日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

プロ野球順位予想2015 パ・リーグ

パリーグいくっぽい?
セリーグよりかは安定してるっぽい。

1位:ソフトバンク
昨年度の日本一球団。
一昨年は4位になり「まさか」と思われたが、昨年は戦力通り文句なしの優勝。
今年は例年ほどの派手な補強策はなかったものの、堅実な力の底上げができている印象。
パリーグの盟主としての立ち位置に変わりなく、まず優勝候補の一番手といって間違いない。
工藤新監督の1年目は果たしてどうなるだろうか?

怪我人が多めの投手陣。
楽しみにしていた新外国人のハンデンハーク、ドラ一ルーキーの松本、セットアップの五十嵐らがアウト。
それでも十分に戦えそうなのが、ソフトバンクの誇る層の厚さか。
先発に関しては、摂津、大隣、中田、スタン、武田に飯田とローテが堅い。
リリーフは五十嵐が欠けるも、森、森福の左右のセットアップに、抑えのサファテが盤石。
育成から上がったバリオスなんかも楽しみな存在。
直、今年度唯一の大型補強といえば松坂。
金額的にも相当な活躍が望まれている事は間違いないが、残念ながらインフルエンザもあり開幕アウト。
オープン戦も「メジャーで悪い時の松坂」というピッチングを見せ微妙な成績。
早くも不良債権化の予感が・・・

野手陣は昨年とほぼ同様。
打線は内川が4番に入り、入れ替えこそあるがメンツは同じ。
走攻守に盤石。非常に層が厚く、控えまで隙が無い陣容といえる。
それよりも大きく変わったのが、ホーム球場である福岡ドームの仕様。
フェンスがほぼなくなり、ライナー性の打球でもホームランがかなり出やすくなった印象。
それによって、昨年度リーグトップの成績を残した打線が、さらに爆発する可能性は高い。
ペーニャ(楽天)なんかが1番恩恵を受けそうなのだけれど。

★注目選手
投手:バンデンハーク、二保
野手:吉村、カニザレス、江川


2位:オリックス
昨年は久しぶりのAクラス入り。最後までソフトバンクと優勝を争うもギリギリのところで泣いた。
今年も積極補強で上位進出の目。
ソフトバンクとともに、パリーグは二強が引っ張っていく形になりそう。

優秀な成績を残した投手陣は今年も健在。
何より、エースの金子が無事に残留を決めたのは非常に大きい。
昨年末の手術もあり出遅れるようだが、それでも絶対的エースが控えているというのは頼りになる。
金子以降も、西、ディクソン、松葉と二桁勝利を計算できる投手がずらり。
今年はさらに広島から移籍のバリントン、ドラ一ルーキーの山崎も加わった。
先発に関してはリーグトップの層を誇るといって間違いないだろう。
リリーフも盤石。
比嘉は怪我で出遅れるもものの、佐藤達、馬原から抑えの平野までの方程式は堅い。
ただ、昨年後半に平野が打ち込まれる場面が見られたのは少し気になるところ。
それでも実績のある投手だし、まあ不安はないと見ている。今年も7回以降は安泰か。

野手陣も顔ぶれに変化。
まずは主砲のペーニャに代わってブランコを獲得。
怪我がちなのは気になるが、ペーニャよりは波もなく安定して打てる選手。勿論4番として期待。
そして元「マイナーリーガー」の中島を獲得。間違っても「メジャー帰り」などと言ってはいけない。
マイナーでも攻守にさっぱりで獲得には不安もあったが、オープン戦では好調をキープ。
果たして3年ぶりの日本球界で結果を残せるのか?良くも悪くも注目の選手。
さらにはサードのヘルマンとの競争相手で小谷野を獲得。地味ではあるが内野の層は確実に増した。
と、元々強力だった野手陣が補強で確実な上積みがされた印象。
打撃成績に関しては昨年、ソフトバンクの後塵を拝しただけに、今年はそれを上回る勢いがあるとみている。

★注目選手
投手:山崎、バリントン
野手:中島、安達、奥浪


3位:ロッテ
昨年はチーム、個人ともに目立った成績もなく4位。
今年も地味な補強で評価はそれほど高くなく、2強とは離されたCS争いをすることになりそう。
その中で西武、ハムと順位は悩むも、オープン戦で好調だったのでAクラス推し。
ただ、個人的には3位もあるけど、6位の可能性も十分にあり得るとは思う。そんなチーム。

成瀬が欠けた投手陣。
ヤクルトの側から見れば大きい補強だったが、ロッテとしてはそれほど大きな流出でもなさそう。
先発は、昨年新人王の石川を軸に、実績のある涌井、唐川らがわきを固める。
そして意外な好補強になりそうなのが、新外国人のイ・デウンとチェン。
特にイは、オープン戦では圧巻の成績(被安打1!)を見せて、文句なしの先発ローテ入りを果たした。
メジャー経験こそないものの、アメリカ一筋で3Aまで上り詰めた実力には期待がかかる。
チェンはWBCで燃えていた印象しかないものの、こちらもオープン戦で結果を残しローテ入り。
この2人のアジア人投手が、シーズンでどれくらい勝てるかは大きなカギとなりそうだ。
リリーフには、絶対的な抑えに「日本代表入りもしたのに地味な存在」の西野がおり安定。
カルロス・ロサ、松永、益田と左右の駒もそろっているので、先発より安定しているといえるだろう。

一方で課題は野手陣。
デスパイネの来日が遅れている打線は、どう見ても弱い。
二桁ホームランを狙える選手が数人いるかいないかのレベルで、長打の恐怖は薄い。
今年も一発攻勢というよりかは、繋いで足も使って、と小技が中心の攻撃になりそう。
そんな中で注目は、正捕手候補の田村。
貴重な「打てる捕手」としての役割に期待。守備も堅く、一気に飛躍する可能性を秘めた選手だと思う。
あとはデスパイネ早く来てね。グリエルみたいにならないでくれよ・・・

★注目選手
投手:イ・デウン、チェン・グァンユウ
野手:田村、デスパイネ、荻野貴


4位:西武
かつての常勝球団も最近は優勝に届かない日々。
昨年はいよいよBクラス落ち。
突出した選手はいるものの、チームとしては微妙で今年も苦しい戦いになりそう。

投手陣では岸が開幕アウトで痛い。
暫くは牧田と野上を軸に、若手を用いてのローテーションとなるだろう。
十亀や菊池が戻ってくればまた形にもなるだろうが、それまでは厳しい。
沢山獲った新外国人も微妙な選手ばかり。
郭、ルブラン、メヒアと揃ってオープン戦で燃え、結局バスケスしか残らなかったという現状。
開幕から先発ローテーションのやりくりには、頭を悩ませることになりそうだ。
リリーフ、抑えには高橋朋が君臨し安定。
ロッテ西野と並んで、地味ながら実力文句なしクローザーだと思う。左腕のリリーフなら球界一だろう。
問題はその前。岡本、増田らに安定感が増しさえすれば文句なし。

投手陣は問題が山積も、野手陣は頼もしい限り。
今年は開幕からおかわり君とメヒアが揃って出場でき、その破壊力は球界でも一二を争う威力。
他にも、左のおかわりとしていい加減結果を出したい(これ毎年書いてるような気がする・・・)坂田や、次世代の大砲候補の山川、昨年粗削りながら10ホームランの木村ら、期待の日本人長距離打者が揃う。
昨今日本人打者は小粒な選手が増えてしまっているので、こういう西武の傾向は見ていて非常に面白い。
そして何より期待は2年目の森。
ルーキーイヤーもなんのその、高卒1年目で6ホームランを打った打棒に今年も期待。
今年はDHと捕手を並行していくことになるだろうが、まずは打撃で魅せてほしい。

★注目選手
投手:高橋光、誠
野手:山川、木村文、森


5位:日本ハム
ここ2年は大谷フィーバー中。
今年は大学ナンバーワン投手の有原をドラフトで引き当て、有望な若手がさらに増えた。
なんかドラ一、早稲田、投手というと誰かを思い出しそうだが気にしない。ハンカチーフガイ・・・
一方で稲葉らベテランが去り、投打に実績の少ない若手に懸けなければいけないチーム事情も顕著。
初年度に優勝した栗山采配にも陰りが見えているので、この1年は勝負の年になることだろう。

投手陣は今年も二刀流の大谷が軸。
大谷の二刀流に関して、私はずっと否定派なのだが、昨年度の成績を残せるくらいなら何も言えない。
もはや投打に軸になっている状況なので、中々外せない事情もある。
その大谷に続くのが、メンドーサ、上沢、中村、浦野そしてベテランの武田勝といったところ。
全員オープン戦では好調だったので、当面のローテは問題なさそうだ。
一方で、リリーフは抑えの増井の前に課題。
左の宮西はともかく、右のセットアップ候補のクロッタが炎上。
この辺りは1年を通じて実績のある選手が少なく、中々計算できないのが苦しい所。

野手陣は、打線に関しては確実な戦力補強ができた印象。
これまでの上位は強いが、下位はさっぱりという打線にテコ入れ。
新外国人のレアード、ハーミッダと補強し、さらに2番二塁に田中賢が復帰したので切れ目がなくなった。
特に新外国人の2人が、中田の後を固められるようなら打線も怖さがでてくるというもの。
正直、二刀流の大谷に5番まで任せるのは酷。
一方で穴となってしまっているのが捕手。
今年は大野が怪我をしたことで、全く実績のない20歳の石川が開幕マスク濃厚。
実質コーチで野手最年長の中嶋がベンチ入りしていることからもまずいことはわかるはず。
要のポジションでこれは非常に厳しい。新たな力が台頭してくれることを期待するばかりだ。

★注目選手
投手:大谷、瀬川
野手:レアード、ハーミッダ、近藤


6位:楽天
昨年は移籍したマー様の穴を埋めることはできず最下位。
賛否両論のデーブ新監督を迎えるも、イマイチ明るい話題は聞こえてこない。
色々と改革を起こそうとしているのは見て取れるが、どうも空回りばかりしそうな予感。
今年もBクラスで安定か。

昨年同様、先発、リリーフ共に投手陣は不安。
先発はエースの則本以外目立った実績を持った選手は不在。
辛島が怪我で出遅れ、早くも先発ローテに不安満載。
キャンプから結果を残してきた、即戦力ルーキーの入野に期待がかかるところ。
この状況だと、ドラ一ルーキーの安樂にも出番が回ってくる可能性があるかも。
リリーフはそれ以上にまずい。
ファルケンの代役で獲得したミコライオが、まさかの怪我で早々にリタイヤ。
代役抑えには批判も多い中で松井裕にすることが決まった。
2年目でいきなり抑え転向という、非常に苦しい選択になってしまったのは間違いない。
出戻りとなる、レイとハウザーを緊急補強したことからも、台所事情が苦しいのは明らか。
監督は「中継ぎにもローテ導入」という話もしていたが、とてもじゃないがそんな余剰戦力はいないというのが現状である。

野手陣は新外国人に懸ける期待が大きい。
唯一のホームランバッターであったジョーンズを解雇。代わりに外国人枠3人を野手に投入した。
昨年はここぞの得点力不足に悩まされてだけに、比較的実績のある外国人野手を一気に補強。
これが3人そろって爆発すれば非常に頼もしい所だが、現実はなかなか難しいだろう。
メジャーでの実績もあるサンチェスには期待したいところ。
一方、遊撃に期待されていた西田が怪我で離脱してしまったのは痛い。
折角艦これの曲を応援歌にしていたのにねぇ・・・聞けないのは寂しい。
代役も見当たらず、昨年さっぱりの後藤が収まるくらい事態は厳しい。
あとは監督の掲げる積極野球が機能するか否かということか。

★注目選手
投手:入野、松井祐
野手:サンチェス、ウィーラー、西田


以上、予想終わり!
それよりも明日、ハリルジャパン初陣と開幕戦合わせるのはやめてほしいっぽい。
2015-03-26 : 野球 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
オレはそもそも松坂の補強には反対だったんですよ・・・言わせてもらうとアレはプロ意識が低いですよ!小久保信彦ツートップ時代から故障の多かった若鷹軍団ですけどね・・またそれの繰り返しになるのかなと。
2015-03-27 08:20 : 武道(E) URL : 編集
Re: No title
松坂はメジャーでも確実に下降線をたどっていましたし、若いころからの酷使もありますからね・・・
それでもフロントは「できる!」との判断だったらしいですが結果は・・・
間違いなくネームバリューはありますし、期待もしたい存在なのですが、いかんせん3年12億はなぁ、と。
2015-03-27 23:57 : 3番DH URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR