日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

東アジア杯 VSオーストラリア

東アジアカップ第2戦。
前節の中国戦ではまさかの大失態を演じてしまったが、今日こそは明るい光をみせてほしいところ。
加えて選手の入れ替えも含めて色々新戦力を見てみたい。
と、思ってチャンネル回したらまさかのスタメン全員総チェン(汗)。
ここまでやるとは、と。

前半はエヒメッシのゴール以外特にみるものはなく。
序盤は全く流れを作れず非常に退屈。日本はもとよりオーストラリアも同様に出だしはバタバタしていたよう。
その中で齋藤の先制ゴールは痺れた!
正しく持ち味のドリブルを生かしたゴール。のらりくらりとした独特のリズムでかわし、落ち着いてコースを狙った素晴らしいゴールだった。
ただそれ以外はあまり見るべきところはなく、日豪ともに流れは作れていない印象で前半終了。

後半はいい出だし。
10分過ぎに豊田のポストから、大迫が中央抜け出して落ち着いてゴール。
この場面は止められる香りしかしなかったのが、見事に決めてホッ。
これで2点差。ただ前回中国戦の悪夢が脳裏によぎるところ。
ただオーストラリアも今回は2軍メンバーで些細なミスが多くそれほど驚異に感じない。
まあ流石に2戦連続で追いつかれることは・・・と考えていた頃にいきなりゴールシーン。
リプレイが流れて選手交代のお知らせがでてる隙にゴール決められていた・・・
選手交代でマークの確認するまえにセンターバック2人の間を抜かれるという情けない失点。
2点差である程度余裕があるなかでこういう無駄な失点はいただけない。これは今日も・・・とイヤな予感。
とかなんとか考えている内にホントに2点目入れられたという・・・(ガックシ)。

このまま「【悲報】2試合連続2点差追いつかれて引き分け」、になると思っていた。
ところがその数秒後に大迫の勝ち越しゴール!!
正直、今回召集されたFW陣の中では豊田、柿谷よりも期待値は低かったのだが、これは見直させざるえない。
個人的に“万能型FW”というキャッチフレーズがあかん。
鹿島でそのタイプだと某ヘナギが思い浮かんでしまうんだもん。

結果的にこの1点が値千金の一発となりオーストラリアに辛勝。
今日も齋藤に2得点の大迫と新戦力が連続してゴール。
得点を決めたこの2人以外に印象に残ったのは山田。中央でのゲームメイク、サイドに流れてもよしと今日の攻撃を見事にコントロールしていたと思う。豊田、大迫との連携も良かったね。
期待の豊田はポストとしては合格点。ボールが収まる場面が非常に多く役割をキッチリ果たせていました。
ただ、得点を決めることは出来ず、3度ほどあった機会を全部逃したのはマイナス。
次の出番があればそこんところの結果も欲しいところ。

一方でディフェンス陣は相変らず崩壊。
右から森脇、千葉、鈴木、徳永と組むも、連携ミスが非常に多く、今日は2軍オーストラリアだったからどうにかなったものの、2失点で済んでラッキーというレベル。
これではとてもじゃないが落ち着いて見ていられるわけもない
正直ここまでの2戦を振り返ってみるに、ディフェンス陣で新戦力の発掘はできなかったというのが妥当だろう。
吉田、今野はおろか、栗原の牙城も崩せそうにないからな。
こうなったら次の韓国戦はせめてもの意地を見せて1失点以下で締めて欲しい。無失点とかいわんからさ。
2013-07-25 : サッカー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR