日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

お伊勢参りへの道 (鳥羽水族館編)

前回の続き。

鳥羽駅に着くとまさかの豪雨(滝汗)。
ただ、伊勢のバス券がこちらでも使えるので、それを用いてわずかな距離を移動。
そんなわけで鳥羽と言えば・・・
15011324
鳥羽水族館!
水族館芸人としては、1度は訪れたかった水族館と言って間違いなし!
なんといっても日本の水族館で、飼育種類数がナンバーワン!
これはワクワク心が滾って踊りまくり。
鳥羽と言えば、他にも真珠島や湾内巡りなどもありますが、午後はすべてここで潰すのであしからず。

以降、ささった生き物ハイライト。
15011325
毎度、暖かい海の生物は・・・と言っているのでたまには。
ハイ、ファイティングニモ。

15011326
伊勢の名物、伊勢エビの溜まり。
これ位ウジャウジャいると圧巻ですね。いい出汁とれそう(おい)。

15011327
いい出汁とれそうシリーズ。
だけど、タカアシガニだから味はそんなでもないという噂。

15011328
動きのとろい生物は撮りやすいのでありがたい。
美味しんぼのたこ焼きの話で、国産のマダコは高くて殆ど使われていないとかなんとか。

15011329
ホウボウとヒラメ。
ホウボウはあんまり見たことないような。翼(足)のような胸びれがぺたぺたしててかわいい。

15011330
水族館で必ず撮る魚、その1。ミノカサゴ。
相変わらず美しい。ただし、「きれいな薔薇には~」の典型です。

15011331
なんか面白い配置だったのでw
ここは水族館のアイドルこと、うつぼさんが非常に多くて感動しました。

15011332
あれ?最近、水族館でカピバラ見る機会が多いような・・・

15011333
アフリカマナティー。
鳥羽水族館は魚類だけではなく、こうした哺乳類の水棲生物も充実しています。

15011334
お馴染み、水たまりの○○○○。
分からない人はドラえもんを読むべし。
これも水族館で必ず撮るシリーズです。

15011335
おお、室内に色鮮やかな鳥が。
南米北部の沿岸にすむショウジョウトキだって。

15011336
ジュゴン。これも水族館で見られるのは珍しい。
というか、調べたら世界で4施設だけ。日本で見られるのは鳥羽水族館だけじゃないか!
沖縄の美ら海水族館で見たような記憶もあったが、違っていた模様。
もっとじっくり見て(撮って)おけばよかったと後悔。

15011337
深海魚の標本よりホウライエソ。
他にもホテイエソやギンザメなどがありました。
そういえばホテイエソが揚がった様子が、駆逐イ級に似ているという写真があったような・・・

15011338
ラッコちゃん。
という名前をロボットにつけようとした女の子がいたとか。

15011339
南米の先端、マゼラン海峡付近に棲むというイロワケイルカ。
白黒はっきりしていていいですね。

15011340
バイカルアザラシ。その名前の通り、ロシアのバイカル湖にしか生息していない珍しいアザラシ。
珍しいといいつつ、バイカル湖の規模よろしく9万頭も生息しているらしい。
丸っこいのがいい。

15011341
クラゲコーナーより、ウリクラゲ。
クラゲは未知の生物感が半端じゃない。神秘的です。

15011342
これを見た瞬間は「ファッ!」ってなった。
水槽にべったりしているのもインパクト抜群。なんかもふもふしてそう。

150113
お待たせしました。変な名前の生物ランキングで毎度上位に食い込んでくる、スベスベマンジュウガニです。
見た目、名前ともに面白いカニですが、間違っても喰わないように。
個体によっては無毒のものもいるそうですが、中にはフク毒をもつ種もいて死ぬよ。

1501132
面白カニシリーズその2。トラフカラッパ。
ハサミのギザギザを使って、缶切りの要領で貝を割るんだと。

1501133
古代の海エリアへ。
アフリカに生息する、ポリプテルス・エンドリケリー。
白亜紀の地層からも化石が見つかっている、いわゆる“生きる化石”。
特徴はやはり尾か。いかにも古代魚っぽい。

1501134
お馴染みシリーズ、カブトガニ。
やっぱり生きる化石シリーズと言ったら、こいつを見なければ。
ここのは数も多く、意外にも元気で水槽をはい回っていたので、裏側もよく観察絵出来ます。
確かにカニですね。

1501135
お馴染みシリーズ、オウムガイ。
なんとこの個体は鳥羽水族館で繁殖したものだとか。
つまり国産物(本来はオーストラリア周辺の南半球に棲む種)です。

1501136
アザラシ。ぐでーってしてる。
いわゆる動物園のライオン枠か。

ここから2周目。もう1度見直します。
1501137
筒の中にアナゴの塊が!

1501138
ハリセンボンとなにフグか。メモ忘れ。
下にウツボ師匠。

と、こんな感じが午後丸々水族館でたっぷり堪能!
というかこれでも完全2週すらできていない!
非常に見るべき場所が多くて、列車の時間ギリギリまで粘るも1周+くらいしかできず・・・
いやーさすがは日本で最多種を誇る水族館です。とにかく1つ1つの水槽が充実し過ぎ。
これなら丸1日当ててもよかったかも。ホントに面白すぎて時間が経つのを忘れてしまいました。
またいずれ来たいですね。

これで三重県ともおさらば。
快速みえに乗って名古屋へ向かいます。
うん、確かに豪勢さではしまかぜにまけるけど、間違いなくみえは優良列車ですわ。
この区間を510円で乗られるのは大きい。これは神快速に認定か。
なのだが・・・唯一気になるのは快速の割に対向待ちの多さ。
関西本線は単線なのか・・・四日市~名古屋間で3回待つのは多すぎだろう・・・(停車駅は桑名のみなのに)。
でも、電化区間を気動車が飛ばす光景は好きです。

1501139
夕飯は待望の名古屋駅構内の駅そばできしめん。
前回は体調不良で早退したので、ようやく食べられます。
なるほど、確かにうまお!ですな。
沢山きしめんを食べてきた人間ではないので、どうこうというはそれほどないのですが、普通に安心できる美味しさというところ。
コストパフォーマンスを考えれば、このクラスが駅そばであるなら通ってもおかしくないです。
うん、満足。

~つづく~
2015-01-14 : 旅行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR