日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

勢いに乗って

久々に代表戦、VSイラク。
堅守を誇る中東の雄相手にどれだけ戦えるかは、今後のアジア予選を戦う上ではいい目安となる。
まずはしっかり締まった試合を期待したいところ。

試合は意外にも前半30分過ぎで大方決着。
本田が開始早々に、柴崎からのスルーパスで抜け出して先制!
その数分後には、CKからキーパーを超えたボールを槙野がキチンと押し込んで追加点!
開始10分も経たずに2得点という、イラク相手には理想的すぎる試合展開になった。
さらに30分過ぎには、華麗なダイレクトパスから宇佐美の中央突破、最後は岡崎が決めて3点目!
と、堅守が持ち味(の筈)のイラク相手に、早々に試合を決めてくれました。
後半開始後はやや中だるみするも、交代メンバーの投入で一新。
原口の代表初ゴールもあり、イラクに4-0の快勝!!という結果に。

結果を見ても今日の日本代表に大方文句のつけようは無し。
確かに前半からのハイペースや、親善試合独自の6人交代制もあるので、これが強豪国との対戦やワールドカップ本番で同じように事が進むかと言われると、そうとも言えない部分はあるだろう。
ただ、ウズベクに続いてアジアの強豪レベルに大量点での連勝は大きい。
これまでは、このクラスでも苦戦することは多く、とてもじゃないが大量点は期待できなかった。
それが親善試合といえど、2試合続けて4点差勝利というのは大きな自信にはなると思う。
こういうサッカーができるなら、2次予選はおろか、最終予選でも安心して試合は見ていられるだろう。
勿論、その先を見据えるなら話は別であるけど。

個々のパフォーマンスを見ても、今日はハリル監督の掲げるサッカーができていたと思う。
前へ早くの意識は徹底されており、かつてのパスでこねくり回すシーンは殆ど見られなかった。
前線の連携は文句なく、両サイドバックと合わせて少ない時間で前線へボールを運ぶことが徹底されていた。
本田、岡崎は言うまでもなし。初先発の宇佐美も、文句なしで十分な働きをしたといえる。
得点こそなかったが、周囲を活かし攻撃に勢いを持たせていた。
正直、後述の“あの人”との差は明らかだったなぁ。

また、長谷部&柴崎のWボランチの働きも文句なし。
今日の試合ではイラクのカウンターを殆ど許さず、カバーリングのポジショニングも完璧でした。
長谷場は「正直衰えてきたかな・・・」と去年は思う場面もありましたが、再び輝きを戻してきた模様。
柴崎は言うまでもなし、早くも代表に欠かせない選手として定着しつつあります。

ディフェンス陣もほぼ文句なし。
今日は中盤で攻撃が止まる場面が殆どだったので、あまり役割もなかったと言えますが。
唯一、ディフェンスラインと川島の連携にヒヤリとする場面もあったので早々に修正を。
おそらく次のシンガポール戦も同じような試合展開になるので、とりあえずは大きなミスをしなければよし。

さて、以上のように大方合格点のメンバー。
ただし、香川を除く。
今日の香川はミスばかりが目立ち、チャンスを潰すシーンが多々。
岡崎、宇佐美、本田と周囲のメンバーがキレキレだっただけに、余計に穴として目立っていた。
どうぞドイツに戻ってください。と言いたい。
はっきり言ってコンディションを整えるまでは、当面先発落ちでいいと思う。

後はやはり交代組との差がやはり顕著な気がする。
原口が初ゴールを決めたものの、前半に比べると攻撃はワンランク落ちているのが現状。
攻撃のカードで入った4人(原口、永井、武藤、大迫)から誰が抜け出すかは注目。
先発をある程度脅かすくらいにはなってほしいもの。


と、アジアの強豪相手に今日も快勝の日本代表。
これからいよいよロシアW杯2次予選がスタートします!
ここは相手が相手なので楽々全勝で決めてくれることでしょう。
シンガポールには二桁得点決める位、スカッと快勝してほしい。
2015-06-11 : サッカー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR