日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

KOK、KOK Jr.挑戦者決定リーグ1st 出場選手&展望

今年の始めにスタートを切ったKOK。
今回ついに最初に防衛戦が行われます。
ベルト、カップ共に初代王者へと渡って、ようやく待ちに待った防衛戦です。
その挑戦権を懸けた戦いが間もなくスタート!
果たして王者への挑戦権を獲るのは誰なのでしょうか?



■KOK挑戦者決定リーグ1st
【出場全12チーム(敬称略)】


KingofJKStyle (仮)
きのっち

(2大会連続2度目の出場 前大会ファイナリスト)


青大人

(2大会連続2度目の出場)

クリボーダイナミックエントリー!!
クリスタルボーイ

(2大会連続2度目の出場)

松戸MAX@ヘソキン
クニ齋藤

(2大会連続2度目の出場)

内藤哲也のハポンだけはガチ!
唐揚げ

(2大会連続2度目の出場)

関東豪学連@KoKJrもどうぞ夜露死苦!
パチョレック田中

(初出場 初代KOK Jr.王者)

ジミー毛や
コブラ・ザ・サイコガン

(2大会連続2度目の出場)

teamヤッポリット
ヤッポリット

(初出場)

上越ドラゴンズ
fumi5700

(初出場)

オラオラ承太郎@VK&NBM
承太郎☆空条仗世文☆★

(初出場)

イヤァオ・テスカトル討伐中
1年に100万人の逸材

(初出場)

中日ドラゴンズ
アライバ

(初出場)


◎展望
注目はなんといってもアライバ氏。
現時点でキンプラー唯一のV4達成者として、その強さを知らぬものはいないかと。
KOKでも中心になる存在としてリーグを引っ張っていくことは間違いないでしょう。
そしてアライバ氏と双璧をなす強者として名高いコブラさん(元龍さん)
前回の予選ではまさかのシード圏外も、公式リーグでは王者ロビーさんにあと一歩と迫る2位。
見事に実力で出場権をもぎ取ってきました。

このお二方に前回ファイナリストのきのっちさん、さらにシード組の青さんらがリーグをけん引していくのでは。
全体的に、シード組はとにかく戦い巧者が揃っている印象です。
前回を経験している分、こうした短期決戦のやり方も十分に理解しているメンツといえるでしょう。
そういう意味では頂点に近いのは、やはり前回シード組からになるのでしょうか?

一方、公式組はその勢いに注目。
公式で上位に入ること=現時点での強さ、であると言えます。
その中で個人的に注目しているのはfumiさん。
その独自のデッキは、先の公式リーグでの紙面でも一段輝いていました。
今大会でも上位戦線をかき乱す、ダークホース的な存在になると思います。

短期決戦なので一つの敗北が致命傷になる可能性も高い。
常に高レベルな試合の中で、安定して勝ちを稼ぎ大敗しない戦い方が求められるでしょう。




■KOK Jr.挑戦者決定リーグ1st
【出場全9チーム(敬称略)】


\little busters/
りりまる

(初出場)

ほっこりプロレス@天速星
koba.

(2大会連続2度目の出場 前大会ファイナリスト)

うぱーユナイテッド
うぱー

(2大会連続2度目の出場)

坂本軍@KOKJr.!
坂本

(2大会連続2度目の出場)

#大家帝国 #KOK!!KOK!!
たた

(初出場)

ポケモン20周年おめでとう
☆ラグナ☆&キャプテン☆にこ☆

(2大会連続2度目の出場)

L銃
ライステイカー農道

(初出場)

ハヤブサ
不死鳥 ハヤブサ

(初出場)

プリンは一日二個まで
ヒィィィィィィ

(初出場)


◎展望
KOKに比べるとカードプールは劣るものの、それでも前回大会を見るにしっかりとした戦いは魅せられると思います。
そんなJr.本命は選手層を見るとkoba.さん、坂本さんが頭一つ抜けているでしょうか。
koba.さんは前回のファイナリストとして実力は折り紙付き。
直、現王者のパチョレック田中さんとの対戦は、対抗戦や公式リーグ・ミニでも多くあったようで、早くも「KOK Jr.名勝負数え歌」の呼び声も高し。

キンプロ界の大谷翔平とも呼ばれる坂本さんは、今回ベビー軍で参戦。
坂道軍で参戦の前回は4位とやや精彩を欠いただけに、今回はその汚名を返上したいところ。
個人的にうずフーでも一緒にやっておりますが、正直その実力はもっと上にいっても全くおかしくはありません。

この二強に加わる可能性が高いのが、初参戦のライステイカー農道さん。
改めて、今回KOK Jr.の参戦基準は参照公式リーグ(今回は第36回)で150~500位。
その36回公式リーグで150位になったのがライステイカー農道さんというわけです。
言うなれば、参加メンバーで誰よりも公式で結果を残したチームという事。
その勢いのまま、王者への道も?

この3チームが中心にリーグを引っ張っていくことになるのでしょうか。
ただ、KOK以上に短期決戦(実質8試合)なので、番狂わせも十分考えられます。
カードプール的に重ねに隙あることもあるので、大勝or大敗が出る可能性も高いといえます。
上位チームとはいえ、一転転落の可能性が十分あるのがKOK Jr.。
最後まで何が起こるか分かりません。



11日18時開幕!!
2016-03-11 : KoPW KOK : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR