日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

キモヲタ、西へ (広島世界遺産巡り編)

3月31日(晴れ)
昨日とは打って変わって、今日はベタな観光地巡り。
そもそも広島県に来るのが実は初めて。なので今日は普通に普通の場所を回ります。ネタは無しよ。

まずは末期色の103系に乗り込み山陽本線を西へ。
ちょうど30分で最寄りの駅に到着。ここからフェリーで目的地まで移動。
もう言うまでもなく目指す場所は・・・
140331
宮島!
世界遺産で日本三景の厳島神社がある広島の代表的スポット。
やっぱり広島に来たらここは訪れなきゃいけない!と。
フェリーからはその厳島神社の大鳥居も眺められます。ふつくしい。

1403312
そして上陸。宮島口からは10分位。割とすぐです。

1403313
宮島では神の使いとされる鹿様がすぐにお出迎え。
まだ朝(8時前)なので少しおねむの様子。

1403314
ま・ず・は、目指す本物の聖地、厳島神社へ!
世界遺産好きとしてはやはりここは押さえておかねば。

神社自体は古くからあるようですが、大きく発展したのは平清盛の時代というのは有名な話。
京に向かう外国船などにアピールする目的もあったとか。まあ今でも海上の鳥居という非常に目立つ建物であり、当時の渡来人が通る際には当然度肝を抜かれただろう。
商業に精通していた清盛さん好みらしい、派手な外見と技術の推移を示した建造物ですな。
そういえばちょっと前まで大河ドラマをやっていたような・・・あれは・・・

1403315
朱色の塗りが艶やかで非常に美しい。

1403316
能舞台。
周りを海に囲まれた舞台というのが不思議な感覚ですね。
夜間の演舞なんかは神秘的でとてもよく映えそう。

1403317
厳島神社の参拝ルートを終えると迎えるのがこの立派な松。
大願寺の九本松といい、かつて伊藤博文がここを訪れた際に植えていったとか。
直、口頭伝承につき確実な情報ではありませぬ。

休む間もなく次の目的地へ。1人旅は全く時間に余裕はありません。
近くの宝物館と多宝塔をさらりと見学し、今度は弥山の方へ。途中桜が満開の公園を通り癒される。
歩いて10分ほどでロープウェー乗り場に。
ここから2つのロープウェーを乗り継いで山の上を目指します。

で、ここからは・・・とくにありません(死)。
だからねぇ・・・登る系はダメだと何回も学習したはずなのに・・・
それでも毎度旅行日程に登る系があるのはどういう・・・そこに登るものがあるからか。
序盤から激しいアップダウンに見舞われ、中間地点につくまでに「もうダメ、オレはここで死ぬんだ」「オレが死んだら加賀さんに愛していたと伝えてくれ・・・」と誰にも聞かれない独り言を発する始末。
つまりは完全にへばっていたというわけです。
なので写真、解説は特になし。なんか色々あったような気もするけど、そういうのは観光サイトで見てくれ。

そんな道中。
1403318
ホタルブクロみたいな花。
ホタルブクロと聞いて「あの映画」を思い浮かべない人はまだまだ勉強が足りません。

1403319
有名な、くぐると何かある石。
もうこの辺りでは完全にヒーハーしてたので解説を見る気力もなし・・・

と、言いつつなんとか山頂へ。
14033110
瀬戸内海が一望できます。この景色も見れば疲れも吹っ飛ぶ・・・わけねぇから。
運動好きな人は「いい汗をかいた」とか爽やかに言うだろうが、そういうの全く理解できない。
もうぐったりよ・・・

で、下山。
往路でだいぶ下る道もあった=お察し。
ということで進路に絶望だったが、休み休みでどうにかロープウェー乗り場に。
てか、まだ今日の観光日程前半戦なのだが(汗)。もはや足が死んでいる状態に喝を入れます。

ここから再びフェリー乗り場へ。
往路で見ていなかった道路(建物)を歩きます。
14033111
桜の名所としても名高い五重塔。
写真スポットとして有名なので多くのカメラマンでにぎわっていました。

14033112
でっかいしゃもじ!

と、こんなところで足早に宮島観光は終了。
弥山でへばっていたために1時間ほど予定はオーバーしているが気にしない。
宮島口まで戻り、末期色115系で広島へ。
ここで昼食。
14033113
広島駅の駅そばのうどんが美味いとネットで見かけたので食べてみることに。
本当は冷たい日本そばが食べたかったけど・・・
と・・・うまし!
あっさり目の出しとつるつるうどんが疲れた胃にはちょうどいい。
地理的に讃岐うどんのようなコシのある麺が出てくるかと思っていたけど、どちらかといえば関西風?
つるつるのど越しのいい麺でこういう日には満足。強いて言えば、東京の味に慣れている身としては少し薄かったかも。

さて、広島、そして世界遺産と言えば厳島神社と並んで避けては通れない場所がある。
14033114
駅から市電にのって15分位。原爆ドームです。
本来なら修学旅行で来る場合が多いのだろうけど、よりにもよってうちの高校はO縄に連行。なので来るのは初めて。
核武装容認派の身としては何とも言えないのだけど・・・

14033115
道徳の教科書等でよく出てくる折り鶴のアレ。

14033117
で、「ウキウキ顔で入っていく外国人が、出てくる頃には鬱になっている」ということで有名な平和記念資料館。
あとは、ちゃんと「心臓の悪い人注意」も入れておいたほうが・・・
中はアレでアレなのでアレです(意味深)。とりあえず外国人がロクに展示内容も知らないまま観光目的で突入した場合トラウマになることは必至でしょう。
かくいう私も覚悟はしていましたが、アレな写真や展示物で出るころには同じような顔になっていたかも。
悲惨過ぎて近々撤去されるという蝋人形よりも、まずいのは他にあるような・・・
そしてオレは改めて気づいた。こういう悲惨な事を二度と起こさないためにも、一刻も早い核武装を!と。
核の抑止力に対抗できるのは、唯一核の抑止力によってのみ。
「絶対に使われないのが抑止力」と某作品でも言っております。

14033122
あ、こういう昔の広島の資料的なものもありますので。
・・・序盤はね。

気を持ち直して広島へ。
14033116
対岸から見た原爆ドーム。
周囲が公園になっており、花見やピクニック等でとても賑わっています。
この後爆心地を見て移動。
が、爆心地は特に何もなく、簡潔な看板があるのみで病院になってました(汗)。
そのまま広島城方面へさらに歩く歩く。
途中、旧広島市民球場跡も。最近見たニュースではなんか再整備をするらしいですが、今は工事中の壁に囲まれており中の様子はうかがえず。
そういえば今回狙っていた広島での野球観戦は残念ながら日程が合わずスルー。
なんか旅行日程と野球日程はいつも合わないねー。全国球場制覇までまだまだ遠い。

14033118
広島城です。
天守閣が見えるまでが意外と歩く・・・
中は博物館になっているようなので興味のある人はどうぞ。

14033119
そして広島駅へ。
ちょうど旧タイプの市電とトラム型が並んだ図。

広島駅からは青春18きっぷフル活用、楽しい楽しい列車の旅の始まります。
目的地の姫路までは大体4時間半位。たっぷり山陽本線を満喫できますね(まあずっと読書なんだが)。

途中、尾道駅で下車。目的は夕飯のこれ。
14033120
尾道ラーメン!駅前の「たに」の尾道ラーメン(550円)であります。
一見あっさりそうに見えて、大量に浮かぶ背脂がくせもの。
しかしスープはあっさり目、麺は細麺でするする、この対比が絶妙なのか。
背脂と一緒にすすると思いのほかどっしりとした重み。あっさりの中にこってりが入ってきます。
うーむ、なかなかやるべし。ただ、年食ってあっさりラーメンが好き(そもそも普段ラーメン喰わなくなった)な身にはあまり優しくはない。それでも美味しく頂けたので「うまお!!」ですね。

さて夕食も食べたし、あとは一路東へ・・・
と、ここでまさかの駅内アナウンス。沿線火災で列車が遅れているとかどうとか・・・
「火災はまずいんじゃないのー」と慌てても仕方ないので駅で待つ。
最悪新幹線利用に頭によぎるも、それをしたら予算オーバーは必至なので普通列車の復旧を祈る。
とかなんとか待ったいたら30分ほど遅れで列車到着。
幸い乗る予定だった次の姫路行がすぐに来たので大事には至らず。
ここから岡山に入り、そして突破し、一路姫路へ。乗り換えなしで1本で行けるっていいね。
ちなみに岡山県は、昔クソガキのころに訪れたことがあるのでスルーであります。
そして3時間ほど末期色115系に揺られて姫路到着。さりげなく兵庫に来たのは初めて。
今夜はここでグッナイ。

14033121
ホテルでお土産のもみじまんじゅうを食す。
和菓子は全くダメなのだが、チョコレートやクリーム等中身が色々あるのはありがたい。
ほわほわしてていいね。

~つづく~
2014-04-12 : 旅行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR