日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

初めは面白い、徐々に怒り心頭。最後はキレる。

いやー素晴らしい試合でしたね!
ウズベキスタンが連敗を止めるアウェーでの貴重な引き分け。

これで明日くらいには岡田の辞任会見が見られますかな?
阪神の岡田監督は辞めなくてもいいのに大逆転首位陥落で自ら退団を申し出たのに対し、こちらの岡田は辞めて欲しいのに辞めてくれないこまったさんです。
いい加減空気読んで横浜にでも戻ってもらいましょう。
やっぱまだまだ二流国の日本は外国人監督を招聘して新しい空気を入れないとダメですね。

さて本題に戻り今日の試合。
サッカーでチャンスの場面というのは非常に面白いものなのですが、これが何度も続く割にゴールが決まらないと逆にイライラしてきます。
今日は眠くはならなかったけど後半はひじょーにもどかしい、それを越えるとキレかけた試合でした。
誰が見てもチーム力では圧倒的に日本が上。
ウズベクの要注意はスーパーエースのシャツキフと司令塔のジュバロフくらい。
他のメンバーは思ったほど体も強くなくテクニックも無かったので簡単に日本がボールをキープできる環境にありました。
しかしながら先制したのはウズベキスタン。
トゥーリオのミスから一瞬の隙をつかれやっぱりというか決める男はしっかり決めてくれる。エースのシャツキフが先制。
40分に大久保の素晴らしい反応で折り返したボールを玉田が決めるも以降は得点なし。
それでも決定機の数やボールポゼッションは圧倒的に日本が勝っていた。
しかし結果は1-1、圧倒的に攻め続けながら決定機を逃し続けた日本と、試合を通じて2,3回しかなかったチャンスを決めたウズベク。まさしく対照的な内容だった。

まあ得点が取れないのはいつものこととして、今日は外すはポジションが被るはシュートは打たないはでいつも以上に攻撃のリズムが悪かった。
その中でよかったのは内田と玉田くらい。
内田はあの30分過ぎの決定的場面でシュートを打たなかった大チョンボを除いてはいい内容だった。
再三にわたって右サイドを裏へ抜けてドリブル突破を仕掛ける姿勢は素晴らしい。
また後半に入っても逆サイドにまで顔を出す運動量とスタミナはかなり光っていた。
そしてそろそろ代表危ういかなの玉田も珍しく積極的にシュートを撃ち得点も決めた。
特にドリブル突破からのミドルシュートや得点のシーンでのポジショニングなど非常にいいプレイが目立ちました。あれでもう1点決めてくれたら言うことはなかったが・・・
まあ結果を言えば今回も決定力の差でしたね。
正直、後半に岡崎とこうろぎのツートップになったときは点を期待するのは諦めました。
やっぱり大エースのFWがいると頼もしいなぁ・・・
格上の相手に対しホントにわずかなチャンスを決めてくれるんだもんな。
いやーシャツキフは期待通りに活躍もしてくれたし、
本当にいい試合でした!!!(怒)

次のウイイレでマスターリーグやったらシャツキフを獲得しよう、と。

2008-10-15 : サッカー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR