日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

国際親善試合 VSグアテマラ

(理想)
本田をスタメンから外すも、攻撃陣が機能し早いうちに得点。
このレベルの相手に対し全く隙を見せることもなく、決めるべき場所で確実に決める。
後半も攻撃の手を緩めることもなく着実に追加点。
1トップ候補の大迫、そして交代で入った柿谷が共にゴールを決めて、FW陣にはいい刺激になったであろう。
守備ではグアテマラの鋭いカウンターに吉田&森重が無難に対応。
サイドバックの上がりに対するカバーもきっちり出来、セットプレー時の守備も問題なかった。
これなら次のベスメンをそろえてくるガーナ相手にも期待できそうだ。

(現実)
前半から押しに押せど得点はいらず、再三決定機を逃す。
余裕を出しすぎなのか?はたまた単に決定力がないだけなのか?とにかくヤキモキする展開。
仕方ないので後半本田を投入し流れを作る。すると一気にリズムが出て、結果3得点。
結局、本田不在時の攻撃陣の空回りっぷりは解消されず。1トップ候補の大迫、柿谷ともにノーゴール。
守備陣は、グアテマラが完全に引きこもっていたので出番無し。結果は無失点だが、そもそも評価するポイントがない(自陣が殆どピンチに陥ってない)ので、これで改善されたとはとうてい言えない。
次のガーナ戦に向けて、攻撃陣は不安を露呈し、守備陣は現状が見えないまま臨むことになってしまった。

と、まあ正直あまり意味のない一戦だったなと。
特にグアテマラが全く攻める気を見せてこなかったため、守備陣の調子が確認できなかったのはまずい。
この試合無失点だからといって何も評価には値せず、「わーい」と喜ぶことはできない。
次のガーナはアフリカでも屈指の攻撃力を持つチームだから、そこでようやく実力が試されるといえる。

あとは攻撃陣。特に前半のダメっぷりは想定の8割り増しくらい酷かった。
グアテマラが引きこもっていたといえど、決してポテンシャルは高くない相手に無得点。
期待の1トップ大迫は積極性こそ見せたが得点はならず。ボールは割と収まるのだがいかんせん外しすぎ。
鹿島で直近8試合10ゴールの決定力をどこに忘れてきたのか?なんか前田2世っぽくなってきたぞ。
そして香川。トップ下に入ると機能しないのか、攻撃に形が見えず安易なパスミスばかりが目立った。
これじゃマンUで干されかけてる現状も仕方ないと思う。
代表では本田に真ん中は任せておくのが妥当だろう。

はっきり言って今日の試合は「金返せ」のレベル。塩分濃度が濃すぎる。
ハム対楽天でマー様が大谷に勝って20連勝した試合が放送されていればそっち見たのに・・・
次のガーナ戦ではきっちり代表らしい試合を見せてほしいものだ。
2013-09-06 : サッカー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR