日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

赤い稲妻撃破!!

理想の試合展開、最高の結果だった!
WBC日本代表、赤い稲妻ことキューバ代表に6-0快勝!!!
すばらCね。何も言うことありません。
試合序盤こそ2回の牽制死でチャンスを潰すなど暗雲漂う展開だったか、それを一掃して流れを変えたのはやはり松坂だった!
初回こそ連打を浴びるも会心のヒットという当たりはなし。
キューバの打者のパワーがあるため、内野を越えてのテキサスヒットになってしまう場面もあったが変化球のコントロールがすばらしく6回無失点8三振の快投!
両サイドを幅広く使ってのカッター、シュート、そしてチャンジアップがキレキレだった。
特にすばらしかったのがパレの打席でイチロー、城島が完全にアウトのフライを日差しの関係などもあり落球した後、しっかりアウトをとったということ。
完全に流れが向こうに行ったと思われた中で、ぐっと再度引き寄せる力強い投球でした。
それに乗じて城島のリードも冴え渡っていた。
最高に痺れたのは3回二死一塁三塁の場面で4番のペラサ。ここまで好調の強打者に対して追い込んだ後、今まで一度も投じなかったカーブをど真ん中で見逃し三振!!
普通に見れば危ない球も、ここまでカーブは全く見せておらずまさに意表をついた感じ。
その松坂を継いだ岩隈、馬原も危なげない投球。
特に岩隈は変化球のコントロール、キレ共に松坂と遜色ないほど状態は良さそうだった。
こちらも国際ルールでの広いストライクゾーンを利用して左右の揺さぶりでの投球を期待できそうだ。
最後はしっかり先頭打者ツーベースと藤川劇場を見せるもクリーンナップをぴしゃり。
藤川も直球のスピードはまだイマイチかもしれないが変化球のキレはなかなか良くなってきたようである。フォークがしっかり落ちるようになったのは収穫かと。
低めに変化球が集まるようならいくら強打者でもそうは打たれんよ。

6点をとった打撃はまさに日本野球そのもの。
予想通りノーコンで球が速いだけのチャップマンは早々とノックアウト。
このあともミスターフルカウントな投手がどんどん出てきて見事に日本の策にはまったな、という感じ。リリーフで出てくる投手は大抵日本で失敗する外人投手のよう。
3回以降はそれほど四死球は無かったがカウントを悪くして痛打のパターン。
日本打線もそれに乗じて相手のバッテリーエラーに犠牲フライ、内野ゴロなどで点を取るそつのない内容でした。
12本のヒットを打つも、長打はわずかに1本。この辺が日本野球らしいね。
ただそれでも身体能力で圧倒的に勝るキューバに勝てるということが面白い。やっぱり野球はやりようによってはいくらでも変わるのよ。パワーだけじゃ勝てんよ。
ただ、キューバも随所において(特に守備面)ではその能力の高さを見せました。
やっぱりエンリケス、パレ、グリエルの内野は固い。ファーストのアンダーソンという選手もはじめて見たが守備は非常に軽快でしなやかだった。
誰もが並外れた打球反応と外野手並の強肩を併せ持つので、正直守備関しては参加国中トップかも。ヒット2,3本は損しているぞ。
ただ、外野のはイマイチなようでライトでは日差しを全く考えていずツーベースにした守備もあり、レフトもエラーこそなかったが動きが鈍く守備範囲は狭そうだ。
キューバとは再度剣を交えることになるかと思うが、長所短所共に収穫できた試合だったと思う。おそらくキューバも日本の攻め方を見て修正してくると思うので、くれぐれも韓国戦の二の舞にならないようにしてほしい。

さあ次の相手はどこだ?
メキシコか??韓国か??
どっちにせよ今の日本なら絶対に勝てる!とっとと2勝してロサンゼルスへ行こう!

2009-03-16 : 野球 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR