日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

堅守

昨日の試合とは打って変わって、地味なゲームになったオランダ×アルゼンチンの準決勝。
試合は両チームスコアレスで120分を戦いPK戦に。
アルゼンチンが、GKロメロの活躍(蘭のPK2本セーブ)もあり見事決勝進出を決めました。

内容については・・・まあ視聴者にとっては眠くなる試合だったというところ(汗)。
120分間大きな波もなく、淡々と過ぎていった感じだった。
その要因としては、双方のディフェンス陣が隙なく機能し、相手の攻撃陣を限りなく潰せていたということ。
昨日のブラジルディフェンスとはまさに対照的に、安定して落ち着いた守備力を両チームが発揮。
おかげで、両チームの狙っていたであろう攻撃パターンは殆ど見られず。
誰もが注目していたであろうロッベンVSメッシの対決も、両者あまり見せ場なく痛み分けに終わった。
まあ・・・よく言えば引き締まった試合、悪く言えばチャンスの少ない退屈な試合だったな。
塩試合とは言わないが、正直この2か国の期待していたようなゲームでは無かったなというのが本心。
それにしても、攻撃陣が目立ち、守備は穴と見られていた両チームだったのに、まさかこういう試合になるとは・・・
昨日の試合もそうだが、ホントにサッカーは何が起こるかわからんね。

この結果を受け、決勝戦はドイツVSアルゼンチンというカードに。
ブラジルを粉砕して勢いに乗るドイツと、ここまで決勝トーナメント無失点、全てロースコアゲームで乗り切ってきているアルゼンチンの戦い。
今日の試合で120分を戦い、休養日も1日少ないアルゼンチンのが、コンディション的にはやや不利か。
ただ、今日の試合のように完全ホームの環境で望めるというのは大きいプラス要素。
一方ドイツは、「南米開催のワールドカップでは欧州は優勝できない」というジンクスを破れるのかに注目。
試合内容は盤石で進めているだけに、決勝戦でもそのままの力を発揮できればジンクスは消滅するだろう。
あと1点で、ハメスに並んで得点王(2大会連続)になれるであろうミュラーの得点にも注目。

そんな世界中大注目の決勝戦は来週の月曜!
準決勝とは違い、1時間早い4時スタートなので注意しましょう。
2014-07-10 : FIFA ワールドカップ2014 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR