日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

キモヲタ、北へ (会津戦争編)

8月12日(晴れ)
東京が殺人的猛暑に包まれている今日この頃。
何より夏が嫌い、暑さがキライなオレは今年も北へカードを使用することにする。

今年は2年前同様、一路東北本線を北上。
御馴染みの普通列車を宇都宮、黒磯、郡山と乗り継いでいきます。
新幹線?何それ美味しいの?と。

郡山から磐越西線に乗り換え。
13081212
485系の改造車?を利用した快速会津ライナーに乗ります。
しかしここでまさかの事態。おお、激混みで座れねぇ・・・
今年は某NHK大河ドラマのおかげで、会津は聖地巡礼で賑わっていると聞いていたが・・・
結局猪苗代までは通路でたちっぱだった。早くも疲れ度に暗雲が。

130812
そうして今日の目的地の会津若松に到着。
家の最寄り駅から列車に揺られて5時間半。当然、本、DS&PSP、音楽プレーヤーの3点セットは持っていっているので問題ない。と、いうかこの程度は貧乏旅行では普通よ。
しかっし東京よりややマシだが、めっさ暑い!雲1つなく日差しが照りつけております。

さてそれでは会津の町へ出かけよう。
まずは駅前で周遊バスの1日券を購入。これで会津の観光地は大方回れます。

1308122
最初の目的地。阿弥陀寺境内にある斎藤一の墓をお参り。
斎藤といえば新撰組でおなじみ。そして会津戦争にも参戦している。
そして戊辰戦争を生き延び、戦後は警察官として西南戦争に新政府側で戦っているのは面白いところ。
直、当方、件の大河ドラマは見ていないが、NHKの歴史番組はよく見るのでそれの影響は受けております。
つまり、大河ドラマやる→同局の歴史番組で付随することをとりあげる=会津に行かねば!と。

阿弥陀寺自体は特別他に観光ポイントもなく5分あれば十分。
なのだが、バスが30分間隔で当分こないので暫く歩いていくことに。
1308123
街中には会津の有名人である千円札のお人が。
幕末関連の施設と並んで、野口英世に関するものも会津には多々あるのだが、今回は特に見る予定無し。

1308124
あとはこういった酒蔵などの建物が見所。
この辺りは実は中学時代の林間学校で訪れています。なので今回会津は実質2回目(チビのころにもう1回行ったと聞いたが記憶に全くないのでノーカン)。
てか、当時の林間学校で、うちの班は鶴ヶ城や飯盛山などのメジャーな場所を無視し倉めぐりをやっていたという・・・

1308125
鶴ヶ城へ向う道の途中には、悲劇の家老・西郷頼母邸の跡も。
ここも先日のNHK歴史秘話ヒストリアでとり上げられたので、知らない人はウィキっておきましょう。

1308126
そんなこんなでお昼時になってきたので昼食。
会津といったらやっぱ蕎麦を食べなきゃいかん!喜多方ラーメンという手もあるが暑いのでパス。
今回は訪れる予定だった蕎麦屋が満席だったので、仕方なく鶴ヶ城内の茶屋で済ますことに。
無難にざるそば(700円)を注文。
手打ちっぽくコシがある。まあ「うまい」レベルか。

1308127
腹ごしらえも終わった所で鶴ヶ城へ。
先にも書いたが、林間学校で地味ーな場所しか巡らなかったので、ここに来るのは当然初めてである。

本丸にも登ります。
1308128
景色は素晴らしいのだが、何せここは無茶苦茶混んでいる。
しかもこの炎天下とあって風通しの悪い場内は蒸れてすごいことになっております(汗)。匂いがやばい。
なので展示物も多々あるなか、ささっと見物し降りることに。
終わりの方で新島八重の紙芝居を迫力満点でやっていたのが気になりました。時間があったら是非見てね。

1308129
別角度から。
庭園も美しく、人さえ少なけりゃのんびりできる環境です。

この後、かき氷投手にリリーフしてもらってピンチを凌いだところで、期間限定でオープンしている大河ドラマ館へ。
13081210
劇中で用いられた小道具や衣装が飾られており、ドラマを見ていなくとも十分楽しめます。
勿論、大河ドラマを見ていれば直楽しめるのはいうまでもなし。
期間限定オープンなので気になるひとはさっさと行くべし。

ここからバスで飯盛山方面へ移動。
西郷頼母邸を再現したという会津武家屋敷にも行きたかったが、時間の都合でカット。
13081213
やってきたのは滝沢本陣。
ここは会津戦争の時、藩の本陣として使われていた場所。松平容保が指揮をとり、あの白虎隊らも出陣していった場所であります。

13081214
ここの注目は何よりも今に残る生々しい戦争の爪あと。
激戦が物語るとおり、部屋の中には銃弾の後や刀傷が残っております。

13081217
滝沢本陣のすぐそばが飯盛山。

13081215
言うまでもなく白虎隊最期の地であり、山頂には墓所がつくられています。
ちなみに白虎隊というからにはと、他に玄武隊、青龍隊、朱雀隊もちゃんとあります。

13081216
飯盛山の山頂から下る道の途中にあるのがさざえ堂。
入口と出口が違って、一度通った道は通らずに降りてこれるというおもしろい造り。

ここまで駆け足で巡って会津観光は終了。うん、今回はメジャーな場所もきっちり押さえられて満足だぞ。
直、オレは幕末は日本史の中で1番好きな一方、文化系のものについではまるで興味がないので、そういった施設(美術館とか)は訪れず、今後も基本出てきませんのであしからず。

13081211
駅前の赤べこにサヨナラを行って再び会津ライナーで郡山へ。
郡山から東北本線で北上し、福島で下車。今夜はここでストップ。
宿は旅館だったが、どこかの高校の陸上部だかが来ていてそういう場所。うるさくなりそうだと思われましたが、練習で疲れているのか、夜は大分早い時間で静かになってました。
飯はバイキングで刺身あり肉ありで中々。うまし。

今日の歩数:13060歩 

~つづく~
2013-08-24 : 旅行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。