日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

パリーグ順位予想2009

さて開幕メンバーの公示も出たので予告どおりプロ野球の順位予想やります。
まず今日はパリーグを。
先に言っておきますが、今年の順位予想は・・・
まっっったく自信ありません!!
ホントに今年もパリーグはわかりません。
ここまで迷ったのは今年がはじめてかも。
不意な怪我や調子のズレで一気に落ちることがあってもおかしくないですし、その逆もありけり。戦力的にどこが来てもおかしくありあせん。
そういう意味でシーズン終了までもつれることが予想される戦国パリーグ。
全く当てにしないでオレの予想を見てください。
直、開幕時のメンバーは↓を参照。
http://pacific.npb.or.jp/kouji/pl_reg00.html

1位:西武
昨年の日本一チームであり、今年に関しても一番マイナス要素の少ないチームということで1位に予想。
WBCで全国区になった中島、片岡、涌井らはチームでも引っ張って行ってくれると思う。
野手は上位打線から下位打線まで抜け目のないラインナップ。ブラゼルが欠けて本塁打は多少減るかもしれないが、それを十分に補う選手層の厚さがある。
昨年後半から中軸に座るようになった後藤をはじめ、内野では原、水田、黒瀬、上本などなかなか面白いメンバーが揃っている。
スタメンは実績のあるメンバーが揃っているのでなかなか定着するのは難しいかもしれないが、いざというときにバックアップには頼れる存在だ。
外野は栗山、ボカチカ、GGと強力な打棒の3人がそろいこちらも磐石。
さらに今年は巨人から清水が加入。巨人では的外れな補強などで実績を残しても使われない不運もあったが、そのバットコントロールのよさは誰もがしるところ。
弱肩でレフトは栗山がいることもありDH、一塁での出場になるだろうが、右投手に対しての出場や代打で結果を出してくれそうな気がする。
投手を見ると先発は涌井、岸、帆足の3本柱に、石井一、新加入のワズディン、西口らベテラン勢が絡む感じになりそう。3本柱がそれぞれ13勝、石井とワズディンは8勝ずつくらいは出来るだろう。西口は・・・まあ頑張って。
リリーフは先発に比べるとやや駒不足な気もするが、右では小野寺、大沼、岩崎、岡本、左では星野に新加入の土肥と一応のコマは揃っている。
絶対的なセットアッパーという選手はいないが、その分は選手層の多さを生かし調子のいい投手を回していけば事足りるであろう。抑えはグラマンで問題なし。
-チーム評-
先発投手:A リリーフ投手:B 打撃:A 走塁:A 守備:B
注目選手:後藤(1B、LF)、清水(1B、DH)、ワズディン(P)

2位:オリックス
まずは注目されている打線から。
ローズ、カブレラ、ラロッカにさらにフェルナンデスが加入した。
全員が30発以上は打てる選手で機能したときの破壊力は凄まじいものがあるだろう。
ただ、オレはおそらくそんなに機能するとは思わない。と、いうのもこのメンバーの中から必ず誰かが常時怪我をしているだろうから。
ただ、それを補って日本人選手でも十分な期待をできる選手が揃っています。
和製大砲の北川、浜中、下山は勿論、走攻守においてハイレベルな選手へとなった後藤、かつて横浜で期待されていた古木もまだ腐るには早いだろう。
さらに坂口や森山、新加入の大村など俊足選手も揃っている。個人的には大引なんかももっと成長してきそうだと思っている。
これだけ野手では層が厚いのだが、実は投手陣も完成度が高い。
先発では小松、金子、近藤、さらには山本、岸田、平野佳とフレッシュな選手が勢ぞろい。
まだ実績という面では乏しいかもしれないが、その分一気に成長する可能性が高い選手ばかりだし、誰もが二桁勝利以上は十分にいける選手だと考えている。
新外国人のレスターも怪我さえなければそれなりに勝てそうだ。
あとは絶対的なクローザーである加藤へいかにつなげるか。
絶対的なセットアッパーはいないのでそこを補えるかがポイントになりそう。
本柳、菊地原で左右はいけそうな気もするが疲れは心配。新加入の金沢やボーグルソンなんかも中々面白いと思うが・・・
-チーム評-
先発投手:A リリーフ投手:B 打撃:A 走塁:B 守備:C
注目選手:大引(SS)、後藤(2B、SS)、岸田(P)、ボーグルソン(P)

3位:ロッテ
昨シーズンは打線が沈黙してしまったが、今年は井口にランビン、バーナムJrと打てる選手を補強した。両外国人についてはどちらも中々期待できそう。
井口に関してはどうも4番起用のようだがオレは2番か3番のほうがいいかと。ただどの打順においても3割20本くらいはノルマだな。
この新加入組みに加えて大松やベニー、里崎と20本以上打てる選手は揃っている。
個人的に注目しているのは神戸。飛距離に関してはチーム1ではないか?という程のパワーを持った選手で常時出れればこちらも20本は固いと思っている。ただ、荒っぽいバッティングと三振の多さは玉に傷なのだが・・・
他にも打つだけでなく走れる選手は揃っているし、今シーズンは打線に関してはかなり期待しています。
投手に関しては先発は磐石、リリーフは不安、といった感じ。
先発は清水、小林、渡辺、成瀬の4本柱を中心に回っていく筈。大嶺や唐川など若い投手の注目株も多く、今年はさらに木村まで加わった。
反面、リリーフはかなり不安。阪神から橋本健が入ったが、どこまで頑張っても防御率3点くらいがいいところだろう。荻野や川崎、伊藤などは昨年は良かったが今年は良いとは限らないし、むしろ悪くなると踏んでいる。そういう自体も含め安定感のあるリリーフは欲しかった。リリーフで実績のある投手というとシコースキーしかいないのは少し辛い。
少なくとも小宮山が入るようではまだまだ厳しいな、と。
-チーム評-
先発投手:A リリーフ投手:C 打撃:B 走塁:B 守備:A
注目選手:神戸(1B)、バーナムJr(1B)、橋本健(P)、シコースキー(P)

4位:ソフトバンク
昨年は完全に貧打に泣いた1年でした。
投手陣はなに1つ文句のない選手層。
和田、杉内の日本トップの左腕コンビ関しては2人で30勝はノルマ。
ここに復活を賭ける新垣も加わり、大隣、大場、巽と期待の若手が続々と控えています。特に新垣は今年は目の色が違い何かやってくれそう。昨年のようなへまはしないはず。
新外国人も3人が加わりましたが、こちらは残留したホールトンも加え誰もが先発と中継ぎで中途半端に使われそうな感じでいまいちしっくり来ません。絶対にやってくれそう!というような選手はおらず、これなら1人減らして野手を獲れと。
リリーフに関してはやや層が薄いものも絶対的守護神の馬原が控えるのは大きい。
ソフトバンクの先発は完投能力の高い選手ばかりなので、それほどリリーフにおんぶにだっこにならなくてもいい。ただやっぱりもう少しは駒が欲しい。
上の外国人の何人かと久米、藤岡、柳瀬、三瀬などで上手く回していけばどうにかなるとは思うので、そこは秋山新監督の継投策の手腕に懸かるところ。
こうなるとやっぱり打てなければ勝てないわけでそちららのほうが問題。
残念ながら小久保や松中などにいつまでも頼っているのは酷というもの。その中で長距離砲として期待のかかる松田にはさらに飛躍して欲しい。2割8分25本くらいは打てる。
新外国人のアギーラも中々やってくれそう。はまれば2割7分30本はいけそうだ。
1、2番は川崎、本多と俊足でかき回す選手がいるだけに、彼らをいかにホームに帰すかがポイントになりそうである。
あとはやっぱりキャッチャー。もうソフトバンクはこれに尽きる。
打撃のいい田上を入れると守備がグダグダになるし、他だと身長程度の打率・・・
去年も注目に挙げた高谷なんかがもう少し成長してくれれば、と。
あ、そういえば今年も春の風物詩であるスペランカーの怪我。
多村が怪我するとシーズンが近づいたという感じ
ですね。
-チーム評-
先発投手:A リリーフ投手:C 打撃:D 走塁:B 守備:B
注目選手:アギーラ(OF)、松田(3B)、高谷(C)、新垣(P)

5位:楽天
最終年の野村楽天。今年はしっかり補強もできて戦力は整ったかと。
特に注目は中村とラズナー。
中村に関しては打撃よりも守備で注目。昨年主に三塁を守ったフェルナンデスよりかは遥かに上手い。これで25本くらい打ってくれたら何もいうことはない。
昨年後半に日本に復帰したセギノールも好調を維持。
ホームが札幌ドームから宮城スタジアムになったこともあり、本塁打はかなり量産できそう。史上最強のスイッチヒッターが再び爆発する可能性は高い。
山崎が流石に限界が近いと思うのでその穴埋めにはなりそうだ。
他に野手では宮出、小坂といった新加入組みも期待。野村再生工場での復活は十分にありえると思う。
あとは外野手の注目株として横川を挙げておこう。パンチ力のある打撃でロッテの大松みたいな感じになってくれそう。同じ外野手で中島にも期待。
走れる選手はやや少ない気もするが、渡辺直は盗塁王もとれるレベル。
と、野手陣はかなり期待できるも投手陣は不安要素が大きい。
ラズナーには注目しているが、どうも普通の投手で終りそうな感じ。
岩隈、田中に次ぐ先発が欠けていて、永井はともかくラズナーに朝井、長谷部に有銘など候補はいるが安定感がなく全く計算できない。
それ以上にまずいのはリリーフ陣。
佐竹がクローザーになる時点でまずい。シーズン当初はどうにか回るかもしれないが通じてとなると非常に厳しい感じである。小山やグウィンも候補として控えるが、1年を通じて活躍するのは無理だと思う。
せいぜい計算できるのが渡辺くらいなもので、このリリーフの惨状を野村監督がいかにして乗り切るかがポイント。ここさえ上手く行けば上位もあるし逆にダメだと最下位も・・・
-チーム評-
先発投手:C リリーフ投手:D 打撃:B 走塁:C 守備:B
注目選手:横川(OF)、宮出(RF)、セギノール(1B、DH)、ラズナー(P)

6位:日本ハム
さりげなく最下位も十分ありえると日本ハム。
昨シーズンよりも確実に戦力がダウンしているというのは明らか。
先発のグリンが移籍し、何よりも絶対的クローザーだったマイケルがまさかのトレード。しかもこれで来たのが林とモナ岡だからたまったもんじゃない。
その二岡も含め、今年もクリーンナップに30本はおろか20本打てるバッターもいなくなったもしれない。スレッジとボッツは残留し、ヒメネスという新外国人も入ったが、いまいち期待できる要素はない。
その中ではスレッジは意外といけそうだが、それでも25本行けば御の字だろう。
打撃が急成長した田中賢やWBCでも活躍した稲葉はいるが、中軸の弱さは他チーム(除:ソフトバンク)に比べて致命的で厳しい状況には変わり無い。
繋ぎの打線という意味ではいいメンバーかもしれないが、下位打線が弱く途切れることも多い。足が速い選手も多いのでもっとどんどん盗塁などで乱すことをしないと、得点力という点に関しては全く光明が見えてきません。
ピッチャーも先に書いたとおりマイケルのトレードが痛すぎる。
代わりの武田久はやってくれると思うが、その武田久の代わりにセットアッパーに回る選手はいない。宮西、星野などは昨年活躍した選手で実績に乏しく、おそらくは建山に頼るだろうが他には接戦で投げれる選手がいない。
先発ではダルビッシュ、スウィーニー、武田勝は計算できるとしてもこちらも4番手以降がいない。藤井、木下、須永当たりに期待したいが・・・
-チーム評-
先発投手:B リリーフ投手:C 打撃:C 走塁:C 守備:A
注目選手:スレッジ(LF、1B)、紺田(CF)、藤井(P)

多分、当たらないです。
特に4位以降は全くわからなかったので希望も少し入ってます。
そのために消去法で日ハムが最下位に・・・

2009-04-01 : 野球 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。