日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

KoPW 第15回公式リーグ TAKA・タイチ杯 (後編)

後半戦。
前半の勢いはどこまで持つのか?

★選手交代
■第3試合
BT03-049 “イッツ・マイ・ファ〇キン・ビジネス” TAKAみちのく×5 (リキラリアット×5)
BT03-047 “場外乱闘” スタン・ハンセン×5 (エルボードロップ×3)
■セミファイナル
BT05-029 “バッドボーイ” タマ・トンガ×5 (トンガンツイスト×5)
BT05-016 “ザ・マシンガン” カール・アンダーソン×5 (セントーン×3)
■メインイベント
PR-035 “NEW JAPAN RESPIRATION” オカダ・カズチカ×5 (エルボースマッシュ×5)
BT05-055 “YeaOh!” 中邑真輔×5 (バッククラッカー×5)

第3試合は捨て覚悟の支援、第4試合はいつものバレクラタッグ。
新しいところでは第5試合。いつものヒールデッキでは、はじめようオカダや第5弾RR中邑を使っていますが、残念ながら2人ともシングル限定能力なので今大会では生かせず。
そこでC級キンプラーにも優しいタッグ使用の2枚を探してみた。
まずは第6弾PRオカダ。能力は高確率+★3(同試合対戦相手にChaos以外がいるならで)と抜群の安定感で頼れるのだが、スタンダードだと相手にもろばれで対策を取られてしまうので使いづらい。が、タッグなら問題なし、2人ともChaosというタッグはそれほど多くないし。
相方の中邑は第4弾の赤白エクスタシーと悩んだが、安定感の上でこちらをチョイス。遠征3で発動率アップなので、それありきの公式なら全く障害にならない。連携値が3で中邑にしては高いのも○。
また、ブーストは共に第6弾から。オカダのブーストはこれまで多用していたシングル戦のヘビーレイン、フラップジャックが使えず。DIDとどっちにしようか迷っていたがコストの都合でこちらに。
中邑はニールキックが万能で強いのだが、どうもW低確率で安定感がない。
ここら辺は完全に好みの問題だけど、個人的には高確率が入っているほうが好き。なのでタッグ使用であり高確率+★2は最低でも見込めるバッククラッカーにしました。


-3日目-
第10回戦 1勝4敗 ●●●○● ほうれみろ、と言わんばかりに垂直落下デスバレー。
第11回戦 3勝2敗 ○○●○● 連敗脱出。
第12回戦 1勝4敗 ●○●●● そして落ちる。
第13回戦 4勝1敗 ○○●○○
第14回戦 3勝2敗 ○○●●○
41勝29敗 勝ち点424 350位↓

流石に順位は落ちたが、それでも自己ベストをキープ。
ここで予定では選手交代だったが、第2試合が好調なのでキープすること。
明日は落ちても動かず、最終日遠征+10になったところで4人まとめてぶちこむことにします。


-4日目-
第15回戦 4勝1敗 ○●○○○
第16回戦 3勝2敗 ○●●○○
第17回戦 0勝5敗 ●●●●● 沈没。
第18回戦 4勝1敗 ○○●○○
第19回戦 4勝1敗 ○○●○○
56勝39敗 勝ち点582 191位

落ちるどころかまたも100位台に(汗)。今回はついているということなのか。
RRはクッシーとマシンガンのみ、RRR無しでここまでやれるとは。もう十分満足。
いい流れなので動きたくはないが・・・
うーむ、悩むけどやっぱり遠征を信じて選手交代。
入ってくる選手は、全員遠征ポイント+10がついている状態です。

★選手交代
■第2試合
BT06-024 “Awakening” デイビーボーイ・スミスJr.×5 (ジャンピングパワーボム×3)
BT06-027 “He is AMERICAN PSYCHO” ランス・アーチャー (ダークデイズ×5)
■第3試合
BT04-047 “When Love Comes To Town” 杉浦貴×5 (オリンピック予選スラム)
TD01-003 “COMPLETE PLAY BOY” 高橋裕二郎×3 (東京ピンプス×5 / 第2弾)

第3試合ははR指定タッグ。杉浦の能力がタッグなら直使いやすいのがいい。ブーストの安定感が不安。
第2試合は第6弾K.E.S、但しCの方。だってRRは値段が高沸しすぎて手が出ないだもん。勿論キラーボムもなし。
とはいえ2人とも+★3の能力がありなかなかどうして強い。期待してるぞ。


-5日目―
第20回戦 3勝2敗 ●○○●○
第21回戦 2勝3敗 ○○●●●
第22回戦 2勝3敗 ●○●●○ ランス怪我をする。
第23回戦 1勝4敗 ●●●○●
第24回戦 4勝1敗 ○○●○○

☆結果
第2回公式 1626位 58勝66敗1分け 勝ち点607
第3回公式 1685位 55勝70敗 勝ち点572 ボルテージ864
第4回公式  864位 66勝59敗 勝ち点682 ボルテージ980
第5回公式 1155位 63勝60敗2分け 勝ち点664 ボルテージ588
第6回公式 1412位 62勝61敗2分け 勝ち点652 ボルテージ1002
第7回公式 1347位 63勝62敗 勝ち点654 ボルテージ822
第8回公式  809位 65勝58敗2分け 勝ち点683 ボルテージ910
第9回公式 1221位 63勝61敗1分け 勝ち点657 ボルテージ1081
第10回公式 481位 68勝56敗1分け 勝ち点715 ボルテージ477
第11回公式 824位 63勝56敗1分け 勝ち点662 ボルテージ878
第12回公式 610位 65勝55敗 勝ち点674 ボルテージ856
第13回公式 406位 65勝53敗2分け 勝ち点687 ボルテージ1288
第14回公式 683位 64勝54敗2分け 勝ち点668 ボルテージ1192
第15回公式 294位 68勝52敗 勝ち点708 ボルテージ1294 ←New!

な、な、なんと!まさかの自己ベスト更新!初の200位台に!
タッグリーグは一番勝率悪かったはずなのになぜだろう?

試合順別に見てみると、
第1試合 16勝8敗
第2試合 14勝10敗
第3試合 7勝17敗
第4試合 17勝7敗
第5試合 14勝10敗

最多勝はまさかの第4試合。
特に前半ジュニアデッキの初代&丸藤組が8勝1敗と大健闘。正直、ここは穴だと思っていたのに(汗)。
後半のバレクラも9勝を挙げて確実に貯金に貢献。こっちは貫禄だね。

そ・し・て!MVPは文句なし!
第1試合!フォーエバーフーリガンズ!
遠征なしフル出場で大幅に貯金!ちょっと優秀すぎんだよ、と。
前半戦はハヤブサの支援があったものの、ヒール&Chaos不在でコズロフの1つ目の能力しか発動できなかったが7勝。
3日目以降ヒールデッキにシフトしてからは能力フル発動で9勝。この辺りから対戦相手も遠征帰りが多くなってくる中で、G4バレクラと同等の勝ち星を挙げられるとは!
やっぱFFナンバーワン!フォーエババアアアアアアーーーーー!!!!

他も大方問題なし。
初登場のG5ノンキラオカダ&中邑が9勝を挙げたのは評価。K.E.Sも怪我がありながら5戦4勝は素晴らしい。
同じく最終日投入組のR指定が1勝に終わったのは誤算。ここがあと2つ勝ってくれれば70勝の大台に乗ったのに・・・

と、自己最高位を更新した第15回公式リーグ。
もはや満足しかありません。
ちなみに今大会の参加人数が2951チームなので、実は上位10%にギリ入っているという。
第6弾で1BOX以下の値段しか補強しなくともここまでやれるとはね。RRRは前半のデヴィの1枚(もち重ねなし)、RRも限られた枚数だけで上位10%に入れるというのは、C級キンプラーとしては100点近いの成績だな。
これを糧に次回以降もゆったり進んでいきます。次は目指せ70勝か。

ちなみに・・・
今大会、前半戦謎の好調っぷりで進んでいた当チームの連勝ストップの相手チーム様が・・・
第15回公式リーグ優勝!おめでとうございます!!
いやーチャンピオンに負けて連勝ストップしたのなら何も恥ずべきことはありませんな。
いつもは下の方ばかり泳いでいるのでこういう機会はないのですが、二桁エリアに入るとこういうこともあるんですね。
2014-01-28 : KoPW : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
公式戦お疲れ様でした。
メインのオカダ&中邑組が凄いですね。
PR内藤も強いとの話も聞きますので、私もいろいろ見直したいと思います。
2014-02-02 23:58 : HustleJOBO URL : 編集
Re: No title
遅くなりましたが、お疲れ様でした!
最近のPRカードは結構強めでRRに肉薄するカードも多いので面白いです。
第6弾の特典のなかではトウナイさんが1番使いやすそうですねー
ただ個人的にごにょごにょ・・・
2014-02-06 00:06 : 3番DH 旋風 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR