日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

千載一遇のチャンス!

である!!!

なんのことかというとキンプロ公式リーグ。
ついにやってきたR・Cカード限定の公式リーグ!
通常の公式リーグでは全く入賞の可能性がない当チームでも、これなら万が一という可能性がありえます!
キンプロスタートから早三年、ようやく、ようやく待ち望んだ大会が開かれることになりました!

いやね、最近はそこそこ順位も更新できるようになり(全体の人数が減っているからという噂もあり)、KOK活動などもあるのでモチベーションは保っていますが、正直惰性でこれまで続けてきた部分も否めません。
当然の仕組みではありますが、やっぱり結果を出すにはそれに比例してリアルマネーが懸かります。
公式入賞ともなれば、PS4が数台買えそうなくらいは投資しなければならないでしょう。
かといって予算ウン万円も組む様な余裕はなし。
私はキンプロ開始時から予算制限はしてきました(徐々に緩くなってはいますが・・・)ので、それを大きく崩す予定も現在、今後ともにありません。
なので公式入賞は全く別世界のものとして、個人的な順位、目標を糧にやってきました。
まあガチ勢とエンジョイ勢との壁はどのゲームでも同じことです。

ただ、それでもモチベーションが保てなくなる時期はあります。
自主的に開かれているユーザー間の大会だけではなく、ほんの少しは公式に触れたい部分もあります。
ヘビーユーザーを大切にするのは大事なのですが、もう少し中間層や初心者層まで配慮してほしかった点もあるというのが正直なところです。
(去年ヤングキンプロ杯なるものがあったようですが、あれはあれで・・・
サブアカ作り放題環境下で道場レベル参照にされても、と。)
何もRC限定とまでは行かなくても、ルールに少しは変化を付けてほしいとずっと思ってきました。

それを思い続けて3年目!
ついに今回、
151221
時は来た!

初のレアリティ制限の公式大会となるGM杯。
キンプロGM就任の道標明氏の主催による初めての公式リーグとなります。
読んで字のごとく、レアリティR、Cのみのカードしか使用できません。
ほぼ全てが100円以内というカードで戦う事が出来ます。
これならガチ勢以外でも、しっかりと低レアリティ帯を重ねているチームなら優勝のチャンスあり!
通常の公式リーグではチャンス皆無な当チームも、当然優勝戦線に入れる可能性が出てくるわけです。
これで燃えないわけがない。
静かに穏やかに水のように、明鏡止水の精神を持ちつつ頭の中は相当に滾っております。

今回は1日目の記事(今大会に限り毎日更新する予定です。)の前に目標から、
目標はでっかく持って、
・紙面(10位以内)
です。

ここで逃したら、今後もう紙面入りの可能性は全く訪れないでしょう。
最初で最後のチャンスという訳です(今後こういう類の大会が開かれなければ)。
そこで自己ベストとか小さい目標は立てません。
リアルガチで紙面を狙っていきたいと思います。

これで不甲斐ない成績をとるようだったら、当然・・・
引退はしませんよ。多分。
ただ、
1512212
休養はある(※画像はイメージです)。
そりゃ結果出せなければ肩叩かれますよ。
そうならないようにもね、今回ばかりは不退転の覚悟で臨みますよ、はい。

と言いつつ、まあ基本はエンジョイ勢なのであまり気張らずにね。
いつも通り、公式リーグ中の練習試合も全く問題ありませんのでご自由に。
続いてここからは、現在当チームが考えているデッキ構成を試合ごとにまとめてみました。
大体こんなこと考えながらデッキを作っているというものです。
ほんの少しでも参考になれば幸いです。



■第1試合
1番選択肢の多い試合。
使いたいカード、使えるカードが共に多く、多くのチームが頭を悩ませているのではなかろうか。
一応どうにか5パターンまでは絞りました。

1:小鉄本隊型
オーソドックスな本隊デッキでよくあるパターン。
中身は変われど、1軍でもよく見かける組み合わせです。
RCで考えると、小鉄、ランボー永田までは当確ランプ。あとの1人はご自由に。
ちなみに、後の1人を40歳以上のレスラーにしておけば、第1試合で使用頻度の高いと見込まれる15弾のCライガーに対して完全にメタれるという効果もあります。

まあ後続支援しつつ勝つなら、これが1番当てにできる組み合わせでしょう。
まだまだ小鉄のコスト2以下本隊+★★は侮れない効果。
RCともなれば低コストのカードが多いので、当然効果の及ぶ選手も多くなりチーム全体の強化に繋がります。
今現在は当チームでも当然使う予定。
残り5弾R棚橋にするかな。


2:スピード+でソンブラ型
第1試合だけで考えると、1番勝率が良くなるのはこのタイプ。
スピードの上昇する選手を前に置いて、3弾ソンブラに繋ぐという組み合わせです。
ソンブラのスキルは確実発とのいうのがやはり強い。
Rドラダを配置しておけばさらにスピードが上がり盤石。

スピード要員はBUSHI、田口、カッキー、棚橋辺りが候補。
その中でも安定のカーメン田口、グラドラ装備の棚橋(5弾でも11弾でも)が有力か。
個人的にはスキル発動が厳しいもののカッキーを推してみたい。
スキルは高確率安定で、ブーストも最大火力+★7でグラドラと同格。
新日所属(本体ではない)ジュニア3人が面倒だが、そこさえ乗り越えれば・・・と。
当チームでは↑とどちらを使うか悩み中。


3:ヒール支援型
支援カードの多い第1試合。特にメインにオカダを置くならこのパターンは有力。
オカダ支援だけでも外道、東郷、マリア、吉橋、飯塚と多彩な顔触れ。
どの程度メインに支援を置くか、一方どの程度第1試合を勝ちに行くかでさじ加減が変わってきます。

メイン絶対勝利パターンなら外道と東郷は確定、残り1人はChoas以外も強化できるマリアか飯塚がよさげ。
ただし、この組み合わせだと当然第1試合は勝ちづらくなるので注意。
というかRCに限れば、相手がよほど支援積んでない限りここまではいらないかと。
コミュリーグで独走している某先生のチームを見ると、1人支援でも十分か?
直、オカダの支援に関しては外道よりも、自身も強化される東郷が勇勢です。

となると残り2枠。
フォーエバーフーリガンズ、RPGヴァイスどちらかが有力。YB格下げはもったいなさそう。
小鉄を使わない(=本隊メインではない)、勝ちつつ支援はこのパターンになるでしょう。
勿論、東郷(or外道ら)以外はヒールに拘らずその他のユニットからぶち込んでも問題なし。


4:ジュニア型
メインにハヤブサを置く場合。
チーム全体がジュニアであることが求められるので第1試合もそれに応じて。

支援カードのカズ、デヴィどちらかは置きたい。さすがにハヤブサ1人ではメインがかなりキツイ。
あとの2枠はカッキーと誰かという感じかな。
このデッキは全体の支援が多めで、相互強化で強くなる点が魅力。
高レアが出てこないリーグなので、★の数は少なくとも十分に通用する力は秘めています。
ただ、個人的には練習試合でイマイチだったこともあり見送り予定。


5:サムライGYM型
過去2大会連続で用いているGYM先生。
前回の公式優勝チームがまさかの無遠征だった為、その存在意義が危うくなってきているような・・・
まあ好きなカードなので気にしない。

ただ使ってみようとすると意外と制約が。
まず最初の候補はYB。
が、これはハイフライヤーズの効果が「この試合このチームの全て空中持ち」なので、早々に断念。
当たり前ですが、「遠征ポイントは稼ぎました、でも全く勝てません。」では意味がありません。
サムライがバニラなのを考慮しても、ある程度は勝ちも拾っていきたいところです。
サムライさんが「空中」持ちでないのが非常に惜しまれます。

続いて、「よっしゃレッドラなら大丈夫だろ。カイル同い年だし。」
が・・・
ボビーさんが意外に年食ってるという驚愕の事実が判明し断念・・・
難儀なものですねぇ。

まあ、使ってみるなら、やめたまえキャプテン+10弾オカダなんかがいいかと。
キャプテン次第というところは残りますが、オカダの爆発力に懸けるという事で。
つまるところ、今大会のサムライGYM(継続高校支店)はお休みとなります。


■第2試合
ヤングバックス VS レッドラゴン VS フォーエバーフーリガンズ
現実のJr.タッグ同様の対決に悩む。
スキルはベストタッグ&ハイフライヤー持ちのYBに軍配。
相手に依存せずにガッツリとクライマックスゲージが伸びるのは周知のとおり。
レッドラはボビーのスキルが微妙。YB、FHにはメタれるのだが。2人ジュニア相手はキツイ・・・
カイルのスキルも、発動こそせどJr.が少ないとあまり伸びないというのも問題。
FHはその中間位。
ベストタッグの相手依存の部分はありますが、上記チームにはどちらにも対応可能です。

ブーストは安定感の面ではレッドラ。
共に高確率を含むうえ、火力もRCレベルでは頭一つ抜けている。
ボビーのスキルが発動しない相手でも、このレベルだとブーストだけて殴り勝ってしまう事も多い。
一方でYBのモアバング~も言うまでもない強力ブースト。
低確率を含むため、1人全スカもざらではないが、逆に2つ、3つのみ部分発動でも火力は十分。
★5前後が多いRCブーストでは、1人で相手2人分をカバーする火力を持っているといっても過言ではない。
FHは個々のRブースト。
これもモアバング~と同じような感じ。実はマットのモア~と★の組み合わせが全く同じだったりする。

当チームも未だ未定。
ここは悩むねー。おそらく前日まで決めきれなさそう。
ちなみに前半は永田マシンしば(orどどスロ田口)で決定の模様。
スキル自体はマシンの方が強いですが、メインで6弾後藤を使う予定なので田口起用になるか。
YB、レッドラ程ではないですが、そこそこは勝てるタッグです。


■第3試合
ドラダ(RC両方)コンウェイAJの3強に、外国人キラーのドーム英語解説者が加われるか?
特にこれといった戦術もないので、とりあえずそれらのメンバーを入れていくのみ。

当チームはAJ、ヨシタツは持っていないのでそれ以外に。
コンウェイが、外国人相手だと低確率スキルのみ、というのを考えると少し躊躇。
まあフランケンという優良ブーストを持つドラダで決定だろう。
RC共にスキル発動にはすこし注意しなければならない条件があるので見落とさないように。
今回はマスクマンの起用予定がないので使うのはCの方にします。
前半戦は井上になるかな?


■第4試合
本命不在、突出した戦力はいないという印象です。
その中で、一軍デッキでも使っているテンコジしばが主軸となるかな。
天山が発動しないと全スカ確定という難はあるものの、それ以外は頭半分くらいは抜けているか。
当初、最有力だと見ていた15弾C後藤がイマイチ振るわない印象。
連携3の選手と組ませることができるので、パートナーは中邑柴田で問題なし。
まあ前後半考えると、結局使わざる得ないことにはなるでしょうが・・・

候補漏れはTSとTMDK。
共にハイフライヤーズ持ちのTSは悩みどころ。
スキル自体は低火力ですが、やっぱり確実発動は強い。
気になるのはKUSHIDAのスキルがちょっと。後藤には刺さるが、テンコジには無力だからねぇ、
TMDKという候補もありましたが・・・うーむ。
ブーストは問題ないのですが、スキルに一癖あり。
使うならRマイキーとCシェインの組み合わせがお勧めです。

天龍、越中、ブロディ、初虎らグレーテストは持っていないので特になし。
先日のゲリラ放送で検証した、天越同盟は中々脅威になりそうです。


■メインイベント
そしてメイン。
それ程選択肢があるわけではなく、人気が出そうなのは、
12弾C真壁
12弾Rオカダ
14弾R川田

の3強になりそう?

まず1番恐ろしいと感じるのは川田。
素のステータスが高めな上、スキルも高確率で安定。
加えてRRクラスの優良ブースト、ハイキックが控えるという盤石ぶり。
私はグレーテストを殆ど集めておらず、残念ながら持っていないので当然使いません。
相手で出てきた場合は、大人しく「勝てればラッキー」くらいのつもりでいました。
ただ、これも先日の放送で、それほど恐るべきではないというのが検証結果。
勿論有力候補には変わりありませんが、四天王スキルの発動がやはり枷に。
田上はかなりキツイとして、三沢、小橋も微妙なレベルしかいないというのが難しいらしい。

シンプルに使えるのは真壁。
特に問題のないスキル条件で高確率安定。
ブーストも、
高確率安定型:キングコングハンマー、ナックルパート
一定平均型:フルネルソンスープレックス
低確率高火力型:キングコングラリアット、チェーンラリアット
と、種類が豊富。
小鉄の支援も効くので、Cでワンランク落ちるステータス値もそれほど気にはなりません。
ミラーマッチ率は最も高くなりそうなので、後は己の運に懸けるのみ。
今更ながら日ごろの行いが悪いことが悔やまれます。

が、1番メインで勝ち星を狙えそうなのはオカダ。
外道or東郷支援をすればかなりの脅威。やはりRCレベルでは+★★★の支援はかなり手ごわい模様です。
残念ながら東郷、そのセントーン、セントーンアトミコを持っていないので断念。
100枚セットのRは、リースで20万引いても揃わないというのがうずフー掲示板に・・・
現在23万ほどのボルテージで、他セントーンとかも揃えるのはきついので今回起用はしません。
ああ、しかしなぁ、コミュリーグで彼が独走したからなぁ。やっぱりオカダが来るか・・・?

そんな訳で当チームはスイーツ真壁と6弾後藤を起用予定です。
6弾後藤はそれほど人気なさそうですが、これも高確率安定スキル。
ボルテージ値さえ満たしておけば割と使えると思うので、個人的にはそこそこのおススメです。
ただしスキルがパワー+なので、ノーモーションヘッドバットを付けられない点は注意。



以上、当チームの各試合ごとのデッキ構築メモでした。
とどのつまり、文章の長い=起用法で悩んでいる、ということです。
今回ばかりはなんとしても上位進出が懸かっておりますので、直前まで考えたいところ。
天啓的な、空から降ってくるものでもないかと思う公式2日前なのでありました。
2015-12-21 : KoPW : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR