日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

パリーグ順位2008

いよいよ明日から2008年度のプロ野球が開幕です。
明日はパリーグの3試合が行われます。
と、いうことで今年度も順位予想を行きたいと思います。
毎年、微妙に合っているのと外れているのが半々ですが気にしないで見てください。
ちなみに開幕時の登録メンバーは以下の通りです。
http://pacific.npb.or.jp/kouji/pl_reg00.html

1位:ソフトバンク
近年はプレーオフで涙を呑んでいるが今期もシーズンの1位は硬い。
今年はパウエル、大場、久米らが加わり、12球団最強投手陣がいっそう強固なものとなった。
開幕こそ和田、斎藤、馬原は欠くものの杉内、新垣、スタンドリッジ、大場で先発は固め、リリーフも右に竹岡、柳瀬、左はニコースキー、森福、三瀬とかなり充実している。
野手も小久保こそ出遅れるも、オープン戦では松中、レストビッチが絶好調。
川崎、本多、大村といった俊足選手も揃っており、攻撃力も問題ない。
唯一不安なのは捕手。
昨シーズンは盗塁阻止率ではボロボロで捕手を固定できない状態が続いていた。
今シーズンは強肩でならした的山こそ補強したものの年齢的に厳しい。
となると当初はやはり打撃のいい田上を据えつつ、守備面で成長してもらうことを期待するしかない。
ここで2年目の高谷に期待したい。
-チーム評-
先発投手:A リリーフ投手:A 打撃:B 走塁:A 守備:A 
期待の選手:高谷(C)、レストビッチ(OF)、久米(P)

2位:ロッテ
YFKが抜けた穴をどう埋められるか、そこが最大のポイント。
シコースキー、アブレイユの両新外国人はそれなりに活躍しそうだが、2年目の荻野、ルーキー伊藤あたりも出てこないと厳しい。
昨シーズン活躍した川崎が出遅れるというのも痛い。
反面、先発陣は小林、渡辺、成瀬が揃って好調で、ここに久保、清水らが加わればかなり心強い。
打線は昨シーズンと変化はないが特に怪我人も出ず、それぞれが最低限の役割を果たせば問題なし。
昨季は1年を通じてスタメンだった選手が少なかったので今シーズンは1軍定着してくれる選手が多くなればなお良い。
個人的には一発に欠いたシーズンだったので、やはりズレータ、オーティズあたりには30本以上は期待したいところである。
-チーム評-
先発投手:A リリーフ投手:B 打撃:B 走塁:A 守備:B
期待の選手:服部(P)、アブレイユ(P)、オーティズ(2B)

3位:日本ハム
投手力に関しては先発、リリーフ共に全く問題なし。
問題は1にも2にも攻撃力である。
いくら投手が失点を最小限を抑えても得点がなければ意味がない。これが酷いようだと下位に足元をすくわれてBクラスも十分ありえる。
昨シーズンチーム本塁打王のセギノールが欠けたのは痛すぎる。不調だったといえ、スイッチヒッターの長距離打者は貴重だったのだが・・・
代わりに期待されるジョーンズ、スレッジの両名にはあまり期待が持てない。
ジョーンズは昨シーズンから成長したか微妙だし、スレッジはオープン戦を見る限り特に見るべきところが何もない。ちなみに中田は論外。今シーズン1軍で5本打てれば御の字。
後は森本、田中に加え紺田、糸数や新加入の三木など機動力を使っていかに攻められるか。
今のところ2桁ホームラン打てそうなのが高橋信と稲葉しかいないので、少ない得点機にいかにランナーをためてチャンスを逃さないかが重要になりそうだ。
2001年にいてまえ打線で優勝した梨田監督がいかに攻撃陣にてこを入れるかが見ものだ。
-チーム評-
先発投手:A リリーフ投手:B 打撃:D 走塁:B 守備:B
注目選手:三木(IF)、宮西(P)、星野(P)

4位:オリックス
攻撃力は巨人に匹敵する破壊力。
ローズ、ラロッカ、カブレラのBB(ビッグボーイズ)には全員30本越えを期待するのは当然として、下山、北川、後藤らの従来組に加え、古木、浜中と中距離打者が目白押し。
清原?威圧感があり四球を狙えるので代打なら・・・
反面、投手陣、とりわけ先発は壊滅的。
ただでさえ駒は少ないのに岸田、デイビー、平野が総じて出遅れ。
開幕戦の金子以降、川越くらいしか決まっていないという、過去にないくらいの厳しさ。
リリーフは抑えに加藤大、中継ぎには菊地原、吉野、本柳とそれなりに揃っているのだが、いかんせんそこまで繋げそうもない。
ここは光原、小松、ユウキ、加藤康あたりが出てこないようなど、それこそ記録作るくらい厳しい結果になりそうだ。
ただ、個人的にこういう攻撃重視のチームは嫌いではないので結構楽しみにしている部分はある。
爆発力次第と、先発がどうにか粘ってくれればAクラスも十分ありえると思うのでがんばって欲しい。
-チーム評-
先発投手:D リリーフ投手:C 打撃:A 走塁:B 守備:D
期待の選手:迎(OF)、金子(P)、小松(P)

5位:西武
攻撃力、投手力共に不安定な部分が多い。
攻撃はカブレラ、和田が抜け、流石に破壊力は失せたもの、新加入のブラゼルがなかなかやりそうだし、俊足の福地も加わった。
ここはやはり福地と片岡、赤田あたりで塁上をかき回してほしい。
そう考えると問題は投手陣。
昨シーズンは涌井が孤軍奮闘したものの、やはりそれに続く選手が欲しい。
その中で新加入の石井一、キニーともにそれなりに期待は出来そうはうれしいところだ。
リリーフ陣は微妙な面子が多く、これといって頼れる選手がいないのは痛い。
星野、三井の両サウスポー、さらに昨季途中から抑えで活躍したグラマンが昨シーズン通りの活躍が出来るかがポイントか。
あとは小野寺あたりが復活してセットアッパーにでも固定できれば問題ない。
ただ、2年目の岸も含め、先発リリーフ共に計算できない選手が多すぎるのは痛いところである。
-チーム評-
先発投手:C リリーフ投手:C 打撃:C 走塁:A 守備:B
期待の選手:キニー(P)、ブラゼル(1B)、福地(OF)

6位:楽天
面白そうなメンバーが揃っているが、相変わらず状況は厳しい。
投手陣は岩隈の復活には期待したい。もう1度全盛期の球を見てみたいところだ。
そこに一場、田中、台湾代表で活躍したインチェ、さらに長谷部といった若い面々が先発として安定した活躍をしてくれれば自動的に上位も見える。
が、リリーフはかなり不安。
昨シーズン抑えで奮闘した小山がオープン戦で炎上の連発で代役に抑え経験のないドミンゴが起用されるなど目先は暗い。
さらに中継ぎに至っては渡辺以外はまったく計算できる選手がいない。
小倉あたりが復活してくれればうれしいところだが、そこに期待するのは厳しい。
野手はほぼ全シーズンどおり。
流石に山崎には昨シーズンほどの成績は厳しく、かなり降下することが予想される。
かといって代わりの長距離砲もフェルナンデス以外不在なので、やはり機動力で攻めるしかない、のだがここも実は他球団に比べ突出した選手がいない。
そもそも足を生かすには出塁してなんぼなので、ある程度打率と四死球を選べる選手を上位に据えたいところだ。
ここは走攻守そろったルーキー聖沢、昨シーズンは2桁を打った草野に期待したい。
-チーム評-
先発投手:B リリーフ投手:D 打撃:D 走塁:C 守備:C
期待の選手:聖沢(OF)、岩隈(P)、インチェ(P)

当たるも八卦、当たらぬも八卦です。

2008-03-19 : 野球 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR