日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

EURO2016展望

本当はカテゴリに新しく加えて、出来る限り見たい。
が、この4年間で夜起きられなくなっている、何時間寝ても眠くなってしまうようになってしまった。
そんな明日の明け方から開幕のEURO2016
楽しみなのは楽しみだけれども、残念ながら結果だけ追う事になりそう。
まあ、何試合かはなんとか見たいですか。
では、早速各グループを見て予想を立ててみましょう。


■グループA
◎フランス ○スイス ▲ルーマニア アルバニア


ホスト国、フランスの絶対有利は動かず。
ここ暫くは低空飛行気味も、最近になってようやくタレントが揃ってきました。
ミラクル・レスターの一員でお馴染みのカンテや、既に世界最高クラスのポグバら中盤は盤石。
前線もグリーズマンがゴールゲッターとして完全に定着。
攻撃陣に関しては全く心配なし。問題は30過ぎが並ぶベテランぞろいの守備陣か。
とはいえ、今大会はホームアドバンテージもあり期待ができる。
久々の国際大会のタイトルを狙うには十分な戦力を持っていると思う。

フランスに次ぐのスイスでしょう。
最前線の点取り屋には事欠くようですが、後ろは実力者揃い。
注目選手は、兄弟対決が実現濃厚のジャカ。

ルーマニア、アルバニアは厳しい。
ルーマニアは予選グループに恵まれたこともあっての出場。
かつてのハジやイリエがいた頃や、その後のムトゥがエースを張っていた頃と比べても明らかにタレント不足。
知っている選手も皆無という。1人くらいはいると思ったのだけれど。

初出場のアルバニアも同じような状況。
ただ、予選でポルトガルから勝利を挙げたように、難しいグループで突破した地力は侮れない。
現実的にはまずは勝ち点を、というところから。
個人的にはアルバニア代表というとターレを思い出しますね。


■グループB
◎イングランド ○ウェールズ ロシア ▲スロバキア


若手の成長著しいイングランドが第一候補なのは揺るがず。
スイスやスロベニアといった曲者がいた予選を、全勝突破した結果は文句なし。
スターリングや、ラッシュフォードも代表入りし、大会中に新たなスターが誕生する可能性も。
全体的にはバランスが取れたチームに思える。
前線は強みだが、それ以外も穴ではなく、ここ数年のイングランドでは1番期待が出来そう。
まあ一次リーグは問題ないだろうが、こういう時のイングランドは決勝Tでコロっと負けそうと・・・

同組、同じ「イギリス」のウェールズも楽しみなチーム。
長らく国際大会には縁がありませんでしたが、今回ようやく出場することができました。
今回は中心選手のベイル、ラムジーが20代半ばで1番脂ののっている時。
イングランドに対しても十分引けをとらないチームだと思うので、初出場で終わらない結果に期待。

3番手枠はロシアかスロバキアか悩みどころですが、ハムシク推しなのでスロバキア。
中盤と守備は堅実。持ち味のカウンターサッカーで上位2チームを追いたいところ。
予選ではスペイン、練習試合ではドイツにも勝っており、ダークホース的な活躍に期待が懸かる。

定期的にタレントを輩出してきたロシアは今回控えめ。
新戦力は少なく、これまでの代表でもおなじみののベテランが多い印象。
なので、特にこれといったものも無い。


■グループC
◎ドイツ ○ポーランド ▲ウクライナ 北アイルランド


ドイツは文句なしの第一候補。
練習試合では負けがちだか、まあ本戦では仕上げてくるでしょう。
センターフォーワードが不在で、絶対的な点取り屋がいないのが唯一の不安点。
それでも、中盤に得点力のある選手がゴロゴロ控えているので問題はないか。
ヴァイグル、ザネといった若手の活躍も楽しみ。

黄金世代に脂がのっているポーランドは、今大会が飛躍のチャンス。
大エースのレヴァンドフスキがシーズンから絶好調。
ポーランドが勝ち進めば、得点王の最有力候補だと思っております。
守備面も不安が少なく、カウンターからエースの得点へつなげられれば自ずと上位は見えてくる。
個人的にもかなーり期待しているチームの1つです。

決して弱くはないが、かつてほどのタレント力はないウクライナは3番手。
予選から、格上に対しては勝ち星を奪えず。練習試合でも守備がイマイチ。
グループCは、上位2か国が固い印象があるので、なかなか厳しいだろう。

そのウクライナよりも厳しい北アイルランド。
イギリスの4地域の中では1番地味で実力も低め。今回は国際大会初出場となりますが・・・
まあ、勝ち点1を獲ることからですね。


■グループD
○スペイン ○クロアチア ▲トルコ ▲チェコ


EURO連覇、ワールドカップ優勝のころに比べればやや落ち目のスペイン。
先日はジョージアに負けるという大失態をして不安は大きい。
中盤の高年齢化、前線の人材不足というのは否めない問題。
こういう大会でこそ、トーレスは入れておいても良かったと思うがなぁ。
難しいグループであるので、スペインでも楽に突破とはいかない。
前回ワールドカップの二の舞になる可能性も十分あると思う。

むしろスペインよりも期待が持てるのがクロアチア。
ペリシッチ、ラキティッチ、モドリッチが並ぶ中盤は、世界最高クラスと言って過言ではない。
この中盤を軸に、マンジュキッチ、カリニッチらのゴールが見られれば上位は堅い。
守備陣も経験豊富なメンバーが揃い、大きな問題なし。
あのフランスW杯3位を思い出させるような、素晴らしいタレントの揃ったチームだと思う。
個人的に今大会1番の一押しです。

本当は推したいトルコも、このグループでは少々厳しいか。
中盤は素晴らしいが、前線と後ろのタレント不足は目立つ。
ハカン・チャルハノールのセットプレーが頼みの綱か。
好きなチームなんだけれどねぇ。

同じく厳しいのはチェコ。
私としては、1にも2にも「ロシツキー最後の大舞台(になりそう)」という事位しか。
大舞台で見られるのはこれが最後という可能性が高し。
屈指のスぺ体質ではあるが、出られさえすれば素晴らしい想像力を持った選手。
是非、本戦でその輝きを見たいね。


■グループE
○イタリア ◎ベルギー ▲スウェーデン アイルランド


予選無敗のイタリアだが、相変わらず前線のタレント不足は否めず。
もうずっとこの状態が続いおり申告。選ばれたメンバーも実績に上しく中々不安。
お家芸の守備はいいのだが、いつの間にか中盤も薄くなってきたのはさらに不安。
今回はベルギーに次ぐ2番手という感じか。

ベルギー史上最強と呼び声も高いチーム。
攻守に豊富なタレントが揃い、十分優勝も狙える位置に来たと思う。
これまで安定感の無かったルカクがプレミアで好調だったのもプラス。
ワールドカップでは不完全燃焼に終わった部分もあったが、いよいよもって大爆発を感じさせる。

イブラ頼みのスウェーデンは3番手。
前線にイブラ、中盤にはシェルストレーム、最後方にはイサクションと精神的支柱はいるが。
イマイチ若手の成長が芳しくなく、期待以上の戦力は出てこない印象を持つ。
ただイブラのように1人でも打開してしまうエースがいるのは強み。彼のパフォーマンス次第か。

イメージ的にはスウェーデンと同じような感じ。少々力が落ちるのがアイルランドか。
ロビー・キーン、オシェイ、マクギーティ、ギブンはお馴染みの名前。
彼らの代わりになる若手が出てこないのが苦しい所以。難しい。


■グループF
◎ポルトガル ○オーストリア ▲アイスランド ハンガリー


1番トップとの力量差があるグループか。ポルトガルの突破はかなり固い。
私は嫌いな選手なのであまり見たくないが、やっぱりCロナは絶対的な存在。
世界最高の選手を持ってはいるので、あとは代表でどう生かすかという事。
一次リーグに関しては問題ないだろうが、それ以上となると、中盤、守備の薄さは気になる。
噂のレナト・サンチェスとかの大会でのブレイクはあるのだろうか。

地味ながら予選を無敗突破。FIFAランクも順調に上げるオーストリアを2番手に。
ヤンコ、アルナウトビッチがいる攻撃陣はそこそこ。中盤の底のアラバも安定。
タレント的には薄いが、ポルトガル以外は横一線な印象もあるので、十分勝ち抜きチャンスはアリ。

ここ数年でかなり力を付けてきた印象のあるアイスランド。
エースのシグルーソンや左サイドのビャナルソンは逸材。
とはいえ、全体的にタレント不足であることはな否めず。
オーストリア、ハンガリーからしっかり勝ち点を取れれば。

かつての伝説の古豪も、今回は最弱チームの1つに。
そんなわけで苦しいハンガリー。
キラーイのスーパーセーブと、中盤の底を支えるゲラ。2人の大ベテランの奮起が刺激になれば。


ここまでグループリーグ予想。
さて、優勝予想は、
◎フランス
○ドイツ
▲クロアチア、ベルギー

という感じに。
国内で色々あったし、フランス代表の奮起が久々に見てみたいところ。
次いで固い所でドイツ。
クロアチア、ベルギーはベスト4の力はあるけれど・・・というところか。

続いて得点王予想、
◎グリーズマン
○レヴァンドフスキ
▲ルカク、ケイン

フランスが上にいけば当然グリーズマン。
チームの得点源を担い、大量点も考えられるレバー。
新星のケインと、爆発すれば一気に行きそうなルカクも。

最後にMVP、
◎ポグバ
○ミュラー
▲モドリッチ、アザール

優勝予想のチームから。フランス優勝すればポグバは堅いか。
ドイツは難しいが、今シーズンキャリアハイのミュラー。
クロアチア、ベルギーはそれぞれ中盤の実力者と。


そんな、どうせ当たらない予想はここまで。
明日も開幕戦が非常に楽しみですね。

あ、最後に先日のキリンカップの感想を二行で。
VS ブルガリア→相手はベスメンも明らかに調整不足。流石に守備がガバガバすぎた。
VS ボスニア・ヘルツェゴビナ→相変わらずハイタワーに弱い。宇佐美は良かった。浅野は猛省すべし。
2016-06-10 : サッカー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR