日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

マスターリーグ完結

ウイイレもようやく一段落。
ようやくマスターリーグでヨーロッパチャンピオンシップを制覇しました。
そんな7シーズン目です。

脅威の得点力を誇ったシーズンも結局CSを制覇できなかったため久々の大量補強。
(IN)
DF ラモン(ブラジル)
MF シャビ・アロンソ(スペイン)
MF エンゾクビア(フランス)
FW F・インザーギ(イタリア)

(OUT)
DF アントン・ファーディナンド(エスパニョールに移籍)
MF ニコ・コバチ(シャビアロンソとトレード)
MF レノン(ラモンとトレード)
FW カッサーノ(エンゾクビアとトレード)

そんなこんなで始まった7シーズン目。
初戦のバイエルン戦で2枚のレッドカードを出した挙句、1-3で敗れるという最悪のスタート。
かと思われたがそれ以降は順調に勝ち星を重ねる。
昨季得点王のハカン・シュキュルが不調も、ベテランのカリステアス、さらに若手で獲得したインザーギの活躍により余裕の首位。
CSの予選では序盤に苦戦したものの結果的には問題なく突破。
中間地点ではイェテポリと、
(IN)FW ラネジュ(スウェーデン)⇔(OUT)アレシャンドレ・パト
のトレード。
エース不調につき196cmの第3のポストプレーヤーの獲得に至った。
そしていよいよCS決勝トーナメント。
初戦のインテルを2-1,3-1で下すと、準決勝のバルセロナ戦でも3-1、1-1で危なげなく勝利。
今年度も問題なく決勝までは進んだ。
決勝の相手は銀河系軍団のレアル・マドリー。
しかしこれで思い出されるのは昨季の決勝での悪夢・・・
リーグ戦では無敵を誇るもCSではACミランに延長後半ロスタイムで勝ち越しを許し敗退・・・
しかし、そんな不安はよそに前半開始早々、不調のミテアに代わって出場のエンゾクビアがファーストシュートを決める。
これで、勝負あり!先制点を取った試合では負ける気がしない。
その後もエンゾクビア2点目、さらにカリステアスと前半だけで3点。
後半にも1点を加え、4-0で快勝!!
7シーズン目にして悲願のCS初優勝を果たした!!

リーグ戦でも言うまでもなく圧勝。
30勝4敗4分けで勝ち点は94、2位のバイエルンに24差をつけてのダントツ1位である。
得点は流石に昨季より劣るものそれでも124得点。1試合平均は3点を越える。
失点も37と今までに比べばまあまあ。
ファールも少なく、出したカードはイエロー3枚、レッド4枚のみ。
何故レッドの方が多いかは気にしないように。
タイトルではカリステアスが22ゴールで得点王。長いブランクを経ての大活躍である。
それに続くようにM・フェルナンデスが15ゴール、イ・チョンスが11ゴールと続いた。
途中加入のラネジュも8得点と素晴らしい活躍。
またこちらは恒例のイ・チョンスが17アシストでアシスト王を獲得。
これでD1にあがってから6期連続アシスト王&2桁得点&2桁アシスト。
さらにMVPも獲得し、これが実に3度目。間違いなく世界最高の選手であろう。

ようやく当面の目標は果たしたので当分はマスターリーグは凍結。
それでは7シーズン目終了時のメンバーを紹介しましょう。

スタメン フォーメーション:4-2-1-3
GK オチョア(キャプテン)
DF シリカエル
DF M・ヨルゲンセン
DF アルダ・トゥラン
DF グアルダート
MF マドゥーロ
MF ファン・デル・ファールト
MF M・フェルナンデス
FW イ・チョンス
FW ミテア
FW カリステアス

控え
GK リュシュトゥ
GK ソーレンセン
DF ヒーピア
DF M・サコー
DF メーメト・セデフ
DF ラモン
MF シャビ・アロンソ
MF イ・ホ
MF サネッティ
MF アブドゥルマジェド
MF エンゾクビア
MF シソッコ
FW ヨンセン
FW フィリッポ・インザーギ
FW ハカン・シュキュル
FW ドス・サントス
FW フォンランテン
FW ウォルコット
FW ラネジュ

いろんなメンバーが去ったり来たりする中、マドゥーロとミテアは初期のアヤックスメンバーからの生え抜きである。
しあしまあfateもやってるし1日にはプロスピも出るのでちょうどいい時期に終わった。
ちなみにマスターリーグでは互角の相手でもスーパースターでも余裕で勝てるようになりましたが、普通のチームだと苦戦・・・(汗)
と、いうのも自分の理想にはまったチームがねぇ・・・
最低条件としては身長190以上のFWがいて、両サイドの選手に俊足ぞろいで、フリーキックの名手が1人以上いるチームなのだが・・・
まずスピード。
実はマスターリーグでは若手中心で恐ろしいほど成長したていため大体ウイングのスピードは90以上は当たり前、ミテア、ウォルコットになると95超えてた(爆)。
そのため、ネットじゃなくてもやたらと遅く感じる・・・
まあそこは慣れるとして、今のところ使いやすいと思ったのは代表ではオランダ、イタリア、クラブではニューカッスル、バレンシアといったところ。
他にもコートジボワール、ヴィガン、サンプドリアなども候補。

で、そこでネット対戦なのだが・・・
バイト先のKさんがPS3を買ったので早速ネット対戦をしたところ・・・
今日までで3勝6敗1分け・・・
特に失点が凄まじくここまで10戦で37失点(核爆)
得点こそ22点で1試合2点以上とってることになるのだがいかんせんこれでは・・・
そのため修行すべく見知らぬ人に挑み続けるも、今日の成績は2勝4敗と微妙。
ポイントで同じくらいの人に挑んでいるのだがなかなか勝ち越すことが出来ない。
今さっきの試合では6-5と野球みたいなスコアも出た(爆)
ちなにこの試合、4点のリードを後半の20分で一気に同点に追いつかれ、ロスタイムに勝ち越して勝利というものすごい内容だった。
なにより4点差を追いつかれるのは初めてだ(死)
まだまだプロへの道は険しいようだ。

fateの感想を書こうと思ったのだが長くなりそうなのでまた今度。
予告としていっておこうか。
2周目は凛ルートとなっているが・・・
あれは凛ルートではない、言うならば「漢」ルートだと!
まさに熱き6人の漢たちの物語である。

2008-03-24 : ゲームいろいろ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR