日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ニコ生deキンプロ道場 (第3世代&柴田後藤活用、予算1万円デッキ)

ニコ生でキンプロ
初心者お助け企画「ニコ生deキンプロ道場」スタート!!


キンプロを始めたけど、どうやってデッキ組めばいいかわからんちん。
デッキ組むといくらかかるの?そんなに予算はないんですけど・・・
本隊の選手とか沢山いるけど・・・誰を買えばいいの?

全日本プロレスデッキで公式優勝したいです!

と、いう方々の声にお応えしてスタートしたこの企画。
150531
こちらのアカウントに自らのベストデッキで練習試合で仕掛けていただき、デッキ内容を担当者がチェック。
相談者の意向に応じて、今後の補強方向、デッキレシピの提案をさせていただくという企画です。
僭越ながら私も今回、添削作業に参加することになりました。
どこまでやれるかはわかりませんが、少しでも相談者様の手助けになるように知恵を絞りたいと思います。


それでは早速、今回のデッキを見てみましょう。

■第1試合
BT05-054 C 中西学×5 / BT01-098 C アルゼンチンバックブリーカー×5
BT13-012 R 永田裕志×5 / BT05-095 C サンダーデスドライバー×1
BT12-027 R 田口隆祐×1 / BT01-095 C ミラノ作・どどんスズスロウン×1

■第2試合
BT05-025 R 小島聡×2 / BT05-088 C テンコジカッター×1
BT05-030 R 天山広吉×3 / BT05-093 C テンコジカッター×1

■第3試合
BT13-023 C マスカラ・ドラダ×1 / BT13-039 R フランケンシュタイナー×1

■セミファイナル
BT06-008 RR 後藤洋央紀×1 / BT03-071 RR 牛殺し×2
BT12-005 RRR 柴田勝頼×1 / BT12-088 C 串刺しドロップキック×2

■メインイベント
BT06-005 RRR 内藤哲也×2 / BT11-068 RR 裏投げ×1

そしてコメントには、
150605
と頂きました。

本体デッキというと色々な種類がありますが、今回は
・柴田後藤タッグ
・第3世代活用
・1万円以内

の3点を満たした、「新日本本隊デッキ」を考えたいと思います。


まずはメインイベントから。
メインイベントは他の試合よりも勝利時の勝ち点が2多く、まずはここを軸に考えていくことになります。
さて、現在使われている内藤選手のカード非常に強力でありますので、まずこのまま据え置きでいきましょう。
但し、そのスキルを最大限発揮するのは少々癖があり、
「このチームのユニット【新日本本隊】全てのボルテージの合計に応じて上昇」
という一文があります。
その為に、最大火力の+★★★★★★を引き出すにはチームとしてのボルテージ値が求められます。
素の値のままですと、かなりボルテージを意識したデッキを作らねばなりません。

そこで重要になってくるのが、チームのボルテージを上昇させるスキル。
今回は、第2試合のテンコジがその役割を果たすことになります。
第2試合にテンコジを用い、以降のボルテージを増やせば、内藤のスキルの火力も自然と伸びるというわけです。
但し、テンコジの場合はセットで使うことが求められるので、どうしても第2試合を捨てがちになってしまうのが難点です。
今回は「第3世代を用いると」いうことでテンコジをファーストチョイスにしますが、それ以外でもう1人のおススメを。

captain12r
BT12-024 R キャプテン・ニュージャパン
です。
こちらはグレード1のカードですが、単独でチームのベビーフェイスのボルテージを上げることができます。
これを用いれば内藤選手のスキルも、最大火力で発動することが容易になります。
また、内藤選手を活かすのみならず、平時のボルテージ活用にも利用できます。
新日本隊を軸に組む場合、まず持ってほしいカードの1枚と言えるでしょう。

又、公式リーグを戦う上では遠征というのも重要になってきます。
遠征に出すと当然試合には出られないので、その分代わりの選手(デッキ)を用意する必要があります。
今回の添削対象ではないですが、参考程度の控えの選手として有力な候補を上げていきたいと思います。
控えのメインは第3世代よりPRの中西をチョイス。
余計な発動キーもなく、メインイベンターに置くだけでいいという楽ちんなスキルを持ちます。
シングル、タッグ問わず使え、ブーストも安価なので、内藤が遠征に行っている際には使ってみてもいいかと。


では第1試合に戻っていきます。
今回のデッキでは、永田、中西はそのまま使っていきます。
特に13弾の永田カードは、第1試合としては屈指の性能を持つRカードです。
ただ、ブーストがサンダーデスドライバーでは少々物足りないので、安価なRRであるナガタロックⅡに変更します。

5弾のC中西はスキルとしては少々物足りません。
今回は「第3世代を」ということで採用しておりますが、後述の田中らとの交代も考えられます。
また、第4試合の11弾RRの中西が非常に強力ですので、そちらもご考慮ください。
こちらも第4試合は後藤柴田組との兼ね合いがありますので、
ブーストがアルゼンチンでは物足りないので、完全上位互換の水車落としをお勧めします。
同じ試合の選手が全て「投げ」を持つことが求められますが、棚橋、永田共に「投げ」持ちですので問題ありません。

最後の1枠は田口でも構わないのですが、スキルは高火力ですが、相手の編成に左右されてしまいます。
また、田口はブースト面にも不安があるのでその点も問題です。
そこで5弾Rの棚橋を起用します。
スキルはブーストカードを重ねておけば、相手に依存せず発動するのが魅力です。
火力は並レベルですが、そこはブーストの高火力で補います。
グラウンドドラゴンスクリューは、棚橋を使うなら持っておいて損はないブーストです。
直、同じく第1試合では12弾のヤングライオン棚橋という選択肢もありますは、こちらの棚橋はスタイル「空中」を持っておらず、メインイ内藤の裏投げ「このチームに空中持ち3人以上」を満たさなくなるので注意が必要です。

ちなみに、先に紹介したキャプテンを入れる場合は棚橋と交代しましょう。
キャプテンか第2試合のテンコジは、どちらかを入れておけば結構です。

控えには比較的安価で高性能な選手を入れておきました。
後述しますが、第3試合でドラダを用いることができるように、空中持ちを2人入れてあります。


続いて第2試合。
現在使われているテンコジは、ボルテージ稼ぎには非常に有用なカードです。
セットで使う事で、後続の新日本隊のボルテージを伸ばす効果があり、メインの内藤の活用にも有用です。
一方でこの試合だけ見ると、小島のスキルの「一定パワー+★★」のみの強化に留まってしまうのが難点です。
残念ながら、勝ちを狙いに行くという意味では少し物足りないカードといえるでしょう。
なので、公式リーグでボルテージを稼ぐ際は、第1試合のキャプテンに一任したほうが得策かと思います。
今回はテンコジをファーストチョイスにしましたが、そちらもお考えください。

その場合のチョイスには、2弾のC田口と、12弾のCソンブラをお勧めします。
ブースト含め、全てCながら強力なスキルを持つ優良ノンキラカードです。
第1試合の項目でも書きましたが、第3試合のドラダのスキルを満たすための「空中」要員でもあります。

また、デッキレシピには入れませんでしたが、ともにDPカードの、
【DP-005 永田裕志】
【DP-003 スーパー・ストロング・マシン】
もお勧めのタッグです。
永田がチーム全体を強化し、マシンが第2試合2人の底上げをしてくれます。
マシンのスキルを活かし、この2人を第1試合に落とし井上と3人で使うという手もあります。
グレード落としのペナルティはありますが、そういう使い方もあるということを知ってもらえれば。


どんどん行きます。
第3試合で用いているドラダは、ブーストの強さと合わせて中々強力なカードです。
が・・・現在スキル発動条件となる「このチームに空中持ち5人以上」を満たしていないので、スキルは発動しません。
現在のチームですと、スタイル「空中」持ちは、中西、田口、ドラダ、内藤で1人足りません。
なので、ドラダを使う場合はもう1人「空中」持ちが求められます。
ただ、今回は第2試合、第4試合にテンコジ、柴田後藤を置き、第1試合に永田も入れているので余裕がありません。
その為、ドラダには今回は控えに回ってもらう事にします。
勿論、この辺りはチームの組み方で変わってきますので、第1、第2試合のメンツと合わせてお考えください。
ドラダに関しては、是非とも揃えてほしいカードだという事は変わりません。
但し、重ね重ねになりますが、スキルの発動条件には注意しましょう。

と、いったところで、今回は第9弾の井上をファーストチョイスに挙げることにします。
スキルは「3枚以上重ねられているブースト3種」と、緩いながら高確率+★★★★と非常に優秀です。
ただ、ブーストの威力が無く、揃えやすいスピアー・オブ・ジャスティスでは火力不足と言わざる得ません。
PRのトラインアングルランサーは強力ですが、在庫は少なく、RRR並の値段になり揃えるのは難しいです。
ここでは、関節持ちなら一定+★★★、低確率+★★★、が見込める8弾Rの脇固め(藤原)をお勧めします。
井上は勿論スタイル「関節」を持ちますので、この条件を満たすことになります。
ちなみに、スピアー自体は第1試合の第2弾C井上のスキル発動キーにもなっており、集めておいて損はありません。

また、上記の2人以外にも本隊お勧めのRR2選手を紹介、
【BT11-013 RR 後藤洋央紀】
【BT12-019 RR ヨシタツ】
この2人は中々強力なカードです。
今回は後藤柴田ペアで使うこという事なので、後藤は外させていただきました。
ヨシタツに関しては、RRにしては意外と高価なので、予算とご相談のもとお考えください。
共に強力なカードですので、デッキレシピには入れておりませんが、おススメとして記しておきます。


最後に第4試合です。
ここは使われている通り、柴田後藤タッグを用いましょう。

この柴田後藤ペアですが、この2人をセットで使う場合、第2試合と第4試合のパターンが考えられます。
しかしながら、柴田カードを見てみると、ユニット「新日本本隊」がついているのは12弾のカードの身です。
それ以前ですと、ユニットが「なし」の状態なので、チーム特大コンボに組み込むことが現状できません。
今現在、基本的にコンボが「あり」の場合はコンボを組み込んデッキを作る、という事が鉄板です。
なので、今回は「新日本本隊」のチーム特大コンボが発生するデッキという事で進めていきます。
その為、柴田後藤ペアを使うのは、必然的にこの第4試合という事になります。

ちなみに・・・
チーム特大コンボなし」の場合は、第2試合に10弾の柴田後藤を入れることもできます。
又、第4試合に第6弾の柴田を投入することも可能です。
第4試合の場合は13弾RRR柴田の方が強いのでそれほど必要はないかもしれませんが、第2試合でも使いたい場合はそちら(10弾)を用いてください。
ただ、後藤のスキルで「いずれかのチームに中邑真輔がいること」が求められるのにはご注意を。

さて、レスラーはそのまま用いていただくとして、ブーストは少し変更してみましょう。
後藤のブーストには3弾の牛殺しがつけられていますが、残念ながら現在では火力不足な感は否めません。
ここは13弾で再録もされ、価格も大きく下がっている6弾RR雪崩式回天を使ってみましょう。
任意条件は「本隊3人以上」と、本隊デッキを使っていれば自然と満たすものとなります。
最大火力も申し分なく、シングル、タッグ問わず使える汎用性も強みです。

柴田のブーストも、同じく6弾よりRRRのPKを補強してみてはいかがでしょうか。
割と値段も落ちてきているので、予算の範囲内ではあるかと思います。
こちらもシングル、タッグ問わず使え、汎用性はあるので、思い切って揃えてみるのも手でしょう。

また、RRRの柴田を重ねるのが難しいようであれば、Cの同じ弾のものと入れ替えるという手もあります。
RRR柴田選手のスキルは使いやすいのですが、一定確率なのである程度枚数は重ねたいところです。
できるならば3枚以上は・・・と。
ただ、単価が1000円を超えてくるので、そこはお財布と相談しましょう。
代わりに、12弾のC柴田を揃えるのも一手です。

控えには11弾のテンコジ、中西をお勧めしておきます。
テンコジはスキル自体はが微妙ですが、ベストタッグ持ちなので確実に強化はされます。
中西【BT11-016 RR 中西学】はスキルは強力ですが、パワーの合計値60というハードルの高さが難点となります。
今回は中々その数値まで届かず、↓のデッキレシピでもテンコジを優先することにしました。
一応記しておけば、比較的安価になっている【BT05-006 RRR 天山広吉】、がパートナーとしては妥当でしょうか。


以上で長くなりましたが、解説を終えます。
それでは添削後のデッキレシピを見てみましょう。



■第1試合
BT05-028 R 棚橋弘至 / BT11-073 R グラウンドドラゴンスクリュー
BT05-054 C 中西学 / BT11-077 R 水車落としBT11-088 C スクールボーイ
BT13-012 R 永田裕志 /BT04-047 RR ナガタロックⅡ


BT02-083 C 井上亘 / スピアー・オブ・ジャスティス)
BT09-007 RR エル・デスペラード / スクールボーイ or BT11-086 C スモールパッケージホールド
BT05-021 RR 内藤哲也 / 裏投げ)

≪メインで内藤を使う場合、テンコジとどちらかを起用。棚橋と交代≫
BT12-024 R キャプテン・ニュージャパン
/ BT12-083 C フライングボディアタック or BT12-074 R キャプテンチャージ


■第2試合
BT05-025 R 小島聡 / BT05-088 C テンコジカッター
BT05-030 R 天山広吉 / BT05-093 C テンコジカッター


BT02-047 C 田口隆祐 / BT01-095 C ミラノ作・どどんスズスロウン
BT13-025 C ラ・ソンブラ / BT13-050 C ハリウッドスター・プレス


■第3試合
BT09-013 R 井上亘 / BT08-076 R 脇固めBT02-086 C スピアー・オブ・ジャスティス

(BT13-023 C マスカラ・ドラダ / BT13-039 R フランケンシュタイナー)


■セミファイナル
BT06-008 RR 後藤洋央紀 / BT06-033 RR 雪崩式回天
BT12-005 RRR 柴田勝頼 / BT06-031 RRR PK

or BT12-038 C 柴田勝頼 / PK

BT11-026 R 天山広吉 / テンコジカッター)
BT11-022 R 小島聡 / テンコジカッター)


■メインイベント
BT06-005 RRR 内藤哲也 / BT11-068 RR 裏投げ、BT06-035 RR プルマ・ブランカ

PR-055 PR 中西学 / 水車落とし、BT11-094 C マッケンロー



赤字 優先的に補強したいカード
青字 セカンドデッキのお供に。持っていてほしいカード

太字、細字(カッコ内)で、それぞれデッキが組めるようになっております。





最後に、↑のメインデッキの予算をお見積り。
値段は「キンプロ 通販」でググると出てくる「F」のお店参照。

棚橋 40×5=200
グラウンドドラゴンスクリュー 120×5=600
水車落とし 50×5=250
ナガタロックⅡ 100×5=500
キャプテン 100×5=500
フライングボディアタック 20×5=100
井上 50×5=250
スピアー・オブ・ジャスティス 60×5=300
雪崩式回天 100×5=500
PK 500×5=2500
プルマ・ブランカ 100×5=500

合計 6200円

赤字の有線補強カードだけをフル重ねにすると、これくらいの価格となります。
あとは他のカードも全体的に重ね枚数を増やしていくことです。
基本的に5枚1セットで戦うことが一般的ではありますが、RRR等価格や在庫の問題もありますので、まずは3枚以上を目途に万遍なく重ねていくことを目指しましょう。
当初のデッキで用いられているカードの中では、第3試合のドラダ&フランケン、第4試合の後藤柴田、メインの内藤&裏投げ、といったところを5枚重ねにしていくことをお勧めします。
ちなみに不足分も試算しますと、

ドラダ 20×4=80
フランケンシュタイナー 100×4=400
後藤 100×4=400
内藤 700×3=2100
裏投げ 200×4=800

合計 3780円 (+RRR柴田 1300×4=5200円)
補強カードとの合計金額 6200+3780=9980円

RRRの柴田選手だけがぶっちぎりで高価なので、予算内に収まるように外しました。
どうしてもRRRの人気カードということで、揃えるには数千円単位でかかってしまいます。
なのでCの柴田選手を重ねるか(+100円程度)、予算外でも計上していただくか検討していただきたいところです、
来月には14弾も出ますので、それを見てからまた考えるのもいいと思います。

以降は予算に応じて青字のカード等、チームのさらなる肉付けをすべく必要なカードを補強していきましょう。
青字で紹介したカードで優先順位をつけるとするならば、第2試合の田口&どどスロ、万能ブーストのスクールボーイ、スモールパッケージホールドを個人的には推したいと思います。
これらに関しては、選手の好き好きとお財布を考えて補強してください。

又、既に他のユーザーから相談頂いた「ニコ生でキンプロ道場」の添削結果が以下のブログで記されております。
同じ本隊デッキですので、こちらもご参照ください。
http://blog.livedoor.jp/hustle_ver1/archives/44259531.html
http://ameblo.jp/kei761115/entry-12035148003.html
本隊デッキを使う上では、どちらも非常に参考になると思います。


以上を今回の添削結果とさせていただきます。
今後も、キンプロ及びニコ生でキンプロをよろしくお願いします。
2015-06-06 : KoPW : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

今回添削ありがとうございました。
第三世代にこだわり過ぎてしまい、大変お手数をかけました。
第三試合目がとても困っていたところでした。なので、井上を集めていきたいと思います。後は、キャプテンが在庫不足で中々見当たらないですが探していきたいです
2015-06-09 11:27 : もめ吉 URL : 編集
グレード1は
キャプテンとチャージ
永田とナガタロック
プリンスデヴィットとフットスタンプ
グレード2は
クシダとホバーボードロック
シェリーとミッドナイト
グレード3は
ドラダとフランケン
グレード4は
後藤と回天
柴田とpk
グレード5
内藤と裏投げ、プルマブランカにしようと思いますがどうですか?
安く売ってる店がありまして、第三世代は4試合目と5試合目のサブに回ってもらってます
2015-06-09 11:56 : もめ吉 URL : 編集
Re: タイトルなし
デヴィットは第2弾Cの空中全体強化のカードですかね?
となると、実は本人が「空中」持ちではなく、ドラダの空中5人を満たせません。
なので本隊G1で「空中」持ちの棚橋、中西、田口、BUSHIらを入れることをお勧めします。
永田さんが強いので、デヴィで支援入れるよりも勝ちに行ける可能性も高くなると思います。
あと、キャプテンは某通販ショップFA等の在庫をこまめに確認して下さいm(__)m
2015-06-09 22:06 : 3番DH URL : 編集
デヴィットに空中がないことは今回初めて知りました(;゜0゜)なので、デヴィットの代わりに棚橋を入れたいと思います。
2015-06-10 00:21 : もめ吉 URL : 編集
Re: タイトルなし
デヴィさんは私も昔陥れられましたので・・・
何故あのファイトスタイルで「空中」持ちでないかはホント謎でした。
2015-06-10 21:57 : 3番DH URL : 編集
技もダイビングフットスタンプってついてるのになぜでしょう(笑)
2015-06-11 17:11 : もめ吉 URL : 編集
Re: タイトルなし
キンプロ黎明期七不思議の1つですw
2015-06-11 21:18 : 3番DH URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。