日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

南部アフリカ探訪記 其の四「世界三大瀑布」

9月10日(晴れ)
今日は6時半モーニングコール。
昨晩は問題なく眠れ、起床時間に合わせて夢から目覚めました。
朝飯は昨日と変わらず。
相変わらず目の前で焼いてくれるスクランブルエッグがうまい。ソースのたぐいは微妙なので普通に塩こしょうでいただきます。

今日の目玉は世界三大瀑布の1つでもある「ヴィクトリアフォールズ」の見学です。
一路滝へ向かう道の途中ですこし寄り道。
baobabu
樹齢うん百年のバオバブの木です。
バオバブの木にもいろいろと種類があるようで、本家のマダガスカルのほうには沢山の種類があるそうですがジンバブエにはこれともう1種だけだそうです。
kaki
その根元には落書き・・・
柵で囲われているにもかかわらず自分の名前を彫ったと思われる文字が沢山ありました。
どこの観光名所も同じようなものなのですな。
幸いにも日本名は無かったので一大事には至りませんでしたが。

vf
20分くらいはしったところでいよいよヴィクトリアフォールズへ到着。
ここでは1時間ほど滝を左から右へと歩きます。
taki

taki2

taki3
まあとりあえず言えることは「半端じゃない」ということです。
日本の滝を見ている限りでは想像できない広さとパワーだと思います。
また、今の時期は乾季なので水量は少ない時期なのです。
雨季に行くと撮影どころではないほど霧がかかって水しぶきがすごいそうです。
これで一番弱いとは驚きでした。
taki4
また、遥か向かうの滝の上は一部がプールになっているそうで外国人のツアーが来ていて、こちらにも気づいたようで手を振ってくれました。
一応言っておけば、いくらなんでも泳げるような場所ではない、と思う本当にギリギリのところにあります。うー怖い。

ジンバブエ側を一通りまわった後は希望者のみザンビア側へ。自分は当然参加です。
いかにもアフリカ的な国境で入国して出発。
非常に立派な橋をわたっていきます。
それがこちら。
hashi
ザンビア側の公園に入ってから撮りました。
まさに絶壁に立てた橋で上を鉄道と車の両方が通れるようになっています。
また、ここはバンジージャンプの名所となっていますがそれについては後ほど・・・

hjasi
ザンビア側はジンバブエほどの迫力は無いものの全体的に落ち着いていて綺麗な滝の様子が見られました。
相変わらず高低差がある公園を歩くので体力の消耗が激しく終ったときには750mlの水を一気に飲み干してしまいました。

再びジンバブエへ戻るため国境へ。
今度は橋を歩いてわたっていくことになりました。
そして丁度橋の中ほどでバンジージャンプの会場が敷かれています。
80ドルでできるそうですが、金は高いしそもそもガンダム00を見る前に死ねないので無死です。
しかしなんと!うちのツアーから果敢にも参加する人が登場!
これにはガイドさんもびっくりしていました。
事前に詰め所でセッティングをして、何かあっても一切責任取らないよ、的な契約書にサインさせられたそうです。
聞くところによるとバンジーには保険が利かないからだそうです。
そしていよいよそのときが・・・
bangi
同じツアーの日本人以外の周囲の外国人観光客も喝采しています。
そしてそのまま空へと舞って行きました・・・
うーぬ、とんだ後も宙で吊られているほうが恐ろしいような。
正直、高いところは苦手なので橋から下を覗くのも恐ろしいことです。
むぅ・・・
ちなみに、というか勿論のことながらチャレンジャーは20分ほどで無事に戻ってきました。
俺だったら金くれなきゃやらんがな・・・

~つづく~

2008-09-27 : 旅行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。