日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

キモヲタ、北へ (小樽水族館編)

8月20日(晴れ)
北海道最終日。クソ暑い(だろう)東京には帰りたくない。

今日は小樽へ。
スタートの苫小牧からは1時間40分ほど。この区間はエアポート快速が多くあるのですいすいよ。

ますは小樽といったら・・・と、1番行きたかったおたる水族館へ。
さて、小樽観光で足になるのがこちらの周遊バス。レトロな趣。
130820
運河や土産物屋が並ぶ市街へは徒歩でも行けるけれど、おたる水族館へはこれで。
というかバスで30分ほどかかるので歩いていくのは無理。

1308202
そしておたる水族館。
なんか気持ち悪・・・タコのキャラクターが迎えてくれます。

以降、魚ダイジェスト。
入るとすぐに海がめがお出迎え。
その先にはいきなり注目のサメのエリア!
1308203
ドチザメ、ネムリブカ、ネコザメなどがいます。
写真はトラフザネメ。
やっぱりサメはロマン溢れる生き物だね。この水槽でいきなりじっくり時間を使う。

1308204
これまた注目のオオカミウオ(右下)。
顔が怖い=面白い!

13082028
卵がキャビアとして重宝されることで御馴染みのチョウザメ。
イコールそれは金を産むという事か。

1308205
ゴンズイ、ミノカサゴ(真ん中)、ウツボ(下)!
毒魚3兄弟、これはAKD砲レベル。
美しき花には毒ありを体現しているミノカサゴは絵になるね。ウツボは萌える。

1308206
立ち泳ぎしているトラフグ。
美味そうだね(おい)。

1308207
チョウチョウ魚等、南の海の水槽。
正直こういう華やかな魚にはあまり興味が・・・
南より北の海、浅瀬より深い海のが個人的には好き。

1308208
ピラルク(左)!
と、きたらもうドラえもんの「あの話」を思い浮かべていますね。思い浮かべていない人、ドラえもんファンとして勉強がたりません。
右はピラニアの一種ででかいやつ。丸いな。

1308209
カブトガニ。

13082010
オウムガイ。と生きた化石ゾーン。

13082011
ウーパールーパー。
正式名称は長ったらしい。

と、室内水槽はこんなところ。非常に見ごたえがあって面白かった。
13082012
今度は階段下りて海のすぐそばにある海獣エリアへ。

13082013
その前に・・・広島の今村?!(違)
去年の旭山動物園にもいたな。

13082014
ここで昼飯。
本来は市街地に戻って寿司でも食おうと思っていたんだけど、じっくり見ていたため時間が押してしまい水族館内の食堂で食べることに。
注文したのは名物にしんそば。小樽といえばニシン漁。水族館の近くにニシン御殿なるものもある。
おーにしんそばは初めて食べたけど美味いぞ!
濃い目に味付けされているニシンとあっさり蕎麦の組み合わせが絶妙。
染み出す出汁がさらに美味しくしてるぜ。これは「うまうまきゅん」ですわ。

13082015
戻って海獣エリア。まずはペンギン。
他にトドやセイウチ、オタリアなどもいます。

13082017
そしてイルカ。

13082018
ジャンピングパワーボム。
と、ショーも全部見る。
直、この前にはアシカとペンギンショーも見ていたり。

本来は見学予定時間2時間のはずが、結局4時間近く居座った模様。
やっぱり水族館とか動物園は面白いわ。

~後半へ続く~
2013-09-11 : 旅行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。