日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

プロ野球順位予想2017 パ・リーグ

アライさんが好きです。ハシビロコウさんも好きです。
そんな野球が上手いフレンズたちの予想。今日はパ・リーグ。


1位:ソフトバンク
昨年は圧倒的優勝予想もまさかの2位。
しかしながらパリーグ随一の戦力は揺るがず、今年は1位に返り咲くと予想。

投手陣は大きな変化はなく昨年通り。
豊富な先発投手陣こそ、ソフトバンクの最大の持ち味であり、今年もその力を発揮してくれることだろう。
その中で、1年目から大活躍間違いなし!と思われていたスーパールーキーのジャスティス田中は、ここまでプロの水に合わず残念ながらまだ調整が続く模様。
それでもシーズンのどこかで出番はあるだろうので期待している。
もう1人の注目選手・松坂に関しては・・・
オープン戦の最後に素晴らしい投球を見せたが、果たしてシーズン中でどれだけやれるかは疑問。
まずは1勝というところからだろう。
リリーフはスアレスがWBCの怪我で出遅れることが少々不安。
とはいえ、現状のメンバーでも十分カバーできる戦力はある。余程の事がない限り大崩れはしないだろう。

野手陣はデスパイネの補強が確実に厚みが増した印象。
中軸を打てる打者がもう1人は欲しかっただけに、まさしく絶妙な補強だったといえる。
同一リーグからの補強というのも大きい。ヤフオクドームを得意としている選手だけに期待も大きい。
個人的には新外国人のジェンセンも楽しみな存在だったが、開幕1軍には入れず。
昨年はブレイク候補も、不調に終わった上林も今年こそは結果を残したいところ。
あとは唯一のウィークポイントである捕手をどう回していくか。
斐紹、甲斐ら中堅捕手のブレイクにも期待したい。

★注目選手
投手:田中、笠原
野手:デスパイネ、ジェンセン、上林



2位:日本ハム
昨年の日本一チームも、今年は主力級が数人移籍。
それでも地力はあるチームなので、予想は順位を一つ落とし2位で。

エースの大谷はひとまずは野手に専念中。
昨年二桁勝利の有原、高梨を中心にローテを組むも、裏ローテには多少不安が残るか。
とはいえ、メンドーサ、加藤らはいるし、十分組めるレベルではある。
新外国人のエスコバー、アメリカから復帰の村田ら定着すれば面白い。
毎年少しは話題になるハンカチーフガイはもう限界が見えたので期待はせず。
リリーフには増井が復帰。左の宮西とともに左右のセットアップを形成。
抑えのマーティンも健在で十分駒は揃っているといえる。
ここは特に問題ないだろう。

野手では陽が移籍したが、それほど大きな穴にはなっていないと思う。
ほとんど変化がない中で、数少ない新戦力として期待したのはやはり大田。
残念ながら開幕は出遅れてしまったが、環境の変化で一気に飛躍してほしい選手である。
現実的には、外野は西川、岡、近藤と揃っており、崩すのは容易ではないだろうが。
あとは野手で出場する大谷が、どれだけの成績を残せるかは楽しみ。
いつ投手に復帰するかはわからないが、今年は30本目指して頑張ってほしい。

★注目選手
投手:村田透、エスコバー
野手:大田、淺間、大谷



3位:楽天
3位と4位は悩みどころ。
計算できる補強の差で楽天をAクラス予想に。

投手陣は何より岸の補強が大きい。
計算できる先発が1人加わり、則本の1人エース状態からも脱却できる。
相乗効果で塩見、美馬、釜田ら、そこそこの成績で収まっている先発陣にも刺激になれば直よし。
開幕こそ漏れたが、今シーズンの安樂の成長も楽しみの一つ。
一方でAクラス入りを確定させるには、リリーフ陣のもうワンランク上の活躍が求められる。
クローザーの松井がどれだけ安定できるかがカギとなるか。
福山に次ぐセットアッパーも人材が求められるところ。
新外国人のハーマン、ルーキーの菅原らが入ってくれば面白い。

野手の層は決して厚くはない。
特に打線の中軸が外国人選手頼みなので、その部分は不安視される。
調子がよければ問題ないが、ウィーラー、アマダー、ペゲーロの3人が揃って機能することは考えにくいか。
そういう意味でも今年こそ国産生え抜きの長距離砲の誕生が待たれるところ。
昨年スタメンを掴んだ茂木、パンチ力のある中川には期待したい。
攻撃としては起動面よりも打力で勝負のチームだと思うので、とにかく外国人次第というところだろう。

★注目選手
投手:安樂、菅原
野手:茂木、アマダー、ペゲーロ



4位:ロッテ
楽天と迷ったがロッテを4位に。
投手力は十分計算できるが、打線には不安有というろころ。

投手陣は大きな変化はなし。
先発はエースの石川を中心に、涌井、スタンリッジと計算できる選手が続く。
昨年ブレイクした二木や、ルーキーの佐々木、酒居も今シーズン楽しみな存在。
西野の先発転向有るので、駒は十分に揃っているといえよう。
リリーフはクローザーに益田、セットアップに内という布陣。
共に実績のある選手だが、内が1年間怪我なくプレーできるかが最大の課題だろう。
2年目の東條が定着できれば頼もしいが。

野手は主砲のデスパイネが移籍。
その代わりにバラデス、ダフィーと2人の新外国人を獲得した。
当然ながらこの2人にかかる期待は大きい。
いきなり打線のカギを握ることになり、責任は重大といえる。
また守備面では鈴木のセカンド転向で空いたショートのポジション争いも肝。
2年目の平沢か、3年目の中村か、ハイレベルな争いで切磋琢磨してもらいたい。
全体的に長打力に関しては全く計算はできないので、堅実な攻撃が求められてくるであろう。

★注目選手
投手:佐々木、東條
野手:ダフィー、バラデス、平沢



5位:オリックス
ここ数年は前評判のいい年もありながら、14年以外はさっぱりという状況。
昨年は最下位だったが、明るい材料もあるので一つ順位を上げると予想。

整備が急務な投手陣。
先発では金子の復活に期待が懸かるが、そればかりに頼っていてもいけない。
金子に西、ディクソンと3本柱がしっかりと機能することは大前提。
上位進出へはルーキーの山岡、黒木や、新外国人のコークの活躍も必須になってくるか。
抑えには平野がいるので、そこに繋ぐまでの方程式の整備も必要。
昨年中継ぎで活躍した吉田一、そして新外国人のヘルメンが機能すれば面白い。
現状では先発、リリーフ共に計算できる部分は少ないので、新戦力の台頭が待たれる。

野手は糸井が抜けたのが痛い。
ただ明るい材料として、台湾WLで打ちまくった吉田正の存在は楽しみ。
だったのだが、腰痛により開幕一軍漏れ。
こうなると打線はT岡田と、新外国人のロメロ次第ということになってしまう。
どうしても迫力不足になることは否めない。
中島、小谷野といったベテランに過度の期待をするというのも・・・
若月ら若手捕手の台頭もあり楽しみなチームにはなりそうだが、戦力的には厳しい戦いになりそうだ。

★注目選手
投手:コーク、山岡
野手:若月、ロメロ、吉田正



6位:西武
昨年は4位も、今年は投手力の無さと補強の薄さからダウンし最下位予想へ。
打線はいいだけに、あとは投手力と、課題ははっきりしているが・・・

何はともあれ先発投手陣の整備が課題。
岸が移籍し、勝ち星が計算できるのは菊池くらいなもの。
ベテランのウルフ、2年目の多和田にもあまり過度な期待をするのは禁物だろう。
頼みの新外国人補強も、残念ながらあまり戦力として計算できそうもない。
3年目の高橋光など、若手の成長に懸けるしかないだろう。
リリーフ陣は牧田、増田と結果を残している2人がいる分、先発よりは安定している。
特にWBCでも活躍した牧田は、今年も様々な場面で登板することになりそうだ。

一方で野手陣は、パリーグでも屈指の破壊力のある打線は魅力。
上位に行く為には、ある程度打ち勝つ野球が必要になってくるだろう。
ただ今年はメヒアが不調で森は怪我、中村にも衰えが見えつつあるなど少しかげりが。
それでもブレイク必至の山川や、好調をキープしている木村と一発のある打者は健在。
課題のショートでは、堅守を魅せるルーキーの源田がスタメンを勝ち取るなど明るい材料も。
投手陣と比べると層の厚さも世代交代も順調に進んでいる。
野手の育成は順調なだけに、投手が頑張れば一気に上位もあり得るかもしれない。

★注目選手
投手:高橋光、本田
野手:山川、源田、田代



さあ、そんなプロ野球2017シーズンは明日開幕!!
今年もどんなドラマが生まれるのか?とても楽しみですね。
2017-03-30 : 野球 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR