FC2ブログ
日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

プロ野球順位予想2018 パ・リーグ

いよいよ明日よりプロ野球が開幕します。
今年も逆神による当たらない予想、去年よりも置きに行ったVer.をお届けします。
まずはパ・リーグから。


1位:ソフトバンク
昨年は大方の予想通りリーグ制覇。
下克上のDeNAを下し見事日本一に輝きました。
怪我人や、主力の高齢化はあるものの、今年も定位置での予想は変わらないか。
親会社が変わりでもしないかぎり、大きく落ちることは考えずらい。

投手陣は先発・リリーフ共に手堅い。
開幕投手の千賀から、武田、バンデン、東浜と計算できる選手がそろう。
東浜の調子が上がってこないのは不安要素だが、石川、笠原らの台頭もありバックアップも十分。
ついに開幕一軍入りした田中正義の起用にも注目したい。
先発以上に盤石なリリーフ陣はシーズンを通じて戦う意味では非常に心強い。
抑えのサファテを筆頭に左右セットアップ含めて人材の宝庫と言えよう。
間違いなく12球団屈指の投手陣であるといえる。

野手も実績のある選手が揃う。
ただ投手陣と比べると盤石とはいえず、主力の高齢化という不安もある。
特に中軸を打ってきた松田、内川といったところが30台半ばとなり、そろそろ世代交代を考えたいところ。
昨年ブレイクした上林のワンランク上の活躍、真砂らの台頭に期待したい。

★注目選手
投手:田中正義、笠原
野手:栗原、上林、真砂



2位:楽天
パ・リーグの予想で最後まで悩んだのが、楽天と西武の2位争い。
最終的にオープン戦の順位と、昨年からの移籍選手の差で楽天を2位にしました。
昨年は前半戦こそ快進撃で首位を走るも、中盤以降失速し3位。
今年は大きな補強こそないものの、ライバルの西武の主力が移籍したことで2位になるかなと。

投手陣、特に先発はソフトバンクにも劣らず計算できるメンツがそろう。
則本、岸、美馬までは万全、昨年高卒ルーキーながら3勝を挙げた藤平にも期待がかかる。
そこに伸び悩み気味の釜田、安楽、ルーキーの近藤らが入ってくれば面白い。
一方で昨年出来過ぎた感のあるリリーフには慎重な見方を。
昨年はハーマン、高梨、菅原と1年目の選手がそろって大活躍を見せた。
ただ実績は昨年のみで、今年「2年目の~」にはまらず同様に活躍できるかは未知数。
抑えの松井、セットアップの福山はがっちり守っているだけに、その前と駒数がそろってくれば文句はない。

野手陣では、昨年勢いを見せた攻撃的オーダーが健在。
今年も外国人トリオを筆頭にした打線は脅威でしかないだろう。
それに加えてオープン戦大活躍の内田、ルーキーの岩見とさらに打棒に期待がかかる選手が出てきた。
多少の投手陣の不安は打線でカバーするくらいの勢いを見せてほしい。
守備力、機動力に難があるのも否めず、とにかく打ち勝つ野球をすることが上位進出への近道か。

★注目選手
投手:池田、藤平
野手:内田、岩見、ペゲーロ



3位:西武
辻体制1年目の昨年は、序盤好調の楽天をかわし2位。
ルーキー源田の大活躍を筆頭に外崎、山川ら野手の活躍が目立ったシーズンだった。
今年も打力は健在だが、便利屋として幾度となくピンチを救ってきた牧田がMLBへ。
この移籍は非常に痛いと判断し、楽天と悩んだ末3位予想へ。

投手陣は先発・リリーフ共に現状では不安が残っている。
先にも書いた通り、やはり牧田の移籍は変えられる選手が不在で穴を埋めるのは容易ではない。
期待のルーキーの伊藤翔がまずはロングリリーフ等担うようだが果たして?
同じく移籍の野上に関しては、昨年も貯金の作れない先発であり、高木勇、カスティーヨで埋められると判断。
菊池という絶対的エースは存在するので、あとはそこに続ける選手がどれだけ揃うかがポイントか。
多和田、高橋光のさらなる活躍に期待。
2年目の今井にも期待していたが、やらかしたのは非常に残念である。
リリーフは抑えの増田をはじめ、左右絶対的な存在こそいないが駒はそろっている。
ワグナーがシュリッターの代わりになるくらいの活躍ができれば何もいうことはない。

野手陣は強力打線で投手陣の不安を打ち消したい。
なんといっても、昨年中盤以降に打ちまくった山川のシーズン通じての活躍に期待がかかる。
前後を浅村、おかわり、森らが打つ打線は楽天と並んで屈指の攻撃力を持つ。
機動性では西武の方に分があり、走れる選手は今年もガンガン仕掛けてもらいたい。
後は2年目の源田、昨年二桁盗塁&本塁打の外崎は今年も同様の成績を残せるかというところ。
戻ってきた松井稼頭央の雄姿も最後まで見届けたい。

★注目選手
投手:伊藤翔、ワグナー
野手:森、山川、愛斗



4位:オリックス
万年優勝候補と揶揄されることもあるオリックス。
正直今年も読みづらく、優勝から最下位までどこも有り得るチームだと思う。
ただ昨年はCS圏内の3位までは程遠く、上位進出は簡単ではない。
今年の目標もまずはAクラスへ食らいついていくことから。
戦力的には着実に充実してきており、下の2球団よりは上と判断しました。

まず大きな課題が投手陣。先発・リリーフ共に大きな不安を残す。
先発は西、金子、ディクソンに、山岡、松葉と駒はそろっているように見える。
ただ実績こそあれど昨年も二桁勝利は金子のみにとどまっており、全体的なエースは不在。
ドラ一ルーキー田嶋や、期待の大きい2年目の山本由らが定着してくれば面白い。
リリーフは先発以上に計算できず。
平野の移籍は増井で補えたが、その前は2年目の黒木らに頼ることになり実績のある選手は少ない。
リリーフのやりくりは相当苦労すると思われ、監督・投手コーチの手腕が問われることになるだろう。

一方で野手陣は及第点のように見える。
計算できる選手は少ないが、昨年活躍したロメロ、マレーロの両外国人に、ようやく開幕から一軍で見られる吉田正と長打の期待できるバッターが並ぶ。
昨年は離脱の多かったロメロに吉田が通年で働けるなら、その貢献が大きなものになるのは間違いない。
ここに不調で開幕メンバーを外れたT-岡田が戻ってくれば、さらに頼りになる打線になるだろう。
そして中軸につなぐ上位の選手にも楽しみな存在が台頭してきた。
オープン戦で好調の宗、ルーキーの山足、3年目の大城と走れる選手が揃う。
計算のできる選手は少ないが、上手く機能すればそれは脅威な打線が完成することは間違いない。
上位進出へ向けて、新たな戦力の台頭が必至になるシーズンになることだろう。

★注目選手
投手:田嶋、山本由
野手:宗、山足、福田



5位:日本ハム
昨年は大谷の故障も大きく響き5位。
今年はその大谷に加え、増井、マーティンと実績のある選手が移籍してしまった。
逆に補強は新外国人とベテラン捕手のみにとどまり、確実な上向きを計算できるかは未知数。
苦しい戦いになるだろうが、過去にも前評判の低い年に優勝したこともあるのでどうなるか。

大谷、増井、マーティンが欠けた投手陣は先発・リリーフ共に苦戦が見込まれる。
計算できるのは有原、加藤、高梨というくらいで、それも二桁もいけるかどうかというあたり。
ロドリゲス、マルティネスと2人の新外国人への期待値は当然高くなってくる。
毎年何かと話題になるハンカチーフガイの出番が来そうだというのも、層の薄さをものがっている。
リリーフも、開幕メンバーで実績があるのは左の宮西のみ。
ルーキーの西村、新外国人のトンキンと新戦力を含めた新たな顔ぶれが中心に。
この辺りがしっかり働かないとまずはどうしようもない。なかなか難しい見通しになりそう。

野手はそこそこという印象。
西川、近藤と上位打線にはいい選手がそろっており、機動力にも秀でている。
問題はそれを返す選手がどうか?ということ。レアードはともかくとして、今年も4番を任されるであろう中田が去年のような成績では物足りない。
レアードにつぐ大砲候補としてアルシア、和声大砲として横尾、太田のさらなる成長にも期待がかかる。
上位がしっかりしているだけに、ある程度中軸が打ってくれれば打線としてしっかり機能してくる。
最後にオフの間ハムの話題を独占していたスーパールーキーの清宮について。
残念ながらオープン戦から不調で、体調不良もあり開幕一軍ならず。
まだプロの壁に苦しんでいる感はあるが、ドラフト以前からその素質は間違いなく規格外であり、この選手が1年目からどれだけやれるかはホントに楽しみなところ。
まずはじっくり体を治し、後半戦からでも一軍で見てみたいものですね。

★注目選手
投手:ロドリゲス、マルティネス
野手:清宮、横尾、アルシア



6位:ロッテ
昨年は序盤から貧打に苦しみ最下位。
今年は引退したばかりの井口監督を据え巻き返しを図る。
とはいえ新政権の船出は厳しく、補強はほぼ新外国人のみで見通し不明瞭。
オープン戦では好調も、それは去年も同様だったためあまりプラスには考えず。
非常に厳しい戦いになることが予想される。

投手陣は3人の新外国人がどれだけ働くかがポイントか。
ただ抑えのシェッパーズ以外はなかなか難しそうというのが現状の判断。
プラス材料としては涌井が残留したので、確実にイニングを稼げる選手が1人は増えたということ。
石川の復活、昨年後半に活躍した坂居らの奮起に期待したい。
リリーフは新外国人のシェッパーズ、昨年ようやく通年働いた内の2人に後ろを任せる形に。
問題はそれ以外で、2年目の有吉、左の松永に、まだ老け込む年ではない西野らが開幕一軍入り。
とにかく1人でも定位置を確保し、さらにそこからワンランク上の成績が求められるだろう。

今年も厳しい野手陣。
とにかく長打を打てる選手に欠くのが現状で、通年働いても20本打てる選手が見当たらない。
頼みの新外国人のドミンゲス、ペゲーロもともに開幕一軍を逃してしまった。
この辺りは編成部にも相当の責任があり、おそらくシーズン中の補強もあるのだと思う。
正直、打線に関しては12球団でワーストと言われても仕方がない。
一方で明るい材料といえば、藤岡、菅野の両ルーキーが開幕から出場しそうな事か。
苦しいチーム事情ということもあり、ルーキーとはいえ早くも結果を期待される立場にある。
また、清宮と並ぶ大物ルーキーの安田に関しては、焦らずじっくり育ててほしいところ。
バッターとして清宮に勝るとも劣らない素材の持ち主である。
数年後、待望の和声大砲誕生を目指して、まずはじっくり育成というところだろう。

★注目選手
投手:酒居、シェッパーズ
野手:平沢、藤岡、菅野



セ・リーグは明日!
2018-03-29 : 野球 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR