日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

秋冬アニメ途中経過

季節の変わり目なのでキモヲタ活動。
今シーズンは4本のアニメを視聴していますが、珍しく消化率は高し。
年末までに大体見終わっております。
ここで消化しておかないとね、年末年始の特番で一気に遅れるからねぇ。
去年はそれもあって実質3本切ったし。
そんなわけで、現在視聴中の4作品の評価を。
全作品がまだ続いていますので、これまでの評価となります。


■銀魂
ここまでの評価:★★★★★

夏、秋から続投。
安定して好成績を残していましたが、将軍暗殺編に入りさらに高騰!
迫力のある戦闘と、息をつかせぬ展開で完全に魅了された。
特に沖田VS神威は痺れたなぁ・・・
意外な組み合わせでの戦いだったけれど、双方魅力を存分に出した神回でした。
ありゃ女子が惚れるのも分かるというもの。
銀魂はアニメ専門だが、暗殺編だけはコミックも買おうかと検討中。(あと一国傾城編も)


■ルパン3世
ここまでの評価:★★★★☆

こちらも安定して好成績。
★1個分マイナス要因は、前半の区切りともいう「イタリアの夢」がイマイチだったこと。
もっとエグいネタかと思っていたけど、意外と抽象的な話だったのでそれほどはまらず。

あと新キャラの評価。
007をイメージしたであろうニクスは満点。
ガチの強敵ポジションとして文句なしの能力と活躍で、ライバルキャラとしての位置を確約した。
まあ銭形さんはね、敵であり友でありって感じなので。
こういうキャラが通じて出てくると危機感というか「ルパンでさえも・・・」と思わせる要素が出てくるからね。
で、レベッカは・・・いりますか・・・?
不二子の下位互換なんだよなぁ。若さだけでなくてもっと何か強い特徴が欲しい。
むしろ亡き浦賀の方が今後の話でも絡ませられそうかと・・・

ちなみにここまでの最優秀回は、6話「満月が過ぎるまで」か8話「ホーンテッドホテルへようこそ」かな。
この2話は保存DVD入りで決まり!


■機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
ここまでの評価:★★★☆☆

初めの数話は非常に良く、期待できた(前作がアレだったからその反動も・・・)。
が、早々にホモアニメになったりヤのつく自由業になったり、挙句ロリコンまで出てきたり。
いい意味でも悪い意味でも、どういう方向性に行くのかがまだ見えてこない作品。
おかげで前作のように切るに切れないというのも。

ストーリーが遅々として進まないのも気になる。
もっと早く地球まで着くかと思っていたが、1クール終わってまだまだ。
途中のテイワズ絡みの話のときは、戦闘シーンもなくもう少しカットしてもよかったと思う。
ミルウォーキーブルワーズとの戦いも意外とあっさりだったし。
弟君を早々に切ったのは驚いた。
その戦闘も、今回はビーム兵器が出ないという事もあって地味。
「おぉー実弾戦闘もいいんじゃん!」と思うのは最初の数回くらいで、徐々に迫力が足りなく感じてきている。
この辺りは今後の作画等、どのように変化を付けてくるかは注目だ。


■おそ松さん
ここまでの評価:★★★★☆

1話ほどの衝撃は無かったが、それ以降も安定して面白い。
銀魂がシリアス路線の話になっている分、こちらでギャグを補完できるというのもプラス要素。
ギリギリなラインをついてのネタは、不安になりながらもやはり期待してしまう。
一部DVDに未収録なる事態にもなっているようだが、今後もこのライン際での戦いは楽しみ。
一方でチェンジ・オブ・ペースともなった9話の「恋する十四松」は意表を突かれた。
この手の緩い絵でこういう泣かせる話はいかんですよ・・・(涙)。
当然今後も視聴予定です。
直、未だ6つ後の名前と順番が覚えられていない(爆)。


スタート時の評価そのままに概ね楽しめております。
間違いなく豊作の秋だったといえるでしょう。
直、冬スタート作品は・・・見るもの一本も無し!
まあこれ以上増えても消化できなくなるからね。これくらいが丁度いいのです。
2015-12-30 : アニメ・漫画感想とか : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR