日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

プロ野球順位予想2016 セ・リーグ

色々と球界が騒がしい今日この頃。
開催延期という噂もありましたが、無事にシーズンのスタートが迫ってきました。
もっとも、シーズン中に何らかの爆弾が投下されるという話もありますが・・・
件の是非については言うに及ばず。この機に膿は出し尽くしてもらいたいものです。

そんなわけで例年よりやや冷め気味の野球熱。
少々遅れての調整になりますが、ここから上げていくことにしましょう。
それもこれも冬季にパワプロが出ていないから・・・
シーズン中はそのままの野球、オフシーズンは野球ゲームという流れがね。
まあ、今回は期待の持てる作品に仕上がった居るようなのでよしと。
では、本題の順位予想へ。


1位:阪神
正直、ここ数年の中で1番予想が難しい。
どのチームも優勝の可能性はあり、逆に最下位になっても不思議ではない。
その中で1位に挙げるのは阪神。
主たる理由としては、オープン戦の結果が良かったのと、昨年比で大きな戦力ダウンがないということ。

投手陣、特に先発は問題ない。
既に大エースへの道を順調に歩んでいる藤浪、開幕投手のメッセの二枚看板は大きい。
加えてノウミサン、岩田らベテラン陣に今年は藤川が復帰。
正直不安しかなかったのだが、オープン戦では意外にも好調である程度先発で使えそう。
不安点はリリーフ。
呉が退団し、代わりに抑え収まることになるであろう新外国人のマテオが機能するかは大きいところ。
セットアップも福原、安藤らベテランに頼りがちなので、もう少し若い力も入れたい。
この辺りのリリーフ事情が問題ないならば、まず間違いなく優勝戦線に絡んでくることであろう。

野手陣ではマートンが退団したものの、年齢もあり成績低下していたのでそれほど問題ではない筈。
新外国人のヘイグはあまり期待できそうもないが、日本人の若手は豊富。
去年片鱗を見せた江越に加え、今年はルーキーの高山、3年目の横田がオープン戦で結果を残した。
金本新監督は1、2番に据えるようで、このフレッシュな上位打線は非常に楽しみ。
問題は守備面。
衰えが見えてきた鳥谷をはじめ、定まらない正捕手とセンターラインは不安。
内外野ともに、隙は少なくないだけにエラーからペースを乱すようなパターンは出来るだけ避けたい。
勿論、それ以上に打線が打ってくれれば問題はないのだけれど。

★注目選手
投手:藤川、マテオ
野手:横田、高山、陽川



2位:ヤクルト
昨年の優勝チームだが、その原動力でもあったバーネットの離脱は大きく響きそう。
マークもきつくなるので、全体的に成績は低下と見込む。
それでも打線の強さを評価し2位予想。

問題はやはりバネの穴。
オンドルセクとのリレーは、昨年の優勝の原動力と言って過言ではない。
そこが1枚に減っただけでも大きく戦力は落ちる。
ただ、秋吉、久古らが粒ぞろいのメンツは揃っており、少なくともセ・リーグの平均以上のリリーフは有している。
安心はできないものの、カバーできる戦力は有していると思う。
先発陣は大きく変化なし。
昨年も割とつぎはぎ、山中や新垣に助けられる場面もあった。
今年はその辺りがどう出るか。成瀬と館山がフルで働けるならと。
新外国人のデイビーズはよさげ。

打線は相変わらず強し。
今年もバレンティンが出遅れるものの、国産打線でも十分な強さ。
山田や畠山、川端に怪我でもなければ大きく崩れることはないだろう。
そんな野手陣は大きな補強が無かったが、坂口、鵜久森を戦力外から獲得。
その2人がしっかり持ち味を見せて開幕一軍入り。
坂口は打撃好調でセンターの守備も問題なし、鵜久森は一発のある代打として期待。

★注目選手
投手:デイビーズ、原
野手:坂口、鵜久森、山崎



3位:巨人
去年からの騒動でとにかくチーム全体が危うい状況。
ヨシノブ新監督も心配だし、本来ならBクラスに入れる予定だった。
が、オープン戦の結果を見て、他のチームが輪をかけてマイナスだったためまさかの繰り上がり。
いい意味では全くなく、今年もセ・リーグ球団が交流戦でカモられる姿が目に浮かぶよう・・・
色々不安はあるものの、選手層は厚く、控えも充実しているのでまあ普通にやってりゃ上位に入ってくるだろう。

相変わらず打線は低調だが、投手陣はほぼ盤石。
マイコラスが出遅れるのは痛いが、エース菅野にブレイク必至の田口、ポレダ、高木勇と駒は十分。
ここまではあまり調子が良くないものの、ローテに入るであろうルーキーの桜井も楽しみな存在。
リリーフも昨年から離脱なく、同様に高レベルのメンツで構成されている。
抑えの沢村は今年も絶対的守護神に。日本代表にも選ばれた戸根、オープン戦好調の田原も控えている。
特に何もなければまず問題なし、セ・リーグでは1番の投手陣だと思う。

一方で打線は今年も湿りがち。
明るい材料と言えばルーキーの重信の評価が高く、開幕一軍入りを仕留めたことくらい。
その重信にしても、走塁は素晴らしいが打撃、守備共に課題多し。まずはプロでの経験を、という感じ。
久々の大物外国人。MLBはそれほど詳しくない私でも知っていた新外国人・ギャレットはまあまあという印象。
守備は兎も角、打ってくれれば問題ないが・・・2割8分20本まで行くかなぁというところ。
波はあるものの、岡本、村田とおしのけてサードに定着しそうなクルーズの方が期待できそう?
そして今年の目玉、捕手再転向の阿部はギャンブル高し。
確かに打力は魅力だが、もう若くはないうえ全身に爆弾を抱えている状況。
この年齢で再コンバートというのは・・・あまり成功はしそうもない。
とか思っていたら、案の定開幕二軍が決定。こればかりは仕方ない。

あと最後に。
巨人の問題としては、シーズン中に爆弾がまた見つからないかが1番不安。
各所で報道されているが、一部では主力選手の関与の噂も出ており、まだまだ膿は出てきそう。
一番最悪なのは、シーズンが始まってからの退場者が出ること。
初めの3人と高木京で最後なのか、そればかりが不安である。
本当にヨシノブ新監督には苦しい船出になってしまった。
難しいとは思うが、シーズンが始まったらいつも通りの野球を見せてほしい。

★注目選手
投手:田口、桜井
野手:ギャレット、クルーズ、太田



4位:横浜
ラミレス新監督の手腕は未知数だが、昨年ドラフトの成功もありこの位置に。
巨人とAクラスは最後まで悩んだが、まあ実績と選手層を加味して今年もBクラス予想。

毎年ガタガタで悩まされている投手陣の整備が今年も課題。
新人王候補のルーキー今永には、当然1年目からの活躍が求められることに。
新外国人のペトリックが外れっぽく、大きなプラス要素は今永しかいないのは辛い。
もう1人のドラフト1位ともいえる熊原にも早く出てきてほしい。
山口が離脱したこともあり、開幕から厳しいやりくりになることは必至か。
ラミレス新監督が直接配球を指示するのが当たるかどうかというのも。
今年も打ち勝つ野球を目指すことになりそう。

その打線は昨年よりも重量感が増した。
特に2番梶谷の攻撃的オーダーが機能すればお面白い。
3番ロペス、4番筒香は盤石なだけに、後を打つ5番のロマックが打てるかはポイント。
あまり期待が持てそうもないが、ここが機能すれば球界でも屈指の打線になる。
あとは正捕手問題。
ここ数年のドングリの背比べから抜け出せる選手がいれば大きい。
即戦力ルーキーの戸柱が入ったことで、嶺井や黒羽根にもいい刺激になってもらいたいもの。
先にも述べたが、監督が配球を指示することで打撃面でプラスになってもらいたい。

★注目選手
投手:今永、熊原
野手:ロマック、飛雄馬、白根



5位:広島
そう簡単には埋まらないマエケンの穴。
その分だけ勝ち星落としてこの順位と予想。

投手陣はマエケンの穴が否めず。
先発で計算できるのはジョンソンと福井くらい。
黒田に関しては年齢的に一気に落ちてもおかしくはない。少なくとも昨年同様の成績は期待したい方がいいと思う。
復帰を懸ける野村に大瀬良、ルーキーの岡田らがしっかりローテに定着してこないようでは難しい。
台所事情が厳しいのはリリーフも同じ。
抑えの中崎は好調の波が大きく、1年通して定着するならもう少し安定感が欲しい所。
新外国人のジャクソンと合わせて、最後を投げる投手をどうするかは課題。
セットアップ以前に関してはさらに不安。
一岡、今村ら実績のある選手はいるが成績は芳しくなく。
まずは現有戦力でどうリリーフを回すか、監督の采配にも注目だ。

打線は好調のエルドレッドに、巧打者のルナが加わり厚みが増した。
野手に関しては走攻守、特に問題の無いメンツが揃っていると思う。
その中で、比較的定まっていない外野の一枠をめぐる争いは面白い。
新外国人のブライディに期待したかったが、開幕一軍漏れ。
2年目の野間を筆頭に、新戦力の台頭に期待したいところ。

★注目選手
投手:岡田、ジャクソン
野手:下流水、ブライディ、野間



6位:中日
明るい材料に乏しい中日を最下位予想。
多くのベテランが引退した昨年から一新。今年は育成の年になるのか。

かつての投手王国も、いつの間にか不安材料が多く。
大野、若松と左右のエース格はいるものの、それ以降が課題。
実績のある山井が、オープン戦で炎上しまくったのが痛かった。
新外国人のジョーダンが使えそうなのは好材料なので、二桁勝利を期待したいところ。
リリーフも抑えの福谷の安定感がイマイチ。ここに来て岩瀬待望論も?
又吉や田島、浅尾と実績のあるメンツは入れど、成績落としたり怪我があったりと計算できる要素は少ない。
非常に難しいやりくりになりそうだ。

打線の目立つところでは、メジャーで実績のあるビシエドを獲得。
フリースインガータイプで四球は選ばないようだが、その長打力には期待したいところ。
又、谷繁引退後の正捕手争いもどうなるのか。
昨年のドラフトで獲得した木下は期待大。1年目から正捕手は決して無謀な目標ではないだろう。
その他にも多くのベテランが引退したことで、確定しているポジションは少なくった。
遠藤、亀澤ら、昨年プチブレイクしたメンツが、今年はしっかりとポジションを確保できるか注目。
それがうまくいかないようだと、当然順位的にも厳しいものになるかと。
総じて若手の奮起に期待が懸かる1年になりそうだ。

★注目選手
投手:ジョーダン、福
野手:ビシエド、木下、遠藤



明日はパ・リーグやります。
2016-03-23 : 野球 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR