日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

キモヲタの山陰巡り Part3

1月7日(曇りのち晴れ)
朝、KOK Jr.開幕に際し、ホテルのPC前で色々と奮戦する(笑)。
今となっては思い出話ですが、あわや鉄道乗り遅れで以降全て予定が狂う大惨事になるところでした。
というかホテルが駅から徒歩5分となってたけど、猛ダッシュで6分の間違いだから!
朝から久々にダッシュして疲れました。

160113
さて、今日はまず北近畿タンゴ鉄道に乗って「あの日本三景」へ。
長らく訪れてみたかった場所へついに行きます。

福知山から1時間ほどで駅に到着。
駅にwifiスポットがあったので、タブレットからKOK Jr.のリーグをスタート。
これでひとまずの役割は終えほっと一息。では観光へ。
1601132
こちらは駅前にある知恩寺。
写真は需要文化財にも指定されている多宝塔です。
軽くお祈りを済ませてゴー。

まずは地上から攻略いたします。
1601133
またなんともいえないゆるキャラが・・・

1601134
そしていよいよ松の並木道が目印の「天橋立」へ。
高所から眺めるのは後ほど。まずは歩いていきますよ。

1601135
天橋立というと展望からの眺めが有名ではありますが、地上の道も実に素晴らしい!
両端を松林に囲まれ、その向こうには海。
まだ8時前後なので人もほとんどおらず、静寂に包まれております。

1601136
いやぁ、浜辺も静かでいいですねぇ。
これは最高の散策コースではないでしょうか。

1601137
道中にはなぜか、軍艦春日の15cm砲が。
なんでも大正12年に海軍思想普及のために置かれたそうです。
砲弾一発100円ですって。勿論当時の価格で。

1601138
天橋立途中のスポット、磯清水です。
海に囲まれているにも関わらず真水が湧いております。

こうして天橋立を渡り切るまで約50分。
長いようですが、道は平たんですし環境もいいので楽ちんですね。
是非展望や海から眺めるだけでなく、直に歩いてほしいもの。

1601139
では満を持して展望スポットへ。
傘松公園のケーブルカーを登っていきます。

16011310
そしてお馴染みの光景へ。
これにて私・・・
「祝!日本三景制覇!!」
であります!
(↓以下2か所の記事)
松島
宮島
あしかけ3年でしたか。これでまた1つの目標を達成いたしました。
次は、
12球団ホーム球場制覇
最東西南北鉄道駅制覇
47都道府県制覇
のいずれかを狙っていきたいと思います。

さて、旅路に戻ります。
16011311
天橋立の目玉、瓦投げ。
3回投げて中のわっかに通ると開運のご利益があるというもの。
直、無事爆死しました・・・これ練習しないと無理ですねぇ。

16011312
そしてこれもやらなければいけません。
股から覗いての天橋立!
ご丁寧に「ここから覗けよ」と書いてあるのでやってみました。
まあ・・・こんなもんですね。

傘松公園の展望台から登山バスで7分ほど。
16011313
西国三十三か所の1つでもある成相寺を参拝します。
道中は凄い所を登っていきますので、健脚な人以外はおとなしくバスを利用したほうが得策でしょう。

16011314
比較的新しい五重塔が目印です。

16011315
成相寺から少し歩くと、さらに高みの展望台へ行けます。
いいですねぇ。

傘松公園を降り、帰りは観光船で天橋立の駅まで戻ります。
そこで昼食。
16011316
駅の近くで「にしんそば」をいただきます。
私、にしんそばが大好きなのでござんすよ。
家でもニシンの買ってきてそばにぶちこんで作っちゃうくらい好き。
ニシンの微妙なしょっぱさと蕎麦が最高のマッチングですよね。
ちょこっと身をほぐして一気に食べてしまうのがオツですね。「うまお!」で。

予定では文殊の方にも上るはずでしたが、傘松公園でゆっくりしすぎたのでカット。
再び北近畿丹後鉄道に乗って移動します。
天橋立からは40分ほど、西舞鶴で降ります。
そこからバスで15分ほど。
1601132021
舞鶴海軍記念館です。
聖地巡礼、というほどのものではないけれど、艦これをやっていた際に来たかった場所ですね。

16011317
まずは東郷元帥像がお出迎え。
館内撮影禁止だとどっかで聞いたような気がしましたが、問題ないようですのでじゃんじゃん撮ります。

16011318
日本初の国産ジェット戦闘機、橘花の資料とか。

16011319
勲章なんかも。

16011320
と二部屋みたら終わってました。
江田島の記念館の様な感じかな、と思っていたら意外とこじんまり。
あら、文殊行っても間に合いましたねぇ。
でもまあ、こういう実際に訪れてみないとわからないのも旅行の醍醐味です。
ちなみに↑の写真、柵が砲弾の形をしております。

1601132022
海軍記念館から10分ほど歩いて、次の目的地の北吸桟橋へ。
道中は官民多くの船が見られます。
造船所ではなんかタンカーぽいの造ってますね。

1601132023
そして桟橋へ。ヘリ搭載護衛艦のひゅうがさんがいました。
どう見ても空母ですね。ごちそうさまでした。

1601132024
続いて護衛艦あさぎり(151)と、まつゆき(130)です。

1601132025
こちらは補給艦ましゅう。
補給のみならず、病院船としての機能ももつハイスペック艦です。
いずも型の登場までは、海自では最大の艦だったそうです。

16101326
はやぶさ型ミサイル艇のはやぶさと、うみたか。
他には、せんだい、ふゆづき、あたごなども見られました。

16101327
桟橋を出て数分歩くと、舞鶴の代名詞的存在ともいえる赤レンガ倉庫群が。

その一部は市の施設や博物館、お土産屋に改装されております。
16101329
映画「日本の一番長い日」のサイン色紙が展示されてました。

16101328
舞鶴と言えば!の海軍風肉じゃがの作り方も。
私、あまり肉じゃがは好きではないのですが、このレシピで今度作ってみようと思います。

16101338
こちらは赤レンガ博物館。
ここはスナップ撮影のみOKということで、コンデジで撮影しております。
中は、世界のレンガにまつわる説明が色々と。、
レンガ一つでも中々奥が深いものですね。

16101339
2回には日露戦争についての展示も。
鹵獲してきたロシア艦というのも色々あったんですねぇ。

これにて舞鶴も一通り回ったので、後にしましょう。
本当は引揚記念館も見たかったのですが、あそこはいかんせんバスの便が悪い。
訪れるにはそれを最優先で計画を練らんといけないので厳しいです。
またいづれ機会があればと。

東舞鶴の駅まで歩いて、そこからまず綾部で乗り換え。
と、ここで1つミス。
なんか京都に着くの遅いなぁ、と思ったいたら綾部と園部をごっちゃにしてたという・・・
そら京都まで40分で着きませんわ。
そんなわけで舞鶴で早かった時間も、いつの間にか計画通りに。
途中、嵯峨嵐山で降ります。何故かというと夕食のため。
16101330
京都と言えば鴨、九条ネギ、豆腐!
というわけで全て味わえるうどんの名店、嵐山うどん「おづる」へ。
注文したのは鴨うどんセット(1400円くらい)です。
豆腐に、かやくご飯、そして鴨と九条ネギうどんがセットで食べられるといういいとこどり。
個人的にうどんの関西出汁はあまり好まないのですが、これは鴨の出汁とネギの香りが存分で十分!
麺も腰があってとてもうまい!豆腐はプルンプルンで味も濃い事!
これは文句なしで「うまインゴベルナブレス デ アラシヤマ」ですね。
はい、「うまうまきゅん!!」を越えた最上級です。ごちそうさまでした。

さて、いつもなら夕飯後はすぐにホテルに直行ですが、今日はまだ続きます。
京都駅から奈良線に乗り換えて二駅。
16101331
伏見稲荷大社!
京都でも1,2を争う人気スポットですね。
これまで1度も来たことが無かったので、今回訪れました。
ここは24時間開門なのでいつでも入れるというのが魅力。
そしてライトアップされ、より雰囲気も出ております。

16101332
伏見のお稲荷さんも見つめています。
これが夜になると動き出すとか?

16101333
千本鳥居も雰囲気が出てます。
完全に異界への道。俺屍の鳥居千万宮ですよ。

16101334
左右どっちに行きますか(右側通行です。)。

16101335
これ振り向いたら戻れなくなるやつじゃないですか。
シャッター開いている時に宮司さんが歩いて行ったので心霊写真ぽくなりました。

16101336
横から見るとこんな感じ。
で、終わり。
いやー夜の伏見稲荷は素晴らしいですね。
昼間だと混んでいるスポットも、夜間(20時ごろ)だと人もまばら。
ライトアップで雰囲気も出ており、本当に異形の地という感じがします。
怖がりな人以外は是非行ってもらいたいですね。

で、京都まで戻ります。
今日はここまでです。
16101337
おお懐かしの103系!
久しぶりに乗りました。

~つづく~
2017-01-14 : 旅行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

おいでませ舞鶴!
3番さん、わが町に来てるやないかいwww
言ってもらったら案内したのに…
お疲れ様でした!!!
2017-01-14 09:23 : 青 URL : 編集
Re: おいでませ舞鶴!
あれ、青さん舞鶴でしたっけ。これは挨拶もできず失礼をいたしました。
いやあ、今回訪れたスポットはどれもよかったですね。
歩ける範囲内に色々とありましたので、観光の計画も立てやすくとてもいい街でした。
また、訪れる機会がありましたた、よろしくお願いします。
2017-01-14 22:39 : 3番DH URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR