日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ブラジルW杯展望 グループA

いよいよブラジルW杯まで1週間。
ここからは完全にそちらに頭の中をシフトしていきます。
さて、参加国の最終登録メンバーも発表されたことなので、各国の所感と恒例の予想へ。
ついでに個人的に選ぶ注目選手も。

-グループA-
■ブラジル
優勝候補筆頭といって間違いなし。
自国開催ということで何が何でも優勝しなければならないチームである。
2大会連続ベスト8止まりで、今回も同じような成績を残すことはまず許されない。
もしも今回も不甲斐ない成績ならば、監督の首が吹っ飛ぶだけでは済まされないであろう。

戦力的に攻守にグループの中で図抜けている。
かつてのような華やかさにはやや欠ける感もあるが、堅実で攻守に万遍なくタレントが揃っている印象。
その中でも「華」の分野でいえば、あまり好きな選手ではないがネイマールの存在は避けられない。
バルサでの成績はなんとも微妙に終わってしまったが、ことセレソンに関しては絶対的エースであることは間違いなく、その両肩にはブラジル中の期待がどっしりとのしかかっている。
今大会でもMVP候補の筆頭であり、ブラジル伝統の10番として讃えられる活躍ができるかは大きなカギ。
そのネイマールと前線を作るオスカル、ウルクらの破壊力は世界でもトップ。加えてパウリーニョやフェルナンジーニョといった、推進力と爆発力のある中盤の選手の支えにも注目だ。
ちなみに、こういう短期決戦においては意外な選手が得点王を取ることも少なくなく、個人的にはメッシやネイマールよりも、フレッジ辺りが早いうちに5ゴール位決めて取ってしまいそうな予感が。

守備陣も攻撃陣に見劣りしないタレントぞろい。
最終ラインのマルセロ、ダビジ・ルイス、チアゴ・シウバ、アウベスという並びはもはや世界最高か。
不安があるとすれば上がりすぎる感もあるアウベスサイドと、ダビジ・ルイスの裏くらいか。
といっても他の国から見れば贅沢な悩みである。

注目選手:フレッジ、フェルナンジーニョ


■クロアチア
前回大会は不出場の東欧の雄が戻ってきた。
苦しいグループに入ってしまったので、まずはベスト16を目指すことから考えたい。

このチームの強みはなんといっても攻撃陣。
エースのマンジュキッチはバイエルンでも好調で、そのままのペースで本番に臨めるのは大きい。
同じくブンデスで安定した活躍を見せるオリッチも頼もしい存在。
そしてなんといってもこのチームの心臓はモドリッチ。
真ん中でもサイドもこなせ、攻守にわたってチームを支える選手。クロアチアが勝ち進むようなことがあれば、MVP好捕にも挙がってくる存在だと密かに期待している。

一方で守備陣は心もとない。
吉田のライバルとしてお馴染みのロブレンが最終ラインを引き締めるが、両サイドバックは層が薄くベテランのスルナらに頼らなければならない状況。
スピードに欠けることは明らかでこのグループにはとことん相性が悪し。
こうなると中盤でがっちりゲームを作る存在のモドリッチが守備ばかり追われてしまう不安も。
ブラジルにメキシコと攻撃力の高いチームの対戦では、場合によっては大量失点もあり得る。

注目選手:マンジュキッチ、モドリッチ


■メキシコ
お馴染み北中米の強豪、そしてベスト16ラウンダー。
5大会連続ベスト16という安定感のある戦いは見せるも、中々上位には食い込めず。
今大会こそは・・・と思うところが船出はなかなか厳しい。

メキシコのキーマンはやはりエルナンデスとドス・サントスの2枚看板。
ハマった時の爆発力は目を見張るものがある、が波のある印象が強い。
2人とも20代半。今大会は体力的にベストな時期で望めるので期待したい。
ついでに、攻撃偏重左サイドのグアルダードは今回も注目の選手。

守備陣は当方一押しGKのオチョア・・・は置いといて、マルケスが戻ってきたというのは大きい。
大ベテランではあるがその存在感は絶大で、攻守において欠かせない存在であろう。
ただ、そのマルケスが救世主的な存在に挙げられることからもわかるように、層は全く厚くない。
ボランチ含めて、後方の守りは不安材料といえる。

注目選手:グアルダード、マルケス、オチョア


■カメルーン
かつてはアフリカのトップランナーだったが、最近はやや停滞気味。
今回もお家芸の内部騒動があったりと、サッカー以外での話題の方が目立つ。

メンバーを見ると、あんまり前回と変わり映えのしない印象。
エトーやウェボ、マクーンやA・ソングとお馴染みのメンバーがそろっている。
つまるところ世代交代がうまくいっていない。
そういうわけで、今回も中心はエトー。流石に全盛期ほどの力はないので迫力は低下しているが。

攻撃はともかくとして守備はさらに不安。
元々連携には難ありなチームなので、個々の能力を発揮できず失点してしまうことも。
注目はリーグ・アンで活躍している若いエンクルか。

注目選手:エトー、エンクル


★グループA総括
ブラジルはほぼ確実に16強。これは間違いないだろう。
と、いうかここで躓いたり苦戦しているようでは・・・と。難しい組ではあるがさっさと2連勝で突破してもらいたい。
続く2位突破に実力が拮抗している3か国が争う形に。
個人的に推したいのは、3か国の中では1番バランスのいいクロアチア。
どこも攻撃陣にはワールドクラスが揃っているだけに、守備陣と中盤力が勝負の分かれ目になるだろう。
今大会で最推し選手の1人であるモドリッチにかなーり期待しています。
ただ、正直ブラジル以外はどこが上がってきてもおかしくはない。見ている分には面白いグループになりそう。

1次リーグ突破予想
◎ブラジル
○クロアチア
▲メキシコ
×カメルーン
2014-06-05 : FIFA ワールドカップ2014 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。