日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

ペルソナ5 (後編)

1周目のプレイ記録を書いているというのに、既にトロフィーコンプもしているという。
ちょっと時間かけすぎてしまったので、ちゃっちゃといきましょう。

■カジノ(挑戦2回でオタカラ)
いよいよOPで流れていたシーンまで来ましたね。
終盤戦に入って来たというのをヒシヒシと感じます。
仲間も全員揃い、さらに意外なあいつも加わっての6thダンジョン。
ここが1番簡単でしたかね。
ペルソナも大体自由に作れるようになり、雑魚の弱点を付けないということもなく。
中ボスも弱点持ちばかりで特に強くはなかった。
ラストも、ルーレットの目がいい感じに出たので楽勝と。
全ダンジョンの中で1番簡単だったといって間違いなし。

道中難易度:★★☆☆☆
ボス難易度:★☆☆☆☆
パンケーキの活躍を観よう度:★★★☆☆
主力ペルソナ:アラハバキ、ヘカトンケイル、ヴァルキリーなど。


■船(挑戦1回でオタカラ)
衝撃の展開から、いよいよ本丸へと。
なぁるほど、OPからこうして繋がったわけですか。これは驚愕の一言のみ。
いやーホントによく物語が練りこまれていますね。
ちなみに、1度はバッドエンドを見るための選択肢を選ぶのはお約束。

もう一波乱ありそうですが、序盤からの仇敵を討つために船へ。
ラスダンっぽいだけあって、中ボスも多く長い。
だったが、1周目のプレイでは唯一の一発オタカラクリア。
終盤に来てべっきぃにタダでカレー&コーヒー量産でき、さらに春ちゃんの野菜も多く持ち込んだため。
序盤はSP回復手段に乏しかったですが、後半はむしろありまくりという。
そんなわけでカレーと野菜を食いながら、一発クリアを目指した次第であります。

×24
中ボスのフォルネウスに、洗脳→サイダインのコンボを喰らい一発昇天。
2度目は言わずもがな、洗脳耐性を付けたので問題なし。
それにしても、終盤でフォルネウスとは。3に比べて随分昇進しましたね。

×25
今回は状態異常からのコンボが痛い。
そんな25回目のイゴリは、ティターニア3人くらいの雑魚。
これが一斉攻撃一発で倒せないもんだから、次のターンにスリープソング→フレイダインが飛んできてチーン。
倒せそうで倒せないという、いつものパターンを終盤になってもやっております。

そんなこんなで5人の中ボスを無事撃破。
ここで終わりだろうと、最終戦は結構ギリギリの突破でした。
としたら・・・ですよ。ここであのファッキンパンケーキが襲い掛かってきます。
此奴とはシャアの後に戦うかと思っておりましたが、ここで仕掛けてくるとは。
HP、SPともにスカスカで非常に危ない状態で戦闘へ。
セーブもしてないから随分前まで戻されたくはない=絶対に負けられない戦い。

幸い、二戦とも解りやすい攻撃パターンだったのでどうにか撃破。
特に一戦目は主人公集中狙いなので、メルキセデク(光闇耐性)とアラハバキ(物理反射)でほぼ完封。
二戦目は流石に攻撃が激しくなるので、ソーマを使ってフル回復からのゴリ押し。
それでもSPほぼ空になるなど、かなり面倒くさい相手でした。

最後にオタカラ確保からのシャア。
二戦で形態がコロコロ変わり、その都度攻撃が激しくなるので流石に厳しい。
ただ、やっぱりパターン攻撃なので、しっかり対策を付けておけば長期戦にはなるが問題ない筈。
それでも最終盤で補助スキルからの3回攻撃はかなり厳しく、これは即死レベル。
タルンダも消させるので、しっかり防御するターンは忘れないようにと。
そんなこんなで因縁の相手を無事に撃破。
物語はもうちょっとだけ続くんじゃ。

道中難易度:★★★☆☆
ボス難易度:★★★☆☆
シャアにしか見えない度:★★★★★
主力ペルソナ:アラハバキ、セト、メルキセデクなど。


■メメントス深部&???
まあ、そううまくは行かず。これで物語が終わるわけはありませんね。
そこで残されたメメントスの深部から、その後の世界へ。
メメントスはまあ問題ないでしょう。
もうここまで来ると通常敵も「雑魚」ではないが、こちらも相当に強いので全く問題なし。

奥のボスを倒し、いよいよ本当の最後の戦いへ・・・
とまあ、ここの展開は神ががってましたねぇ。
確か前編でもさらっと触れましたが、○○ー○の声が変わっていたのをここで仕掛けてくるとは。
ベルベットシスターズの合体も含めて、ここで本当に最後の一山を越えたという印象が強かったですね。
そういえばカロ&ジュスとは2周目に戦えるんですよね?これは作品の恒例ですから。

ラスト、???の世界へ。
敵はもう全く油断ならず。緊張感の高ぶる戦いが続きます。

×26
カーリー×2とアバドンに敗北。
空間殺法のクリティカルは無理ぃぃ!

×27
ラスト前の中ボスのミカエル。
雑魚がリカームドラできりがなく、なかなか蹴りがつかなかったので自力敗退。
2度目はパターンもしっかり読めたので問題なし。

×28
はい、いよいよラスボスです。
一戦目は全く問題ないだろうので、二戦目から。
初見は相手の攻撃を見るために挑みましたが、予想外に順調でそのまま撃破できそうに。
というか、例の「倒せそうだけど倒せない」焦りをしなければ、普通に倒せていました(汗)。
最終盤の溜め攻撃で防御せずに突っ込み、わずかに削り切れずチーン・・・
嗚呼、実にもったいない。

×29
何事もなく物理技がクリティカルしたりして負け。
こればかりはどうしようもない。

と、2度のベルベット行を乗り越え、3度目の正直。
今度は、極端な不運もなく、終盤も慎重に攻めたので問題なくクリアできました。
倒し方としては、

主人公:腕2本以上の時はコンセントレイト→メギドラオン、それ以外は本体にランダマイザと攻撃。
竜司:チャージ→ゴッドハンドorアムなんとか(腕2本以上の時)。
杏:マハタルンダを欠かさずに。他アイテムで回復。それ以外は余裕あるときは大炎上。
真→モル:メディアラハン、メシアライザーでひたすら回復。SP切れで交代。余裕あるときは本隊へ攻撃。最後の溜め攻撃で、モルガナはマハタルンダ&防御でも即死したので、順番逆の方が良かったかも。

腕が沢山出てくると攻撃回数が多くなり厳しいので、とにかく2本出たら全体攻撃でガンガン倒す。
おそらく、ペルソナシリーズでもっともメギドラオンにお世話になりましたねぇ。
腕の弱点がそれぞれ違うので、万能属性が非常に使いやすかったです。
まあ、単に八艘ヨシツネを作っていなかったからという理由もありますが。

最後のペルソナはこんな感じに。
161115
1周目らしく、とにかく新しいペルソナは造っていくパターン。
先発ソロネ(マハタルカオート&マハラクカオート)からの、
コウリュウ(コンセントレイト&回復)、キュベレ(メギドラオン)という。
1つにまとめるところも、とにかく新規ペルソナ作ることを優先しています。
ペルソナ厳選に2周目で。

1611153
クリアレベルは76。まだ作れないペルソナも多し。

道中難易度:★★★☆☆
ボス難易度:★★★☆☆
締めくくりにふさわしい度:★★★★★
主力ペルソナ:ソロネ、コウリュウ、キュベレなど。


長くなってので、感想と2周目お楽しみ要素は完結編で。
1611152
2016-11-15 : ゲームいろいろ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR