日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

キモヲタ、西へ (呉聖地巡礼編 / 前編)

今回は「北」じゃないよ、「西」だよ。
そういうわけで先週の西方遠征を。

まずは今回、画期的な移動方法として人生初の夜行バスを利用!
貧乏旅行ばかりしてる癖にバス使ってないのかクソ野郎、とかお叱りを受けるかもしれないが仕方ない。
何分バスは苦手なもので、長いこと乗っているのが耐えられるか微妙だったので今までは敬遠してました。
とはいえ、今回は場所が場所なので往復どちらかは高速か夜間移動が必須。
新幹線は論外として、夜行列車があるわけもなく、結局飛行機と悩む。
なら朝一から行動できるようにと思い切ってバスを起用。
しかしただのバスでは寝不足必至。
そんなわけで町田発の高級なバス(2列シート12000円)で31日の夜から移動。
この額なら飛行機(最安値14400円)でもよかったんじゃ・・・というのは無しで。

直、バスに乗る前に町田のヨドカメでヴァイスの艦これ探したが、まさかここでも売り切れ。
実はその前に新宿店もチェックしていたり。むむむ。


3月30日(雨のち晴れ)
結論:バスはやっぱりバス(爆)。
いくら座席が良くても・・・と。揺れと音と座席で数時間ほどしか眠れず・・・
もう移動に夜間バスは勘弁。
直、天気予報で太平洋側は昨晩雨降りと言っていたが、まだ小雨が続いている。呉到着までに止めばいいが。

広島駅から呉線で移動・・・
と、ここで気づく。ここは数多の鉄道ファンを驚かせてきた國鐵廣島の管轄内ではないか!
JR西日本の墓場、もとい古い車両を大事に使い続けてウン十年。都心では見なくなって久しい国鉄型車両の宝庫として有名。そして数年前からは末期色に染め上げる車体がファンを呆れ、楽しませている。

140330
期待を裏切らない國鐵廣島の末期色105系呉線で呉へ。
ちなみに105系や103系はいいほうで、115系の末期色は確かに・・・お察し。
と、50分ほどで呉に到着。単線で交換待ちも多いから意外とかかる。

1403302
早速駅から大和ミュージアムの方へ向かうと、その存在感に圧倒!
現物の潜水艦「あきしお」を使ったミュージアム、てつのくじら館です。で、でかいぞ!

1403303
近くによるとこんな感じ。
正式名称は海上自衛隊の呉資料館。まずはこちらを見学します。

1403304
中には潜水艦だけではなく、様々な海自の活動内容や装備の展示があります。
戦後の機雷処理から、魚雷、最近のハイテクメカまで。うーん、素晴らしい。

1403305
潜水艦くろしおの借用書。
戦後、海上自衛隊の要請に応じアメリカから借用。訓練艦として後続の育成に努めました。

1403306
潜水艦クルーの食事。
昔と違って今はちゃんとバランスの良い食事が出る模様。まいうーそうだ。

1403307
お、そうりゅー。
最近出た艦これ漫画の『いつか静かな海で』は素晴らしい内容なのでぜひ読みましょう。
4話、5話が蒼龍(そうりゅう)話で収録されています。

1403308
そして少しだけ残されている潜水艦部分のの中にも。
狭い、機器が沢山と頭が痛くなってくるようなエリア。
潜水艦乗りには強靭な精神力が求められるという話はよく聞くけど、とにかく生活空間が狭い!
外観は「潜水艦でかすぎぃ!」と思うけど、中に入るとそんなことはないんよな。
ベッドやトイレもあったけど、これもお世辞にも豪華とは言えず(当たり前)、こういう空間で何か月も作戦行動をしている海自の隊員には本当に頭が下がる。

さててつのくじら館から次の目的地へ移動。
呉桟橋からフェリーで江田島へ。港からのバスと合わせて30分位。
1403309
デデン!
泣く子も黙る江田島海上自衛隊第1術科学校です。

普段は見学時間&行程が決められている施設ですが、今は桜のシーズンもあってフリー。
雨も上がって今度は暑くなってきました。
14033010
直、前日の雨により桜は微妙な感じなのは突っ込んではいけない。

14033011
お馴染みの丸ポストと。

14033012
赤煉瓦の旧生徒館。

14033013
大和弾。

14033014
特殊潜航艇、甲標的。
艦これでお世話になっています。

14033015
駆逐艦「雪風(丹陽)」の錨。

14033016
駆逐艦「梨」の12,7cm高角砲。
こちらも艦これで大分お世話に・・・

14033017
戦艦「陸奥」の4番主砲40㎝砲塔。右下は長門の主砲弾。

他にも魚雷や砲弾がいくつか敷地内に置かれています。
また、教育参考館に入ることもでき、こちらにも沢山の貴重な資料が展示されています。
歴史の授業で出てくるレベルの有名人馴染みの物も多く、それらに興味があるなら十分楽しめるでしょう。
艦これ好きにとっても、知った名前が沢山出てきて興味を惹かれます。
あと何より、戦時の貴重な写真や資料の数々。日本人なら誰もが胸が熱くなるものばかり。
本当に偉大な先人たちに改めて敬意を払います。
そして、これらを学んだ育った若者が日本を守ってくれるなら安泰だと実感。
本当に学ばなければならない歴史がここにはある。間違いない。

さて、江田島も早足に駆け抜けて再び呉へ。
時間も推しているのでちゃっちゃと移動します。
と、ここでほっこりエピソード。
バス停でバス待ちをしていたところ、おじいさんおばあさんが来たので席を譲ったらパンもらいましたw

周遊バスで移動。
目的は日曜限定の護衛艦一般公開です。
今回登場したのはこちら。
14033020
訓練艦「くろべ」です。
主にミサイル訓練をする艦であります。

14033022
流石に人が多いです。
砲塔や弾を持ってみよのコーナーは人が多いので早めに退散。

14033023
やっぱりジョーズは恐ろしい・・・

ここからはこのふ頭から見られた艦を。
勿論、日によって何が見られるかは違いますのであしからず。
14033019
ちはや型潜水艦救難艦「ちはや」

14033020
483 むろと型敷設艦「むろと(2代目)」
422 とわだ型補給艦「とわだ」

14033021
しまゆき型練習艦「しまゆき」

14033024
ひびき型音響測定艦「はりま」
全部番号が振ってあり、海自の公式ページで見られるのでわかりやすい。

ここから少し移動するとアレイからすこじま(潜水艦桟橋)というエリアに。
読んで字のごとく潜水艦が停泊しているのを見られます。
14033025
潜水艦×2。
こちらは番号が見られないので何かはわからんちん。

呉だけでまだまだ長くなりそうなので今日はここまで。

~つづく~
2014-04-08 : 旅行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR