日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

レタスマッチ

今日は神宮球場にヤクルト×ソフトバンクの試合を見に行ってきました。
試合はいまいち調子の出ない両先発がもつれソフトバンクが本多のホームランなどで3点を取るもヤクルトも5回に青木のタイムリーで2点を返します。
7回に川崎、松中のタイムリーで勝負ありかと思われるも、その裏にピリッとしないソフトバンクリリーフ陣があえなく3点を帳消しに。
それでもどうにか2点差を逃げ切りソフトバンクが交流戦首位を守りました。
両チームとも流れをつかもうとしているところで物に出来ずいまいち締まらない試合ではありましたが、見ていて飽きない内容でした。
守備妨害にパスボール、暴投と良くないプレーも多々ありましたが。
それでは今日の注目選手を。

-ヤクルト-
■福地
3安打を打ち得点の基点として活躍しました。
俊足巧打でスイッチヒッター、と正に広島野球を体現したような選手。
それでも3球団目なあたりいまいち起用法に合わず思うような成績を残せない部分もありましたが、普通に1,2番で使っていればこれくらいの活躍は想定内です。
もうそんな若くもないと思われるのだが、俊足を生かしたハッスルプレーはヤクルト貧打線の中で貴重な存在であろう。

■宮本
オリンピックでもキャプテンになるであろう男はいまだ衰え知らず。
2ストライクからの粘りと狙い済ましたように相手のシフトを抜くバッティングはまさに職人技。
去年から5番だったり6番だったりとよくわからない打順で使われたために攻撃に繋がりがもてなかったのだが、2番ではいればこれほど嫌なバッターはいない。
オリンピックでも日本代表を引っ張って行ってくれることを期待しています。

■青木
福地、宮本から続く1~3番はリーグでも最強クラスではないかと。
守備では多少惜しいプレーもあったものの、打棒は完全復活の兆し。
ここぞという時に打ち、どんな状況下で頼れる存在です。
やはりヤクルトの問題はこの1~3番を返す選手がいないことか・・・

■萩原
大分ベテランだと思うのだが相変わらず球は速い。
今日も直球は150~152を計測していた。
9回の3者凡退を見ればわかるとおりにコントロールさえしっかりしていればそうそう打たれる球ではない。
押元、松岡といったリリーフ陣が好調な中においても見逃せない存在になりそうだ。

-ソフトバンク-
■川崎
北京は当確であろう。
俊足を生かして狭い神宮で三塁打、二塁打。
守備では安定感抜群のスローイングと走攻守に文句の付け所が無い。
本多とのコンビで出塁し相手を揺さぶれば投手にとってはこれ以上ないやっかいな相手になることだろう。

■松中
昨年は絶不調に陥るも今シーズンは打棒が復活。
この分なら再び日本代表にも選ばれるかもしれない。
全盛期にくらべ長打力こそおちた感があるがそれでもまだまだ日本人ではトップクラス。
アベレージ、長打、両方期待できる左の大砲が戻ってきました。
多村があんな感じなので個人的に3番に定着させるのはいい判断だと思う。

■大隣
のらりくらり崩れそうで崩れずにいて結局崩れました・・・
序盤こそストライク先行でかなりいけそうな匂いを漂わせていたが中盤以降ボールの数が圧倒的に増えた。
精神力の脆さなのかスタミナ不足なのかは知らないが、これではまだ安心して計算できる投手には程遠い。

ところで今日の試合は「川上村ベジタブルマッチ」ということだそうです。
川上村の村長さんが始球式にやってきていました。
まあなんてのんびりしたじみーなイベントなんだろうか、と。
また、観客の中から抽選で川上村のレタスがもらえるそうです。
こちらもなんて地味な景品なんだ・・・
レタスなんてどやってもらうんだろう。ダンボールかな?
持ち帰るのが大変そうである。

2008-06-19 : 野球 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。