日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

キモヲタの東北一周 (地獄巡り編)

8月11日(雨のち晴れ)
昨日の予報通り、台風の余波が残る秋田は朝から暴風。
列車の遅延運休がないことを願いながら秋田駅へ。
ラッキーなことに無事に動いている模様、奥羽本線はよく遅れるのにこれは珍しい。
7時半過ぎ発の列車に乗り青森へ。
途中、弘前で乗り継ぎ、11時過ぎに青森到着。
ちなみに、これで未乗区間だった東能代~弘前間を乗車したので、奥羽本線福島~青森を完乗!
岩切~利府、越後湯沢~ガーラ湯沢、大垣~赤坂と、微妙な支線を逃している東北本線、上越線、東海道本線は完乗していないことが判明したので、これが幹線では初完乗か。

さて青森について一言・・・
あづい・・・
台風一過の暑さが照り付けてくる。ひえー。
とりあえず重い荷物だけ預けて再び移動。
青森から青い森鉄道へ野辺地へ。ここで昼食。
昼食は青森駅で購入した、
140811
ちくわと、

1408112
津軽の笹寿司(900円くらい)です。

1408113
中はこんな感じ。鮭と鯛の笹寿司が5つ入っております。
味は「うまお!!」といったところ。
酢の効き具合がちょうどいい感じ。さっぱり鮭と昆布締めの鯛、それぞれの味が楽しめる。
ただ、駅弁としては少し食べにくいかも。
今回は野辺地駅の休憩所で食べたからいいが、車内で食べるのは笹をはがす作業がくっついて厳しそう。
購入するときはそれを留意しておきましょう。

1408114
野辺地からは大湊線に乗り換え。
と、ここで驚き。激混みじゃなぇか(死)。
この地方路線がまさかこんなに混んでるとは・・・盆シーズンだったとはいえど、これは想定外。
朝ドラの題材として使われたわけでもないだろうし。

そんなわけで野辺地~下北まで1時間立ちっぱなし。
あ、そういえば、いつもは旅行2日目位に足に何らかの障害が起きる(マメができる、爪が割れる、靴ずれをおこす等)のだが、今回は珍しくそんなことも起きず。常に体力全快して1日をスタートできております。

下北へ到着し、向かう場所は勿論あそこ。
ででん!恐山!
1408115
の、前にバスで途中の湧き水ポイント(冷水)で止まってくれます。
バスの運ちゃんの話では、
「1杯飲めば10年長生き、2杯で20年、3杯飲めば死ぬまで生きる」と言っていましたが・・・
ん?それじゃ3杯飲んだら意味ないんじゃ(滝汗)、と突っ込みが、
ちなみに後で見たところ、正しくは「3杯で死ぬまで若返る」とのこと。
これで私も今日から若返っていくことでしょう。

1408116
下北駅から45分ほどで恐山到着。
山道を登っていくので酔ってきもぢがわるい・・・(帰りもなります)。
そのうえ、↑の湧き水辺りからまた雨が。加えて風がビュービュー吹き荒れている。
なんか暗雲の予感。

1408117
少し休んでから門をくぐります。
その間に雨も止んでくれました。風がまだ強いですが。

1408118
少し歩くと、硫黄の臭いが漂い、いかにも恐山という景色。
緑が生えず、ごつごつした岩場が広がす様子は、まさに地獄の光景か。
ところどころに○○地獄といった立札があり、それを見ながら歩いていきます。

1408119
しかしそんな岩山を超えるとあらわれるのが宇曽利湖。
恐山にあるカルデラ湖で、硫黄(硫化水素)が溶け込んだ緑色の水が特徴。
水が酸性なので魚も棲んでいるのは一種だけ。それは明日見ることになります。

14081110
宇曽利湖の周囲に広がるのが賽の河原。
積み石をするあれですね。
地獄めぐりといい、俺屍を思い出す雰囲気。

14081111
希望と鎮魂の鐘とお地蔵様。
これも後で知りましたが、東日本大震災の追悼で12年に新しく造られたものだそうです。

と、いろいろ見ながら40分ほど歩いて地獄めぐりは終了。
14081112
入り口付近にある露店でアイスを食べます。
ちなみにこのアイス、看板には「霊場アイス、恐山盛」との文字が(汗)。
さらに何故かバナナ味というのも謎(滝汗)。
でもとても美味しいという。ひんやりシャーベット状で夏場にはうれしい。

帰りは恐山の1つ手前のバス停から。
そこにあるのが、
14081113
奪衣婆と懸衣翁像。
まずは陽炎使ってからじゃないと物理攻撃が痛いですね(違)。

そのそばにあるのが、
14081114
三途の川。
な、なんと、三途の川は現世にあったようです。
とりあえず渡ってみるのが筋。何が見えるかはあなた次第です。
と、この恐山。
景観、内容ともに大満足。現実離れした光景と、数々の地獄を表した場所を歩いて巡るのは面白い。
青森県のベストスポットといっても相違なく、1度は訪れる価値のある場所だと思います。
唯一の天敵は山道のバス酔いか・・・

恐山を堪能し帰路へ。
下北では時間があったので、下り列車で隣の大湊駅へ。
これで大湊線完乗。周囲に特に何もなかったのでスタンプだけ押して上り列車へ。
帰りは空いていたので問題なく着席。
14081115
この大湊線もなかなかの景観路線。
野辺地方面行の右側(大湊行の左側)には陸奥湾が広がり、下北半島を眺めることができます。
景観路線として有名な五能線だけではなく、こちらにもリゾート列車が走っているので、それに乗って楽しむのもいいですね。

こうして再び青森へ。今日はこれにて終了。
夕飯もコンビニで済ませたので特になし。
というか、青森駅周辺で独りで入れる名産の店が少ない・・・
海鮮系は早くに閉まるしなぁ。居酒屋はたくさんあるけど独りはきついし。
昼間にもう1個駅弁買っておけばよかったと後悔。

~つづく~
2014-08-21 : 旅行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR