日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Jリーグ予想2014

いよいよ今週末からJリーグが開幕!
今年はワールドカップイヤーということで、代表メンバーへ最後の争いという点でも見逃せないシーズン。
昨年はあんまり見ていなかったような気もするので、今年はある程度見ることにします。
・・・なんか隔年で言ってるような。

まずは優勝&ACL圏内、上位争いをしてきそうなチームから。

◎本命 浦和レッズ
今年も浦和を優勝予想。というか、そろそろ優勝しろよ。
冬の移籍シーズンには李、青木、西川と代表クラスを3人補強。各ポジションにこのレベルの選手が入るのは大きい。
対して大きな離脱もなく、ただでさえ厚い選手層がより増した感じ。
ペトロヴィッチ体体制も3年目となり戦術も十分に浸透したと思うので、満を持しての天下取りへ視界は明るい。
今年はACLに出場できない分、リーグ戦に集中できるのもプラス材料か。
注目選手:那須、梅崎

○対抗 セレッソ大阪
やはりこのチームは挙げておくべきだろう。
冬の移籍シーズンで一番の注目をかっさらったのは周知のとおり。
Jリーグ黎明期ならいざしらず、このご時世に6億円で南アフリカW杯MVPのフォルランを獲得!
プロ野球最高年俸の巨人阿部に匹敵する額を出すとは、もはやJリーグレベルではとんでもない金額。
ちなみに個人的にはこれだけの費用を投じて「成績」と見合うからは謎(その他の費用対効果はおいといて)。
10得点&10アシスト位はノルマだと思うけど・・・戦術や環境面もあるしどうだろうか?
また、シーズンを戦う上での不安があるとすれば、夏の移籍シーズンで柿谷らに動きがあるかどうか。
期待の若手が多い=欧州に持っていかれる可能性も多いだけに、常に移籍が話題になっている柿谷はもちろん、山口や扇原、南野ら中心選手がごっそり抜けるようなことがあると痛い。
フォルランの獲得もあり、今は完全に追い風を受けている状態だと思うので、優勝するなら今しかないでしょと。
注目選手:フォルラン、カチャル、南野

▲大穴 サンフレッチェ広島、FC東京
広島はまあ普通に前年王者なので。
守護神の西川が移籍してしまったが、代わりに仙台から林を獲得し穴埋め。他にも柏、柴崎と実績のある選手を獲得し満足なウインターブレイクを過ごせたといえる。大きな戦力ダウンもなく、今年も無難に上位争いに絡んでくるだろう。
また、先日のゼロックス杯でゴールを決めた野津田、浅野といった若手の台頭にも注目したい。
注目選手:青山、柏

そしてFC東京。
新潟とどっちを挙げるかで迷ったが、一応ホームタウンなのでこちらを。
まずはJで初となるイタリア人監督の采配に注目。そのスタイルがJにフィットするかは非常に楽しみ。
チーム自体は昨シーズンも攻守ともにバランスは良く、もっと勝ててもおかしくない成績だっただけに、今年は飛躍の可能性が十分にあると思う。
新加入も攻守に新外国人、とくにシャルケでもプレーしたエース候補のエドゥーには注目だ。
注目選手:エドゥー、米本

一方の降格予想も。
まあ例年の動きを見てもわかる通り、昇格組が厳しい戦いになるのは間違いない。
と思いや、今年はG大阪、神戸と金のあるチームが上がってきた(補強もバッチシ)だけに無難に残留しそう。
むしろこの2チームは上位進出も十分あり得るレベルだと思う。特にG大阪は侮れない。
が、残りの一枠。徳島は相当厳しい。いつぞやかの札幌や福岡のようになってもおかしくないレベル。
戦力的には明らかに劣っている上に大きな補強はなし。残留できれば100点と言って過言ではないだろう。
頼みはブラジル人トリオ。特に新加入の柏レドミの弟が無双でもしない限り残留は厳しい。
鳥栖みたいに、戦術がフィットして得点王争いできるエースでも出てくれば・・・と。

徳島に続きそうなのが甲府。
昨シーズンは前半戦絶不調も、夏の移籍期間で獲得したジウシーニョ、パトリックの活躍で残留。
しかしそのパトリックは退団、さらにチームの中心選手である柏が広島へ移籍。
一方で新戦力は・・・というと徳島同様に厳しい。ディフェンスの阿部、前線にクリスティアーノと補強の方向自体は間違っていないが、残念ながら質も量も足りていないという印象。特に柏の代役を見つけるのは簡単ではない。
ということで、今年も前半戦から厳しい戦いになるのは必至か。
ところで、今年の甲府の話題として挙がっていたのが初のインドネシア人選手のJ加入。
正直「うーん」といったところ。実際のプレーを見たわけではないのでなんともいえないが、昨年札幌に在籍していたレ・コン・ビンの出来を見ると・・・流石に東南アジアレベルではJ1で厳しそう。

この2チームが降格予想の二強。
あと大穴として挙げておきたいのが横浜。
昨年は最終節でまさかまさかの逆転優勝を許してしまったが、今年は逆の争いをすることになるかも。
というのも、昨年もそもそも出来過ぎな感があり、特に大黒柱の中村俊輔のパフォーマンス次第ではいかようにも崩れることは織り込み済み。他の主力選手の高齢化は深刻で、一気に力が落ちるということは十分考えられる。
そして何よりマルキに変わるセンターフォワードの代役候補を結局獲得できなかったのは致命的。
前田やノバコに振られ、結局矢島に元和製アンリとか・・・もはや絶望しかないレベル。
昨年の磐田に続いて、「J2初体験の旅(期間未定)」に行くことになるかも。

以上今年の予想。
プロ野球に比べると知識が少ないので信ぴょう性はないものと思ってよし。なお、野球の予想もどうせ外れr(死)。
ちなみに野球同様、特定のチームを応援することはしていないので、今年もひいき目に見るチームを決めます。
今年はやっぱり、というかセレッソ大阪で決まりでしょう。
やっぱりフォルランの存在は大きい。さらに元セルビア代表カチャルも獲得したとか胸熱。
日本人選手でも一押しの南野がいるし、代表組の柿谷&山口も当然見逃せない。
見ていて1番面白いチームになることは間違いない。とりあえずサマーブレイクまではセレッソ推しで!

そんなJリーグは明後日3月1日に開幕!
J1だけではなく、J2、今年から始まるJ3にも注目!
2014-02-27 : サッカー : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
オレも稚拙ながら予想を。

優勝候補
本命◎ C大阪
対抗○ 広島
穴 ▲ 浦和

降格候補
本命◎ 徳島
対抗○ 甲府
穴 ▲ 大宮
大穴 △ 横浜Fマリor名古屋

ちなみにオレら(ヴィッセル)は11位前後かと。
うまく行けば8位~6位かな、と思ってます…
2014-02-28 19:54 : TheKey URL : 編集
Re: No title
徳島と甲府はやっぱりダメそうですね・・・
いきなり初戦で両チームとも大敗とは(しかもサガン&補強失敗の鹿島に)。

ヴィッセルは私もそれくらいだと思います。
攻守共ににもう少し上位にはたりないでしょうか。ペドロがKリーグで決めたくらいの得点力を見せてくれれば面白そうです。
あと話題になっていた「R」のユニは・・・
2014-03-01 23:42 : 3番DH 旋風 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。