FC2ブログ
日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

か・ん・こ・れ Part37 -冬イベント2018(前編)-

GRAVITY DAZE2を問題なくトロコン。
1で未解決だったものが無事解決し、とても素晴らしいエンディングでした。
その後、ガルパンのゲームの出来がなかなかなようですが、新品ではいいかなとスルー。
夏頃発売予定のDQB2に備え、PS4のDQB1を買ってせこせこやっております。

さて、久々に提督業。
というのも、今回待望の武蔵改二実装!
長らく嫁艦として我がハートを鷲掴みにし、毎年年末にはMVPが定位置になり既に殿堂入りへ。
それにつられてうかうかと参戦したわけです。
もっともレベルは十分でも、戦闘詳報がなく改二になるまではまだ時間があるのですが・・・

180301
まずは開幕前の状況から。
前回(17年夏イベント)から殆どログインしておらず、資源はその時からほぼ変わらず。
まあ各10万は超えているので問題ないでしょう(慢心)。
それにしても半年、1回のイベントを飛ばしただけでwikiには知らない言葉が多数・・・
戦闘詳報、警戒陣、遊撃艦隊等、まずはじっくり熟読することからイベントは始まります。
最近のイベントはホントに作りこみが深いので、まず作戦内容を理解し噛み締めないと後々後悔することに。
同じ類のキンプロは半年休養しても特に浦島太郎にはならなかったんだがなぁ。


▼E-1(甲作戦) 出撃回数16回
1803013

1803012
難易度:★★☆☆☆
資材消費:★☆☆☆☆
ストレス:☆☆☆☆☆


まずは開幕のE-1。
ここ最近ですっかり定着している対潜マップですね。
対潜は良くも悪くも装備次第というところ。レベルは低くても高レベルな装備が用意できればどうにもなるし、逆に対潜装備の開発をサボっていると思わぬ苦戦を強いられる。
また、先に「作戦内容を理解し噛み締める」と書いた通り、今回もこの後の展開を見据えての編成が重要。
特に今回はこの後の縛りもきつく、編成メンバーには十分気を付けたい。
と、言いつつ、ここで祥鳳は出さなければ・・・と後々後悔することになるのだが。

難易度的にはそれほどではないが、ストレートクリアできるほど簡単でもなし。
ボスまでいけば問題なく倒せるのでゲージを削るのは難しくないが、道中は大破要因有り。
また、ギミックの解除も必要になるので、開幕戦といえど簡単には通してくれないようだ。


▼E-2(甲作戦) 出撃回数17回
1803016

第一艦隊
1803014

第二艦隊
1803015
難易度:★★☆☆☆
資材消費:☆☆☆☆☆
ストレス:★☆☆☆☆


栗田・西村両艦隊を用いて、早くもがっぷり乙での連合艦隊マップ。
ここも前半はギミックを解除し、後半からボス戦という仕様。もう大半はこのパターンですね。
問題はその前半で、とにかく縛りがきつい・・・
最短ルートには西村艦隊の7人中6人を使えという仕様。
キンプロならスタンダードで8人鈴木軍使えと言ってくるようなものである。
そんなわけでほったらかしだった山雲&朝雲を急遽育成し臨む。
ギミック要件には面倒くさいPT子鬼が現れ、これまた一筋縄ではいかない。
機銃や見張り員を装備させれば命中がアップするようなので試すも、なぜかイマイチだったり。
なのでまずは最深のYマスを攻略だ!と通常装備でいったらあっさり解除出来たり。
なんだかなぁ。

唯一栗田艦隊でのギミック解除は、普通に挑むとこれがなかなか厳しい。
が、潜水艦隊でいくとあっさり。
そこからボス討伐に移行するが、こちらは比較的楽に。
西村艦隊と違い、該当艦が多いので十分な艦隊編成が組めます。
また、ボス自体が弱いうえ、道中も1つ前が少し厄介くらいで殆ど問題なし。
現に大破撤退は1回のみ、道中退避を1回もすることもなくクリアできました。
消費資材は多くなりそうなのですが、なぜかE-1クリア時よりも増えてますねぇ・・・


▼E-3(甲作戦) 出撃回数12回
18030110

第一艦隊
1803018

第二艦隊
1803019
難易度:★☆☆☆☆
資材消費:★★☆☆☆
ストレス:☆☆☆☆☆


難しそうに見えて簡単だったマップ。
まず前半のギミック解除はまるゆの単艦でらくらく。
空襲も優勢を取る必要があり、1度は基地航空隊を2つ防空に回さないといけない点だけは注意。

後半は小沢艦隊での総攻撃。まずはショートカットを出してからが本番です。
道中は強そうに見えるのだが、秋月&初月の対空カットイン無双で大きな被害は出ず。
ボスへの安定到達に関して、間違いなくMVPといえる大活躍でした。
ボスは毎度おなじみ空母おばさん。
固い、強い、新型機と三拍子そろっていますが、こちらも十分な戦力を組めるマップなので撃破は十分できる。
ラストは随伴艦隊が強くなり、流石に苦労することも想定したが、
1803017
頼れる北上さんが250越えのダメージを叩きだし快勝!
今回は一発だったが、十分沼る要素もあり。ホントに北上サマサマですよ。


▼E-4(乙作戦) 出撃回数14回
18030114

第一艦隊
18030112

第二艦隊
18030113
難易度:★★☆☆☆(乙作戦)
資材消費:★★★★☆
ストレス:★★☆☆☆


前半戦のラスト、とにかく・・・「長い!!」これにつきる。
採点編成でもボス含めて7戦。しかもどのマスも侮れずに油断はできない。
今後も考えて潔く「乙作戦」にしました。
wikiを読んで、後のマップが全部甲でクリアできそうなら、ここも無理して甲で行ったんですがね・・・
どう考えてもE-7の甲作戦は選択肢にない(wikiを読んでいて絶望するレベル)ので甲勲章は諦めました。

前半の西村艦隊でのギミック解除は一発。これはまあ問題ないでしょう。
問題は後半、燃料&弾薬切れと闘いながら道中7戦をしてボスを目指さなければなりません。
基地航空隊はフル稼働で道中&決戦支援もあり、艦隊には武蔵や長門なども並ぶため資材消費も厳しい。
とにかく早いうちにちゃっちゃとクリアしたいところ。
ここでも摩耶&照月の対空カットインが大活躍!
空襲戦×2、軽空母が襲ってくるポイント×2ではホント助かりました。
鬼門といわれていたボス前の戦艦×6はがっつり基地支援を飛ばしていることもあり大きな被害はなし。
甲作戦だとここに基地航空隊を出せないと聞くので恐ろしい・・・

ボスは難敵の悪ガンビア・ベイ。
固いうえに随伴艦も面倒、ボス到達10回で倒せたのは4回。乙作戦でも5分の2というレベルです。
加えて最終段階では、まったく制空権が取れず・・・
加賀の彩雲を外し、筑摩を水上機ガン積みにしても足りず・・・
だったのですが、
18030111
第二艦隊が奇跡的に無傷だったこともあり、夜戦で激勝!(フィニッシュは大井っち)
友軍艦隊できた西村艦隊も活躍してくれましたね。
ここも沼らずラスダン3回目で行けたのはラッキーでした。

18030115
こうして前半戦終了。
残念ながらオール甲作戦は早くも途切れましたが、まあどうせE-7が無理なので仕方なし。
後半戦も頑張って進めていきましょう!
2018-03-01 : 艦これ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR