日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

第13弾 再録カード格付け(第1弾~5弾)

キンプロ13弾が先週末に本発売しました。
ボックス開封やトレード話、その他各カードの感想等悲喜こもごもの声が聞こえてきております。
かくいう私は、この3日間ほど体調不良で完全にダウンしており、夜9時には寝る生活をしていたのでノータッチ。
なので今からフルアヘったり、ヤフオクったりする次第であります(出遅れ)。

今回、新たな試みとしている、これまで発売しているパックのカードの再録。
しかもその数84種と、新規カード50枚を遥かに超える枚数。
事前に何種類かは公開されていましたが、ようやくカードリスト(しかも全能力付!)が載ったので考察していきます。
直、ここでの評価基準は「全てのカードを持っていない、真っ新な状態でスタートする場合」とします。
全種類コンプしているキンプラーにとっては、「再録なんていらねーよ」となりますからね。
その上で、現状使えるか否か?を現在販売しているカード(再録外)と照らし合わせながら、レアリティ、これまでの市場価格等も考慮しながら考えていきます。
判定ランクは以下の通り。

A:問題なく使える一線級カード。もしくは現状手に入りにくく、価格が同レアリティと比べて高沸しているカード。
B:使いようによっては映えるカード。持っていて損はない。
C:現状ではまず使えない。再録の理由を問いただしたい外れカード。


-第1弾-
▼レスラー
B BT01-001 RRR 第57代IWGPヘビー級王者 オカダ・カズチカ
シンプルに強い1枚、レインメーカーがリメイクされるたびに復活。
第11弾の逆カズ登場で流石に一線級からは退くも、低コストで運用できる点は○。
絵柄も変わったのでオカダが好きならどうぞ。

A BT01-009 RRR キング・オブ・ストロングスタイル 中邑真輔
第1弾屈指の人気カード。キンプロ創世紀には、それこそ凄い値段がついていました。
使うなら能力の都合上Chaos統一が一番。特大コンボのおかげで使いやすくなった印象もあります。
ただ外道の支援のおかげで、最近はChaosデッキでもメインをオカダに譲りがち。
コストが安いのとその爆発力は相変わらず魅力。

A BT01-010 RRR 反逆のボマイェ 中邑真輔
こちらは俗にいう「反ボマ」です。一時はダブルブーストのメインで使われるなど、一世を風靡した1枚。
修正前ほどの輝きはないが、それでも十分一線級。
12弾のRR中邑とは違い、「ボマイェを名前に含む~」ではなく、「ボマイェ」限定なのがミソ。
つまり、共にRRRを集めるコストがかかるんだよなぁ。

A BT01-033 R 世界一小ズルイ男 タイチ
元祖メイン支援。前にポップコーンでも収録されたので、今回は実質2回目の再録となります。
低確率ながらユニットにとらわれないヒール全般支援は魅力。
加えて1人ではなく、タッグなら2人を共に強化できるのは大きな強み。
この手の支援カードよろしく、自身に強化が及ばず第1試合が捨て気味になるのは難点だが、↓の飯塚と違い、みちのくメフィスト&13y5という強力な合体技があるのはうれしいところ。
まず持っていて損にはならない1枚だろう。

B BT01-037 C クレイジー坊主 飯塚高史
通称「アイアン飯塚」、昔は非常に人気があった1枚。
ユニットにとらわれないヒール支援は今でも優秀、ただしタイチ同様、第1試合は捨てがちになるのが難点。
アイアンフィンガーがリメイクで高レア高火力になった際には化ける可能性も・・・?

B BT01-050 C 100年に1人の逸材 棚橋弘至
こちらは低確率ながら+★2を誇る強力支援。
このカードの最大の欠点はずばり「棚橋弘至」であること。本隊支援を持ちながら、同一無しでは本隊の重点を担う棚橋カードを他で使えなくなってしまうというのは痛い。
グレードが2なので、同じく支援の永田しばと合わせて犠打を打たせてみるとか。

B BT01-059 C 凶悪仕事人 矢野通
高確率+★5と、最近のRRRのような火力をもった驚異の第1弾カード。
・・・なのだが、低確率で反則負けを喫する可能性をもったリスキーな面も併せ持つ。
どうしても勝てそうもない相手に、ギャンブル的に特攻するのはありかも。

▼ブースト
A BT01-063 RRR ハイフライフロー 棚橋弘至
元祖HFF。高確率のみで+★6は中々の威力。
流石に最近のRRRと比べると見劣りはするが、まあ問題なく運用できる1枚だと思います。

B BT01-067 RRR ボマイェ 中邑真輔
元祖ボマ。こちらは一定のみで+★7。
高確率が絡まないことを考えると少し物足りないか。最近のレベルで考えるとRクラスというところ。

C BT01-069 RR レインメーカー オカダ・カズチカ
元祖RM。三大ブーストの中で唯一のRR。
火力は最近よく見る組み合わせ(ネックブリーカー、コードブレイカー、etc)の+★5。それでいてコストは2と高い。
BT01-001を手に入れたけどRRRのRMを手に入れる余裕がないとか、「オカダのフィニッシュはRMじゃないと嫌!」という人向け。つまるところあまり使えない。同じRRならダイビングエルボーか高角度ジャーマンを買うべし。

C BT01-071 RR テキサスクローバーホールド 棚橋弘至
謎の選出。一定+★6と、火力はRグラドラ以下。再録よりもリメイクすべきカードだと思う。

B BT01-085 C アイアンフィンガーフロムヘル 飯塚高史
アイアン飯塚のキーカード。火力は低いので、実質上記のカードに着ける専用となります。
リメイクしてほしいなぁ。

C BT01-089 C 外道クラッチ 外道
レアリティ調整目的で入れられた模様。完全上位互換でスーパーフライ等、全てノンキラ。
完全な外れカード。

C BT01-092 C クロスフェースオブJADO 邪道
同上、上位互換はグリーンキラー等、やっぱり全てノンキラ。

C BT01-094 ブラックメフィスト タイチ
同上、低確率低火力はあかん。二種類ある合体技のいずれかを使う事推奨。

A BT01-095 C ミラノ作どどんスズスロウン 田口隆祐
単体の火力は最低クラスだが、第2弾のどどスロ田口と合わせることで真価を発揮するカード。
どちらかだけでは意味ないので、集める際は必ずセットで。

C BT01-098 C アルゼンチンバックブリーカー 中西学
外道クラッチ等と同じく。上位互換はマッケンロー、水車落とし等。
中西の代名詞的な技なので、そろそろ高レアリティでリメイクしてほしいところ。

B BT01-100 C イス攻撃 矢野通
↑の凶悪仕事人・矢野を使うために。


-第2弾-
▼レスラー
A BT02-003 RRR 黄金の虎 初代タイガーマスク
現在でも通用するメインイベンター。コスト安、本隊&グレーテスト持ちと使いやすさも抜群。
さらに13弾では新ブーストも加わり鬼に金棒。こういう新ブーストとセットでの再録はアリですね。

C BT02-035 R 第17代IWGPヘビー級王者 武藤敬司
低下力の高コスト。武藤好きでなければ・・・

A BT02-047 C  田口隆祐
ご存じ「どどスロ田口」と呼ばれる、コモン界では屈指の性能を持つ好カード。
このカードのこれまでの活躍を見れば、裏のステータス値と★の重要度の優劣がはっきりとわかるはず。
流石に一線級はとれなくなったものの、ボルテージ稼ぎやノンキラリーグではまだまだ活躍。

C BT02-051 C 永田裕志
見た目、性能共にネタ度満載のカード。最近こういう変な能力を見かけないのは少し寂しい所。
個人的には、1試合目を捨てにし、ドラディション藤波とい合わせる使い方をかつて多用しておりました。
現環境ではケニーの餌食になるだけですが・・・カード収納アルバムの彩りにもなる?

B BT02-056 C 天空の貴公子 プリンス・デヴィット
ステータスは低いものの、現時点で唯一の空中スタイル強化。
こういうカードを見ると、特大コンボはユニットだけではなく、スタイルも加えてほしいなぁと。
直、本人は何故か空中をもっていないという罠。

▼ブースト
B BT02-071 RR タイガースープレックス 初代タイガーマスク
当時はこれでもRRでした。今となってはCレベル。
どう考えてもこちらでは低火力なので、余裕があるなら高角度ジャーマンを揃えましょう。

B BT02-084 R ドラゴンスクリュー 武藤敬司
「最近の最低限レベル(一定+★5)」という火力。
武藤のノンキラブーストだと、これかフラッシングエルボーの選択かな。高レアが揃えられるなら不要。

C BT02-086 C スピアーオブジャスティス 井上亘
なぜこのカードを入れたのに、井上の再録は9弾からなんだ?と声を高らかに言いたい。
こちらを収録するなら、そのキーとなる同弾のスピアー井上を入れるべきだった。
単体のブーストとしては最低クラスの威力。
ちゃんとスピアー井上とセット再録なら「B」以上でした。


-第3弾-
▼レスラー
B BT03-021 RR メキシコ Ver. 棚橋弘至
かつて大人気だった1枚。数少ないベビー、ヒール両面を持ったカード。
+★3にしては伸びると評判だったが、流石に昨今のインフレにはついていけず。
デザイン違い収録なので、まあ1枚くらいはあっても。

C BT03-025 R CHAOSのマグマ野郎 石井智宏
ホントにバニラを今更収録して何になるのかと問いたい。勿論現時点では完全な外れカード。

【試合開始前】
このチームのレスラースキルを持たないレスラーに以下の効果を付与する。
「高確率でいずれかのステータス+★★」

とかいった、能力の持ち主でも来ればバニラカードも救済できるのだけれど。
余談だが、某Y王ゲームで、バニラデッキでエク○ティアを揃えたのはいい思い出(笑)。

B BT03-038 C 我等 人生 壱生 感動 石井智宏
あまり見ないものの、対ベビーフェイスとしては極めて優秀な能力の持ち主。
連携も高く、コストも安いので揃えておいても損はないかも。少なくとも↑の石井よりは使える。

B BT03-047 C 場外乱闘 スタン・ハンセン
おお懐かしい。私もよく愛用していたカードです。
高確率強化は非常に頼もしい。比較的多い打撃属性というのも○。しかもコスト1。
その手のデッキを使うなら揃えておこう。問題はグレード2というのをどう運用するか。

▼ブースト
A BT03-066 RRR フロントネックロック 中邑真輔
素の火力自体は並以下の性能だが、貴重なブーストによる全体支援。
中邑本人に付ける場合は、PRのプライベートVer.につけるのが多かったですかね。

B BT03-073 RR みちのくドライバーII  TAKAみちのく 
高火力だが安定性はイマイチ。ただ、TAKAの他のブーストは癖のあるものが多く、一長一短な部分もあるので、オールマイティに運用できるこれもそれ程悪くない。
タイチと一緒ならみちのくメフィスト推奨。

C BT03-085 C 雪崩式ブレーンバスター 石井智宏
特に見るべきもののないブースト。これならR垂直落下、Cヘッドバッドでもつけるべし。


-第4弾-
▼レスラー
C BT04-028 R 戦慄の殺人魔神 スーパー・ストロング・マシン
バニラ石井と同じく。ヴァイスじゃないんだから。

B BT04-035 R FIGHT with DREAM ハヤブサ
これまたよく愛用していたカード。
100%の全体強化は非常に強いが、ブーストが現在まで少なく火力不足に泣いてしまうのが現状。
タッグならまだごまかして使えることもあるが、流石にシングル、スタンダードでは厳しいか。
直、私が「キンプロで初めて知ったレスラー」数名のうちの1人だったり。

▼ブースト
C BT04-061 RRR フェニックススプラッシュ 飯伏幸太
今となっては「R」レベルの威力。箱買ってRRRの一枠がこれだったらガッカリするだろうなぁ。
これもやっぱり、再録よりもリメイクしてほしい技だと思う。

C BT04-077 R レッドインク オカダ・カズチカ
当時何度かフィニッシュにも用いられたこの技を、この低火力で出したの謎だった。
期待値を考えると威力は最低のレベル。やっぱりリメイクしてほしいカード。 

B BT04-092 C 魔神風車固め スーパー・ストロング・マシン
現在SSマシンのブーストはこれだけ。他に選択肢がないので、使うならこれか任意条件に優れるものとなる。
代名詞的な技なので、RR以上でリメイクしても罰は当たらないともう。


-第5弾-
▼レスラー
A BT05-017 RR コンプリートファイター 外道
非常に人気のあるRR。現在でも「同一あり」になるとオカダ祭りになるくらい人気は高い。
これまで、このカードの対策が何よりと考えられていたほど。それで連携5のハードルが低くなったという噂も。
現在でも文句なしに使えるうえ、RRにしては高価。再録も納得。

A BT05-019 RR レスリングマスター 邪道
同弾の外道と比較すると重要度は低いが、第1試合をChaosで固めるならか有用な1枚。
但し、能力の都合上、グレーテスト勢相手にはすこぶる星が悪い。
外道同様値段も高めなので再録も納得。

A BT05-021 RR このリングの主役は、俺! 内藤哲也
今現在に至るまで人気の内藤カード。ソンブラとのタッグでは大活躍。
邪道、外道もそうですが、第5弾は長らく愛用される強力なRRが多いですねぇ。

C BT05-033 R ジ・アンダーボス バッドラック・ファレ
能力は相手次第。確実発動だが、第1試合で使っても+★3と今となっては平均レベルの火力。
かつては外道封じとして定番だったが、グレードダウンペナルティのきつくなり、使うのは中々難しいか。
バレクラの第1試合のカードも充実してきたし。

C BT05-034 R Great Bash Heel 真壁刀義
相手依存の低火力。残念ながらコレクションカード。

B BT05-054 C 中西ランド 中西学
第1試合をベビーフェイスで固めても+★×3止まりなので、今となっては最低限というレベル。
使うならストロングマンと一緒に。

B BT05-060 C ジャパニーズ・ルード YOSHI-HASHI
Chaosの全体強化を担うカード。ただ、第1試合をとるつもりなら、同弾のR吉橋のほうが人気だった。

▼ブースト
B BT05-062  RRR 剛腕ラリアット 小島聡
コスト2で一定+★3、高確率+★3とRRRにしては物足りない威力。
ラリアットデッキもいつになっても時代は来ないし・・・なんともいえないところ。
CCDとWブーストで使いますか・・・?

C BT05-076  RR 鬼殺し 矢野通
フェニックススプラッシュと同火力、つまり「R」レベル。
矢野のRRブーストなら、完全上位互換で入手もしやすい「鏡割り」があるのでそちらを。

B BT05-083 R プリンスズスロウン  プリンス・デヴィット 
コストはかかるが、デヴィ(or AJ)なら試合形式問わず使える万能ブースト。
バレクラ固めなら発動率も上がるというおまけつき。

C BT05-095 C サンダーデスドライバー 永田裕志
外れ、低下力で入手が困難なわけでもない。レアリティの調整目的カード。


ここでちょうど折り返し。
一気にまとめる予定でしたが、84種は予想以上に長くなりそうなので一旦休憩。
後半へ続く。
2015-04-12 : KoPW : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
オレの最終奥義のサンダーデスドライバーがdisられちょる・・・
2015-04-13 00:06 : 武道(E) URL : 編集
Re: No title
フルアヘッドの在庫買い占めて、希少価値上げてくださいm(__)m
2015-04-13 22:52 : 3番DH URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR