日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

プロ野球順位予想2014 セ・リーグ

本日プロ野球開幕!
ようやく春が来たって感じですねぇ。
それでは昨日に続いて今日はセリーグを予想します。

1位:巨人
昨年は日本シリーズでは楽天の前に敗れるもペナントレースは圧倒。
今年もその優位っぷりは変わらず、普通にやってりゃ1位は間違いない。

投手陣は先発候補に広島から大竹が加入。
その大竹ですら先発ローテ入りが怪しかったくらい今の巨人の先発層は厚い。
宮国、小山といった他球団ならローテ入りも出来そうな若手も入り込めず。
表も裏も十分なローテを組むことができている。これは他の球団には真似できない強み。

リリーフも先発同様に盤石。
右のマシソン、左の山口、そしてクローザーの西村が今年も健在。
青木や笠原なんかも控えていることだし、正直何がどうとか指摘するところもないんだよなぁ。

野手陣も死角なし。
ここ数年固定できていなかった二塁に片岡が加入し、いよいよもって穴がなくなってきた。
食わせ物疑惑のあったアンダーソンもオープン戦で打ちまくり(開幕戦ホームラン!)。昨年のロペスに続いて新外国人が当たりとなると、本当に打線は手が付けられなくなる。
不安があるとすればオープン戦で絶不調だった1番の坂本くらいか。
あとは大黒柱の阿部が何よりも欠かせないチームなので、もし怪我などで長期離脱するようなことになれば多少は死角が生まれてくるかも。
その阿部に次ぐ2番手候補の捕手として指名したルーキーの小林は楽しみな選手。
課題は打撃だけれどオープン戦でホームラン打っていたし、なんか意外とプロにも適応してきそう。
阿部レベルとはまではいかずとも、きっちり守備のこなせる安定感のある捕手になってほしい。

★:注目選手
投手:公文、田原
野手:アンダーソン、橋本、小林


2位:広島
昨年は久しぶりのAクラス入り。
今年はドラフトも勝ち、いよいよ・・・とは難しいがAクラスは堅そう。
というかセリーグは1強5弱で2位~最下位はどこが来てもおかしくはない。
そんな中で広島を2位に推したのはずばり「投手力」であることは言うまでもない。

やはり広島の強みは投手陣。
大竹こそ移籍してしまったが、マエケン、バリントン、野村の三本柱は健在。
今年はここに大瀬良、九里というルーキー2人がローテ入り。これは本当に楽しみな存在。
ただ、層の厚さは巨人には及ばず、ルーキーに頼みというのが現状。
本来は中崎や篠田、福井なんかがここに収まらなきゃいけないんだけども。

先発に比べるとリリーフは少し落ちる。
右は今村、永川、左は河内、久本と左右駒は揃っている。ただ絶対的な存在はいない。あと左は不安。
巨人から人的補償で獲得した一岡がセットアッパーで定着すれば面白い。
昨年は今村が疲れもあって成績を落としてしまったので、今年は2枚体制で臨めればその分負担も減って楽になる。
クローザーは巫女で問題なし。

野手は平均レベルか。
広島伝統の走れる選手が多く機動力には長けるが、打線の破壊力はイマイチ。
エルキラの外国人W大砲がどれだけ上位を返してくれるかが大きく左右するだろう。
2人とも1年通じて活躍した実績はないのでそこは不安要素。ここ数年のカープの外国人っていつもこんなん。
そんな中で今年も期待度特大なのは鯉のプリンス堂林。
一躍ブレイクした一昨年から、昨年は大きく成績ダウン。守備はともかくとしても、持ち味の打撃まで大きく落としてしまったのは頂けない。
今年こそは・・・とそろそろ独り立ちしてもいい頃。今年は2割8分15本以上は期待したい。

★注目選手
投手:大瀬良、一岡
野手:堂林、キラ、白濱


3位:阪神
昨年は2位も、首位の巨人とは10ゲーム差以上。
そこで今年は目玉として、韓国最高のクローザーであるオ・スンファンを獲得。
一部金を出し過ぎ&補強ポイントが違う(んならホームランバッター獲れよと)という話も聞こえてくるが気にしない。
ただ、投手陣は揃っているので一応は3位予想。本当にセリーグは2位~最下位までわからん。

昨年は優秀だった投手陣も今年は少しかげり。
何故かスタンリッジを引き留めず10勝分はどこにやら。
代わりに先発の補強をするわけでもなかったので、既存戦力の底上げに期待がかかるわけだが、ここであまり出てきそうな若手が藤浪以外に見当たらないのが現状。
なんかリリーフタイプだったり爆弾もちだったりで、どうも期待度はイマイチ。
ただ藤浪だけは別格。昨年は高卒1年目で十分すぎる成績を残したが、あれでまだ成長途中だというのだから末恐ろしい。今年はそれこそタイトル争いに出てきても何も不思議ではない。本当にスケールの大きい投手だ。

リリーフは昨年こそ安泰だったが、ベテランが多く今年も同様に通用するかは不明。
注目はもちろん呉。
韓国での実績は言うまでもなし。まあ普通に好成績を残せると思う。
持ち味のストレートは間違いなく日本でも通用するだろう。ただ、ファンの期待度も相当大きいので、それに応えられる成績となると・・・まあセーブ王争い&防御率1点台くらいは必要だろう。
松田がクローザーとして使えるようになるまでは阪神で頑張ってもらわなきゃ困るが。

一方でお寒い打線は今年もそんなに・・・かと。
本来ここにホームランバッターを補強すべきだったのだが、やってきたのはゴメス。
開幕前から怪我だったり不調だったりで明るい話題は聞こえず。早くもいっぱい食わせ物疑惑が濃厚。
今日の試合ではいきなり2点タイムリーを放ってコンラッド超えを果たしたが、まだ信用はしていない。
研究されてからが勝負。果たしてメンチ、フォード、キンケード越えはできるのか?
今年も後半は4番マートンに収まっていそうな気もするが。
そして捕手事情も怪しい、というかおかしい。
去年は日高を獲得し、今年は鶴岡。これで藤井、日高、鶴岡とベテラン捕手(全員移籍組)が3人も(汗)。
せっかく大学ナンバーワン捕手の梅野を指名できたことだし、少しはそちらの育成も・・・と。
どうにも構成がおかしいのは暗黒時代の兆し。
あととりあえず福留は早々に見切りをつけたほうがいいと思うが。

★注目選手
投手:呉、藤浪
野手:今成、梅野、西田


4位:中日
今年は谷繁選手兼任監督が誕生。
負担はものすごく大きくなるだろうが、果たして両方で結果を残すことはできるだろうか?
予想は、打線は阪神と同レベル、投手陣の差で4位と。

代名詞であった整った投手陣も今や昔。
エース吉見がケガで離脱したり、山内が不調だったりで昨年はボロボロの先発陣だった。
今年は開幕から川上が先発したり(しかも好投)で話題になったが、正直計算できる戦力は少ない。
川上にしても1年フルは無理だろうし、吉見の代わりのエース候補も見当たらない。
昨年ローテを守った10勝10敗投手の大野が今年は少しでも貯金を稼いでくれることに期待か。
カブレラとリリーフから転向の岡田で三本柱が組めれば面白いが・・・いかんせん実績に乏しく計算はできない。

リリーフは実績こそあれど不安がある顔ぶれ。
昨年は疲れもあってボロボロだった田島、怪我が多くなってきた浅尾も同様。
クローザーの岩瀬に繋ぐ存在が爆弾を抱えているのが現状である。
新戦力で出戻りのパヤノ、武藤、小熊、福谷らに期待か。
ルーキーでサイドハンドの又吉も面白そう。

野手陣は相変わらず攻撃力に欠ける。
ホームランの出にくいナゴヤドームなので、重点を置くのは投手>野手でかまわないのだけど、あまりに迫力のない打線というのもどうかと。
注目はやはり高橋周。中日期待の長距離打者であり、今年は開幕からショート定着かとも言われていたが、守備に難ありでそうはいかず。とはいえその打撃は誰もが期待するレベルなので楽しみな存在ではある。
あとは昨年序盤は首位打者を快走していたルナが1年働けるかに注目。
繋ぎの打線には1番欠かせない選手だと思うので、ここがきっちり仕事をしてくれるとなれば頼もしい。
加えてベテランの森野や和田を脅かせる若手野手の台頭にも期待したい。

★注目選手
投手:又吉、福谷
野手:ゴメス、高橋周、ルナ


5位:ヤクルト
バレンティン本塁打記録、小川が新人王&最多勝!
なんか優勝したチームみたいだが、昨年はまさかの最下位。相変わらずのヤ戦病院っぷりで、チームはボロボロ。
今年こそはと、キャンプからけが人なしをキープ。
と思っていたが、そこはヤクルト。ドラフト1位ルーキーの杉浦が靭帯をやって長期離脱(泣)。
もはや生贄ポイント制が笑えてくるほど。今年も最大の敵は自チームの故障者か。

投手陣は元より強力。
投打がかみ合わずチグハグな場面も多かったが、十分に計算できるメンバーは揃っている。
エースの小川、石川で勝ち星を稼ぎつつ、そこに続く投手が出てくるとより頼もしい。
八木や古野、赤川辺りがもう少し頑張らないとあかんね。
注目は怪我から復帰の館山か。まだ無理できないとは思うがその肩にかかる期待は大きい。
実績的には文句なしで、あとはどれだけ本来の投球まで回復できているか。まずは初登板を見てからか。

先発とは対照的に不安要素満載なリリーフ陣。
昨年はバーネットがプッツンしてしまったこともあり後ろがボロボロ。
中盤から抑えに回った石山がその穴を埋める活躍をしたものの、層の薄さは否めず今年も苦しい台所事情か。
そこで数少ない補強の真田、カーペンターが効いてくる(かも)。
真田は台湾でホールド王をとり再び日本球界へ。それほど期待してはいないが一応。
注目すべきはカーペンター。典型的な剛腕タイプのリリーフだが、日本のボールとマウンドにあえば十分に化ける要素はある。近年の外国人選手を見てもファルケンやサファテ、ミコライオみたいに同タイプの成功例は多い。
カーペンターがセットアッパーなりクローザーなりで固定できるような、十分にAクラス入りもあり得るかと。

打線はやっぱり強し。
バレンティンが昨年ほど打てるかは分からないが、今年も本塁打王争いに絡むくらいは打つだろう。
昨年不調だったミレッジが調子を戻して来れば、プレッシャーも減ってさらに期待が持てる。
1,2番を出塁率の高い上田、山田で固定できたのも大きい。
開幕起用でホームランを打った西浦は宮本の後継者としての期待大。
とまあ楽しみな要素も多いのだけど、こちらもやはり最大の敵は故障。
一か月後には「開幕時のオーダーから残っているのは何名」とか言われないようにしなきゃ。

★注目選手
投手:館山、カーペンター
野手:上田、川端、ミレッジ


6位:横浜
昨シーズンはついに最下位脱出!
今年はそのまま昇っていけるか、はたまた定位置へ逆戻りしてしまうのか?
積極的な補強で前者を目指すも、効果的な補強ができたかというとうーん。なのでおそらくは・・・

昨シーズン壊滅的だった投手陣は今年もそんなに期待できず。
早速開幕戦で三嶋が初回7失点と大爆発(汗)。今年も相当厳しいような気がする。
頼みは新加入の久保とモスコーソ。
久保は昨シーズンはリリーフ起用もあって調子を崩してしまったが、本来なら二桁勝てる実力の持ち主。
モスコーソも同様になかなかの好評。ただ、横浜の自前外国人投手はというと・・・
もはや屍の山しか見えないのであまり触れないでおこう。

リリーフは先発に比べると明るいか。
ソーサが抑えで固定できるのは大きい。ただそこに繋ぐまではなかなか難しい。
セットアッパーが固定できず勝利の方程式は組めないのが現状。実績を考えれば山口が入るべきなのだが。
ここはルーキーの平田には期待。非常にいいストレートを持っている投手で度胸もありそう。1年目からフル回転で酷使されないかは不安ではある。
そしてロマンの塊、北方。誰もが認める剛腕は1軍で輝けるのか・・・

野手陣は今年も強し。走れて打てる選手も多く打線には迫力がある。
補強では、年齢的にそろそろな中村の代役にバルディリスを獲得。
昨年はちょっと守備面で雑な動きがみられたが、打撃はハマスタならかなり打てるんじゃねと期待。
昨シーズン後半に打ちまくって日本代表にも選ばれた梶谷にも注目だ。
そんな中で、唯一課題のポジションが捕手。
高城、黒羽根ら若い顔ぶれが揃うが、経験も実績もない選手ばかりで心もとない。
阪神に嫌がらせのように(捕手足りてるはずなのに)鶴岡を取られたのは痛かった。
ここが固定できれば安定してくるんだけどなぁ。いっそモスカテルを上でも使ってみれば・・・(錯乱)。

★注目選手
投手:平田、北方
野手:梶谷、バルディリス、黒羽根
2014-03-29 : 野球 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。