日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

泣いた・・・

最高の試合だった・・・
最後のストライクが決まったとき一瞬固まってそのあとは天を仰いで泣きました。
本当に素晴らしかった。夢のようです。
ホントに歴史が動いた瞬間だったと思います。

前回の大会のアメリカ戦。その時も朝早くから観戦していましたが、あの「世紀の大誤審」の時は本当に悔しくて悔しくて腸が煮えくり返る思いでした。
それから3年・・・
今回もMLB主導の勝手なルールだったり、審判も相変わらず球審はアメリカ人にするなど明らかに有利な状況で進めてきた現状があります。
ただ、アメリカ代表も前回苦杯を舐めた結果が残っているので今回は完全に本気モード。
選手選考では球団の協力が得られなかったり、大会中も怪我人が続出するなど苦しい戦いを送っていましたが、それでも今回こそはと決勝トーナメントへ上がってきました。
その永遠のライバルであるアメリカ野球。憧れでもありいつかは越えなければならない壁を打ち砕く絶好の機会となりました。
そして「野球」が「ベースボール」を超えた今の瞬間があります!
本当に最高の瞬間でした。うれしくてうれしくて・・・何も言えねぇ・・・

ここからは気持ちを切り替えて今日の試合を振り返ってみましょう。
なんといってもアメリカ先発で攻略が難しいとされたオズワルドをノックアウトできたのが素晴らしかったです。
データどおり非常にテンポの良い投球でどんどん投げ込んできましたが、変化球のコントロールがいまいち定まっていない感がありました。
直球もいわゆるメジャーに多い動く速球(ツーシーム)ではなく、普通のまっすぐに伸びるタイプの球だったので日本も見やすかったと思います。
そうして上手く相手をテンポに乗らせないようにヒットや四球でランナーを溜めることが出来なたのでビックイニングにつなげることができました。
特に2安打を打った小笠原なんかタイミングもピッタシで、持ち味の優れたバットコントロールを生かして難しい球をヒットにしていたので素晴らしかったです。
初スタメンの川崎も好調ぶりを発揮していて良かったです。
8回にジーターの送球エラーを誘ったのも俊足と全力疾走からのものだと思っています。
そのジーターのタイムリーエラーも含め8回に3点取れたのは物凄く大きかったです。
表に2点を取られて差を詰められ押せ押せモードの中で、さらに点差を離すことは正に勝ち試合の理想とも言える展開でした。
この時点で完全に勝負ありだと誰もが思ったでしょう。

野手陣は文句のつけようがない出来なのに対して投手陣も結果としては4失点するも粘りのある素晴らしいピッチングでした。
松坂が先頭のロバーツに風で流れるホームラン(打った瞬間はセンターフライだと思った)を浴びた後、ランナーは出すも最小失点で抑える投球。
3回には2アウトから連打で勝ち越されるも5回途中で2失点、特に逆転した後しっかり抑えたということは十分ゲームを作ったと評価できる内容でしょう。
松坂を継いだ杉内、田中については何もいうことはないです。
ランナーこそ出せど、よほどの失投こそ無い限り連打というのは頭に浮かばないような素晴らしいピッチングを見せてくれました。
8回に2失点した馬原も直球の伸びは素晴らしく、初めのほうはフォークが落ちずに痛打されましたがロンゴリア、ロバーツに対してはしっかりと切り替えて締めてくれました。
最後はダルビッシュ。
まあ、5点差もあったので99%追いつかれることはないな、と貫禄の投球でした。
日本投手陣に唯一当たっていたロリにヒットこそ浴びたものの、まあ最後は問題なく抑えてくれました。
本当に投打が噛み合った理想の試合でしたな。
今まで見た野球のなかで5本の指に入る名試合でした。

そういえな当方注目のアダム・ダンでしたが・・・
今日はまさかの5番・ライトで出場と、ジョン損監督が何を血迷ったかグランダーソンにはライトまで守れという要求を出したよう
その期待に答え、犠牲フライでは返球する素振りも見せず日本に安心感を与えさせてくれると、8回には守備位置を前に出すぎて目測を誤り、後ろにそらした後は呆然としてカバーなしというネタでしっかりと日本に得点をくれる迷プレイで観客を沸かせました。
ちなみにレッズでのプレーを何回か見ましたが、守備に関しては殆どレフトかDHで外野なのによくエラーをする完全に危険な域です。
それをライトで起用しては・・・いくら選手がいないとはいえ怖すぎるよ。
それなら得意の打撃は、というと・・・
こちらも日本の期待に答え3三振と完璧。元々チャンスで強くないだけにランナーを置いて迎えても完全に安全牌になっていました。まあこんなもんかね。

さあ・・・こうなるともう視線の先には韓国しか見えません。
昨日はまさかの空気を読まずに大勝していまい意外な展開でした。
ベネズエラも舐めていたのかエースのヘルナンデスではなく、同じマリナーズでも2代目安打製造機のシルバちなみに初代は元マリナーズのシーリー)を登板。
嫌な予感はしていました、中継は放送していなかったので20分後くらいにテキスト速報見たら1回に「5」の文字が(汗)。
折角決勝では岩隈VS世界最凶打線が見れると思ったんですが・・・
まさかまさか、開幕前に言われていた5度目の日韓戦とは・・・
正直、もう飽きてきたんだけどな。ベネズエラ見たかったのう・・・
とにかくこうなったからにはもうギタンギタンに叩き潰さなきゃいかんな!
どうも最近韓国は調子こいてるんですこしシバいてやらんと。
ダルビッシュも30球投げていないので明日も登板できるし、岩隈→ダルの豪華リレーも見ることが出来そうだ。
もうオレの目は優勝しか見えていません!
明日も勝つ!!! 
By新庄(負けぷらぐ?)

2009-03-23 : 野球 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Re:泣いた・・・
アングルとバーナードが出てたらアメリカが勝ってたかもよ。
2009-03-23 20:58 : ツリリン URL : 編集
Re[1]:泣いた・・・(03/23)
加えてブラザー・ディーボンとブラザー・レイも怖いです。その面子なら流石に完敗ですね。
2009-03-25 00:51 : 旋風万翼長 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR