日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

KoPW 第18回公式リーグ CNJカップ (後編)

キャプ杯後半戦。
好調の前半戦からどう動くのか?

-4日目-
第15回戦 3勝2敗 ○○○●●
第16回戦 2勝3敗 ●○○●●
第17回戦 3勝2敗 ○○○●●
1試合遅れたけどここで選手交代。
第18回戦 2勝3敗 ●○○●●
第19回戦 3勝2敗 ○●○○●
▲途中経過 54勝41敗 勝ち点552 368位↓

勝っては負け、勝っては負けと・・オセロ状態で団子を抜け出せず。
一応1日の貯金は+1したはずなのに順位が落ちているというのは、間違いなく右端の黒星のせい。
現実でも対立しつつある、あの2人のタッグではやはりだめなのか・・・(諦)。
最終日何かの拍子で爆発してくれれば・・・と。

その爆発のカギを握る第3のデッキ出撃。
1試合遅れて18節からの投入です。

★選手交代
■第1試合
BT03-056 “DRADITION” 藤波辰爾×5 (ドラゴンスープレックス×5)
BT02-051 “アナウンス特訓” 永田裕志 (リキラリアット×5)
■第2試合
BT02-038 “Countdown ignition” 井上亘×5 (スピアーオブジャスティス×5)
BT02-047 “BEST OF THE SUPER Jr. XIX優勝” 田口隆佑×5 (ミラノ作・どどんスズスロウン×5)
■セミファイナル
BT08-025 “第3代WNC王者” TAJIRI×5 (グリーンミスト×5)
BT07-018 “TMDK” マイキー・ニコルス×5 (マイキーボム×5)
■メイン
棚橋のブーストを太陽ブロー×5に。

遠征ポイントのついていない3試合を交代。このうち第2試合とセミの4人に遠征ポイント+9がついています。
第1試合は久々のドラゴンアナウンス。
遠征枠が4なので3分の1(+8)ずつ回すと、どうしても1試合はポイントが付けられないタッグが出てしまう。なんなら最初から捨て試合にして、後につなげようというお決まりのパターンであります。
最終日なのでなるべく順位を落とさず、安定して拾える試合は拾っていきたいところ。

第2試合はお馴染みの強力コモンの2枚看板。
エースのKUSHIDA先生がジュニア不足により外さざる得ないのがどう影響するか。
てか、他の第2試合のタッグだとK.E.S、タカタイチ、バレクラとヒールばかりだということに気づく。
なので今回はアナウンス効果もあるのことだし井上さんを格上げ。青義軍なので効果2倍なのもグッド。

セミはベビーフェイスに見えないベビーフェイスタッグ。
まずはTMDKの片割れマイキー。見た目なんとなく厳しいが、意外と能力に引っかかるタッグチームは多い。
連携、ボルテージ共に高く、物凄く使えるわけではないが、そこそこの仕事はしてくれる。
で本来ならTMDKの相方・・・実はブーストだけで持っていない(爆)。
だってマイキーに比べると能力が使いづらいし・・・外国人選手は応援しているけどTMDKはあんまり知らないし
というわけで第8弾で新加入のTAJIRIを起用。
こちらも、物凄く使えるわけでは~と同じような印象。ただ、相手の能力を下げる系の能力はまだまだ少なく、嫌がらせ的にも面白い存在。威力はやや不足気味だが、スタミナを下げるので昨今はやっているノア勢相手に。
直、2人ともボルテージが4と高く、荒武者の糧要員だったりもする。

そんな抑えデッキを投入しいざ最終決戦へ。


-最終日-
第20回戦 2勝3敗 ●●○●○ 
第21回戦 0勝5敗 ●●●●● 終戦・・・ちーん(死)。
第22回戦 4勝1敗 ○●○○○
第23回戦 3勝2敗 ●○○●○
第24回戦 3勝2敗 ○●○○●

☆結果発表
第2回公式 1626位 58勝66敗1分け 勝ち点607
第3回公式 1685位 55勝70敗 勝ち点572 ボルテージ864
第4回公式  864位 66勝59敗 勝ち点682 ボルテージ980
第5回公式 1155位 63勝60敗2分け 勝ち点664 ボルテージ588
第6回公式 1412位 62勝61敗2分け 勝ち点652 ボルテージ1002
第7回公式 1347位 63勝62敗 勝ち点654 ボルテージ822
第8回公式  809位 65勝58敗2分け 勝ち点683 ボルテージ910
第9回公式 1221位 63勝61敗1分け 勝ち点657 ボルテージ1081
第10回公式 481位 68勝56敗1分け 勝ち点715 ボルテージ477
第11回公式 824位 63勝56敗1分け 勝ち点662 ボルテージ878
第12回公式 610位 65勝55敗 勝ち点674 ボルテージ856
第13回公式 406位 65勝53敗2分け 勝ち点687 ボルテージ1288
第14回公式 683位 64勝54敗2分け 勝ち点668 ボルテージ1192
第15回公式 294位 68勝52敗 勝ち点708 ボルテージ1294
第16回公式 486位 66勝54敗 勝ち点694 ボルテージ1014
第17回公式 754位 62勝56敗2分け 勝ち点654 ボルテージ1057
第18回公式 476位 66勝54敗 勝ち点678 ボルテージ1052←New!

フラグ回収成功。タッグは前回良かった、強気に攻める、と言った結果がこんなもん。
流石に放置していた17回よりはましになったものの、2度目のベスト300には遠く及ばず。
とはいえ歴代3位の記録なので、別に死ぬほど悪いわけでもなし。
やっぱり15回はまぐれで、この500位前後が定位置なんだろうなぁ・・・と。

さて、各試合別に振り返ってみましょう。
G1 14勝10敗
G2 13勝11敗
G3 19勝5敗
G4 11勝13敗
G5 9勝15敗

今大会のMVPは言うまでもなくG3!19勝は過去最多勝じゃないか。
前半のTSが安定して6-2、そして中盤以降は関本&岡林の眉山葬が炸裂しまくりんぐ。13-3と圧倒しました。
期待通りの見事な活躍。やはり強かった。

続いてG1、G2が揃って勝ち越し。
G1はノアタッグが11-6、ドラゴンアナウンスガ3-4。
G2はタカタイチが6-2、ミラクシが5-4、井上田口が2-5。
予想外にG1が好試合。ノアタッグが勿論、ドラゴンアナウンスで3勝できるとは・・・
一方で今までのエース区間だったG2はやや単調。中盤、後半が低調だったか。
序盤、中盤、終盤と隙が無い戦いを見せるのはなかなか難しいですね。

以降負け越しは後半2試合。
セミは後半のマイキー田尻が3勝にとどまったのが誤算か。
丸KENは8-9とPRタッグにしては中々の粘り。ハヤブサやカズの支援を受けてのジュニア環境なら十分に戦えるとみていいでしょう。能力は使いやすいしね。
で・・・落第点はメイン。
前半の支援メインのハヤブサが3勝で繋ぐも、後半期待をもって投入した逸武者が6勝で大ブレーキ。
棚橋の格上げも響いたかもしれないが、後藤が安定系能力でその分巻き返せなかったのもまずかったか。
どっちにしろ改めてメインの戦力不足が浮き彫りに。
嗚呼、次弾で関本みたいな使いやすいメインのRR来ないかぁ・・・(願)。

と、こんな感じで「特にありません」で終わったキャプ杯。
個人的な成績はともかくとして、良かったのはデッキバリエーションが増えてきたこと。
一時期はどっぷりChaosだったのが、ようやく第7弾8弾と来て脱却してきた模様。
上位ランカーの結果詳細を見てもでも、色々な形のデッキが争っている方が面白い。
最新のトレンドを見るとグレーテスト+ノアスタミナやノアヒール+Chaos+鈴木軍みたいですね。
後は本来キンプロのメインになる、筈だった新日本隊勢がもっと頑張ってくれれば・・・
2014-04-29 : KoPW : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

お疲れさまでした!
次の公式リーグも滾りましょう!
2014-04-29 23:51 : MIROTIC URL : 編集
Re: タイトルなし
次の公式は・・・
どうしよっかなぁ~
答えは勿論・・・ですw
2014-04-30 22:45 : 3番DH 旋風 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR