FC2ブログ
日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

プロ野球順位予想2018 セ・リーグ

本日からプロ野球が開幕します。
昨日に引き続き、今日はセ・リーグの予想を。


1位:広島
昨年は見事二連覇達成も、CSでDeNAに下克上を喰らい日本シリーズには出られず。
今年は補強こそ外国人選手のみにとどまるも、その戦力は揺ぎ無く優勝候補の筆頭に。
2年越しで日本一へのリベンジへ突き進む。

投手陣は十分そろっているが、全く不安がないわけでもなし。
先発では昨年15勝と大ブレイクした薮田がオープン戦から不調。
それでも野村、ジョンソン、岡田、大瀬良と二桁勝利の経験者が揃い、計算できる人数はそろっている。
唯一穴だった左腕も、新たに高橋昴が台頭し楽しみな存在になっている。
ただより盤石にするためには、アドゥワら若手の突き上げが求められるところ。
リリーフは今年も問題なし。昨年序盤は苦しんだ感もあるが、今年は最初からメンツが揃っている。
怖いのは怪我だけで、それで大崩れしない限りは問題ないだろう。

野手陣は万全。
走攻守に隙がなく、今年もセ・リーグでは1番の選手層を誇るといって間違いない。
メヒア、坂倉ら若手の台頭も著しく、より選手層に厚みが出てきたといえる。
鈴木誠も怪我から戻ってきて、開幕にベストメンバーで合わせてくることができた。
特にこれといった問題もなく、投手陣に比べてさらにハイレベルな構成になっていると思う。

★注目選手
投手:アドゥワ、高橋昴
野手:坂倉、メヒア、高橋大



2位:巨人
当初は4位予想も、オープン戦の好調もあり、あれよあれよと順位アップ。
1位予想も考えたが、広島の弱点が「3連覇は難しい。」と抽象的なものしか思いつかなかったので2位に。
それでも豊富な新戦力を糧に上位進出を狙う。

投手陣は先発に一抹の不安があり。
昨年退団したマイコラスの穴は決してちいさくなく、埋めるのはそう容易ではない。
当面は西武から移籍の野上、昨年のやらかしから復活を懸ける山口俊で埋めていくのだろうが。
2年目の畠も昨年のような活躍ができるかは不明で、1年を通じて働けるかもわからない。
ベテランの奮起、そして若手の台頭、どちらにも結果が残せなければ広島の背中は遠い。
一方でリリーフはマシソン、カミネロの2枚看板に澤村、上原が入ってくることに。
澤村の復活は非常に大きく、ここが機能するとマシソンの負担も減り大きくプラスに働く。
上原については年齢的に過度の期待はできないが、それでも40試合程度は登板できるだろうか?
最後に、賭博問題を起こした高木京が開幕一軍入り。色々とどうなるかまずは見てみたいところ。

野手はゲレーロの加入が非常に大きい。
昨年と同じような活躍ができるなら、間違いなくタイトルに絡んでくるだろうし、自ずとチームにもプラスに働く。
ついにブレイクの兆しを見せる岡本と共に、本塁打を量産してほしい選手である。
長らくレギュラーが現れなかったセカンドには、2年目の吉川、ルーキーの田中俊が定位置どりを狙う。
ここがしっかり収まれば、チームとしては何の不安もない。
まだ不確定要素はあるものの、昨年に比べれば野手陣は確実に強力になったといえるだろう。

★注目選手
投手:澤村、高田
野手:吉川、田中俊、岡本



3位:DeNA
昨年は下克上で3位から日本シリーズへ進出。
日本一には届かったかったものの、チーム力は確実に上向いており今年も期待が懸かる。
非常に悩んだところではありますが、最終的には3位予想で。
優勝候補に挙げる人も多いが、さすがにそこまでは届かないかなぁと。

左腕王国になっている投手陣。
フレッシュな選手が多く、まだ実績は少ないものの楽しみな顔ぶれがそろう。
今年はその左腕王国にドラ一ルーキーの東が加入。
今永、濱口に続いて、今年もブレイク必至の左腕といって間違いない。
今永の開幕離脱は痛いが、それを十分にカバーできる先発陣だと思う。
一方でリリーフには少し頭を悩ませる。
パットン、山崎と最後の2人はいるものの、それ以外の駒数が不足気味。
先発から転向の井納がしっかり役割を果たせれば面白い存在になるか。
前は充実しているだけに、リリーフの活躍次第で順位にも大きく影響が出てきそうだ。

野手では阪神から大和が加入したのが大きなポイント。
走守に秀でた守備職人の存在は、内野守備の引き締めになることは間違いない。
昨年のウィークポイントを確実に補えたいい補強だったと思う。
打線では中軸の選手がしっかりと固定できているのは大きい。
筒香、ロペス、宮崎というクリーンアップはセ・リーグでも屈指の破壊力を持つ。
得点力アップのためには上位の出塁もカギとなるので、桑原らのさらなる成績アップにも期待したいところ。
梶谷にルーキーの神里、2年目の細川らが狙う、ライトの定位置争いにも注目だ。

★注目選手
投手:東、京山
野手:大和、神里、佐野



4位:阪神
昨年は2位も、首位の広島からは10ゲームを離され接戦とは言えず。
今年は大物外国人のロサリオを補強し、首位奪還を狙う。
実は当初の優勝予想では1位阪神も考えていたり。
ただ、ロサリオの不調に始まり、巨人、DeNAのプラス要素を考えているといつのまにかこの位置に。

投手陣は先発に難あり。
先発で計算できるのはメッセンジャーくらい。
昨年大ブレイクの秋山は今年も同様の成績を残せるかはわからず。
大きな期待が懸かる藤浪もなかなかピリッとせず。
2年目の才木ら新たな選手が台頭しない限り、なかなか見通しは厳しいと言わざるを得ない。
一方で盤石なリリーフ陣は今年も大きな頼りになる。
マテオ、ドリスの両外国人に桑原、岩崎、石崎、高橋と左右タイプの違う顔ぶれがそろう。
間違いなく阪神最大の強みであり、最大限生かしていきたいブルペン陣である。

野手陣ではやはりロサリオがどうかというところ。
この選手がどれだけ打てるかで、それこそ阪神の順位が変わってくるといっても過言ではない。
当初は40本は打てそうな印象を持つも、オープン戦に入るとさっぱり。
素材は素晴らしいものを持っているだけに、あとはどれだけ早く日本の投手に慣れるかというところ。
また日本人選手でもある程度打てる選手は出てきてほしい。
最近は中々一本立ちできる選手がおらず、活躍が1年で終わってしまう選手も多いのが現状。
流石に40を超える福留にいつまでも頼り続けるのは酷というもの。
日本代表にも選ばれた大山や、陽川、江越らの奮起に期待したい。

★注目選手
投手:才木、石崎
野手:ロサリオ、大山、島田



5位:ヤクルト
毎年のように相次ぐ怪我人に見舞われ昨年は最下位へ。
今年は例年に比べれば怪我人も少ないようで開幕メンバーも見られた形に。
ただそれでも今年のセ・リーグは4強2弱感が拭えないか・・・
中日との順位は難しいが、青木の加入や新外国人の期待も込めてヤクルトを5位予想で。

苦しい投手陣のやりくりは今年も変わらず。
先発・リリーフ共に非常に厳しいと言わざるを得ない。
先発では昨年負けが多いものの好投も多かったブキャナンが軸に。
小川が出らないのは痛いが、そこは原、星といったところの成長に期待。
新外国人のハフも当然やってもらわなければ困るという台所事情。
リリーフはこれまた新外国人のカラシティーの出来が大きなカギとなるか。
その前には秋吉、石山とある程度計算できる選手がいるので、後ろがしっかり決まればそれは大きい。
どちらにしろ計算できる選手は少なく、Bクラス脱却には複数の新戦力台頭が求められるだろう。

野手は怪我さえなければしっかりした打線が組める。
MLBから復帰の青木、怪我からようやく戻ってきた川端の復活は大きい。
特に青木はチームの中心として、またその経験を伝える存在として期待が懸かる。
山田、バレンティンと中軸に長打を打てる選手はいるので、とにかく上位の出塁が重要に。
ただどうしても選手層は薄く、今年も怪我で離脱となれば相当苦しいのは変わらず。
その点では控えも充実させていく必要があり、廣岡、奥村らの成長は必須ともいえるだろう。

★注目選手
投手:ハフ、カラシティー
野手:廣岡、塩見、青木



6位:中日
森政権1年目の昨年は5位。
今年は本塁打王ゲレーロの移籍が痛く、順位ダウンと予想。
ほぼ一新した新外国人次第とヤクルト同様に計算できない部分が多く、Aクラス入りは厳しいか?

投手陣は期待の選手も多いが、なかなか結果も出せていないというのが現状。
開幕投手に選ばれた小笠原、2年目の柳らがしっかり1年通じてローテに定着することが求められる。
新勢力としてはMLBでも実績を残した大物外国人のジーに注目したい。
リリーフも同様に苦しく、全体的なレベルアップは必須。
田島の安定感向上はもちろん、その前を投げる選手も現状ではなかなか計算しづらい。
そんな中でドラ一ルーキーの鈴木博にめどが立ったのはうれしい材料か。
剛球を武器に、新人王を取るくらいの勢いで頑張ってもらいたい。
最後にSBの3年間をほぼほぼ無駄にしてきた松坂について。
今年はなんとか投げる機会もあるだろうが、戦力としてはやはり難しいと思う。
松坂が投げざる得ない状況というのは、中日にとってもチームとして相当まずい状況だろう。

野手陣も戦力のレベルアップが必要。
広い名古屋ドームという事もあるが、長打を打てる選手が少なくそこは改善要素。
ゲレーロの穴を埋めるのはそう簡単なものではない。
その中でアルモンテ、モヤと2人の新外国人選手を獲ったので、どちらかでもモノになれば面白い。
和声大砲としてようやくブレイクした福田と合わせて打線に迫力を持たせたい。
また、谷繁引退後になかなか定まらなかった捕手にハムから大野を獲得。
生え抜きの木下、松井雅らの奮起を促す意味でもいい補強だったと思う。
重要なポジションであり、ハイレベルな定位置争いに期待したいところだ。

★注目選手
投手:ジー、鈴木博
野手:福田、アルモンテ、近藤



以上、今年のプロ野球予想でした!
2018-03-30 : 野球 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR