日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

監督がクソだと選手が良くても負ける典型

はいはい、試合終了。9回の攻撃?んなもん見たくてよか。
明日キューバ戦だっけ??
とっとと7回コールド負けくらいで日本に帰って来い!!
もうWBCモードは終わりで国内のプロ野球のシーズンだからな。

何が悪かったって?イチロー?ダルビッシュ??
いやいや、戦犯は2名特に1名は国外追放もんだな。
先に罪状が軽いほうでは城島。
キューバ戦ではたとえ球が走って無くてもうまく緩急をあわせてストライク先行させていた素晴らしいリード。しかしそれは全く過去のことのように今日は外角一辺倒と単調。
それでも2回以降はダルビッシュの球威が上がったからなんとか無失点。
が、問題は7回。微妙な判定で三振したことに不服な顔を見せて退場。
打撃は好調だっただけに得点源がなくなり、ムードも悪くなり、審判の印象も悪くするというまさしく最悪な展開に。
で、試合を見ていない人なら「審判ふざけんな」になるかもしれないが、いやいや悪いのは完全に城島。日本贔屓のオレからみてもあれは退場だ。
MLBの審判は非常に厳しいので、判定を不服として顔に出したり、ましてや今回みたいにバッターボックスにバットを捨てて戻ったんでは当然の退場だ。
しかも退場したのはメジャーでプレイしている城島ではないか!日本でプレイしている選手ならいざしらず、メジャーの審判は威厳を持たせるためにも少しでも不満をたらせば退場になることはわかっていたはず。
そればかりか、「審判も人間」という考えなのでその後のストライク・ボールの判定にも不利に働くことは当然のようにある。
それを知っているはずの選手が何故ああいう態度をとるのか?いくら負けていてイラだっていたとしても理解できない。投手陣なんて微妙な判定でも誰一人と文句も言わず嫌な顔もせんのにな。
この退場はオレにとって完全に敗けたな、と思わせるプレイだった。

もう1人は言うまでもないだろう。
ここまで序盤のチャンスでは一切バントをせず、その割りに前の韓国戦では1死から中島にバントをさせてカストロ議長の嘲笑を買い、どうもWBCはペナントレースと勘違いしているのかギャンブル的な采配を繰り出す御人。
原だよ原!!(激怒)
もうなんなんだこの人の采配は??
いつもは重量打線の巨人で適当なサインでも結果が残っちゃってるからこうなのか??
そりゃノムさんにぼやかれてもしゃあないな!!
今までも短期決戦で1点の重みを力説しながら、極端にバントをしない姿勢と、機動力を生かすとかいいながらなかなか見られない盗塁(など足を生かした攻撃)、そして心臓が痛めつけられるチャンスでの強攻策
ホントに思い返せばここまで勝っているのが不思議だった。
今日の試合でもそんな原独断劇場は満員御礼の出来だった。
3点をとられた後、四球やヒットで先頭バッターを出すも当然ながら送りバントというものはなし、解説の槙原さんらが「ここは送ってもいいですよ」という言葉が虚しく聞こえる強攻策オンリー。
又、得意の継投ではダルビッシュ-山口と継いだあとには渡辺にチェンジ。
そこいら中の新聞に「アメリカに来てからカーブが曲がらず苦労している」という談話が乗せられ、現にコントロールが定まらない渡辺を公開処刑の場へ。
他に杉内、そして後に出てくる田中などいい投手が残っている中で早くも迷走。
解説の人らを始め誰が見ても調子が悪い渡辺を投げさせ日本国民の心臓を締め付けさせてくれました。
しかし、その渡辺がなんとか無失点で切り抜け、これでは面白くないと思ったのか今度は二死二塁三塁で調子の良かった涌井から岩田へチェンジ。
左のイ・ジンヨンを向え、ブルペンには右も待機していたのでワンポイントかなと誰もが思ったところ。
残念ながら岩田はフォアボールを与え、迎えるは強打者のイ・ボムホ。
さて右は誰が出てくるのかな・・と。投げているのは何故か岩田(核爆死)。
どうやら監督の頭の中では既にペナントレースを頭にすえていて、ライバル阪神のエースである岩田を精神的に参らせる作戦にでたのでしょう。
こうして可哀想に断頭台に乗せられた岩田は予想通りの押出し四球で敗戦の鐘をならしてくれました。
解説の佐々木さん曰く「これでは涌井を代えた意味が無い!」と言わしめる迷采配でした。
で、その後マウンドに上ったのは田中。
キレのある変化球で呆気なくアウトをとっていきましたとさ。
3点差このクラスの投手を出したということはセットアッパーのつもりで出したのかな?
ああ、残念・・・得点が逆だったね(死)。

対して韓国の采配。
初回にいきなり単独スチールと日本ではまずないプレイから始まり3得点、ランナー置いて小笠原の場面では先発のキム・グァンヒョンをリリーフ登板させぴしゃりと抑える、8回には3点差でも送りバント
うんうん、まさに短期決戦に適した臨機応変な采配だね。
んーとくにつっこむ点がおもいつけねぇ・・・
隙が無いというか、精神面を含めて全てにおいて日本に勝ってましたな。
あ、見ている人をいらいらさせるという点では原監督の完勝だね!(怒)

で、試合終了。
9回はどうなんたっだろ?まあ負けたことは出てるのでどうでもいいや。
これは完全に采配ミスの負けよ。
良かったのは村田の2本のセコヒット(←数少ない日本のいいプレイ)とあれだな、
清原氏の解説(笑)
なんというか視聴者視点で訳わかんない理論とか語らずに面白かった。
オーダー発表のときにアナウンサーが「中島は大事をとって欠場」と話したら・・・
「大事をとっていいような試合じゃないでしょう!」と。
すばらすぃーね、続いて城島退場の場面では・・・
「理解できないんですが??」、と話すと佐々木さんがメジャーではこーいうことは普通なのよと解説、すると・・・
「じゃあ日本では全員退場ですね。」と一言。
アナウンサーも↑らの発言に対して「はい」と適当に流してましたが(笑)。
前回のキューバ戦では不完全燃焼に終るも、今日はばっちり清原節を流していました。
さりげなく、「韓国の選手は皆、日本製のバットを使っているんですよ」と薀蓄も。
内容も難しいことは言わないでわかりやすく聞いていて非常に面白い解説でしたね。

正直、ここまは機嫌は最悪ブチ切れ状態ですので明日はおとなしく成績を取りに行って帰ってからもTVは見ずに結果だけみることにします。
ホントに今日はTVの前で聞くに堪えない罵声を連発していたと思うので疲れた・・・
喉がかれてしまったよ。
まあ今のところ器物破損は出て無いのでよしとしよう。

2009-03-18 : 野球 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

吹いた
だから、原はやめとけと・・・
2009-03-18 22:25 : モヤイ URL : 編集
Re:吹いた(03/18)
気づくのが遅かった・・・
2009-03-19 22:03 : 旋風万翼長 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR