな」と感じました。
ホントにプロレスにかける気持ちや、向っていく姿勢が今日の試合の勝利につながったのだと思います。

さあてセミファイナル。
ここでボノ君が登場なはずも何故か深い睡眠から醒めずに天龍が1人で出陣。
流石の天龍も数的不利な状況で苦戦する中・・・
bono
ボノ君が覚醒して登場(笑)。
いきなりフランソワーズに親父譲りの毒霧を浴びせるとアルマ&ゲドンを一蹴!
早々に試合に片をつけるとパパを追って魔界に旅立っていきました(汗)。
まあ・・・グレート・ボノのお披露目的試合に(汗)
これで旅立ったいったわけだけど今後は戻ってくるのか?
まさかいきなりRIKI軍団(後述)に入団とかないよな。

さあファイナルです!
mtokyo
先陣を切ってマグナムTOKYOが派手なダンスと音楽で登場!
おーこれが生で見るマグナムの入場シーンか!これは非常に盛り上がるねー
ハッスル軍のエースとしてどんな試合を見せるのか注目がかかるところ。

そして・・・
takada2
高田総統の戦う化身、エスペランサー・ザ・ゴッドが登場。
何物も受け付けない肉体と破壊的な攻撃力を持つ最強の敵。
流石のマグナムも序盤から防戦一方。
というか実際にはプロレスの試合はしてないですが(爆)
で、必殺のレーザー・ビターンが出ようとしたところでマグナムともみ合いに。
これがまさかまさかで自分に当たってしまった模様。
動けないエスペランサーにマグナム必殺のAVスターブレスが炸裂!
意外とあっけなく(というかこれが定番らしい)試合は終りました。

試合後、まあ予想通りに高田総統がぴんぴんした姿で登場(汗)
これからは共にハッスルを作ろうとマグナムとがっちし握手!
あーこれでハッスル大団円かー、になるわけもなく(笑)
riki
RIKIが登場!
これからはオレがハッスルを破壊する、と正にKYなコスチュームと宣言(汗)
ここで総統自らRIKIにむかっていくも・・・
なんとRIKIが「紅のバックファイヤー」という意味不明な技を炸裂!
この一撃で高田総統はダウン・・・
今後の暗雲漂う中でハッスル・エイドは終結を迎えました。

全体的な感想としてはまーこんなもんかなーと。
コメディ色は濃いけど楽しめる試合は楽しめて、つまらん試合はつまらんかったです。
イマイチ中途半端な感がぬぐえないんだよな。
まあ金を払ってまではいかんなーと。

2009-07-26 : プロレス : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Re:ハッスル・エイド2009 さよなら高田総統
やっぱマグナムはAVに出てたのでしょうか?
2009-07-27 01:43 : 長州蚊 URL : 編集
Re[1]:ハッスル・エイド2009 さよなら高田総統(07/26)
確かにいい体はしていますが、それはギミックです。
2009-07-27 23:14 : 旋風万翼長 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR