日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

興味を失わせるには十分すぎる試合

さて、最後に・・・
私は本日をもちまして当分の間、日本代表の応援からは身を引かせてもらいます。
理由としては、お察しのように先の敗戦のショックから未だ立ち直れていないというのが一番。
なんぼいっても、サッカー見始めてたから1番期待していた代表チームだったかんね・・・
大した人生を歩んでいない当方にとっては、人生で1,2を争う傷になったといって相違ない。
加えて、その後の協会の対応や、新監督にばかり注目を集める報道にガックシ・・・
敗戦の責を監督が負うのは仕方ないとして、それらの人事を司ってきて協会はなんのお咎めもなし。
某H氏なんかは何事もなかっように次期監督探しに奔走している。
「はい負けました」で終わり、ロクに反省も分析もせずに監督探しをすることが強化に繋がるのかね?
これでは数年後に、また同じような道順を歩むことも十分に考えられる。

正直、新監督なんて敗戦の分析をじっくり煮詰めてから行うべきこと。
次回大会までまだ4年もあることだし、それこそ2年後のオリンピックが終わった後にでも考えるくらいでも問題ない。
それまでは日本人監督やJリーグで実績を残した人に任せてもいいいし、それで結果を出せなければ切ればいいこと。
個人的には、日本人で1番結果を残している岡田元監督に4年間任せてみたいけれど・・・
4年前はつまらんサッカーでも結果は残した。対して、今回は面白い(本番前まで)サッカーでも結果を残せず、それどころか世界との差をさらに鮮明に痛感させられてしまった。
所詮は、マスゴミが作り上げた井戸(アジアレベル)の中のスター選手を讃えていたということ。
確かに以前よりも遥かに海外組の人数は増え、個々のレベルが上がっていることは間違いない。
とはいえ、チームとしてみると他の国々に比べて未熟な点が多かった。それは今大会で決勝トーナメントに進出したチームの試合を見てれば誰もが感じることだと思う。
技術やフィジカルの面だけではなく、精神面や本番まででの強化プランという点でもまだまだ学ぶべき点は多い。
つまりは、現時点で世界レベルの大会でで理想のサッカーをするには早かったということ。
これを踏まえて、1番日本に会うサッカーが何なのかを、今一度考えなおして再出発してもらいたい。
監督の話や、再開後の強化試合云々の話はそれからで十分よ。

とまあ、言いたいことは多々あるのですが、それを書くと罵詈雑言と放送禁止用語の連呼になるので自粛。
私はしばらく日本代表のサッカーを離れますが、次期監督には現実的に日本サッカーを分析し着実な強化をしてくれることを切に願っております。もうこんな悲劇は繰り返してほしくありませんからね。
次に戻って来るのは、アジアカップでベスト4以上まで進んだ頃くらいかなぁ・・・
その頃には私の憂鬱を遥か彼方に吹っ飛ばしてくれるような、魅力的なチームになっていてほしいものです。
それまで蚊帳の外から見守っております。


---ここまでW杯終了後に書いて放置していた記事---


さて、↑を踏まえて・・・と。
そんなわけでアギーレ新監督に決まり、初の代表選となるウルグアイ戦。
他に見る番組もないことだし、一応船出だけは・・・と思ってしまったのが今思えば間違いだった。
まあ今日はウルグアイ代表を見るためだった、と考えることにします。

結果は既に出ている通り、0-2の敗北。
加えて、内容的にも何一ついいところのない完敗と言って間違いない。
攻撃では新たな形(4-3-3,4-4-2システム、皆川CF、細貝CMFなど)を試すも、一体何を目指しているのかが分からず。
新戦力の人選、使い方も含めて全く可能性を感じなかった。
あまりJリーグを見ていないから分からないのだけど、皆川なんかはJで出場10試合未満で代表でスタメン張れるほど魅力的な選手なのかね?
その辺り、話題性ばかりが先行している感も否めない。
でもって、守備では過去の反省を何も活かせていないミスから失点。
初先発の坂井が論外だったのは仕方ないとしても、自陣での不用意なクリアミスやセットプレーの守備、カウンターが持ち味のウルグアイ相手に中盤であっさりボールを失うなど、指摘すればいくらでも穴がでてくる始末。
これはザッケローニ時代にも言われていたことで、つまるところ何も成長していないという事。
監督の首を取り換えただけで劇的にチームが変わるとも思っていないが、それにしても各所の期待?からはかけ離れた、明るい要素の無い試合だった。

とまあ、W杯の惨敗で、人生で2番目か3番目の傷を受けた私の心を叩き折るには十分な試合でした。
もうバッサリと介錯されましたよ・・・(遠い目)。
これで今度こそ日本代表の試合を見ることは当面ないだろう。
次に見られるのは↑に書いた通り、アジアカップでベスト4位まで行ったら。
おそらくその頃にはアギーレジャパンの方向性もはっきり見えて、W杯への基礎を固めつつあることでしょう。
その時は一体どんなサッカーを見させてくれるのか?
成長した日本代表の姿を楽しみに待っております。
(ベスト4まで行けなかったら・・・その時はお察し)
2014-09-05 : サッカー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。