日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

キモヲタ、最北へ(帯広編)

8月16日(晴れ)
15082117
フェリーで一晩。
部屋はアレだったが、他の施設は充実しており満足。
インスタントの自販機が充実しており、夜食で1番人気のドリアを食べたり。
普通の冷凍食品ですが、こうして揺られながら食べるとまた一興。
やっぱり航行中はぐらんぐらんと大きく揺れますね。
それでも途切れ途切れで眠れたので問題なし。
朝飯は赤いきつねで済ましました。

そうして無事定時に苫小牧港到着。
バスに乗って駅へ、そこから列車移動。
まず南千歳まで行き、そこで乗り換え隣駅ではあるがかなり離れている追分へ。
150821
ここで後続の特急列車に乗るため30分ほど待ち。
予想はしていたことだが、案の定駅前には何もなし。

1508212
かつては鉄道輸送の中継駅として賑わっていたそうですが、それも昔の話。
今はその名残とい、う広大な駅の敷地だけが残っています。

今回も北海道・東日本パスを使っているので普通列車が主ですが、ここでショートカット。
1508213
特別急行スーパーとかち1号で一路帯広へ。
道中の新夕張~新得はそもそも普通が無いし(特例で乗れますが)、他も本数が少ないので仕方ない。
最短距離なら新得まででもよかったのですが、500円くらいしか変わらんし帯広まで乗ることにしました。

11時前に帯広到着。
・・・暑いぞ(爆死)。
苫小牧到着時は早朝だったこともあり涼しかったのだが、この日の日中は太陽が照り付け暑い・・・
と、いっても最高気温27度なので、灼熱地獄の東京よりはましですが。

駅前からバスに乗って最初の目的地へ。
駅から15分ほどで、帯広公園内にある、おびひろ動物園へ。
1508214
規模は大きくないですが、市民の憩いの場的動物園ですかね。
それにしても今日は熱いので動物もへばっています。

15082118
帯広畜産大のブースには骨が。

1508216
最近入ったというマンドリルは隙間に入り顔を見せず。

1508215
国内2番目の長寿。69年生まれのカバはこのさま。

1508217
北海道では、列車やバスからも見られるエゾシカも横になっています。

1508218
エゾフクロウのご尊顔。
最近フクロウカフェが話題だとかどうとか。
確かに、癒されるお顔をしているような。

1508219
こちらはシロフクロウ。
いい顔してます。

15082110
動物園ではいつも寝ている印象のある“百獣の王”も案の定。

ん?
15082111
ヤ、ヤマトサン・・・

15082119
また、動物園内には植村直己記念館が併設されています。
日本を代表する冒険家であり、日本人で初めてエベレストに登頂成功。
世界で初めて五大陸の最高峰制覇という偉業も成し遂げた方です。

15082123
中にはその五大陸最高峰の石などが展示されております。

とまあ動物園をさらっと見学し次の目的地へ。
全国で唯一残されているばんえい競馬を観に行きます。
ただ、この公園前と競馬場の間を結ぶバスが無し。
地図で調べてみたら歩いて30分ほどだったので、まあ問題ないだろうと徒歩移動。
帯広は道がわかりやすいので、特に迷うことなく到着。
15082112
帯広競馬場です。

さて、ここでは500円払うと参加できるバックヤードツアーに参加。
定員が20名ちょっとで、一杯の場合は後に回されるので参加したい場合は早めに行くべし。
私もそれを見越して、開場の13時過ぎには到着していました。
ツアーまで時間があるので、併設されているミニ動物園で時間つぶし。
15082113
引退したばんえい馬やポニー等がいて、100円でエサやりをすることもできます。

昼食は競馬場内の食堂で。
15082120
暑いので冷やし蕎麦。
味は・・・
「この料理を作ったのは誰だぁ!!」と(爆)。
蕎麦が絶望的に美味しくない。これスーパーの安い乾麺使って家で作ったほうがマシなレベル。
一緒に注文したおにぎりだけにしておけばよかった・・・

そうこうしている内にバックヤードツアーの時間。
15082114
このツアーでは次のレース前の馬が集まる装鞍所や、バスで厩舎や施設を見ることができます。
ここでどの馬が元気そうか見て、次のレースで誰に賭けるか決めることにしましょう。

15082115
また、放送席隣の特等席から1レースを見ることも。
おお、迫力あって面白いじゃないか!

15082116
ばんえい競馬の特徴としては、重りのついたそりを引くことと2か所の坂道。
加えて夏場は砂場のエリアまでゴール直前に設けられています。
なので、序盤優勢でも坂道でもたついたり、それを越えてもゴール前でスタミナ切れしてしまったりと逆転劇が。
この最後までわからないところが魅力ですかね。予想もしづらそうなのだけれど。

そんなわけでこの後2~4レースを馬券を購入し観戦。
ここは観光目的で競馬ビギナーの方も多いので、初心者向けの馬券購入説明も充実しています。
私も購入はもちろん初めてですが、なかなかどうして難しいものですね。
似たような言葉が多いので、どれがどういうシステムなのか未だに理解していなかったり。
とりあえず、お勧めっぽい初心者向けの買い方みたいなのを参照に購入しました。
賭ける馬はパドックを見て元気そうなのだったり、名前が良さげのだったり。
そうして3レース賭けた結果、見事に3000円ほど水に流してしまいましたとさ。
全く当たりもしない、かすりもしないという悲惨な結果。
レース自体は非常に面白かったので、入場料だと思えば気になりませんな。

駅に戻る予定の第4レースが終わったところで急に豪雨が。
あー雨天の中でのレースも面白そうだったが・・・バスの時間もあるのでしゃあない。
帯広駅に戻って夕食。
帯広と言えば・・・といって挙がるB級グルメはやはり豚丼。
ただ、有名店らしき店はは混んでおり並んでいたので、
15082121
テイクアウトで列車の中で食べようと。
どうせこの後3時間ほどは乗るので。

15082122
さて、このぶたはげの豚丼。
なるほど、これは美味い。
牛丼的なのをイメージしていたが、どちらかといえば甘めのタレの焼肉丼というところか。
むしろ牛丼が嫌いな私にはこちらの方が遥かにいい!「うまうまきゅん!!!」ですよ。
お土産では当然のごとく豚丼のタレを購入。

帯広から今夜の宿泊地である旭川へ移動。
1日1本の旭川への直通列車である快速「狩勝」で行きます。
しかしまあ、根室本線と富良野線の接続と本数がよろしくないからねぇ。
新得~富良野が最大の難所と言って過言ではない。
ちょうどいい時間に旭川行があるのは有難い。
3時間ほどで着くので、寝てゲームして本読んでりゃあっという間ね。
今日はこれまで、明日はさらに列車に乗ります。

~つづく~
2015-08-21 : 旅行記 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
いい旅してるな。
冷麺にスイカ入ってるのは解せないが・・・
蕎麦見た目ウマそうなのにまずいとかww
2015-08-22 00:13 : evil917 URL : 編集
No title
“ニコ生の王”も体たらくですからwwww

・・・・・・おん???
2015-08-22 15:54 : ヤマト URL : 編集
Re: No title
>evil917さん
盛岡冷麺にスイカはデフォなんですよー。酢豚とパインよりかは遥かに会います。
蕎麦は麺が絶望的に不味かったです。
もうゆで時間間違ったんじゃね?というレベル・・・


>ヤマトさん
頑張ってニコ生復帰してくださいね!
やっぱりニコ生でヤマトさんの失笑シーンはチェンジアップとして必要だと思います、はい。
影ながら応援しています。
2015-08-22 23:58 : 3番DH URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR