日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

プロ野球順位予想2016 パ・リーグ

野球絡みのネタでもう1つ。
全く触れていませんでしたが、清原のクスリ問題。
正直、賭博問題と比べてどうでもいい。
言っちゃなんだが、キャンプに白スーツで来るなどの奇行があり、墨やお腹でっぷりの写真も既に出ていた。
クスリや○Bとの関わりは普通にあると思っていたので、「あっ、やっぱり」との感想しかありません。
「え~清原さんがそんなことしていたなんて・・・信じられません。」なんて野球ファンはいないかと。
なので過熱報道に少し飽き飽き。賭博の方はしっかりと調査し報道してもらいたい。
気を取り直してパ・リーグの予想へ。


1位:ソフトバンク
セ・リーグと比べて予想は遥かに楽。
1強、4中堅、1弱というところか。
まずはトップにソフトバンク、これはよほどのことが無い限り確定だろう。
今年も投打ともに盤石。優勝の大本命と言って間違いない。

投手陣は去年同様、先発リリーフ共に強し。
先発は中田が出遅れるものの、武田、バンデン、摂津の三本柱は固い。
特に昨年負けなしのバンデンハークが開幕から出てくるのは、他球団にとっては脅威でしかない。
それに加えて、今年は和田が復帰。
過度の期待は出来ないものの、実績は文句なく谷間の先発には使えそう。
少なくとも、松坂が入れる余地などは殆どないだろうな。
リリーフも左右のセットアップから抑えまで盤石。
隙を見つけるのが難しい名前が揃っており、今年も試合終盤の安定感には事欠かないだろう。

野手陣ではイ・デホが退団したものの大きな痛手にはならず。
元々打線は強かったし、代わりの選手もそろっている。
特に、外国人枠の関係で1軍出場が少なかった、カニザレスの奮起に期待が懸かる。
さらに残念ながら開幕一軍は逃したものの、今年のブレイク候補・上林の台頭も楽しみ。
逆に不安な点と言えば正捕手位か。
ここだけは定まっておらず、打撃がイマイチな面々のみ。
まあ打てる捕手なんてどこも殆どいないので、弱点が弱点にならないという事も。

★注目選手
投手:バンデンハーク、松本
野手:斐紹、カニザレス、上林



2位:西武
ここから4チームは悩みどころ。
セ・リーグ同様、2位には打線のいいチームを予想。
なので西武と。

投手陣の整備は急務。
打線の破壊力は球界でも屈指なだけに、ここを整備できれば上がってこられる。
その上昇の香りが漂うのが本年度。
まず先発では新外国人のバッヘッケンが使えそう。
さらに2年目の高橋光は飛躍の1年と期待。
正直、1年目であれだけやれるとは正直思っておらず。今年は二桁勝利も十分射程圏内に納めている。
誠に来日2年目の郭や、ドラ一ルーキーの多和田ら若い戦力の台頭が楽しみな1年になりそうだ。
リリーフは駒数おれど、絶対的な存在がいない。
抑え高橋朋、セットアップ増田、武隈と、役割はしっかり決まっているので、あとは個々のレベルアップか。

打線は屈指の破壊力。守備も問題なく、ほぼ万全といえる。
今年は山川がオープン戦で好調をキープ。DHに入るとみられ、さらに厚みをました。
さらにその活躍を受けて坂田も奮起。今年こそ左のおかわりが花開くか。
唯一課題が残ったのは森。
今年は捕手での出場を目指すべく取り組んできたが、結局まだプロレベルではないと断念。
そのせいもあって打棒の調子も悪く、不安定なまま開幕戦を迎えることに。
個人的には「打てる捕手」というのは非常に魅力的なので、多少は守備に目をつむっても経験を積ませたい。
週一くらいで出てくれればありがたいが、それで持ち味の打撃を落としては意味がない。
その辺りは監督も気を使うだろうが、うまく育ててほしい所だ。

★注目選手
投手:郭、バンヘッケン
野手:山川、坂田、水口



3位:ロッテ
昨年は下馬評低くも3位。
珍しく私の順位予想もピタリと当たって大満足。
そんな今年は好補強もあって2位予想・・・
にする予定でしたが、ナバーロがまさかのチャカしたのでランクダウン。惜しい。

地味だけれど安定している投手陣。
今年は日本での経験豊富なスタンリッジが加入し、さらに安定感は増したと思う。
涌井、石川、スタ、大嶺に、イ・デウンやチェンも控えている。
二桁勝利を狙えるポテンシャルの選手が多く、十分な先発ローテを組めるだろう。
昨年出来過ぎ感があった涌井が、成績を落とさない事だけが心配材料。
リリーフは先発以上に固い。
球界一地味なクローザーこと西野が絶対的守護神。
内、大谷、益田、松永と左右にバリエーションのある面々が健在。
試合後半は十分安心して見ていられる陣容であろう。

野手ではなんといっても新外国人のナバーロ。
韓国球界での活躍っぷりは有名。是非とも日本に来てほしいと思っていた矢先のロッテ獲得だった。
打棒だけでなく、走ることもできる選手、加えて本職がセカンドというのもいい。
個人的には大物メジャーリーガーのギャレットやゴームズを差し置いて、今年1番楽しみな新外国人選手でした。
・・・が、まさかの実弾持ち込みで開幕1か月は出られず。ネルソン2世になってしまった。
ナバーロを欠いた戦いで始まるものの、今年は調整十分のデスパイネの奮起に期待。
キューバの至宝もセペダ、グリエルが去って1人になってしまった。30本100打点は打てる選手だと思っている。
その2外国人を中心に、オープン戦好調の井上も入る打線は十分。不安は内野守備か。
「打てる捕手」になれると見ている、田村の飛躍にも期待したい。
あとはキャンプから話題になっていたルーキーの平沢。
打撃には非凡なものを感じ、木製バットも問題なし。ただプロでやるには攻守でまだランクアップが必要か。
まずは2軍でじっくり育ててほしい。

★注目選手
投手:チェン、二木
野手:ナバーロ、デスパイネ、田村



4位:オリックス
1番順位予想が難しい球団。
優勝争いをする可能性もあるけれど、昨年のように最下位争いの可能性もある。
難しいがとりあえずこの辺りと予想。

投打ともに補強は新外国人のみ。
まず投手陣を見ると、先発は十分だがリリーフには不安が多い。
先発ではエースの金子千尋が今年は開幕から出られるのは大きい。
西、ディクソンの三本柱に、昨年二桁勝利をマークした東明も加え、計算できる選手は揃っている。
問題はリリーフ。
これまで絶対的な存在だった平野佳、佐藤達が崩れてしまったのが、昨年のオリックスの誤算。
元々地力のある選手なので、復活さえしてくれれば問題ない。
新外国人のコーディエと合わせて、しっかりリリーフ陣が投げられれば順位も自ずと上がってくるであろう。

少々得点力に課題の残る打線は新外国人が鍵。
ボグセビッグ、モレルと2人が加入。当然中軸を任されるので、期待も大きくなる。
糸井や中島らベテランの複調と合わせて、今年の野手陣の大きなポイントと言って間違いない。
この辺りがダメだと、残念ながら打線は総崩れとなってしまう。
計算できる要素は少なく未知数。まずはふたを開けてみなければどうなるかはわからない。
若手の希望として、昨年離脱するまで3割を打っていた西野と、ドラ一ルーキーの吉田は楽しみな存在。
彼らの活躍に引っ張られて、チーム全体が向上してくれれば理想である。

★注目選手
投手:吉田一、コーディエ
野手:西野、吉田正、ボグセビック



5位:日本ハム
大きな戦力ダウンこそないが、補強が弱め。
他球団の上昇に伴って下降気味。
今年は難しい年になりそう。

もはや日本のエースともいえる大谷の存在は大きい。
特にあれそれ心配はいらず。今年も15勝前後は挙げてくれるだろう。
ただ先発陣を見ると、大谷に続く存在がメンドーサ、吉川止まりなのが気になる。
昨年新人王こそとれど決して良くはなかった有原など、上位を狙うには少し物足りない。
あまり突出した選手はおらず、先発4番手以降は調子を見ながらの起用になりそう。
もしかしたらハンカチーフガイにも出番はやってくるかも、という位の先発陣である。
リリーフは並み以上。
ただ左の宮西が開幕出られず、実績の乏しい選手も多く登録。中々台所事情は厳しくなりそうだ。
こちらも絶対的な存在は増井のみなので、新戦力の台頭に期待をかけたいところ。
新外国人の2人はイマイチ。

野手はほぼ去年と同じ。
近藤が捕手に復帰するというのは楽しみ。
併用にもなるだろうが、打撃は昨年開花し素晴らしいものを持っているので、それで捕手ができれば文句なし。
問題は淺間の離脱等で薄くなった外野か。
陽が復活し、岡や西川らがもうワンランク上の活躍を見せたいところ。
長打こそ少なれど、得点力は十分にあるので去年同様のしぶとい攻撃で攻めたいところ。
さりげなくソフトボール出身の大嶋が開幕一軍入り。まずは持ち味の打撃で魅せたい。

★注目選手
投手:高梨、有原
野手:近藤、淺間、岡



6位:楽天
今年も厳しい戦いになりそうか。
積極的な補強は行ったものの、それが効果的だったかは疑問符。
何より選手層が薄く、計算できる選手も少ない。当然の最下位予想か。

投手陣、特に先発が壊滅的。
エースの則本は手堅いものの、それ以降は完全に未知数。
二桁を計算できるのがその則本のみで、他はでたとこ勝負になるという感じ。
せめて先発の外国人がもう1人は欲しかったかと。あとは新戦力の台頭に期待するしか。
リリーフも同様だが、絶対的な抑えに松井がいるというのは大きい。
松井の前にも福山、青山がおり、まあ先発よりかは多少マシかという状況。
もっとも、セットアップの2人は決してトップレベルという訳でもないので、継投には不安有り。
ここにも新たな戦力が出てこない事には、台所事情は厳しいとみている。

一方で積極補強があった野手陣には改善の兆し。もっとも、少しは投手補強に割いてほしかったが。
今年も大物メジャーリーガー、ゴームズの獲得に成功。
またもや私でも知っているレベルの選手。しかも今回はオープン戦でも好調で期待大。
ユーキリス、サンチェスの系譜を歩むことなく、AJ路線へ進んでほしい所。
また、もう1人の新外国人・アマダーにも期待している。早く怪我を直して一軍で見たみたい。
この辺りの選手に加え、打撃好調のルーキーの茂木がしっかり打てて定着するようだと面白い。
多少の投手陣の瓦解があっても、打ち勝てるような野球ができれば面白い。
注目のルーキー、オコエはまず2軍でしっかり育てたほうが良さそう。
守備、走塁は文句なしだが、打撃面では課題。ただ、得点圏では好調で、精神的には相当強そう。
数年後が楽しみな選手であることは間違いない。
最後に、例の問題で奔走している嶋の心労は心配。
変えの効かない正捕手なので、ここがどうにかしてしまうと・・・やっぱり最下位一直線か。

★注目選手
投手:入野、リズ
野手:アマダー、ゴームズ、茂木



以上、今年の予想もおしまい。
明日からはいよいよ2016年のプロ野球が開幕!
いやー今年も冬が長かった!ようやく楽しみな季節になりましたよ。
さあ野球の時間まで・・・もう少し!
2016-03-24 : 野球 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。