日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

キモヲタ、北へ (山寺攻略編)

8月13日(晴れ)
今日は始発の奥羽本線で山形方面へ。
昨日、福島まで移動してきたのもこれに乗るため。

130813
45分ほどで乗り換えの米沢に到着。
米沢といえばやっぱり牛。
乗り換え時間が8分ほどしかないが、駅弁コーナーで「アレ」を買う。

さらに45分ほど列車に揺られて山形へ。
次の列車の時間まで、1時間半ほどでパッパと駅周辺の見所を回ります。
1308132
まずは徒歩10分ほどの場所にある山形城(霞城)跡。
時間も早かったので人も殆どおらず、のびのびといい環境です。

1308133
天守閣等の再現はなく、城の面影は空堀と石垣のみ。あと門が再現されていました。

1308134
この霞城公園内にあるクラシカルな建物が山形市郷土館。
中には郷土史的な資料や、昔の医療機器が多く展示されております。
なかなかえげつないものを使っていたんだなぁと(汗)。

霞城公園を出て、橋を渡って線路を渡り反対側へ。
しかっし、今日は気温が高くて日差しが強い・・・
今日はこのあとに大一番が待っているというのに、早くも疲労メーターはかなり蓄積された模様。
1308135
そしてやってきたのは最上義光歴史観。
室町~江戸時代初期まで山形を支配していた最上家のなかで全盛を極めていた頃を収めていたのが義光、らしい。
正直、名前は聞いた事あるけど殆ど知らない人なんだなぁ。関が原の裏で上杉家らと戦っていたことくらいしか。
そんな義光の兜だったり刀だったり、さらには戦場の様子を表した模型など、中の面積を大きくないものの十分に楽しめる。
先の郷土館と同様に入館無料なのもよし。

と、実はこの資料館までで時間が押していたので駅までダッシュ。
飲み物だけ買って仙山線へ乗り込む。
そしてやってきたのは・・・
1308137
本日のメインディッシュ山寺であります。
山形ときたらここには来て見たかったという場所。
というか、山形に来たのは人生でも初めてであったり。全都道府県制覇までの道のりは遠い(特に西が)。

13081320
駅前には昔懐かしの丸型ポスト。
これを都内で見つけて来いって企画がリンカーンであったな。

1308138
さて、山寺を登りましょう。
山形でも屈指の名所とあって観光客(外国人も多し)で非常に賑わっております。
かつて芭蕉は、ここを訪れた際に「しずけさや 岩にしみいる 蝉の声」という有名な句を残しましたが、今は静かでもないし染み入っているのは人の声だなと。

1308139
なんとなく平泉に似ている。
ちなみにここ山寺はある漫画の舞台になっている。つまり聖地巡礼といっても間違いない。
察しのいい人なら分かるだろうか。そう、藤子F不二雄先生の短編『山寺グラフィティ』である。
ちなみに作中の絵はホントにそのまま描かれているので見比べてみると面白い。
切なくてホンノリする話もこの山寺の雰囲気にあってるね。同胞なら是非読むべし。

とかなんとかほざいてられたのも最初の10分くらい。
お察しのようにすぐに死んだ・・・(爆)。
いやもうわかってはいたけど、石段が半端ないのよ。千何段とか書いてあったが、駅の階段でヒーハー言っているオレにとっちゃ最初の150段くらいで滅茶苦茶。
なので数段ごとにグッタシ。汗で水を被ったようになって非常に見苦しい状況になってたのは間違いない。
13081310
この左上に見えるのが仁王門。ここで大体5分の3くらい?
「もう歩けない、オレはここで死ぬんだ」状態になっていたのは言うまでもない。
とはいえ、1人なので誰に嘆くことも出来ず休み休み目回しながら登りました。
まあ徒歩で登る系の場所は毎度こうなることは分かっていたのだが、それでも登ってみずにはいられない。

13081311
で、途中に色々あったような気がするけど(行程にもチェックポイントとして書いてある)、カメラを回す気力も拝む気力もなく、どうにかこうにか山頂の奥の院に着きました。
ここでは流石に手を合わしましたよ。

13081312
背後には素晴らしい景色が迎えてくれます。
これを見ればここまでの疲れも・・・吹きとばねぇから。
疲れを癒す為に下の茶屋でかき氷投手に2日連続のリリーフ。これで回復よ。

このように?山寺は文句なしで素晴らしい場所でした。
が、もう人生で登る事はないだろう・・・
霊場として死者の魂があつまるらしいけど、オレの魂の方が抜けそうだったぞ・・・(ぐったし)。
と、死に息になりつつ実は想定時間よりも早く終わっていたり。もっとゆっくり登れば良かったぜ・・・

再び仙山線で山形方面へ。
そして奥羽本線に乗り換えて新庄方面へ向います。
途中、天童で下車。と、いうのも次の新庄乗り換えは次の列車でも同じ接続になるのでここで時間を潰します。
ここで昼飯登場!
13081313
これが牛肉界のど真ん中だよ!
そう、米沢駅で買ったのは全国でもトップレベルに有名な駅弁である牛肉ど真ん中。

13081321
中はこんなん。おお!牛肉びっしりだぜぇ。
シンプルだがど真ん中でこれは美味い!流石に知られているだけはある。
食べ応え十分で非常に満足。駅弁でこれ以上高レベルなのはそうはないだろう。うまお!

列車待ちの間、駅ビルに入っている将棋博物館を見学。
やはり天童といったら将棋の駒の生産が有名。
にわか将棋芸人としては一応チェックしておきたいところ。
中は将棋の歴史や駒の作り方などが展示されております。
中でも興味深かったのは駒が沢山ある将棋。中将棋までは割と知られているけど、それ以上は初めて見ました。
もはやこんなんどうやって勝負つけるんだというレベル。まあ実際に勝負してたかは分からんのだけど。
13081322
これでオレの棋力も少しは上がってくれればと。日曜朝のNHKは毎日見てるんだがなぁ。

再び新庄行きの列車に。
ここでまさかの事態。新庄駅の信号トラブルで列車ストップ(滝汗)。
次の接続の本数が限りなく少ないので、逃すようだと新庄でリターンも有り得ると。
結局20分遅れで新庄に到着したが、接続列車が待っていてくれて助かった。

13081316
その待っていてくれた陸羽西線で最上川沿いの高屋駅へ。
はっきりいって駅前には何もない。降りたときも乗ったときもオレ1人の超ローカル駅。
ここにきた目的はただ1つ。

13081318
宿題を 忘れて廊下に 最上川 byゆっこ
分からない人は『日常』を見ましょう。
この駅のすぐそばが最上峡で、最上川屈指のビュースポット。
1つ前の駅から次の駅まで、有名な舟下りも行われております。今回は時間もないのでカットとなりましたが、余裕があるならじっくり楽しみたい場所。紅葉の季節ならさらに素晴らしい風景が見られることでしょう。

そういえば駅前にこんなんが。
13081317
オレにも、キャス狐か宮ちゃんかアテナさんかいろはさんと縁を結んでもらいたいものだ。

再び新庄を経由し山形に戻ります。
明日は岩手に入るのになんでわざわざ山形で宿とったかって?
新庄より山形の宿が1500円以上安かったからに決まってんだろう。18切符で交通費は変わらんし。
で、帰りの奥羽本線でまたもトラブル。
まさかの踏み切りトラブルでまたも10数分の遅れ。まあ帰りなので困んないからいいけど。
と、山形にはほぼ定時て到着。しかっし往路も復路もトラブルが起こるとは・・・
ちなみに・・・翌日も・・・なるとは・・・(白目)

13081319
夕飯は山形のB級グルメ冷やしラーメン。
山形というと名物が、さくらんぼ、玉こんにゃく、牛、くらいしか思い浮かばず何を食おうか迷っていた所で思いついたのがB級グルメ。調べてみたらこれが有名ということで食べてみることに。
場所は山形駅から数分の修ちゃんラーメン。
こ、これは・・・うまいぞ!
ちょうどラーメンと冷やし中華の間のような感じ。ただスープはラーメンのそれで、醤油スープがそのまま冷たくなっています。麺はそのままラーメンのもの。
これが無茶苦茶合う!てか冷やし中華より断然美味いぞ!
非常にさっぱりしていて、こう暑く疲れた胃には最適。最近がくどく感じてしまう普通のラーメンもこれなら問題なくいけるぜ。それでいてラーメンを食べているという気分にもなれる。
ちょっと予想外に上をいっており非常に満足。これは革命ですわ。
うまうまきゅん!!

今日の歩数:8577歩

~つづく~
2013-08-25 : 旅行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。