日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

行く年、来る年2016

2015年最後の更新です。
いつものように紅白を見ながら、スルーする歌手のときに書いております。
紅白原理主義者なので、大みそかはそれ以外の番組は全く見ないのですよ。

さて今年もやります。毎年恒例タイトル発表!
タイトルの定義は昨年までと同じく、
MVP:今年1番萌えたキャラ
新人王:今年初めて知ったキャラで(同上)。
最優秀~:今年見た(読んだ、プレーした、聴いた)中で1番の作品。なのでDVD等で放送してから時間が経った後に見た場合もあり。今年放送(発売した)作品のみではありません。
気になる各種タイトルを手にしたのは・・・?


■タイトル発表
MVP 武蔵 (艦隊これくしょん / 2年連続2度目)
新人王 ミカ (劇場版 ガールズ&パンツァー)
最優秀アニメ作品 ルパン3世
最優秀小説作品 悪霊島 / 横溝正史
最優秀漫画作品 キン肉マン / ゆでたまご
最優秀映画作品 劇場版 ガールズ&パンツァ―
最優秀ゲーム作品 提督の決断Ⅳ
最優秀音楽
前期 不死鳥のフランメ / マリア×風鳴翼(日笠陽子×水樹奈々)
後期 far on the water / Kalafina
流行語大賞 「トランキーロ、ハポネス、あっせんなよ」



MVPはもはやぶっちぎりで武蔵さん。
今年も1年通じて嫁にしたいキャラナンバーワンでした。
はっきり言って他の面々との差があり過ぎる。
正直、対抗馬という存在もなく、無投票で決定した感じ。
アテナさんやキャス狐がもう少し頑張ってくれればと。
これで来年もMVPの場合は殿堂入りにする予定です。

新人王は年末に彗星のごとく現れたあの人。
強烈なインパクトと、多くの名言の前に、完全に虜にされてしまいました。
劇場版での活躍は言うに及ばず。今後の活躍にも期待したいですね。
場合によっては武蔵さんの牙城を崩す存在になるかも・・・?
劇場公開がもう少し早ければ、流行語大賞も取っていたことでしょう。
他にノミネートされたのは、同じく劇場版ガルパンより西隊長、玉田さん、クラーラ、艦これよりローマくらい。
特に上半期は殆どアニメゲーム無かったからねぇ。ローマに決まるかと思っていましたが・・・

最優秀アニメは「銀魂」との激戦を制した「ルパン3世」で。
将軍暗殺編だけなら「銀魂」なのだけれど、平均値で見るとルパンに軍配。
今年は上半期の絶不調が目立つも、夏以降は逆に大豊作という1年でした。

小説は去年同様横溝作品が受賞。
近年はめっきりと読書量が減ってしまい、年間50冊も読めていないのは問題。
そんな中で作品制覇に向け、ほぼ1年通して横溝作品を読んでおりました。
その甲斐もあり、現在出版済みで入手がたやすい作品はすべて読破。
来年からはどういう路線で行くか悩みどころです。
受賞作は、横溝草品の中では去年受賞の『夜歩く』に次いで好きな作品です。
序盤の書き出しから、終始切れることのない仄暗い雰囲気が素晴らしいですね。

漫画は年末、『日常』の最終巻ブーストから逃げ切った『キン肉マン』が漫画賞。
半年ほど前に勧められて購入し、あれよあれよと全巻揃えてしまったのは記憶に新しい所。
既刊が多い作品はその分揃えるのも大変なので躊躇しがちなのすが、それをものともせずに全巻読破したことで文句なしの最優秀漫画作品となりました。
他のノミネートは最終巻が出たばかり『日常』と、去年同様『クロスボーン・ガンダムゴースト』。
激戦ではあったけれど、流石に今年は『キン肉マン』の牙城は崩せず。
現在も連載中であり、来年も目が離せません(ソルジャーの登場はいつに??)。

映画は満票でのガルパン。
年始に観に行った「ホビット」も面白かったですが、残念ながら遠く及ばず。
既に記事にしているので詳細は省きますが、人生5本の指に入る作品でした。
直、対抗馬になる予定だったスターウォーズは正月に見に行きます。
期待通りの内容だったら、早くも2016年の最優秀映画は1月に決まってしまうかも?
対抗馬として・・・新・日本誕生・・・はないな。
そちらはブチ切れ映画大賞でもあったらノミネート濃厚でしょう。

絶不調のゲームからは前半期によくやっていた「提督の決断Ⅳ」で決定
正直、消去法的な選出なのは否めません。
他のノミネートは「信長の野望 創造」か、「剣の街の異邦人」です。
プレイ時間は同じくらいだと思いますが、その中で1番好みの時代設定なので提決に決定しました。
去年入ると思われていたシェルノサージュは後半失速してしまった感が。
そして今年最後に買ったP4Gは、既にリメイク前にやった作品なので選外に。
あとはPS4スルーでMGS5が完全におざなりだったが大きかったです。
P5も出るので、来年はいよいよ購入なるか?

楽曲は2年ぶりに2曲。
去年はCD不調で1曲のみでしたが、今年は例年通り前期後期で1曲ずつ。
前期はシンフォギアよりキャラソン。
ぐうの音の出ない名曲で、これをきっかけにシンフォギアを見始めと言っても過言ではない。
後期はヒストリアのED。
年度初めから流れていたけど、CDが発売したのは9月。
それまではレンタル専でしたが、初めてKalafinaのCDを買いました。
今年は9月の段階でこの2曲にほぼ決めていたかな。

流行語大賞はロスインゴ内藤さんのあのセリフで決まり!
なんといっても使いやすい!日常生活でもガンガン使えます。
直、使ったところで、「何それ?」「またなんかのアニメのセリフ?」と勘違いされます(爆)。
残念ながら、まだまだ世間に浸透してはいない模様・・・
来年はロス・インゴベルナブレスのさらなる拡大と活躍に期待しています。
ミカさんの名言シリーズは残念ながら受賞ならず。12月しか使っていないからねぇ・・・


以上、私的各種タイトル発表を終了。
続いて今年の私的10大ニュースを発表。
2015年もいろいろありましたね。


1:世界各地でテロが相次ぐ。
フランス、アメリカ、デンマーク、トルコなど、いわゆるIS絡みのテロが多く発生した。
特に移民の流入が多いヨーロッパ諸国ではその問題が顕著。
その影響もあって、アメリカでは次期大統領選に向けて強硬派のトランプ氏が支持を集めるなど、対イスラムへの世論は世界的にさらに厳しくなってきたといえるでしょう。
まあなんでもかんでも人権だなんだと言われてもねぇ。
そういう心汚い連中がいる以上、全体が悪くみられるのも仕方ない事。
果たして現在の状況が悪化するか、それとも解決の道を見つけるか?2016年の最大のテーマの1つでしょう。

2:アギーレ更迭、ハリル就任。
去年のW杯終了後にロクに反省もせず突発人事で決めた結果がこれ。
過去の八百長疑惑に加え、アジア杯での情けない成績で1年ももたず政権交代へ。
アギーレ監督だけだ必ずしも悪いわけではありませんが、やはりこの人事は問題でした。
一方で協会はいつものように責任取らず。
結果が出ていないのに上の人間が顔を利かせいるようじゃ、この先の日本代表にもいいことではない。
中途半端な時期にハリル監督を招へいできたのは良かったですが、まだまだチームにフィットするには時間がかかりそう。

またFIFAの汚職が相次いで発覚。
まあ、これだけ大きな組織だからね。他に全くクリーンな組織なんてのもないでしょう(I○Cとか)。
ただ、ビッグネームが多く処分された事実には世界中が驚愕しました。
そんなこんなで、はっきり言ってサッカー熱ががっつり落ちた1年でした。
来年こそ何か明るい話題が出てくれるよう、あまり期待せずに見ていきます。

3:キンプロ活動。
一つくらいは私的なものも入れておきましょう。
今年はこれまでプレイしてきたキンプロの活動が大きく広まった年でした。
ニコ生放送に始まりKOK構想。
それまで2年間淡々とプレイしてきただけの当チームも、微力ながら協力させていただきました。
コミュティ「うずフー」にも加入し、その結果公式の順位も記録更新を連発。
ただのゲームではあるけれど、それを大人の遊びとして楽しめるように昇華できたかなと。
来年はいよいよKOK元年。
よりキンプロを楽しみ、盛り上げられるよう、新たな企画も計画中ですのでお楽しみに。
まだまだキンプロの夏は終わらなーい!

4:東京オリンピックをめぐる騒動。
パクリロゴと新国立競技場問題で全くいい印象がない五輪関連。
個人的には全く賛成していないので、はっきり言ってどうでもいいことなのだけれど、それによってオリンピック自体の運営レベルが下がって日本の評判を落とすのだけはやめてほしい。
開催は決まっているのだから、しっかり一丸となってやることはやってもらいたい。

5:ラグビー日本代表、W杯で歴史的3勝!
ラグビーには全く詳しくないのですが、今年はこの話題は避けられません。
これまで1勝しかしたことのない日本代表が、予選突破目前までいったとのこと。
それも、優勝候補の南アフリカ代表を破るという歴史的大金星。
さらっと聞いた話では、ラグビーは戦力差が覆りにくく、ジャイアントキリングは殆ど起きないそう。
サッカーで言うと、東南アジアの弱小国がスペインやドイツに勝つレベルだとか。
次は日本でワールドカップをやるということで、その時までさらなる強化に期待したいですね。

6:プロレス業界の格差拡大。
メジャー3団体なんていわれていたのも今や昔。
今や新日の独走態勢はさらに顕著になり、それ以外の団体との差はますます大きくなるばかり。
手堅いインディー3D(DDT、ドラゲー、大日)と、新日の戦力注入のノアがそれを追うという。
一番悲惨な全日は選手の離脱が相次ぎました。
ギャラピンハネ、トマトチケット、二か月ごとの契約更新など、嘘か誠かロクな噂を聞きません。
来年は団体再編も含めて、いよいよ岐路に立たされる年になりそう。
一方で好調の新日も、ワールドの登録数が頭打ちになるなど問題がないわけではありません。
マンネリ化もあり少々飽き気味なので、ここいらで大きなサプライズというか新たな展開もね。

7:ソフトバンクホークス、日本一!
ヤクルトとの日本シリーズを4勝1敗で勝利し日本一!強い!
パリーグを制したのち、そのままCS、日本シリーズも快勝!
その圧倒的な戦力は、来年も優勝候補筆頭と言って間違いないでしょう。
当面はホークス黄金時代が続くのは堅いか。
一方でセリーグの情けなさも目立ちました。
交流戦では大きく負け越し、まさかの貯金球団がゼロという事態にも。
来年はセリーグ各球団にももっと奮起してもらいたいところです。

8:野球賭博。
年末にメガトン級のニュースがぶち込まれた。
野球賭博問題によりジャイアンツ所属の3選手が処分。
かつての黒い霧事件のような、球界全体を巻き込む大きな事件となりました。
もっとも、処分されたのでその3人のみ他球団への波及は無し。
それが「良かったこれで解決」なのか、はたまた他で安堵していた人がいたのか。
なんにせよ、よろしくないニュースなのでしっかりと再発防止の徹底を。

9:第1回プレミア12開催。
まさかの野球ネタ3連発。
結果はアレだったが、待望の国際大会が開催!
あまり思い出したくはないが、それでも貴重な野球の国際試合なだけに燃えに燃えたのは間違いない。
開催前の予想を遥かに超えた楽しめたのは事実です。
あとは小久保が辞めてくれればいう事はありません。

10:水木しげる先生逝去。
色々な方の訃報がありましたが、その中でも1番衝撃的だったのが水木先生。
ご自身が既に妖怪なのではないかとネタにされるくらい元気な方だと思っていましたが・・・
ご冥福をお祈りいたします。
そして近々境港に聖地巡礼にも行きたいと思っています。


以上10大ニュースまとめ。
今年もいつものように見逃している話題があるかもしれませんが、その辺りはご容赦を。
最後に今年の漢字を発表しましょう。
今年はズバリ、
「打」
です。
理由は去年の漢字が「投」だったので、という投げやりなもの。
他に特に意味はありません。それくらいネタがないことです。
あえてこじつけるなら、ガルパンの映画が心を打ったとか、そんなもん。
まあ来年への目標として、何かを打ち響かせられるようなことができればいいですね。

それではまた来年に会いましょう。
そしていい初夢を見るという、2016年のファーストミッションを今年こそ達成せねば。
来年がいい年に、とは言わないまでも、平凡な下落しない年にと願いします。
良いお年を!
2015-12-31 : 日常生活 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR