日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

プロ野球順位予想2015 セ・リーグ

ようやく今年も球春到来!
じゃけん当たらない予想行きましょうね。

1位:阪神
昨年度はCSを勝ち抜き日本シリーズ進出も、ソフトバンクに完敗し日本一ならず。
最後は驚愕の「守備妨害でゲームセット」という、とんでも伝説を残してしまった。

今年は大きな補強こそないものの、セリーグ他球団が微妙なこともあって1位予想。
特に投手陣の安定を評価。
メッセンジャー、藤浪の2枚看板に、ベテランのノウミサン、岩田が支えるローテ。
5番手、6番手には、昨年活躍した岩崎や、ルーキーの横山、石崎と期待の若手が揃う。
ベテランに頼りがちなリリーフは、先発に比べると劣るが、それでも絶対的守護神に呉がいるのは大きい。
全体的に見ても、リーグ一の投手陣を抱えているといって間違いないだろう。

野手陣も大きな変化はなし。
投手陣に比べると不安はあるものの、それでも攻守に十分計算できる選手が揃う。
鳥谷が残留し、マートン、ゴメスと破壊力のある中軸も健在。
1年目から期待以上の成績を残したゴメスが、昨年同様に打てるかは鍵になりそう。
唯一不安要素は、開幕サードが西岡ということくらい?
本職でないので守備は危うい、かといって打撃に過度の期待もできないという微妙なところ。
今成が怪我で離脱したのは地味に痛い。
外野に目を向けると、ルーキーの江越が非常にいいと評判。
阪神の外野手はマートン、大和、福留と並び、壁はなかなか高いものの、なんとか出場機会を掴んでほしい。
特に福留は、昨年後半同様に打てるとはとても思えないのでチャンスもありそう。

★注目選手
投手:横山、石崎
野手:江越、梅野、上本


2位:巨人
昨年はリーグ優勝も、CSで阪神の前にまさかの敗北。
今年は第2次原政権10年(長っ!)となる節目の年。
積極的な補強で日本一奪還を狙う。

しかしながら、現状は意外と投打に不安。
先発投手を見ると、菅野はオープン戦で炎上、内海は怪我がち、西村結局リリーフへと不安満載。
新外国人の2人も極めて微妙な成績であり、あまり期待はできそうもない。
一方で、オープン戦で好調だったルーキーの戸根、高木勇らには、ここがチャンスとばかりにローテを獲りに行ってほしいところ。選手層が厚いチームなので、こういうチャンスは是非ともものにしてほしい。
リリーフも沢村が新たに抑えになり、どれだけやれるかは未知数。
球も早い、落ちるボールもある、と適正は十分も、精神的にもろい部分があるのでその点不安。
マシソンが不調で開幕2軍というのも痛すぎる。
それでも2位予想なのは、選手層の厚さから。なんやかんやでやりくりは出来そう。

打線はオープン戦から全く打てず、不安を大きく残したまま開幕へ。
村田はさっぱり打てず2軍行き、一塁コンバートの阿部も低打率にあげく模様。
一部で期待されていた太田がそこそこの成績を残していたものの、ここに来て怪我で離脱。
ネタの一環かと思われていた、「開幕4番セペダ(結局5番に収まるようだけど)」が実現しそうなレベルである。
ただ、セペダに関しては2年目という事で少し期待していたり。
なんぼいってもキューバ代表で4番をはっていた選手。
のけぞりまくりのインコースの対応させできるようになれば、2割7分20本くらいは打てるんじゃなかろうか。
あとは、アンダーソンが早く戻ってきてくれるのを願うばかり。

★注目選手
投手:戸根、高木勇
野手:太田、セペダ、坂口


3位:広島
先日のアメトークでも取り上げられ、今話題のカープ。
カープ女子やらなんやらはともかく、戦力的には明るい材料も多く、いよいよ優勝も現実味を帯びてきた。
ただ、その割にオープン戦ボロボロだったため、当初の2位予想から1つダウン。
この2位と3位は最後まで迷った。

投手陣は黒田の復帰で確実に戦力アップ。
年齢的な心配もあったが、オープン戦の投球を見る限り相当の成績を残せそう。
ただでさえ日本人打者は動くストレートを苦手としているのに、あれだけコントロールされていればそうは打てない。
正しく、バリバリのメジャーリーガーが来日したという感じ。
他のローテ投手を見るとエースのマエケン以外は若手が占める。
2年目の大瀬良、九里、12年新人王の野村が後に控える。
ただ、大瀬良、九里は2年目のジンクスの不安有、野村は昨年の成績がガタ落ちと意外と脆い点も。
リリーフは層が少し薄め。
ヒースが新たに抑えを務めることになるようだが、果たしてミコライオの穴が埋められるかは不明。
セットアップの一岡も、昨年は怪我で後半戦を棒にふっただけに無理はさせられないところ。
個人的には今村の復活に期待しているのだけど・・・厳しいのかなぁ。

一方で野手陣には不安が残る。
打線の軸であるエルドレッドは怪我で出遅れ。
昨年後半は極度のスランプに陥ったとはいえ、その打棒が軸になるべく存在なのは間違いない。
こうなると新外国人のグスマン次第か。
メジャーでもコンスタントに成績を残した期待の打者。エルの代わりにどれだけ打てるかは注目だ。
主砲の不在は痛いものの、それ以外は非常に粒ぞろいの選手が揃っているといえる。
今や全国区となった丸、菊池と走攻守に秀でた選手が健在。
個人的には昨年、ルーキーイヤーで惜しくも二桁ホームラン届かずの田中広に期待している。
又、ドラ一ルーキーとして期待の野間も開幕一軍入り。
走攻守揃った外野手として注目だが、評価を見ると二分している状況。
果たして監督の期待に応えられるのか?

★注目選手
投手:黒田、ヒース
野手:グスマン、田中広、美間


4位:ヤクルト
通称「セ界の火薬庫」、もしくは「ヤ戦病院」。
昨年は打線こそ大爆発も、投手陣がそれ以上に爆発し最下位。
今年は投手陣が昨年よりは整備されプラス模様。うまくはまればAクラス入りも?

そんな昨年は燃えに燃えた投手陣。
今年はFAで成瀬を獲得、さらに由規が復活の兆しと明るい材料が多い。
成瀬はオープン戦で微妙だったものの、それでも実績十分でローテを1年守れる投手。
ただ、元々一発病のある投手で、ホーム球場が神宮になったというのは・・・
2年目の杉浦も高評価。
素晴らしいコントロールを持った投手で、今年の新人王候補。まずは怪我なくローテ定着から。
リリーフは、よさげな剛腕投手オンドルセクに期待。
バーネットと勝利の方程式リレーを固められるようならチームの未来も明るい。
怪我で開幕1軍は見送られたものの、即戦力ルーキーの竹下も期待の一人。
同じくルーキーで、隠し玉として話題になった風張も面白い存在。
共に左右の速球派で、リリーフとしては十分プロでも通用する実力。早く1軍で見たいところ。

野手陣の強打者っぷりは今年も健在。
主砲のバレンティンが開幕で遅れるが、それをもってもミレッジ、雄平、畠山、川端らの中軸は強し。
本来なら3番で打たせたい山田を、今年も1番で使えるのだからその破壊力はわかるはず。
そして、昨年は定まらなかった遊撃手に、大引を獲得できたのは大きい補強。
小技が使え、きっちり守備をこなせる選手として貴重な存在でキャプテンシーもある選手。
森岡、西浦なんかも悪くはなかったのだが、やはり遊撃は守備の安定感が求められるポジション。
これで不確定要素も消え、野手陣はほぼ盤石と言って間違いないだろう。

★注目選手
投手:杉浦、竹下、オンドルセク
野手:大引、雄平


5位:横浜
昨年は2年続けて最下位脱出。
いよいよCSも見えてきたかな?という中畑体制4年目に突入。
今年こそは念願のCS進出を目指したいところ。

投手陣、特に先発陣は中々。
ローテのうち、久保、井納、山口、モスコーソは計算もできイニングも稼げる投手。
ただ、それ以降の投手が中々見えてこない。ベテランの三浦や、オープン戦好調の東野らが控えるが。
新人王候補ともいわれる、ルーキーの山崎が活躍できるようなら明るい。
一方でリリーフは全く定まらず。
抑えは国吉かエレラになるのだろうが、どちらも実績はなく心もとない。
貴重な左腕の大原が出遅れてしまったのも痛い所。岡島もまだ上がってこない。
当面は現状のリリーフでどうやりくりしていくのか、采配に注目すべきだろう。

野手陣は主砲のブランコの放出は痛し。その代わりに、巨人からロペスを獲得。
ただ、ブランコが生粋のホームランバッターなのに対し、ロペスはどちらかというと中距離バッターなので、同様に主砲としての成績を求めるのはお門違い。
ただ、ロペスがハマスタが得意というデータがあるので、それは大きくプラスか。
日本人打者で注目はなんといっても筒香。そろそろタイトル争い位の結果は求めたい。
ホームランが出やすい本拠地という事もあるので、まずは怪我なく、そして30本くらいは打つべし。
直、待望のグリエルは、怪我で来日がさらに遅れる模様・・・
こりゃ来年のメジャーを見越して来ないかもしれないと不安。1度は生で見たかったなあ・・・
そのグリエルの来日が遅れることもあって、二遊間が不透明になってしまったのも痛い。
一時は倉本、山下のルーキー二遊間になるんでは?と嬉しいのか悲しいのか分からない状況に。
ここはどうしてもウィークポイントになってしまうので、ルーキー含め確立した戦力が台頭することに期待。

★注目選手
投手:山崎、エレラ
野手:筒香、グリエル兄弟


6位:中日
大幅な戦力ダウンこそないものの、アップ要素もなし。
主力の年齢層が高めな上、中々若手も出てこないので、他チームと相対的に順位ダウン。

先発投手はいつの間に絶対的な柱は不在、そこそこレベル。
山井、大野はいいとして、そこに続いてくる投手に不確定要素が多い。
復活を懸ける吉見、昨年芽が出てきた濱田辺りがローテにしっかりと定着しないと厳しい。
リリーフ陣を見ても、又吉、福谷の2枚看板が、実質2年目で昨年のような活躍ができるかは不明。
岩瀬も流石に衰えが出てきているし、浅尾もようやく1軍に復帰できたという位置。
本来頼るはずの新外国人も極めて微妙。
バルデスは技巧派でリリーフでやれそうだが、年齢的に過度の期待は禁物。
リーバスに関しては・・・一刻も早く代替の選手を探すべき、というレベル。

野手陣は若手への切り替えが完全に失敗し、こちらも中々厳しい状況。
打線の軸だった和田が開幕出遅れ。ただでさえ打力には乏しいのに、これは痛い。
谷繁の後継者も見当たらず、今年も兼任監督で忙しい中出場する機会は多そう。
そんな中で希望はオープン戦で大爆発の福田。打ちに打ちまくり、その打力を周囲にアピールした。
ただ、一塁専ということもあり、中々スタメンで使いづらいというのが悲しい所。
ここはむしろ、森野を外してでも一塁で育ててほしいところなのだけれど。
キャンプから評判の良かったルーキーの友永は怪我で二軍行。こちらも早く一軍で見てみたい選手。

★注目選手
投手:濱田、浅尾
野手:友永、亀澤、福田


明日はパリーグ!
2015-03-25 : 野球 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
のぶひこーーーーー
2015-03-26 13:24 : 武道(E) URL : 編集
Re: No title
ごめんなさい・・・
私も「高田」が先に思いついてしまいました・・・
2015-03-26 23:19 : 3番DH URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR