日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

セリーグ順位予想2009

昨日に引き続き、今日はセリーグの方を予想。
開幕時の公示メンバーは↓を参照。
http://www.npb.or.jp/CGI/cl/kiroku_put.cgi?key=new&type=3

1位:巨人
まあ戦力的に見て何もなければ妥当な順位かと。
上原、二岡、清水などかつての主力が抜けたが、誰もがピークを過ぎているし代役は効く選手なんで問題なし。
野手は昨年と殆ど代わらないラインナップだろう。
新戦力の中で注目はメジャーでも活躍したアルフォンゾだが年齢的に上積みは期待できず、特に守備面では衰えが激しいので過度の期待は禁物。
打撃はそれなり程度(2割7分15本)くらいはいけると思うので、攻撃力重視の際のセカンドかファーストのバックアップなどでは使えそうだ。巨人においてスタメンに怪我などでの離脱者が出ないことはありえないので必ず必要になってくる時期はあるかと。
他にも松本、寺内、円谷、加治前など光るものをもつ若手が控えています。スタメンが実績のある選手ばかりなので中々出場機会は恵まれないかもしれないが、第2の坂本や隠然となるべく頑張って欲しい。
心配なのはクリーンナップの高年齢化による怪我か。ただ、1人欠けたくらいでは他のチームに引けをとることはないのでそれほど問題ではないかも。
先発投手を見るとグライ、内海、高橋尚の3本柱。ただそれに次ぐ投手は微妙。
東野、久保、栂野、西村、野間口などが候補であるが全員安定感があるとはいい固く計算できる戦力とはいえない。そしてこれらのメンバーがダメだった場合、あと先発経験があるのがせいぜいバーンサイドやゴンザレスくらいでこちらは外人枠の関係で常時1軍というのは難しいものがある。
ただ、リリーフはマイケル中村も加わりさらに強固なものになった。
左右の山口、越智に豊田や藤田といったベテラン勢も加わり磐石の構え。
これだけ揃っていれば先発が崩れても早めに切り替えることができるので非常に大きい力となる。先発が未熟でも5~6回から勝ちパターンを作ることもできるのは心強い。
-チーム評-
先発投手:B リリーフ投手:A 打撃:A 走塁:B 守備:C
注目選手:アルフォンゾ(2B、1B)、東野(P)、久保(P)

2位:阪神
こちらも大きな問題がなければプレーオフ圏内は固い。
投手野手共に全く問題ない選手層であったが開幕時に痛いのは矢野の怪我。
ここまで矢野におんぶにだっこの状態で2番手捕手の野口も放出した為、開幕時は出遅れる可能性は十分に考えられる。
ただ、この時を逆にチャンスと考え狩野や岡崎などに試合経験を積ませればよし。特に狩野なんかは打撃面では全く問題ないので、少し守備には目をつぶっても実践で慣らしていけば必ずいい捕手に成長すると思う。
あと早くもクビが冷たくなってきた注目のメンチだが・・・
ぎ、逆にオープン戦でボロボロの方が「バースの再来」とか書かれずにいい成績を残してくれるものと期待している。オープン戦だけの選手も沢山いたしね。
バルディリスなんかも一皮向ければ面白い存在になりそうだ。
投手陣は今年もリリーフに頼ることになりそう。
久保田が先発に回りJFKは解散したが、それでも江草、渡辺、アッチソン、阿部と12球団一のブルペンは健在でさらに能見や太陽、復活を賭ける桟原も控える。
逆に先発は計算できるのは安藤だけ。下柳や福原は年齢的にも期待するのは厳しい。
上園、杉山、ロッテから移籍の久保などかつて活躍した選手もいるが残念ながらその後長いトンネルに入っているのでこちらも過度の期待は禁物。
その中で先発転向の久保田はかなりやりそう。元々スタミナは非常にあり、精密なコントロールを持つタイプではなくクイックもダメなのでリリーフよりも先発向きかと。
球威で三振を取れるが四球もあるタイプなので長いイニングで投げるほうが絶対に活躍できると思う。オープン戦でよかった石川にも注目。
-チーム評-
先発投手:C リリーフ投手:A 打撃:B 走塁:B 守備:A
注目選手:メンチ(RF)、狩野(C)、久保田(P)、石川(P)

3位:広島
去年の勢いをそのままに3強を崩して欲しい。
今年は楽しみな若手ピッチャーが続々と育ってきている。数年後には他球団だけど。
昨年も活躍した前田健、篠田の両名は明らかに1軍でローテ投手レベル。2人合わせて20勝は固い。エースの大竹、ルイスを支える意味でも頑張って欲しい。
ここにさらに青木高と斉藤などフレッシュな面々も加わるようならかなり心強い。
ただ、実績のある投手ではありません。そこを支えるのがリリーフ陣。
抑えには絶対的なクローザーである永川が控え、そこにつなぐまでのリリーフ陣も強力な面々が揃っている。横山、シュルツ、梅津の3人はその中でも非常に頼りになる。
また新外国人のドーマンも期待が持てる。三振が取れるピッチャーでありメジャーでもリリーフ経験はあるので上の3人に加えてセットアッパー候補に入るかも。
野手を見るとアレックスがいなくなったのはさりげなく痛い。
それでも長打が減った分は天谷、赤松、東出などスピード野球の申し子が塁上をかき回して得点に繋げてくれるであろう。
あとはランナーの溜まったところで主砲の栗原、そして今年はなんかやってくれそうなシーボルあたりに回せれば攻撃は問題なく機能するでしょう。
ブラウン監督の思惑通り昨年以上にスピードを重視した野球になりそうである。
ちなみに石井たくろーについては何も期待していませんので。
-チーム評-
先発投手:B リリーフ投手:B 打撃:C 走塁:A 守備:B
注目選手:シーボル(3B)、ドーマン(P)、斉藤(P)

4位:中日
そろそろプレーオフ落ちも見えてきた。
一応の4位予想だが、戦力よりも試合運びのうまい選手がそろって居るということで本来なら5位にしようかなと考えていました。
落合監督はどこ吹く風ですがウッズと中村が欠けたのはかなり痛いです。
チームの本塁打を稼ぐ上位2名が消えてこれでホームランバッターはほぼ0と言ってもいい。ブランコという新外国人が来たがオープン戦で好調な当たりクルーズ(03年)の香りしかしないのはオレだけだろうか?ただ飛距離はあるのでもしかしたらもしかするかもしれない。
ただ仮にブランコが良くてもそれ以降が出てこない。和田は年齢的にこれ以上の成績は考えにくく、せいぜい長打を打てるのは森野の20本前後がいいところ。
一応長距離砲候補としては新井、堂上兄弟、平田なんかもいるが残念ながら昨年までを見る限りなかなか厳しいものがある。他にも野手では谷、西川、岩崎、ルーキーの野本なんかもいるが正直どれも微妙。守備はよくても打撃で10本行く選手はいなさそう。
オープン戦絶好調だった藤井に注目だが果たしてシーズンではどうだか・・?
そして中日のお家芸である守備でも荒木が怪我で万全でなくやや不安。足の怪我だと走塁にも影響しそうでそうなるとさらに得点力は落ちる。
また、投手陣も意外と不安要素は大きい。
精神的にもエース格であった川上が欠けて計算できる戦力は減った。
先発中継ぎと共に絶対的な信頼を置ける選手というのがせいぜい岩瀬くらいしかいないのは大問題。ネルソン、バヤノの両外国人はダメそう。
先発も昨年は怪我もあり散々だった朝倉に小笠原や吉見、チェンといったところ。やっぱり絶対的なエースとして考えられる選手は居ない。
それでも4位なのは先に書いたとおり試合運びが上手いから。ただ、この手の戦い方のチームはひょんなことで崩れるので予断は許さない状況だろう。
-チーム評-
先発投手:C リリーフ投手:B 打撃:D 走塁:B 守備:A
注目選手:ブランコ(1B)、デラロサ(2B、3B、SS)、藤井(CF)

5位:ヤクルト
5位予想ではあるが戦力的にはプレーオフ圏内も考えられる。
昨年は貧打に泣かされたが今年はその心配はなさそう。
WBCでも打ちまくった青木は勿論、新外国人のデントナ、そして皆大好きガイエル様も好調。特にデントナは今年の新外国人野手としてはイチオシ!神宮球場なら3割30本も十分に期待できる。クリーンナップ3人で90本はいけるぞ。
これに続くように和製大砲の畠山、竹内、ユウイチなんかももっと奮起して欲しい。全員15本以上は打てると思っているので昨年までの数字では物足りない。勿論、福地や川島、飯原など走れる選手も健在。さらに長打力が魅力の野口や中日を戦力外になった森岡も加わり野手層はかなり厚くなった。
そして何よりでかいのが相川の獲得。古田引退後に捕手が固定できなかったヤクルトにこれは大きい。安定した守備に3割を打ったバッティング、両方で頼れる選手だ。
野手に比べると投手は先発の層が薄く不安。
期待の左腕の李が早々と離脱し、木田が先発候補に入るようではお先は暗い。
新外国人のバレットもいまいちだしこうなると一場にでも期待するしか・・・
ただ村中や由規、加藤など昨年以上の成績が見込める若手が多いのは楽しみである。
リリーフでは傷心の林が心配ではあるがまあ大丈夫だろう。
押本と松岡は昨年の疲れが残って無いかやや不安。その分はリリーフ経験も豊富な五十嵐に頑張って欲しい。
-チーム評-
先発投手:C リリーフ投手:B 打撃:B 走塁:A 守備:B
注目選手:デントナ(1B)、ガイエル(RF)、相川(C)、由規(P)

6位:横浜
え~・・・ご愁傷様でした(核爆)。
昨年の様に開幕直後にペナント終了、なんてことにならないように願います。
今年も目立った補強はなく、せいぜいグリンと森笠くらい。
相変わらず期待できない外国人は来年の今ごろに1人でも残っているかどうか?
イチオシはジョンソンであるが、アスレチックス時代に好きな選手であった為であり日本での成績には期待してません。おそらく大型の扇風機になるかと・・・
そして何よりも相川が出てしまったのは致命的。
投打にわたる司令塔を失ったのは大きすぎる。
さらには打線の軸である村田も1ヶ月の離脱となり頼みの攻撃力もがた落ち。ホントに村田が帰ってくることにはペナントが終ってるなんて状況もありえる。
弱点だった1番バッター候補にはルーキーの松本に期待がかかる。上位が出れれば内川、吉村らが控えるのでそれなりには機能しそうだが。それでも厳しい。
野手以上に深刻なのは投手陣。先発リリーフ共に駒不足は否めない。
先発三浦とグリンはともかくほかがいない。寺原は8勝程度がいいところだろう。
リリーフはもう何も無い。木塚や加藤、横山、クローザーの石井までホントにだましだまし調子のいい選手を繰り出す以外はない。
変な1年で消える外国人を取るくらいならいい加減スカウトを変えろと。
なんにせよ今年も耐えるシーズンとなりそうだ。
-チーム評-
先発投手:D リリーフ投手:D 打撃:B 走塁:C 守備:C
注目選手:ジョンソン(1B、OF)、松本(OF)、藤田(SS、2B)

セリーグは2強3中1弱といった感じ。
上位2チームは固いとして3~5位は激戦になりそうだ。

2009-04-02 : 野球 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR