日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

プロ野球順位予想2014 パ・リーグ

さて、ようやく待ちに待った球春到来であります!
開幕登録メンバーも発表されたので早速予想にいってみましょう。
例によって冗談半分、当てにしないで読んでくださいませ。


1位:ソフトバンク
昨年は大型補強もまさかの4位。
それもあってかた今年はさらにえげつない補強を敢行。
実績のある外国人投手を中心にオフの目玉を総取りしてしまった印象。
もはや優勝は至上命題というレベル。2年連続でVを逃すことは許されないだろう。
妥当に行けば問題なくこの位置に今年こそは来るだろうな。

昨シーズン苦しんだ投手陣は新戦力が加わり強固なものに。
阪神からスタンリッジ、ハムからウルフ、西武からサファテ、中日から中田を獲得。
うーむ、1人くらい他球団に分けてやれよとおもうくらいの顔ぶれ。
特にスタンリッジ、ウルフは二桁勝てる実力の持ち主。敵は外国人枠ということ。
昨年最終盤に力を見せた2年目の東浜にも注目したい。

リリーフも先発同様に層は厚い。
新加入のサファテがクローザーに座り、右の五十嵐と左の森福がセットアップに。
昨年大ブレイクした千賀が、特段調子が悪いわけでもないのに開幕2軍落ち。
千賀に関しては昨シーズンでてきて正に大車輪だっただけに、今年は疲労も十分に考慮して壊れないように使ってもらいたいものである。
また2年前に助っ人日本人的なポジションで在籍していた岡島も復帰。
2年前は文句なしの成績だったが、果たして今年はどれだけやれるだろうか?

野手陣にはイ・デホ、鶴岡が入り、攻守に大きなカードが入ったといえる。
昨年ペーニャ、ラヘアがこけて打線の軸がなかった中でデホ獲得は大きい。・・・若干金額出し過ぎに思うけど。
4番がきっちり定まれば、周囲を固める打線は実績十分のメンツが揃うので攻撃は問題なく機能するだろう。
正直、巨人に負けず劣らずの強力打線。足も使え、守備も問題ない選手がほとんどなので恐ろしい。

★注目選手
投手:東浜、サファテ
野手:イ・デホ、柳田、今宮


2位:楽天
昨シーズンは見事初優勝!
今年は連覇がかかるも、大エースの田中が抜けた穴は大きい。はたして・・・

投手陣はやはり田中を穴を埋められるかがカギになるだろう。貯金24の分をどう稼ぐのか?
まあ1人で稼ぐのはとうてい不可能。かといって先発の補強は新外国人のブラックリーだけ。
つまりは現有戦力の底上げが必須となる。2年目の森や宮川が先発に食い込んで来れば面白い。
またルーキーの松井裕がオープン戦で好投を続け、見事開幕ローテ入り。
初めに見たときはまだコントロールに難ありで荒い印象を受けたのだけど、そこからシーズン開幕にむけてしっかりと調整してきた模様。高校時代からの持ち味であったスライダーはプロでも十分に通用している。
ただ高卒で左腕というと、某T内さんのおかげであまりいいイメージがないのだけど・・・(汗)。
松井は果たしてそのジンクスを破れるのか?まあ高卒ルーキーなので5~7勝できれば十分でしょう。

昨年不安だったリリーフ陣は今年もそんなに変わらず。
ファルケンボーグを補強できたのは悪くないけど、もうソフトバンク入団当初に比べればだいぶ衰えており、1年間クローザーとして固定できるかは不明(多分無理)。
斎藤や小山がまだ頑張らなきゃならない中継ぎもやはり不安。ここがどれだけ踏ん張れるか。

野手はなんといってもユーキリス!もう今年はこれだけで楽天戦を見る価値はある!
『マネーボール』では「四球のギリシャ神」と呼ばれ、ビーンGMも非常に評価していた選手。
その後、アスレチックスに移籍することはついぞなかったが、レッドソックス等で順当に活躍。
やや衰えた感はあるけれど、昨年のジョーンズも予想外に(失礼)やれたことだしまだいけるかも。
マギーの抜けた穴は確かに痛いが、その穴を埋めてくれることに期待したい。
しかっし、ジョーンズ、ユーキリスが日本で4番5番に並ぶ日が来ようとは・・・数年前なら考えられなかったな。
又、日本人選手では昨年優勝の原動力となった、岡島、銀次、枡田らにも期待。この辺りの選手がもう一段上の活躍をすることで、楽天が真の「常勝軍団」に近づくのは間違いない。
加えて今年は榎本、西田辺りにもブレイクの予感。特に西田は松井稼を脅かす存在として期待。
と、大物補強&若いチーム、というで見ていて非常に楽しみなのは間違いない。今年もパは楽天応援で決まり!

★注目選手
投手:ブラックリー、松井裕
野手:ユーキリス、榎本、西田


3位:西武
ここの3位4位は悩みどころ。
オープン戦の最後でロッテ涌井が炎上したのを見て、西武をAクラスへ。

投手陣は涌井が移籍し、石井が引退したが、それほど大きな痛手もなし。
数少ない補強である新外国人のレイノルズ、ボウデンに期待がかかる。
特にレイノルズはオープン戦で最優秀防御率を取る活躍。そのままの結果が出るとは到底期待していないが、二桁勝利はしてもらわないと困る戦力である。
あとは岸、牧田、菊池の3本柱も健在で先発は十分に計算できる。

リリーフはサファテ移籍の穴をボウデンが埋められるか。
十亀が後ろに回ることもあるようだし、この辺り固定できないメンバーをどう起用していくのかは気になるところ。
昨年ブレイクした高橋や、そろそろ通年1軍にいるようにならなければならない大石らが上がってこないと厳しい。

野手陣は割と豪華。走攻守そろった、抜け目のない打線が機能しそうだ。
ただ、主砲の中村が開幕出遅れるのは痛い。
なんぼいっても日本人では屈指のスラッガーがであり、この選手がいるといないでは相手チームへの脅威度がまるで違う。代役4番の浅村も十分な存在だが、本来は1番や3番で打たせたい選手だし。
あとはその後を打つ5番打者。入るのは新外国人のランサムか秋山だろうが、前者は年齢が行き過ぎてあまり期待はできず、後者は浅村同様に将来的には1番や3番を打たせたい選手。
こうなると期待したいのは左の坂田。左のおかわりと呼ばれ続けているが、そろそろブレイクしないといけない存在。今年は20本70打点くらいはノルマだろう。
まあ中村も今回は大怪我じゃなさそうなので、割と早く戻ってくるんじゃないかな(適当)。

★注目選手
投手:レイノルズ、十亀
野手:坂田、金子、熊代


4位:ロッテ
オープン戦の最後に涌井が炎上したので(汗)4位予想。
あまり華やかな話題もないのだけど、去年もまさかの3位に入ったことだし分からない。

投手陣は目玉補強の涌井に注目。
当然先発で二桁勝利が見込まれる投手。それくらいやってもらわなければ困るというもの。
ただ昨シーズンは打ち込まれる場面も多く、勤続疲労もあって先発失格の烙印が押されかけていたのも事実。
西武時代に涌井を育てた伊東監督の下で復活なるか?
涌井の他の先発ではルーキーの石川も注目の1人。昨年巨人とのドラフト競合を制し入団。新人王候補との呼び声も高く、先発、リリーフどちらでいっても楽しみな逸材だ。

先発投手陣に比べるとリリーフはやや不安。
駒は揃ってるけど、絶対的な存在がいない印象を受ける。
昨年セーブ王の守護神益田も、タイトルこそ取れど序盤は失点も多く、まだ全幅の信頼とは言えない。
1年目でフル回転だった松永なんかも、今年も同様の働きができるとは分からないし。
この辺り、今年もベンチの働き(投手起用)が大きく勝負を分けることになりそうだ。

野手陣の注目は、なんといってもオープン戦首位打者で締めた新人の井上。
ドラフト5位ながら規格外のバッティングで開幕4番起用が確定。これは楽しみな存在!
フルで1軍4番というのは難しいだろうが、プロの水に慣れつつ確実な成長を見せてほしい。
将来的には西武中村のような選手になってほしいね。
一方で、ルーキーが4番に座らなければならないほど長打力不足は深刻ともいえる。
長打が期待できそうなのは他に井口とブラゼルくらい。新外国人の2人も外れっぽい。
去年のようにうまく繋ぎの打線が平均位機能すれば・・・ということ。

★注目選手
投手:涌井、石川
野手:井上、加藤、鈴木


5位:オリックス
今年も優勝候補オリックス・・・ではない。
積極的な補強はしたものの正直微妙。どうも的がずれているような印象。

投手陣は先発リリーフ共になかなかのメンツが揃う。
FAでラストイヤーとなりそうな金子千は文句なしの絶対的エース。
続く西やディクソン、マエストリら「もう少しで二桁勝利投手」の一段階上の活躍が望まれる。
加えて先発転向の岸田、2年目の松葉、見事ドラフト1本釣りの吉田らも二桁勝利が望まれる存在。
正直、先発だけなら十分に駒は揃っておりAクラスもあり得ると思うけど・・・

リリーフには平野佳という絶対的な存在がいるが、そこまでのつなぎはやや不安。
比嘉、佐藤と昨シーズン活躍した選手はいるが、2人とも去年一気に登板数が増えた選手であり今年も同様の成績が残せるかは不明。これなら岸田はリリーフに残しておいた方がいいような気も。
左の中継ぎが海田だけというのも大きな不安。本来ここを補強すべきだったと(岡島とか)。

打線も不透明な部分が多い。
イ・デホ、バルディリスと打線の中軸が退団。対して新加入でヘルマン、ペーニャと日本での実績のある外国人に加え、元マリナーズでイチローのチームメイトとしても有名だったベタンコートを獲得。
ここが全員機能するようならAクラス入りも堅い。まあしないんだろうけど。
ヘルマンは年齢的に衰えてもおかしくはないし、ペーニャはそもそも昨シーズン全く打ててない。
期待のベタンコートも、元々ホームランバッターではなくデホの穴埋めにはならない。早打ちで四球が少ないバッティングがそもそも日本にマッチするかも不明。
他に打線の軸を担えそうな選手も、長らく眠ったままのT-岡田に期待せざる得ないような状況。
今年も得点力はかなりお寒いものになりそうだ。ペーニャの復活には期待しているんだけどなぁ。

★注目選手
投手:吉田一、松葉
野手:ペーニャ、ベタンコート、丸毛


6位:日本ハム
一昨年の優勝からまさかの昨年最下位。
今年もウルフ、鶴岡と守の要の選手がいなくなった割には大きな補強もなく苦戦は必至か。
新外国人選手の活躍次第でもう少し上にはいけそうだけど。

投手陣は大きな補強もなく、ほぼ昨年同様のメンバー。
数少ない新戦力では、新外国人のメンドーサがなかなか出来そうウルフの穴埋めに期待がかかる。
又、キャンプからアピールを続け見事先発ローテを勝ち取った上沢も注目の選手。
昨年は先発二桁勝利の選手が不在で中々計算できない為、こうした新戦力がどれだけ活躍できるかが鍵になる。
インチキボールが変わって成績ガタ落ちした吉川なんかは今年が勝負か。
・・・あとなんとか王子も(少しは期待してるんよ)。

先発に比べるとリリーフは堅い。
クローザー(武田久)と左右のセットアッパー(増井、宮西)が柱にいるので安心。
ここに新外国人のクロッタ、実績のある藤岡が加わり層が厚くなった。まあ問題ないかな。

野手陣も大きな変化はないが、今年は主砲の中田がサードにコンバート。
守備面では不安が残るというのが正直なところで、それが打撃にも影響しなければいいけれど。
(と、思っていたら今日の報道では開幕レフトで使う模様。)
新外国人では、昨年のアブレイユで味を占めたのか、今年も同郷からミランダを獲得。
メキシコリーグ打率2位という相変わらず信用に欠ける実績ではあるけど、そんなアブレイユが大活躍できたからなぁ・・・この3~5番が機能すればそれは恐ろしい存在になるが。
ただ、このクリーンナップと1,2番(陽、大引)は兎も角として、下位打線の力不足は否めない。
昨年は高卒ルーキーであった大谷より打てる選手がほとんどいなかったもんなぁ。
個人的には、大谷二刀流挑戦→外野手奮起で好成績→やっぱプロの打撃は違う、二刀流は無理、という流れを予測していたのだが・・・

最後に、大谷の二刀流起用は今年までにしてほしい。
確かに投打ともに非凡な才能を見せてはいるが、両方やってそこそこで終わるよりどちらかで超一流を目指すべき。
とりあえず監督首脳陣には大谷の才能を見極めて、当だどちらで行くが今年こそ結論を出してもらいたい。

★注目選手
投手:メンドーサ、上沢
野手:ミランダ、杉谷、佐藤賢


明日はセリーグ。
開幕土曜日だと思っており、投稿が1日ずれ込んだのはここだけの話。
2014-03-27 : 野球 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR